「煌めくイルミネーション、文明の象徴の陰で、
多くの動物が人の手によって殺され無惨にこの世を去っています、
輝く人類・・それも大事ですが、どうか忘れないで、
この子達の事を・・、
いつもイルミネーションと一体して心の中に仕舞っておいてね。」
このHPはNPO法人の認可が下りたことをお知らせする為、急遽作成したテンポラリーHPです。これから改正して、里親さん、援助里親さん募集であるとか、愛ワン子たちのご紹介ページ、物資お届き状況、告知等を徐々に増やしていきますので、ご協力宜しくお願いします。

理事長・・細川恵子
理事・・・宮内真奈美、加賀数大、鈴木千秋、
     高木佐代子(名古屋支部)
スタッフ・萩本晴美、大野くみ
以上の少人数のグループから成り立ち、数は少ないですが全国の愛ワンサポさんに支えられ、囲まれてわん達を守っております小さな団体です。
<理事長からのご挨拶>
「初めまして、アイワングループの理事長・細川恵子です・・って、聞いたこと無いでしょう?でも、ブログで時々細川の名前が出て来る・・では恵子って?なーんて、恵子と書いてやすこと読みます。今は亡き母方の祖母がつけてくれた名前とは云え、子供の頃から随分苦労しました。簡単な漢字なのにやすことは絶対呼んでもらえず、それで常にひらがなにしているのです、・・そして細川は私の旧姓です。数年前に離婚を致しましてから細川に戻りました。然しながら円満離婚と申しますか、元夫は池ワン活動への理解も深く、これまで協力体制にありました、この度、初夏にNPO法人申請に向けて、池田やす子から新たに細川恵子として公に参入した次第です。以後お見知りおきを・・・宜しくお願い致します。
そして、10月にNPO法人の認可は下りたのですが、受け入れ準備が又しても延々と出来上がらず、法務局へ行くにもふた月掛かり、外出が出来ないと云う理由だけでじれったい思いをし、口座を開くにもわん達の世話の合間ですから、ひとつひとつこなすのが精一杯、そしてHP。10月の予定が一昨日までは年内諦めていたのが突如発揮して、夜通しで千秋ちゃんと頑張ったのです。
活動内容は今まで同様ですが、現在、現敷地を購入して保護シェルターを建設すべく、奮闘、奔走している最中であります。問題はこの土地が市街調整区域であることに加え前例がないこと。・・ですが、ここへ保護シェルターが出来れば、里親が見つからない子、又問題犬も生きてゆける、県内はもとより全国の殺処分が減る・・減ると言うのではあまりに非情ですがゼロへ向かう事は間違いありません、何故ならば、順を追っての手続きを踏みながらの確信と言うか、一歩でも理想に近づくことが出来るのならば、私たちならば、今までの池ワン=そして愛ワンだったら、机上の空論で終らず、過去20年行政が一向に善処出来なかった原因並びに問題点も熟知しているので、いよいよ外へ向けての行動が出来るからです。それには現実として、何が何でも資金を集めなければなりません、・・できる限りの事を試していく所存です。命ある限り・・身体動く限り、まい進して行きますので・・あとは援護・応援・ご支援!新たな気持ちでお願い申し上げます。
見ていて下さい、頼みますね!」
「犠牲の上に成り立つ、人類のみの幸福はあり得ません」
「出来る人が出来る事をやる」
「人が手を差し伸べなければ生きていけない動物である、ワンちゃんとにゃん子、愛犬に属されない不遇なワンにゃんを救う事を一緒にやって頂けませんか」
「愛ワンは愛サポさんも含めて、その様な活動グループです。」