トップページへトップページへ!    こ・と・ば(8)トップページへ!  


諸師の言葉(あ・か行)      諸師の言葉(さ・た行)
諸師の言葉(な・は行)     諸師の言葉(ま行以降)
真宗の法言T          真宗の法言U
『経典』から          祖師先哲方の御文
仏教・宗教関係の言葉T     仏教・宗教関係の言葉U
ことば(1)          ことば(2) 
ことば(3)          ことば(4)
ことば(5)          ことば(6)
ことば(7)          ことば(8)


 大事なのは話せばわかることではなく、聴いてあげること





「嬉しいことばの歌」   村上信夫(アナウンサー)

「おはよう」って言えば、心の窓が開く
「ありがとう」って言えば、心ガニコニコする
「いただきます」って言えば、心がつながっていく
「おかげさま」って言えば、心がおじぎする
「よかったね」って言えば、心が一つになる
「だいすき」って言えば、心がウキウキする
「だいじょうぶ」って言えば、心が柔らかくなる
「おやすみ」って言えば、心がまあるくなる





 ちなみに小学3年生の娘のクラスでは、
 「やられたらやりかえす。恩返しだ!」
 と言って親切にしあうのが流行ってるらしい。





 「人生」という名の舞台。主人公はいつもあなた。脚本・演出、思いのまま。
 白紙のまま幕引き?馬鹿を言っちゃいけない。





 ウソくらべ
 死にたがる婆
 とめる嫁





 目に見えぬ 縁と絆を 目に見せる
 すばらしきかな 冠婚葬祭





 イジイジしていたって、事実は変わりません。
 反省して落ち込んでどんよりして、周りに気を使わせる方が最悪だと思います。
 だからさっさと人のせいにして、切り替えて次に行った方が効率が良いです。
 責任転嫁は心の中だけにしてしまえば、問題ないのです。
 声に出して人に同意を求めるのが不味いのです。





 賢い人は万が一が無いように
 最後の一線ではなく
 最初の一歩を踏み出さない





 子どもとは責任であり救いである





 プライドを傷つける情報にふれる大切さ





 言葉づかいはお金のかからないオシャレ





 「できるね」「頭がいいね」と、能力をほめるのはダメです。
 「がんばったね」「よくやったね」と行動をほめてあげてください。





 女子に生まれたからには、きちんと贅沢をしなさい
 「贅沢」とは身の丈に合わない浪費の事ではない。
 自分に出来る精一杯の範囲で本物を知り、本物を教えてくれた人に感謝するのが「贅沢」なのだ
               あるお婆ちゃんの格言





 「日々の仕事をただこなしていくだけでむなしい」とテレビで若いサラリーマン男性が言っていたが、
 「こなす」は「熟(こな)す」で、「熟(じゅく)す」でもあろうにと思った。
 日々をきちんと「熟(こな)す」ことがそのまま「熟(じゅく)す」ことになるのである。





 タマネギ/チョコレート/コーヒーは犬猫に有毒だが、犬猫が弱いのではなく、ヒトが哺乳類の中でも例外的に毒に強いのだ。
 そもそも植物は哺乳類から身を守る毒として硫化アリル/テオブロミン/カフェインを身につけたのに、このろくでもないサルの子孫は「うまいうまい」と言って好んで食べ始める始末
 ネット掲示板より





 結構前だけど知らないカップルが喧嘩してて、男が俯きながら『死んで詫びるわ…』って言ったら女がブチギレて『せめて詫びてから死ねよ!』と言ってて確かに、と思った。
 ネット掲示板より




『子供の科学』の中にあった言葉。
「夜は昼とは別の場所にある。本当は夜というのは時間ではなく場所だ。
 私たちは毎日、地球という星に乗って昼という場所からぐるりと移動して、夜という場所へ行く」
 という言葉に感動している。
 これは時間と空間の本質を捉えた、実はとてもすごい言葉だと思う。
 ネット掲示板より





 よく「どんな珈琲が自分の好みなのか判りません」とお客様に訊かれます。
 個人的には…冷ました珈琲を飲んで美味しいと感じた珈琲が「好きな珈琲」であると考えています。
 大抵のものはアツアツのうちは判りません。男女関係と一緒ですね。
 ネット掲示板より





 子は親の鏡 ドロシー・ロー・ノルテ

 子供は、批判されて育つと、人を責めることを学ぶ
 子供は、憎しみの中で育つと、人と争うことを学ぶ
 子供は、恐怖の中で育つと、オドオドした小心者になる
 子供は、憐みを受けて育つと、自分を可哀想だと思うようになる

