Date as of 2007/12/14


Nikon F5 The New Standard

ニコン沼の入り口 Top Menu へ



Nikon F5
Nikon F5 + AI 50mm F1.4

プロカメラマン用の最後のフィルムカメラ。
あえて言うなら、究極兵器。
まさかこの究極兵器を手に入れるとは思わなかった。

そもそも、F4に満足していたし、F5は中古相場でもまだまだ
高値で取引されていて、手が届かない存在だと思っていた。

しかし、その性能は気になっていた。
調べれば調べるほど、すごいカメラだなぁと思うようになり、
とりあえずヤフオクで相場のチェックだけは続けていた。
ヤフオクの相場は、だいたい4万円台後半以上だったが、
3万円台での落札を目標に、軽い気持ちで試すことにした。
Nikon F5
Nikon F5
Nikon F5
幸いにして玉数は多く、無理に競る必要も無いことから、
何台かのF5を逃したが、最終的に送料など諸費用も含めて
4万円でお釣りが来る金額で落とすことが出来た。
もちろん、落札できた時は、小躍りするぐらい嬉しかった。

届いたF5は、F4と同様かなりタバコ臭かった。
もちろん、アルコールで磨き上げ、ヤニを落とした。
写真にも写っている黄色のストラップが付いてきたが、
実はこのストラップは、買おうと思っていたデザイン。
しかし、ものすごく汚れていたので、早速洗濯したが、
洗濯液が真っ黒になった。
きれいになったストラップは、気持ちいい〜
Nikon F5
Nikon F5
Nikon F5
F5はニコン最後のファインダー交換式一眼レフ。
おかげで、スクリーンの交換は簡単だ。

F5用のEC-B,EC-Eスクリーンは、フォーカスポイントを
表示するため、液晶が仕込んである。
おかげで、通常のスクリーンに比べて、高価だ。

EC-E(フォーカスポイント表示付き方眼マット)新品を注文中
届いたら、紹介する予定。
Nikon F5
Nikon F5
Nikon F5
裏蓋を開けると、やはりこれもF一桁らしいこだわり。
マルチコントロールが欲しいなぁ・・・・

手に入れたF5は非常に程度が良く、すぐに実戦投入できた
実際に使ってみると、ウワサどおりのすごいカメラだった。
F4ですごいと思った、振動のないシャッターと巻き上げ。
F5では、それがさらに進化していた。

カスタムファンクションは、プロの要求に応じて、いろいろ
細かく設定できるようになっている。
基本的に特殊な設定は不要なのだが、ただ一つだけ、
「裏蓋を閉じると1コマ目まで自動送り」を設定した。
これは便利な機能だ。
Nikon F5
F5の利点をさらに挙げると、VRが使えること。
AF-s VR ED 70-300mmとの組み合わせは、最強だ。
もちろん、AF-sレンズとの相性もすばらしい。

ファインダーの様子。撮影情報は下側に表示される。

フォーカスポイントの表示が黒くなるのに時間がかかるのは、
もう液晶が古いからか?
EC-Eが届いたら、比較してみるつもり。



ニコン沼の入り口 Top Menu へ