ンギングはアンブシュアと同様に教える人によっていろいろです。
舌の長さやマウスピースの角度などによって微妙に変わってくるからです。


 ・舌のどこがリードに触れるのか
 ・リードに舌が触れる面積
 ・リードのどこ
 ・舌の動き
 ・フレーズの立ち上がりにおける息のタイミングと舌の離れるタイミング
 ・フレーズの中でタンギングするときの息の流れは
 ・アンブッシュアは動くか
 ・音を切るには舌で止めるのか
 ・指との関係
 ・息と舌の併用
 ・エアータンギング
 ・フラッター・ダブルタンギング
 ・より速いタンギング
 ・アクセント
 ・発音
 ・タンギングの色々な練習方法




舌のどこがリードに触れるのか

私は舌の先端からほんの少し内側の表面です。これは舌の長さによってまちまちだと思いますが・・・。
ちなみに知り合いのアマチュア奏者には舌の裏側でタンギングしている人がいました。これは口の中のコーナーで書きましたが、楽器を吹いているとき舌に力が入ってしまい舌が立ってしまっているのだと思われます。舌が立った状態で舌を前に動かしているから舌の裏側でタンギングしてしまうのでしょう。これでも、速くタンギングできればよいのでしょうが、舌の表側でタンギングした方がよいでしょう。

上に戻る↑




リードに舌が触れる面積

私は舌にあるブツブツ(表面のざらざら)が一粒か二粒が触れるイメージです。つまり、リードにはほとんど触れていないような感じです。
ちなみにスラップタンギングがありますが、この場合はリードに舌の先の方をベタッと張り付け、息を入れる瞬間(発音はトゥッッて感じでしょうか)に舌をリードから思いっきり離してパチンと音を立てます。

上に戻る↑




リードのどこ

私はリードの先端かほんの少しだけ先端から下のほうでしょうか。場合によってはリードの先端より1.5mmくらい下に触れるときもあります。曲にあわせて使い分けています。
ナイディッヒのエチュードではリードの腰の部分にタンギングをしなければならないと記載されています。
人それぞれですね。

上に戻る↑




舌の動き

口の中のコーナーでロングトーンをしているときの舌の位置は書きました。その位置から舌をリードの方(斜め上前方の方)に出して、すぐにまた元の位置に戻します。
むかし、クラリネット奏者の口の中のレントゲンを見たことがありました。舌はのどの方までつながっており、肉の塊のように見えました。その肉の塊がのどの奥の舌の付け根から舌の先まで一緒にタンギングの際、ド、ド、ド、ドと動くのです。
レントゲンでは横からの映像でしたが、タンギングが速い人は舌の先端が薄くなっていて、舌の先端部分が前後に素早く動いていました(もちろん舌の付け根も動いているのでしょうが)。タンギングの遅い人は舌の先端が速い人に比べると厚く見え、舌の根元からド、ド、ド、ドと動いていました。やはり、素早くタンギングするには舌の先端部分を動かした方がよいのでしょう。
ちなみに、この映像を見たときに、開放のラからシの音にスラーで吹くのに、奏者の皆さん必ず口の中が変化していました。それが開放の音からシの音やドの音をきれいにスラーをかけるためのテクニックなのか、あるいは口の変化が無ければ、もっと簡単にレガートがかかるのかは不明なようです。
もうひとつ横道にそれますが、オーバーブローの映像もありました。ドの指使いでソ、ミ、ラ、ド♯とオーバーブローさせた映像でしたが、そのモデルの奏者はシャリモーの音域では、上口蓋が上がり、舌が下がっていました。これは、口の中のコーナーで私が記載した事とは異なります。ナイディッヒのエチュードとも異なっています。そのときの映像は一回しか見ていないので、あまりよく覚えていないので、もしかしたら見間違いなのかもしれません。やはり、奏者一人一人にそれぞれ自分の吹きやすいアンブッシュアや口の中の変化があって、十人十色ということなのでしょう。
レントゲンを当てつづけることはもう禁止されてしまっているので、自分で実験できないのが残念です。