 子供は、馬鹿にされて育つと、自分を表現出来なくなる
 子供は、嫉妬の中で育つと、人をねたむようになる
 子供は、ひけめを感じながら育つと、罪悪感を持つようになる
 子供は、辛抱強さを見て育つと、耐えることを学ぶ
 子供は、正直さと公平さを見て育つと、真実と正義を学ぶ

 子供は、励まされて育つと、自信を持つようになる
 子供は、ほめられて育つと、人に感謝するようになる
 子供は、存在を認められて育つと、自分が好きになる
 子供は、努力を認められて育つと、目標を持つようになる

 子供は、皆で分け合うのを見て育つと、人に分け与えるようになる
 子供は、静かな落ち着いた中で育つと、平和な心を持つようになる
 子供は、安心感を与えられて育つと、自分や人を信じるようになる
 子供は、親しみに満ちた雰囲気の中で育つと、生きることは楽しいことだと知る

 子供は、まわりから受け入れられて育つと、世界中が愛であふれていることを知る 





 自分の物差しで 問うのではなく
 自分の物差しを 問う





 
 相手をけなす前に、彼らの靴で1マイル歩くといい。
 
 君は、1マイル先へとたどり着き、彼らの靴を持っている。





 人生を豊かにするには、笑える悲劇も経験しておく必要   いのうえゆきひろ





 山には山の愁いあり
 海には海のかなしみや
 ましてこころの花園に
 咲きしあざみの花ならば

 高嶺(たかね)の百合のそれよりも
 秘めたる夢をひとすじに
 くれない燃ゆるその姿
 あざみに深きわが想い

 いとしき花よ 汝(な)はあざみ
 こころの花よ 汝はあざみ
 さだめの径(みち)は果てなくも
 香れよ せめてわが胸に

                横井弘





 かわいい坊や、泣かないで 
 ママが子守唄を歌ってあげる
 キミがすやすや眠るまで パパは、
 ママの代わりに夜通し抱っこ

 まだ幼いお姉ちゃんだって 
 お気に入りのオモチャを譲ってあげる
 キミの健康が大事だから おじさんは、
 もうタバコを吸わないと誓う
 眠りにつくキミに絵本を読んであげるために
 おばあちゃんは文字を読む練習をはじめた
 キミが早く元気になるように
 お医者さんは昼でも夜でも駆けつける
 キミが見つめていると
 いがみあう者たちだって仲直り

 時間に余裕がなくたって
 通りすがりの人も手助けをしてくれる
 キミが落ち込んでいるときは
 パパだってピエロになる
 ドライバーもキミのためにスピードをゆるめて
 ペットはいつも側で見守ってくれる
 ガードマンはキミを笑わせようとして
 働く男たちも手をとめる

 子守唄はもうすぐ終わるけれど
 キミの人生は始まったばかり
 世界でいちばん大切なキミのためなら
 いつだって、いちばんのことをしてあげる





 「手抜き」と「無駄な力抜き」は違う





「悪いところがあればいつでも言って下さい。
面と向かってわたしにいいにくいことがあるならば、わたしのいないとこところで、陰口でもいいので、私の悪いところを言っていただきたい。
それを伝え聞いて、悪いところを直そうと思います。」 
         法敬坊順誓





 逆に楽しい






 「子どもの姿で最も美しいのは、
    遊びに集中している姿である」(フレーベル)





 この秋は雨か嵐かしらねども、
 今日のつとめに田の草を取るなり           二宮尊徳




 
 やれる可能性があるやつが努力しないのを見ると、
 胸ぐらつかんで「俺と代われ」と言いたくなる。
          23歳で白血病で亡くなった悠季くんが生前に残した言葉





 過去と他人は変えることができなくても、未来と自分は変えられる
 “常に謙虚であらねばならない”“感謝の気持ちを持つ”
 謙虚に内省し、他者への感謝の気持ちを持てば、自分を映す鏡である他者との間で意識が共有され、他者は同じことをこちらに返してくれるのです。
             某経営学者





 咲いた花見て喜ぶよりも
 咲かせた根の恩を知る





 何かはワカラン 足りんものが あったけん 生きてみたんも 許される事じゃろう
  「唇をかみしめて」





 夢なんてかなえなくても、この世に生まれて、
 生きて、死んでいくだけで、人生は大成功だ。
 俺は心の底からそう思っている。
 どんなに高いワインより、喉が渇いたときの一杯の冷たい水の方が旨い。
 お袋が握ってくれたオニギリより旨いものはない。
 贅沢と幸福は別物だ。
 慎ましく生きても、人生の大切な喜びはすべて味わえる。
 人生はそういう風にできている。
                    北野武





