←長明寺HPのトップへ  浅原才市さんの部屋 


 このページでは、妙好人・浅原才市さんの言葉(歌)をいくつかピックアップしてみました。才市さんの味わわれた浄土真宗の世界、南無阿弥陀仏の世界を一緒に感じてみませんか?



    ええな せかいこくうがみなほとけ 
    わしもその中 なむあみだぶつ






    ありがたいの ありがたいの ありがたいのがあなたの慈悲で 
    うれしうないのがわたしの心 
    うれしかろうがかるまいが 機法一体なむあみだぶつ 
    これが知れたらありがたい 






    ねるも仏

    おきるも仏

    さめるも仏

    さめてうやまう なむあみだぶつ

    むねに六字のこゑがする

    おやのよびごえ

    慈悲のさいそく

    なむあみだぶつ






    目にみえぬ慈悲が 言葉にあらわれて 
   
    南無阿弥陀仏と 声でしられる






    死ぬるは浮世のきまりなり

    死なぬは浄土のきまりなり
    
    これが楽しみ 南無阿弥陀仏

    世界をおがむ 南無阿弥陀仏  
    
    世界がほとけ 南無阿弥陀仏







    聞いた聞いた

    いいこと聞いた

    凡夫が仏になること聞いた

    聞いても聞いても何ともない

    何ともないのが目当てと聞いた






    ほとけから

    ほとけをもろうて

    なむあみだぶつ

    なむあみだぶつが

    わしのほとけよ







    こんなさいちわ かくことわやめりゃゑゑだ 

    いいや こがなたのしみわありません やめらりゃしません 

    ほ(法)をたのしむかくもんであります まことにゆかいなたのしみであります 

    明ご(名号)のなせることのたのしみ なもあみだぶつてあります







    道理理屈を聞くじゃない 味にとられて味を聞くことなむあみだぶつ







    あさましと知られた心 仏の心よ







    凡夫わからにゃ邪慳なり 凡夫わかれば慚愧なり なむあみだぶつ







    おなじ迷い迷いと言いましても 

    迷いが迷いに居るのと 法が迷いに居るのとは違いがしてをります 

    自力他力はここでわかります







    他力には自力も他力もありわせん 一面他力なむあみだぶつ







    煩悩も具足 お慈悲も具足 具足づくめのなむあみだぶつ







    如来さんはどこにをる 如来さんはここにをる 
   
    才市が心に満ち満ちて なむあみだぶつを申しているよ







    名号は不思議な慈悲で 合点がいらぬ 

    合点いらぬがなむあみだぶつ







    念仏は仏の念仏 仏が申す念仏 ただの念仏 

    わたしゃ用なし ごをんうれしやなむあみだぶつ







    なむあみだぶつに抱き取られ 取られて申すなむあみだぶつ







    称えても 称えても また称えても

    弥陀の呼び声なむあみだぶつ







    名号はわしが称えるじゃない わしにひびいてなむあみだぶつ







    才市や何処におる 浄土貰うて娑婆におる 

    これがよろこび なむあみだぶつ







    わたしゃ浄土を先に見て 娑婆で申すなむあみだぶつ







    才市や臨終すんで 葬式すんで 

    なむあみだぶつとこの世にはをる云々







    影を見よ 光明の光のおかげで 影がみえるぞ 

    浄土の影がこれでわかるぞ 

    ごをんうれしやなむあみだぶつ なむあみだぶつ







    才市や何がおもしろい 迷いの浮き世がおもしろい 

    法をよろこぶ種となる なむあみだぶつの花ざかり






    昔はありがたいこと たよりに思い なんともないこと ちからをおとし 

    いまは あろうがあるまいが ごをんうれしやなむあみだぶつ







    ありがたいの ありがたいの ありがたいのがあなたの慈悲で 

    うれしうないのがわたしの心 うれしかろうがかるまいが

    機法一体なむあみだぶつ これが知れたらありがたい







    わたしゃあさまし 親のごをんがよろこばれん 

    よろこばれんならほうっておけよ 凡夫がよろこぶ法ではないよ 

    ごをんうれしやなむあみだぶつ






    へいぜい(平生)に臨終すんで葬式すんで 
    あとはあなたをまつばかり
    なむあみだぶつに 臨終はない







    おがみようがない
    おがまれてよろこぷ
    なむあみだぷつ







    才市はなむあみだぶつをどう心得てをるか 

    へ はなむあみだぶつに貰われましたよ 

    御報謝をどう心得てをるか 

    へ 御報謝は思い出したり忘れたり あさましいものであります。







    わしの心はくるくるまわる 業のくるまに回されて   

    まわらばまわれ 臨終まで   

    これから先にくるまなし とめてもろたよ   南無阿弥陀仏






    才市よい うれしいか ありがたいか 

    ありがたいときや ありがたい なつともないときや なつともない 

    才市 なつともないときや どぎあすりや(どうするか)

    どがあもしよをがないよ なむあみだぶと どんぐりへんぐりしているよ 

    今日も来る日も やーい やーい









 どうですか、才市さんのお念仏の味わいの世界。楠恭先生は才市さんのお念仏についてこのようにおっしゃられました。

 「才市のなむあみだぶつは口から出るものではあるが、それは並の口称の念仏ではない。また教学の概念を理解した上からの念仏でもない。ただ日々の生活そのものの中で、自分は包まれて生きているのだという確たる自覚からのなむあみだぶつであった。」

 と。

 なるほど。







              〜  浅原才市さん(1850〜1932)について  〜

 浄土真宗の代表的な妙好人の一人である。石見の才市と呼ばれる。石見国大浜村字小浜(島根県大田市温泉津町大字小浜)生まれの下駄職人である。
 仕事の合い間に、「口あい(くちあい)」と称せられる、信仰を詠んだ自作詩、約10000首もの数を、かんな屑に書き綴っていたとされる。
 才市を妙好人として取り上げたのは、鈴木大拙であり(『日本的霊性』)、後に『妙好人浅原才市集』を編纂している。

 以上、 ウィキペディアフリー百科事典より抜粋




冒頭に戻る


検索エンジンでこのページに来られた方は、こちらを→ 
浄土真宗本願寺派 長明寺ホームページのトップにジャンプします。