上に戻る↑




フレーズの立ち上がりにおける息のタイミングと舌の離れるタイミング

タンギングはフレーズの始まりに必ず行ないます。ピアニッシモの曲などではタンギングしないで演奏する場合もありますが、基本的には必ずタンギングします。
私の音の立ち上がりの時のイメージは、
   ○ブレスをします。
   ○舌でリードとマウスピースの開きを閉じます。このときの舌やリードの
    触れる位置は先ほど記載しました。
   ○リードとマウスピースの開きを舌が塞いでいる状態で、おなかから息
    の圧力をかけます。この時点ではまだ音は出ていません。口の両端
    からも息はもれていません。
ここまでが音の立ち上がりの準備段階です。
あとは舌をリードから離すだけです。
舌を離した瞬間が、音の出始めになります。
この一連の流れが一瞬で(自然な流れのなか)行なわれます。

フレーズの立ち上がりで、ジャストのタイミングで舌をついてしまうと、音の立ち上がりがほんの0.0何秒か遅れます。フレーズの立ち上がりの一瞬前に舌が準備して、ジャストのタイミングで舌を離す、ことが重要です。
タンギングが苦手な人は大抵、音を出す準備が出来ていないために舌を動かす瞬間に息を出しているのです。そのため、タンギングがきれいでなかったり、タンギングした時に音が大きく出てしまったり、音が出た後に、息が抜けてしまったり・・・。
つまり、舌をついてしまっているのです。舌はあくまでも、離すのです。
フレーズの立ち上がりの重要性を伝えるのに私はよく次のことを行ないます。
きれいな黒板に黒板消しをバンとぶつけ、その後まっすぐ黒板消しを動かします。そうすると、黒板消しを滑らしたところはきれいですが、バンとたたいたところが汚く残ります。たたいた部分はいつまでも汚いままです。音の立ち上がりも一緒です。音の立ち上がりが汚いと、その後の音色がいくらきれいであっても、そのフレーズの印象は汚いのです。

上に戻る↑




フレーズの中でタンギングするときの息の流れは

スラーと全く一緒です。
スラーでの息の流れとタンギングでの息の流れが変わってしまうのは基本的には間違いです。アンブシュアを変えて吹いてしまうのも間違いです。
スラーもタンギングも舌がリードに触れるかどうかの違いだけで基本的に全く同じです。息で音を切るのではありません。(曲によっては息で音を切るケースもありますが・・・)
正しい息の流れの中で、舌に力をいれずにリードに舌を触れさせる事が大事です。つまり舌をリードにぶつけてはいけません。むしろ舌がリードに触れたら素早く離すというイメージです。舌を突くイメージでは勢いがつきすぎてしまい、汚い音になってしまいます。
よく見られるのがタンギングをする際に舌だけ動かせばよいところを舌の動きと同時に息を入れてしまうことです。例えば4分音符が4つあったとすると、舌だけト、ト、ト、トとなり、息はトーーーーであるべきところが、息も舌の動きと同様にトッ、トッ、トッ、トッと、なってしまうのです。
言い換えると、4分音符がひとつの時は4分音符分しっかりと音をイメージして吹けていることが、4分音符が4つになったとたん、4分音符がイメージできなくなり、タンギングだけに意識がいってしまうのです。そのため、息の流れがトッ、トッ、トッ、トッとなり、4分音符が歌えなくなってしまうのです。

上に戻る↑




アンブシュアは動くのか

タンギングの際、アンブシュアはスラーの時と変わりません。よほどの高速タンギングや、アルティッシモのかなり高音では話しが別です。
アンブッシュアが動いてしまうと、音色が変わってしまいます。
原因としては、舌に力が入っている・息がまっすぐ出ていないこと、だと思います。舌に力が入っているとどうしてもド、ド、ド、ドとなってしまうので、体中に力が入ります。また、息がまっすぐに出ていないと、タウ、タウと、なってしまい、当然アンブシュアは動きますし、ひどい場合、顎が動いたり、楽器も前後にゆれてしまいます。
楽器を持たないで、ト―――、と歌ってください。その後ト、ト、ト、トを歌ってみてください。口の周りが変わらなければOKです。息の圧力も変わらないようにして下さい。ストローを使ってやってみてもいいです。楽器を吹いたときもこれと同じようにできればよいのです。