 人に幸せになってもらいたい
 と思うなら、思いやりを学びなさい。
 自分が幸せになりたいと思うなら、
 思いやりを学びなさい。
 
 思いやりがあれば、
 人生に起こる苦しみや問題は
 自分で解決できる。
            ダライ・ラマ14世





 外見は 中身の一番外側






 何度も言ってるけど「嫌い」も「苦手」もあっていいし、それは悪ではないよ。
 でもそれは「失礼な態度をとっていい」とか「攻撃していい」理由にはならないんだよ。
 「嫌いだから攻撃していい」は成立しない。
 けど、そうしている人が多くてよく目について不愉快だから、自分は気をつけようと思う。
                     ネットより 
 




 「母の日」には「世の中から母がいなくなる日」なのはなぜ?

 「普段母と言われる人も
  自分の母を想う日だからだよ
  誰もが母の子だからね」
                    ネットより 






 正論は正しい。
 だが、正論を振りかざす人間は正しくない。






 ドーナツの真ん中の部分が好き





 「ダメな子」とか、「わるい子」なんて子どもは、ひとりだっていないのです。もし、
 そんなレッテルのついた子どもがいるとしたら、それはもう、その子たちをそんなふうに見ることしかできない大人たちの精神が貧しいのだ。
     手塚治虫





 人の痛みがわかれば、いじめも差別もなくなるはず  被爆者 吉田勝二氏





 器と言う名のゴミ箱を大きくしてみよう!





 主義主張は関係ない。人間として、せずにはおれないからするのが平和活動だ。  被爆者 吉田勝二氏






 『守りつくして、破るとも、
  離るるとても、本(もと)を忘れるな』 茶道の心得






 ここ数10年で、産業国では臨床鬱症状が爆発的に増加しました。
 これだけが理由ではありませんが、鬱病や自殺が爆発的に増えたその要因の大部分は、
 人々の期待値が高すぎたことで経験が不満足なものになってしまっている点に起因していると私は思っています。





 2:“正しい” 相手
 
 僕がまだ若かった頃、当時真剣におつきあいしていた彼女がいた。
 でも、「自分にとって “正しい相手” を見つけたい」からと、別れを告げた。
 すると彼女は「誰だって “正しい相手” を探すもの。
 でも、自分から “正しい相手” になろうとする人は誰もいないものね」と返された。
 この一言で、僕は “正しい相手探し” を卒業した。




 5:長男という立場

 僕は長男で、弟と妹がいる。僕がまだ14歳だったとき、父からこう言われたんだ。
 「この家でお前が下した決断は、3回の結果となって返ってくる。お前の背中を見た弟と妹が、
 同じ決定を下すからだ。そしてお前の弟への接し方は、そのまま弟が妹に接する態度になる」。
 父のこの言葉で、“背中を見て育つ” という言葉を痛感し、長男としての立場を強く意識するようになった。





 7:不安な気持ちと仲よく 

 親友が言ってくれた言葉:「不安な状態の中で、いかに心地よく過ごすかが重要なんだよ」。





 15:何だっていい面はある
 
 僕が乗るバスは、よく踏切で何本もの列車が行きすぎるのを待たなければならない。だから僕はいつもウンザリしていた。
 ところが、ある日タイミングよく踏切待ちをしなくてもいい日があったんだ。僕が「良かった!」と嬉しく思ったその時、後ろに座っていた親子の会話が耳に入ってハッとした。
 「残念ね。今日は電車見られなかったわね」。
 その言葉で僕は、“どんな物事だって楽しもうと思えば楽しむことができる” ということに気がついた。





 20:どんなに痛みを伴っても
 
 友人の5歳の子供が亡くなった。父親が目を離したすきに、テレビの下敷きになって命を落としたのだ。家族はもうボロボロで、父親は罪の意識にさいなまれて本当に苦しそうだった。
 そんな彼らの姿を目の当たりにした私は、自分に子供が育てられるか、そんな悲しみを受け止められるか自信がなくなってしまった。
 それで、「子供は持たないかも」と自分の父親に話してみた。
 私の父は、堅物であまり感情を表さない人物なんだけど、そんな彼がこう言ったんだ。
 「人生の中で、ほんの 一瞬でもお前と過ごすことができれば、どれだけの痛みが伴おうともその価値はある」と。
 父の愛に触れたことで、子供を持つ怖さはなくなった。





 権力機構内にも宗教内にも、賤民・被差別身分の人たちが隷属し利用されていたケースが多々あり、それは現代の様々な差別の中にも形を変えて残っているみたいです。
 こういう習慣や慣習はその時代の中では問題が無かったのでしょうが、現代の視点で見ると現代以降の時代に残すべきものではないと思います。
 同時に、それがあったことも忘れてはいけないものでしょう。宗教をスピリチュアルに捉えるよりも、私的にはこういった勉強をしていきたいと思います。
                   某ネットより





