Date as of 2007/11/1


Series E 35mm F2.5

ニコン沼の入り口 Top Menu へ



Series E 35mm
モードラ(MD-E)付きニコンEMのオマケで
入手したSeries E 35mm F2.5

カビジャンク品でしたが、見事に復活

35mmというと、D40xで使うと35mm換算で52mm
丁度いい画角の標準レンズという位置づけ。
Series E 35mm
昔、FE+50mm F1.4だけで勝負していたこともあり、
D40xのファインダーでも、画角に違和感がない。
望遠でもなく、広角でもないレンズは、構図を考えて
いろいろ移動する必要があり、ある意味、腕が試される
レンズでもある。

ちなみに、最短撮影距離は30cm。比較的寄れるレンズ。
Series E 35mm
Series E 35mm
Series E 35mm
レンズ後端に妙な爪が3箇所・・・・
後玉が一番後ろに動いた時に、この爪のおかげで、
机に置けます。

一応、実用レベルにまで、掃除は完了しています。

Series E 35mm F2.5 と D40xのキットレンズ AF-s DX ED 18-55 GIIを比較してみました。
Series E 35mm
Series E 35mm
左:AF-s DX ED 18-55mm GII, 1/250, F8, ISO 400, 35mm, D40x Pモード
右:Series E 35mm F2.5, 1/250, F8, ISO 400, D40x Mモード

18-55の35mmで撮影後、E35mmで露出をあわせて撮影しました。

描写の差は分かりません。しかし、撮影が楽なのは、圧倒的に18-55
E35mmを使って、MF&マニュアル露出で走り回る子供を撮影するのは、難しい。
特に、日陰と日なたを行ったり来たりする状況で、適正露出をキープしながら、
フォーカスを合わせるなんて、絶対無理です。

このような状況では、キットレンズ18-55mmの方が確実ですね。
E35mmでは、やたら連写せず、露出を決めてじっくり撮影すればいいんですが・・・
それにしても、自動露出の無かったころのスポーツカメラマンって、すごいなぁ・・・


次は、じっくり撮影できる、静物で比較してみましょう。まずは開放絞りでの比較。
Series E 35mm
Series E 35mm
左:AF-s DX ED 18-55mm GII, 1/250, F4.8, ISO 800, 35mm, D40x Mモード, SB-20 天井バウンス
右:Series E 35mm F2.5, 1/250, F2.5, ISO 800, D40x Mモード, SB-20 天井バウンス

背景をぼかしたい時は、明るい単焦点の勝ちです。18-55だと、ボケ方が足りませんね。
ちなみにフラッシュもマニュアル発光です。D40x用にSB-600か800が欲しい所。F4でも使えるし・・・


次にF8まで絞ってみました。
Series E 35mm
Series E 35mm
左:AF-s DX ED 18-55mm GII, 1/250, F8, ISO 800, 35mm, D40x Mモード, SB-20 天井バウンス
右:Series E 35mm F2.5, 1/250, F8, ISO 800, D40x Mモード, SB-20 天井バウンス

差は、分かりません・・・(笑)
言い換えれば、旧いレンズでも、デジタル時代に充分使えるということでしょうか?

今度、風景でも撮影に行って、比較してみたいと思います。

このレンズは、EMとセットで使う予定です。


ニコン沼の入り口 Top Menu へ