上に戻る↑




音を切るには舌で止めるのか

曲を吹いている際、フレーズの終わりを舌で止める場合はあまりありません。
が、例えば
  
といったケースですが、これは、舌で音を止める場合があります。
実はここにタンギングの極意があるように私は考えます。
このケースでは、最初のソの音の立ち上がりにタンギングをして、ソの音を4分音符分のばした後、息で音を消すのではなく、息の圧力はそのままで、舌でソの音を止めます。つぎに休符の間、舌でリードとマウスピースの隙間を閉じます。この休符の間は息の圧力を緩めません。そう、音の立ち上がりの項目で音が出る前の準備段階と同じ状態です。次にまたソの音を吹くわけですが、もう音を出す準備は整っているので、舌を離せばソの音が出せるのです。
これはタンギングの非常によい練習になります。この形を4小節ぐらい続けてみてください。テンポは60くらいでやってみるとよいでしょう。このパターンのテンポを次第に上げていくと、どうでしょう?
  
のタンギングになります。

今度は
  
を考えます。これも、前述の通りに吹きます。
休符で息の圧力を弱めないことに注意するのと、音を切るのは舌で、休符で舌をリードから離さないことです。
これもテンポを上げていくと、
  
となるわけです。
この理屈がわかると、スケールで指と舌がどうしたら上手く一致させられるのかが理解できるはずです。

応用すると
  
このアーティキュレーションを上手に吹くのは意外と難しく、たいていはドーレーミ、ファのようにレとミの間がつながってしまいます。
このアーティキュレーションをはっきりと表現するには
  
と考えればよいのです。
つまり、レの音を吹いたら、ミの音の前(レの音の最後)で舌をリードに触れさせて、きちんとレの音を切って(レの音符の長さは正規の長さより若干短めにします)、そしてミの音で舌を離します。
レとミがつながって聞こえてしまうのは、レの音の最後を舌で音を切らないからです。

後の項目で息と舌の併用について述べますが、実際の演奏では音を切るのに舌だけではなく息の圧力を変化させて音の切れ味が雑にならないようにバランスを取っています。

上に戻る↑




指との関係

タンギングが難しい原因のひとつに指との連携が上手く行っていないことがあります。
まず、音の立ち上がりでは、前の項目で息を吸って、舌でマウスピースとリードの隙間を閉じ、息の圧力をくわえ、舌を離す、と述べましたが、そこに指が加わります。
フレーズの立ち上がりは、もうすでにその音の指は準備が出来ているので問題ないのですが、例えばスケールの場合では2つ目の音からは大変です。
それでは、読むのが面倒だと思いますが、ドとレの2つの音で解説します。
まず、指はドの形になっています。そして息を吸って、舌でマウスピースとリードの隙間を閉じ、息の圧力をくわえ、舌を離します。
つぎにレの音に移る瞬間です。
ドの音の最後で舌がリードに触れます。
舌がリードに触れている間に指がレに変わります。
レの指の形が出来たら、舌をリードから離します。
これを一瞬で行なうので、音がクリアーに聞こえるのです。(これは音を切るには舌で止めるのかのコーナーの後半の説明と同様のことです。)
音がクリアーに吹けない原因は、ドからレに動く時に指がタンギングより先にレに行ってしまえば、レ、レと「レ」の音が2度鳴ってしまいますし、レの指が準備できる前にタンギングしてしまえばドの音が2度鳴ってしまうということなのです。

上に戻る↑




息と舌の併用

曲のイメージによっては、タンギングを息と舌の両方を用いてタンギングします。トン、トン、トンといったフレーズを表現する場合に使います。
これは、今までの、指と、舌の整合性にさらに息の圧力の変化を音の移り変わりで加えるわけですから、さらに難しいテクニックです。
練習方法としては、スケールを遅めのテンポで吹くわけですが、舌でタンギングをしないで、ド、レ、ミ、ファ・・・をハッ、ハッ、ハッ、ハッ、・・・と、腹筋を使って舌のタンギングと同じに聞こえるように、息でタンギングします。指を動かした瞬間に息の圧力を変えないと、音が後押しになってしまい変なビブラートになってしまいます。
この際に注意しなければならない点は、アンブッシュアが動いてはいけません。音色がゆれたり、音程がくるってしまいます。
息だけのタンギングがある程度速くできるようになったら、舌と息のタンギングを一緒にやってみます。上手くタイミングがあうまで、ゆっくりやった方がよいでしょう。
ドビュッシーのプレミエラプソディーなどではこの息と舌の併用のタンギングを使ったりします。