 あなたに越えられない壁はおとずれない。
 必ず乗り越えられるし、乗り越えたあなたはもっと素敵な大人になっているはず。』





 何かを始めるのは簡単だし、辞めることも簡単。一番難しい事は、続けることだ。』





 人生に大切なのは何回呼吸するかではなく
 何度息をのむ瞬間に出会えるかよ
                   ビヨンセ






 知って やる罪 重い罪
 知らずに やる罪 深い罪
 いずれの罪も 縁次第





 サビは 鉄から 生まれて 鉄を腐らせる
 愚痴は 人から 生まれて 人を腐らせる





 「女子大生が夜キャバクラでバイトしていると聞くとふしだらに聞こえるけど、キャバクラ嬢が昼は大学で学んでいると聞くとまじめに聞こえる。」 
 物の価値を向上させるセンスとはこういうこと。
      ネットの掲示板より





お題「ひまなときあるある」
回答「本当はやることがある」
     ネット掲示板の問答より





「私がどこへ行っても、いつでも、大きな象が私の後ろからついてきます。
 他人からは見えている、この大きな象が吃音ですが、そんな大きなものをひたすら隠そうと躍起になっていたなんて、おかしいですよね」
               スキャットマン・ジョン
(吃音を克服したミュージシャン)






 インド人留学生がボンカレーをめちゃくちゃ気に入って、
「この和食めっちゃうまい!これと似た雰囲気のやつインドにもあるんすよー、カレーっていうんですけどね」
 って言ったという伝説を思い出した。 
              ネットの掲示板より





 老人「お前はなぜそんなに酒を飲むのだ?」
 男「忘れるためさ」
 老人「何を忘れたいのだ?」
 男「忘れたよ そんなことは」





 酒飲みの人生

 前半は肝臓を苦しめ
 後半は肝臓に苦しめられる…





「酒は百薬の長なり。されど、万病の元なり」
    by.吉田兼好(兼好法師)





 我思うに飲酒には五つの理由あり。
 友あらば飲むべし。
 良酒あらば飲むべし。
 喉渇きたらば飲むべし。
 喉渇く恐れあらば飲むべし。
 いかなる理由あれども飲むべし。





酒とは… 呑んでいる特には
     いつも呑み足りなく
     呑み終わると
     いつも呑みすぎているものである





 コックのアルコールの原理
酔った人物が、自分は素面であると証明しようとする努力とエネルギーは、酔い具合と比例する





 不味い酒はいつ如何なる時でも不味いかもしれないが、美味い酒はいつ如何なる時でも美味い、とは限らない。
 旨酒にありつけたならば、それだけで幸運。





雨を感じられる人間もいるし
ただ濡れるだけの奴らもいる
      ボブ・マーリー(レゲエの神様)





指をさして人を非難する前に
その手が汚れていないか確かめてくれ
     ボブ・マーリー(レゲエの神様)






一、今日だけは、幸福でいよう。リンカーンは「たいていの人々は、自分で決心した程度だけ幸福になれる」と言ったが、まったく至言である。
  幸福は内部から生じる。外部のことがらではない。

二、今日だけは、自分自身をその場の状況に順応させて、自分の欲望のためにすべてを順応させることを控えよう。
  自分の家族も仕事も運も、あるがままに受け入れて、自分をそれに合わせよう。

三、今日だけは、身体に気をつけよう。運動をし、身体を大切にし、栄養を取ろう。肉体を酷使したり、軽視することはつつしもう。
  そうすれば、身体は意のままに動く完全な機械になるだろう。

四、今日だけは、自分の精神を鍛えよう。何か有益なことを学び取ろう。
  精神的な無精者になるまい。努力と思考と集中力を必要とするものを読もう。

五、今日だけは、魂の訓練のために三つのことをしよう。だれかに親切をほどこし、気づかれないようにしよう。
  ウィリアム・ジェームズが教えているように、修養のために少なくとも二つの自分のしたくないことをしよう。

六、今日だけは、愛想よくしよう。できるかぎり晴れやかな顔をし、おだやかな口調で話し、礼儀正しくふるまい、惜しげなく人をほめよう。
  他人の批判やアラ探しをつつしみ、他人を規則でしばったり、戒めたりすることをやめよう。

七、今日だけは、今日一日だけを生き抜くことにして、人生のあらゆる問題に同時に取り組むことをやめよう。
  一生のあいだつづけるとしたら、いや気のさすような問題でも、十二時間ならばがまんできる。

