イ ンドア二次戦系 「上海戦でGO!」

元祖・セーラー服と機関銃


四十式短機関銃を有する二種兵装の海軍陸戦隊員(シャングリラホテル前にて撮影)
後に長澤まさみ主演ドラマの元になったポーズだと言われている

無料カウンター

   


第十壱次上海戦でGO!は無事作戦完了しました。

参加者の皆さん、ありがとうございました。

次回予定は未定ですが、2017年GW頃を想定しています。

ご質問等はこちらのフォームにて「その他お問い合わせ」から


本イベントのコンセプトについて:

フルオートでバリバリ撃ちまくるのも気持ちが良いけど、ボルトアクションで1発必殺の気を込めて丁寧に射撃するのも面白い。
そこで、敢えて取り回しが悪い上に出会い頭戦闘の多発するインドアでこの不便な戦いをやってみたらどうなるのだろうか。
我々はこの様に考えました。ボルトアクション・コッキングがメイン装備となるインドア戦とは、何と刺激的だろう。

そこで、銃だけではなく装備もなるべくそれに合った物で、また折角なのでシチュエーションも楽しみたい。
こういった考えから、二次戦前後のアジアで都市戦闘が行われた戦場として我々は上海を選びました。
かつてそこで何が行われたかは歴史背景の解説ページをご参照にて学んで頂くとして、我々がやりたいのは
装備品1つ・銃1つとっても「●●年に××は無いから使用禁止」と制約を受ける面倒くさいリエナクトゲームではなく
誰もが気軽に参加できて、それでいてヒストリカルな雰囲気も満喫できる楽しいゲームです。

第七次より、もっと多くのゲーマーにこのシチュエーションを楽しんでもらえる様、従来の2次戦縛りを大幅に
見直し、現用装備や現用銃でも気軽に参加できる様、レギュレーションを見直しました。
また、これによりイベント名も「上海事変」から「上海戦」にリニューアルをかけました。
これらにより、従来よりも仮想戦記的雰囲気が強くなると思います。でも、ベースは「低火力インドア戦」
インドア戦をやりこんだ人程、この理由が理解できると思います。
 

・・・とまあ、固い事言いましたが、要は

「お手軽に参加出来る単発・セミオートがいっぱいのインドア長時間戦!」
でありますっ!

普段はすぐヒットされちゃう初心者でも大丈夫!
コテコテのフル装備がなくても大丈夫!
なんちゃって●●軍でも大丈夫!
軍服がなければ私服でも大丈夫!
現用銃しかなくても大丈夫!
コッキングハンドガンでも大丈夫!

で、

リアル「戦場の絆」ゴッコが出来る!
映画「スターリングラード」ばりの窓からの狙撃戦が出来る!
SWATみたいな突入・ドアエントリー、が出来る!
スポーツチャンバラで白兵戦が出来る!
ずらり並んだボルトアクションの一斉射撃が出来る!
コッキングハンドガンで英雄になれる!

という、1粒で2度も3度もオイシイ企画です。

フルオート主体のサバイバルゲームでは絶対に体感出来ない、激アツなゲームを経験したい方は是非お試しあれ!


更新記録:
・2016年2月15日 第十次事変決行決まり募集開始
・2015年5月17日 第十次事変フォトレポート等をアップ
・2015年2月18日 第十壱次事変決行決まり募集開始
・2014年5月 9日 第九次事変フォトレポートをアップ
・2014年2月 3日 レギュレーションに多弾数マガジンしか無い銃の扱いを追加
・2014年1月17日 第九次事変決行決まり募集開始

・2013年1月 5日 第八次事変決行決まり募集開始
・2012年3月 4日 第七次事変決行決まり募集開始
・2011年3月10日 第六次事変決行決まり募集開始
・2010年6月27日 第五次事変レポートをアップ
・2010年2月28日 第五次事変決行決まり一面を更新
・2009年10月21日 事変ゲームレポート頁を更新
・2009年7月30日 第四次事変決行決まり一面を更新
・2009年7月26日 一部レギュレーションの改定
・2009年6月29日 事変ゲームレポート頁を更新
・2009年2月28日 第三次事変決行決まり一面を更新、レギュレーション一部改定
・2008年7月27日 事変ゲームレポート紹介頁を新設
・2008年6月28日 第二次事変決行日決まり一面を更新
・2008年5月18日 第一次事変作戦完了により一面を更新
・2008年4月12日 歴史考証頁の「第二次上海事変」を追記
・2008年4月11日 白黒写真を差し替え
・2008年3月12日 私服参戦の場合マーカー持参を追加
・2008年3月3日 サイト立ち上げ

プロデュースドby 人参解放軍