上に戻る↑




エアータンギング

音の立ち上がりで、舌を付けないときがあります。
ピアニッシモでフレーズが始まるときなどで使います。ドビュッシーの作品などですね。
通常は舌でリードとマウスピースの隙間を塞ぎ、息の圧力をかけてから舌を離して音を出しますが、エアータンギングでは、舌をリードに触れさせず、息を楽器に入れた瞬間から音を出します。上手く出来ないと、楽器が鳴る前に息がスーッと楽器の中を通り抜けてしまいます。練習方法としては、スーッと楽器の中に息を静かに通し、次第に息の圧力を強めていって、ピアニッシモの音を出します。ちょうど息の音からピアニッシモの音に移った瞬間を体に覚えこませ(アンブッシュアのバランス、息の圧力、口の中の状態など)、ジャストのタイミングで息の音をさせないで、ピアニッシモの音を出すようにします。
ちなみに、息の音から楽器が振動し始めたその瞬間の音が、クラリネットの芯の音だと思います。この芯の部分を息の圧力で押していけばクレッシェンドになるし、フォルテの音から、ここで出したピアニッシモの音色・音の芯を感じてディミニュエンドできればきれいなディミニュエンドです。
舌を使わないタンギングの応用として、アルティッシモ音域や、タンギングによってどうしても音が飛び出してしまう場合に、このエアータンギングを使います。アルティッシモ音域ではちょっと強く舌がリードに触れただけで雑音になりますから、エアータンギングだけでも十分タンギングしたように聞こえます。

上に戻る↑




フラッタータンギング
ダブルタンギング

これも難しいテクニックです。
開放のソでトゥクトゥクトゥクトゥク、と発音します。トゥでは舌をリードに触れさせ、クは舌を動かさずに口の奥でクを発音して息の流れを口の中で止めることでタンギングします。
開放のソで出きれば、そこより低い音ではすぐにできると思います。開放のソより上の音は、かなり難しくなっていきます。アンブッシュアを崩さないように注意深く練習していけばとりあえずひとつの音でのダブルタンギングは出来るようになると思います。
わたしは、ひとつの音では出来るのですが、スケールとなるとなかなか出来るようになりません。とりあえずシングルタンギングでごまかせないテンポの曲にぶつかった事がないので、ダブルタンギングを必死になって練習していません。
よく、ベートーヴェンの交響曲のドシドミドシドミ・・・有名なソロですが、これをダブルタンギングでやります、っていうのを耳にしますが、わたしも、ダブルタンギングをマスターできたら、このソロをダブルタンギングでやってみたいものです。
フラッタータンギングはあまり見かけませんが・・・私は巻き舌を使っています。
巻き舌がどうしてもできない方でも練習すればほぼ出来るようになります。以前サンバオスティナートを練習した際、巻き舌が出来なかった人も最終的には出来るようになったようです。どうしても巻き舌が出来ない方は、のどの奥を”グオー”と鳴らしてやる方法を使います。

上に戻る↑




より速いタンギング

スケールを132のテンポでタンギングするとします。
このテンポでスケールを吹くとなると、シングルで確実に吹くのは大抵の方は辛くなります。私も限界に近くなります。
ところが、スケールでなく、ひとつの音でタンギングをすると、四分音符=132を16分音符で吹くのは楽に出来ます。
なぜでしょう?
スケールを吹いたときに指と舌が微妙にずれているだけなのに、頭の中では何とか指と舌を一致させようと考えます。舌と指にリラックスさせなければという脳からの命令と、しっかり指と舌の動きを一致させなければという脳からの命令に体が混乱して、ますます舌と指の動きを鈍くしてしまっているのだと思います。
ダブルタンギングの練習をすることで私なりの独自の発想が生まれました。
スケールをダブルタンギングで吹く場合、指の動きとまったく独立させ、口の中でトゥクトゥクと発音し、指はスラーのときと同じ感覚で、つまりタンギングのことを全く考えないで、動かします。ダブルタンギングと指は独立して動くのです。
これをシングルタンギングに置き換えると、舌は132のテンポでトゥ・トゥ・トゥ・トゥと動かすだけ、指は132のテンポでスラーと同じように指を動かすだけ、用意ドン!でタンギングと指を動かすと・・・
私がこのことに気付いたとき、ジャストのタイミングでスケールが偶然吹けたって感じでした。どこにも力が入っていない、指は指、舌は舌、それぞれ勝手に動いたって感覚。感動でした。
偶然も回数が増えれば必然になります。
舌と指がずれてしまったときは、スラーで132のテンポで吹いてみてください。舌とずれたところ、指がほんの少し、しどろもどろではないですか。あるいは、舌が疲れてませんか。決して無理にお互いを一致させようって考えないことです。

