第21回親鸞聖人
関東御旧跡巡拝の旅
(平成21年6月25日)
〇 しんらんらんさまの田植歌
  ここをクリックすると「衆会」の合唱を聞くことができます。
     (注):録音は、音声圧縮ファイル(.mp3)で記憶されています。
                                            トップページへもどる
クリックすると「衆会」の合唱が聞けます。
 親鸞聖人お田植えの御旧跡、「真仏寺」の近くにあるに稲田の中に石碑が立っている
常陸の国那珂西郡大部の郷(飯富町)に住み、親鸞聖人の教えを熱心に信仰する平太郎という人がいた。平太郎は、健保6年(1218年)稲田の草庵より聖人を招き、百日間の念仏弘通を蒙った。このときに、有名な聖人お田植えのエピソードがある。
 農民たちが歌を歌いながら田植えをしているが、念仏の声がない。聖人は自分から田んぼに降り、田植えの列に加わった。農民も喜び、お田植え歌をくちずさみつつ、田植えをしたという。