八、今日だけは、一日の計画を立てよう。処理すべき仕事を一時間ごとに書き出そう。予定どおりにはいかないかもしれないが、ともかくやってみよう。
  そうすれば、二つの悪癖――拙速と優柔不断と縁が切れるかもしれない。

九、今日だけは、たったひとりで静かにくつろぐ時間を三十分だけ生み出そう。
 この時間を使い、ときには神について考えよう。人生に対する正しい認識が得られるかもしれない。

十、今日だけは、恐れないようにしよう。
  とくに幸福になることを恐れたり、美しいものを楽しむことを恐れたり、愛することを恐れたり、私の愛する人が私を愛していると信じることを恐れないようにしよう。
 
                    ー 「今日だけは」シビル・F・パートリッジ






 プロとアマの違いその1

プロは挨拶がすべて
アマは挨拶の重要性を解かっていない


プロとアマの違いその2

プロは取り組みながら元気になっていく
アマは取り組みながら疲弊していく


プロとアマの違いその3

プロは不調な時でも取り組みながら治していく
アマは言い訳して休む


プロとアマの違いその4

プロは高い自己基準を持っている
アマは基準が甘い


プロとアマの違いその5

プロは短期集中
アマははだらだらやる


プロとアマの違いその6

プロは上手くいったら思いっきり喜ぶが「ハイ次っ!!」と切り換えが速い
アマは喜ぶことに制限をかけ、喜びの余韻に浸る


プロとアマの違いその7

プロは常に改善し続け、エッジがとれないように意識する
アマは現状に甘んじて、摩耗していることに気づかない


プロとアマの違いその8

プロは明確な型をもっている
アマは明確な型をもっていない



プロとアマの違いその9

プロは一つ一つの行動や所作に意味があることを知っている
アマは自分の感覚でやっている

プロとアマの違いその10

プロは力まず、自然体
アマは力んで、みせようとする


プロとアマの違いその11

プロは自分をコントロールし、常に並を保つ
アマは自分をコントロールできず、常に波がある

         佐藤正樹(劇団四季・研修講師)





 人間の行動というものは、思考の最上の通訳者である   ロック『人間悟性論』





 日本人は30の声を聞くと青春の時期は過ぎたというが、熱情さえあれば人間は一生青春でいられる 
      永井荷風『新帰朝者日記』





 侘しさというものは、幸福感の一種なのかもしれない  太宰治『愛と美について』





 牛は急ぐ事をしない。
 牛は力いっぱいに地面を頼って行く。
 自分を載せている自然の力を信じきっていく。
 ひと足、ひと足、牛は自分の道を味わって行く
       高村光太郎『牛』





 自分に誠実でない者は
 決して他人にも誠実ではない
         夏目漱石『行人』





 最も強い者が生き残るのではない、最も賢いものが残るのでもない。
 唯一生き残るのは変化する者である 
        ダーウィン『種の起源』




 牛乳を飲む人よりも
 牛乳を配達する人のほうが健康である
        ヨーロッパのことわざ






 相手の言い分を聞いてやろうという気持ちがなくなったら、もうその人の負けである
           ラ・ロシュフーコー





 怒りを敵と思え      徳川家康『東照公遺訓』    





 誰かが嘘をついていると感じたら、信じたふりをすることだ
    ショーペンハウアー『幸福のための警句』
 




 貧乏人けっこう。
 誰もお前の貧乏を盗もうとはしないのだから
      シェークスピア『冬の夜ばなし』




 人は軽蔑されたと感じたときによく怒る。
 だから自信のある者はあまり怒らない
       三木清『人生論ノート』





 アマゾンのジャングルに一人で放置されて生き延びられる現代人はいませんね
 ということは、「社会」というものが無い生の自然状態に置かれるなら、人間は全員「弱者」だということです
 その「弱者」たちが集まって、出来るだけ多くの「弱者」を生かすようにしたのが人間の生存戦略なんです

 だから社会科学では、「闘争」も「協働」も人間社会の構成要素だが、どちらがより「人間社会」の本質かといえば「協働」である、と答えるんです
 「闘争」がどれほど活発化しようが、最後は「協働」しないと人間は生き延びられないからです
 
 我々全員が「弱者」であり、「弱者」を生かすのがホモ・サピエンスの生存戦略だということです
                    ネットの某掲示板より





 戦争をして平和をつかむのではなく
 戦争をしないことで平和になりたいです
          七里順量師





 情操教育という言葉があります。
 何十万円もするオーディオを購入して、
 そこから出る音楽を子供たちに聴かせる。
 確かに、その音は、本物の音であり、
 子供の音感もよくなるかもしれません。