上に戻る↑




アクセント

アクセントは、私の考えでは非常に短い時間に行なわれるディミニュエンドです。
よく、舌を強くトゥッッ、って動かしてアクセントを表現する奏者を見ますが、これはアクセントには違いありませんが、下手をすると雑、あるいは音がきつく聞こえてしまいます。舌を強くトゥッッ、ってすると雑になるって想像しやすいと思います。では、なぜ音がきつくなるのか。私の考えではトゥッッ、って発音すると、その後の音のロングトーンの口の中は狭くなり、舌も力が入って口の奥に引っ込みます。通常のロングトーンと比較するとわかると思います。これが、アクセントがきつくなってしまう原因であると私は考えます。
では、どうすればよいのか。
ロングトーンと同じ口の中をキープして、舌を普段よりほんのちょっと強くして(舌を戻す位置は普段ロングトーンをしているときの位置です)、息の圧力を上手く利用して、アクセントを表現できるようにすればよいのです。
私はスケールを吹くときに適当な位置にアクセントを入れて練習したりしています。

上に戻る↑




発音

基本はトゥ。あとは状況に応じて変化させてます。
人によっては次のように教えるようです。
”tu”・・・強いタンギング
”du”・・・中くらいのタンギング
”ru”・・・弱いタンギング
”nu”・・・非常に弱いタンギング

私の場合は、何となく使い分けているので、子音を特に意識してはいません。

上に戻る↑




タンギングの色々な練習方法

◎装飾音符で練習・・・開放の「ソ」の音で装飾音符を増やしていく練習。
              ソ・ソー
              ソ・ソ・ソー
              ソ・ソ・ソ・ソー
              ソ・ソ・ソ・ソ・ソー
これは多くのトレーナーがやっていると思いますが、私はまず、楽器のたるを左手で持たせて、右手の人差し指を立たせてそれを自分の口元にセットし、ソ・ソ-と吹いているときに同時に人差し指を人をさすように前に突き出させます。要は息の流れを感じさせたいのです。タンギングが苦手だという人は息が止まってしまっていることが多いのです。息を出しながら人差し指を口元から人を指差すように前に出すと、どうですか?息が勢いよくだせませんか?これを楽器を吹いているときに応用させているのです。

◎歩きながらタンギング・・・歩くテンポにあわせて、四分音符、八分音符、三連符、16分音符でタ、タ、タ・・・と口の中で舌を動かします。私は高校生の頃から、年中これをやってます。

◎舌の脱力練習・・・ボーっとしてください。よだれが垂れそうなくらいに口元を脱力します。そうしたら、口を半開きにして、上の前歯の先端に、舌の先端を軽く触れさせます。そうしたら、息を出しながら、ダ・ダ・ダ・ダ・ダー(ダとナの中間みたいなだらしない発音にしましょう。)と舌の先端を動かします。舌の先端を動かすというより、舌を脱力したまま息の勢いで舌の先端を振動させるといったほうが適切かもしれません。息の流れをイメージするために、先ほどの人差し指を合わせて練習すると効果倍増です。最初のうちはダーーーーと上手く区切れないかもしれませんが、無理に舌を動かそうとすると舌に力が入ってしまいます。
さて、次に楽器を使って練習です。開放のソで練習です。楽器のたるを左手で持たせて、右手の人差し指を立たせてそれを自分の口元にセットし、ソ・ソ-と吹いているときに同時に人差し指を人をさすように前に突き出させます。このときに、アンブッシュアは脱力していてください。音色は気にしません。楽器を使わないでダ・ダ・ダ・ダ・ダーと練習したときと異なるのは楽器を使っていることだけです。
楽器を使って、ある程度ダ・ダ・ダ・ダ・ダーと出来るようになってきたら、アンブシュアを通常の状態にして同じように出来るまで練習です。

タンギングに重要なのは息を流すことです。舌を動かすことにばかり神経がいくから逆に力が入って舌が動かないのです。舌を動かすのではなく、リードが振動するのと同じようなイメージで舌が振動すればいいのです。

上に戻る↑