 しかし、そのオーディオだけを買って、
 それだけで情操教育をやっていると思ったら
 大まちがいです。

 そんなことよりも、
 自分のひざの上に子供の頭をのせ、
 耳アカをとってやることのほうが、
 どれほど子供の情操を豊かにするでしょう。

 子供のために面倒くさいことを
 汗流してやってやることです。
 子供は、じっと母親の姿を見ています。
            東井義男





 たとえば、リストラをされた人の場合で言えば、もう一度、ていねいに生き直してみることによって、何かが変わってくると思うんですね。
 食事をするにしても、めんどくさいからといって、簡単にレンジでチンして食べるのではなく、ご飯をお米から炊いてみる。
 みそ汁を自分の手で作ってみる。ご飯とみそ汁だけでいいじゃないですか。
 ていねいな手作りの食事を繰り返して食べているうちに、ある種の生きる意欲も湧いてくることがあるんじゃないか。  
 
 大きな希望を抱くより、ささやかな毎日をていねいに生きていくこと、それが「あきらめない」生き方だと思うんですね。





 天才と凡人の最大の差は「やる時間」です。短くてもいいから練習を積み重ねましょう。





「何か新しいものを背負ったり、新しい役割を任されたとき、すんなりやれる人はそこまで。
 そこでもがいたり苦しんだりしたなら、おまえはまだ成長できる」
        小久保裕紀(日本代表監督)





 よちよち歩きの子犬がいつのまにか生き物として私を超えて先輩になり、年をとる。
 いのちが静かに老いていく姿をとなりで見せてくれるじいさまに、かごろはありがたいと思うことが多いです。





 老犬のかわいさは飼った人しか味わえない。
 だからすべてのワンコが立派な老犬になれますように…
 長生きできますように…





 「伝統だから残す」のではなく、「残るから伝統」なんです。
 「伝統だから残せ」「伝統だから守れ」と声高に言えば言うほど、かえって「伝統」の価値が下がっていく本末転倒になりかねません。 
 「伝統」を守るためにこそ、「伝統」にも厳しい目が必要、私はそう思います。
                   ネットの文章より





 ダイエットは我慢ではなく小さな習慣  青木真理子





 長男が1歳で謎の高熱で入院した時、手続きで担当医に私の職業を訊かれた。
 ちょっと考えて「無職です」と言ったら「お母さん、主婦というのは立派なお仕事ですよ」としっかり目を見ながら言われた。
 その言葉は本当に嬉しかった。なぜなら働く女性からもらった言葉





 あなたがこれまでに知ったすべての人や物事は、その小さなシミ(地球)の上に存在します。   某天文学者の言葉





 どこの扉を叩いても開かない悪い時期っていうのは、外へ向かおうとしてもドアが開かないから。
 じゃあどうすればいいのか。内に向かえっていう指令なんです。
 内に向かうっていうのは棚卸しの時期。バーゲンセールの時期じゃない。
 だから品物を揃えなさい。美・知識・教養・技術、そういう自分の財産を増やしておきなさい。今はそういう時期。
 セールの時期がくると、アレ?って思うくらい色んなところに突破口が開けていくんです。
 そういう時に貯めてたものをバーっと出すと人生がうまく回り出す。
 回り出したら最高までいかないうちに、人生は2番手3番手で引いておいたほうが無事でいられる。
 あっちがダメならこっちがあるさ、こっちがダメならあっちがあるさ、なにか突破口があるんですよ。
                 三輪明宏





 あらゆる偉業の出発点は
 目的を明確にすることから

              W・クレメント・ストーン






 何度も何度も傷つけられたら 
 相手を紙やすりだと思えばいい 
 多少、擦り傷は受けれど
 自分はピカピカになり
 相手は使い物にならなくなる
              クリス・コルファー





 多くの場合、邪魔者は踏み台になるのだ

             ウィリアム・プレスコット





 1日ずつ、人生最高の日にしよう

            ジョン・ウッデン





 人を雇う時に見るべきは誠実さ、知性、エネルギーという3点だ
 最初のひとつがなければ残りのふたつがあなたを殺しにかかる

            ウォーレン・バフェット




「損から入って一生懸命やろう」   萩本欽一





 あなたは、何でもできるという「今」を持っているんですよ。





 人間は、「手にしているものを失う」ことを恐れ、「失うことを≪認める≫」ことを恐れる






「子どもを大切にするということはどういうことか。
 誤解を恐れずに申しあげるなら、子どもを大切にするとは子どもの気持ちを大切にするということです。
 そのためには子どもの話を聞かなければなりません。
 そのとき話の途中で「それは違う」とか「あなたは間違っている」とかダメ出しをせずに最後まで聴くということが大事です。
 親はね、自分では子どもを大切にしているつもりでも、本当は『自分の子どもへの願い』を大切にしてしまっていることが往々にしてあります。
 それは子どもの気持ちより親である自分の思いを優先してしまっているということです。」

      長谷川満





 「売り手よし、買い手よし、世間よし」     近江商人の「三方よし」という考え方





 人は自分にとって都合のいいことしか見ようとしない。
 これは心理学で「確証バイアス」と呼ばれる傾向だ。
 例えば、「自分は節約をするが、妻は金遣いが荒い」という先入観がある人がいる。
 すると彼は、それに基づいて相手の行動を観察し、自分にとって都合のいい情報だけを集めて、先入観を強めていく。
(例えば、妻ばかりが贅沢していると愚痴を言ういう夫がいるとして…)
 妻はほかの面では節約していて、自分も夜の酒席などの支出は少なくないかもしれない。
 ところが、固定観念に合致する行動だけが認識され、「自分は出費を抑えているのに、妻は浪費している」と思い込んでいく。
 これが,「確証バイアス」。






 ひらの しょうしん 自分の中に善なんて無いと聞かされてるからこそ、思いっきり偽善がやれます。
 それで良いのだと思います。
 無理して善いことすると善いことしたのにって気持ちが出ますしね。





 絵本に出てきた王子様も 太陽も お化けも 魔女も オオカミもみんな、やさしい声でした。
 声を通して、本の楽しさと愛情が子供の心に沁み込んでいく。
 いっしょに読むたび
 こころが育つ





 明日は嵐か知らねども今日のつとめに田の草を取るなり





 倒れた人がいたら、倒れた人の分まで走る。それがスポーツだ。






 『サッカーを戦争などという奴は、本当の戦争を知らないんだ』        ズウォニミール・ボバン





 『フットボールは生死にかかわる問題ではない。それよりももっと重要なものだ』
 『フットボールは子供を青年にし、青年を大人にし、大人を紳士にする。尚且つ大人を子供に戻す力がある』
                                  ビル・シャンクリー






  子育て声かけ変換表
@いいかげんにしなさいっ! → あと何分で終われそう?
Aちょっと待ってよ! → あと○分だけ待ってね(具体的な数字を伝える)
Bうるさいっ → 声を「これくらい」にしてくれる?(実例をあげる)
C走っちゃダメ!→ 歩こうね(やっていいことを伝える)
D危ない! → 止まってね(具体的に伝える)
E早く支度しなさい! → 5分で終われば、あと10分遊べるよ(メリット)
F早く御風呂からでなさい! → 夕飯は唐揚げだよ(興味のある情報)
Gあー、もう、だから言ったでしょ? → どうすればよかったんだっけ?
H何度言ったらわかるの! → どうしたら良いと思う?(具体案を引き出す)
I(こぼした時)拾って! → 人参にげちゃったよ〜つかまえてくれる?
J(失敗した時)あーあ、もう! → 雑巾で拭けば大丈夫だよ(対処法を)
Kもう!いつになったら宿題やるの!! → 宿題何時からやる予定?
                   →○時までなら、お母さん手伝える時間があるよ
Lもう!早く帰るよ! → あと十秒だけ待ってるね
M(兄弟をたたくなど)やめなさいっ → やめれたね。ありがとう
N(転んで)痛くない、痛くない → 痛かったね(共感すると早く治まる)
Oそんなこと言っちゃだめ! → そうか〜イヤなんだね〜(感情を否定しない)
Pもう知らないっ! → どうすればわかるかお母さんに教えて
Q人の迷惑になるかあやめなさいっ! → 先生がモシモシしている音が聞こえなくなっちゃうから病院ではゲームは音を消そうね(迷惑の具体的な理由)
R○太郎!!(頭にきて爆発) → (事前に)今、堪忍袋2つ目、次にやったらお母さんの堪忍袋は爆発するよ(コミカルに事前警告を与える)
S何やってるの!ばか! → 大物だね〜!一緒に片づけよっか





 名月を 観ぬもまたよし 烏合の衆         吉川 正智





 「ありがとう」の気持ちには思いもよらない魔法がある





 『そんな夢みたいな事無理に決まってる』って言われることって、進んでみたらそんなに難しくねえんだよ。
 だってみんな無理だってやらねえんだから。
 やりてえ事も我慢して普通の事で勝負すんのはそら難しい、みんなやってんだから。。
 何が簡単で何が難しいか?やってねえヤツの言葉よりまず進もうぜ。。
               武井壮





 おまいら小学校の授業参観って覚えてるか?
 授業参観でおれが後ろを向くと、必ず母親がこっち見て笑った。
 ついこの間なんだが、小学校の授業参観を思い出しておれが後ろをみる度にこっちを見ているということは…
 母親は授業の間中ずっと、よそ見もせずに俺のことばかり見ていたんだと二十年後にして初めて気が付いた。





 絵が上手くなるためには→どのような絵を描けるようになるか「未来予想」をして「反復作業をする」事。
 センスを良くする場合は→どのようなセンスを身につけたいかテーマを持って「何か」を「選び続ける」事。
 自信をつけるためには→成功できそうなことを見つけて「小さな成功」を「沢山こなす」事






 不思議だよなあ 米を あの種籾を植えて 同じ米が なる
 何でだろう
 ありがたい
 足りないものは何もない
         バガボンド37巻





 学生時代、英文学の教授がユーモアを“余裕”と訳していたけれど





 人生で起こる問題は、必ず起こる意味があって、なおかつその問題は、解決できる人のもとにしか起こらない





 どれだけ多くの時間をかけても、猫との良き思い出は消えない。
 どれだけ多くのテープを使おうと、ソファに残されたネコの毛は取り除けない。 ―レオ・ドウォーケン





 わたしの「ふつう」と、あなたの「ふつう」はちがう。それを、わたしたちの「ふつう」にしよう。
 一人ひとり「違い」があるのは当たり前。多様な価値観を受け入れて、お互いの個性を認め合う。
       愛知県の人権週間啓発のポスターの言葉





 世の中の大事なことって 大抵めんどくさい      宮崎駿





「感情を込めて演奏するにはどうしたらいいですか?」という質問に対してのヤフー知恵袋の回答。

 感情を入れたらだめです。
 感情は込めるのではなく、自分なりに理解したうえで(これが演奏解釈)、自分自身の演奏技術を用いて、
 他者に向けて表現するのです。

 八代亜紀さんのトークより。
 歌に気持ちを込めてはだめなんだとか。
 聞き手が感情移入するためには自分が主観で感情を込めてはだめ。
 銀座のクラブ歌手時代、感情を込めないで歌ったらホステスさんたちが急に感動して泣きだしたのが原体験なんだそうです。





 一円を笑う者は 十円で十回笑える





シルバー川柳
  妻の愚痴 頷いてたら 俺の事

  薄味を 愛だと知った 四十年

  いびきより 静かな方が 気にかかる

  おじぎして 共によろける クラス会

  腹八分 残した二分で 薬飲む

  目ざましの ベルはまだかと 起きて待つ

  無病では 話題に困る 老人会

  複雑だ 孫が喜ぶ 救急車

  できました 老人会の 青年部

  紙とベン 探してる間に 句を忘れ

  景色より トイレが気になる 観光地

  自己紹介 趣味と病気を 一つずつ

  起きたけど 寝るまでとくに 用事なし

  何かをね 忘れたことは 覚えてる

  目についた女房が、やがて鼻につき





 獲得すべきなのは、「心に目隠しをしない生き方」なのであり、自傷まみれの過去を「なかったこと」にせずに、
 「その時には自傷が必要であった。
 そのおかげで今日まで生き延びることができ、いまの自分がある」
 という認識です。
                    松本俊彦





 情操教育という言葉があります。
 何十万円もするオーディオを購入して、
 そこから出る音楽を子供たちに聴かせる。
 確かに、その音は、本物の音であり、
 子供の音感もよくなるかもしれません。

 しかし、そのオーディオだけを買って、
 それだけで情操教育をやっていると思ったら
 大まちがいです。

 そんなことよりも、
 自分のひざの上に子供の頭をのせ、
 耳アカをとってやることのほうが、
 どれほど子供の情操を豊かにするでしょう。

 子供のために面倒くさいことを
 汗流してやってやることです。
 子供は、じっと母親の姿を見ています。
            東井義男





 心が変われば、態度が変わる。
 態度が変われば、行動が変わる。
 行動が変われば、習慣が変わる。
 習慣が変われば、人格が変わる。
 人格が変われば、運命が変わる。
 運命が変われば、人生が変わる。





 子供を喜ばせるのは難しい。何をしても不満そうな顔をする。
 それに比べて、親を喜ばせることは何と簡単なことだろうか。
 それほど簡単なことを私はしてこなかった。





 桜は散る、梅はこぼれる、牡丹は崩れる、
 朝顔はしぼむ、百合は萎れる、薔薇は枯れる、
 菊は舞う、雪柳は吹雪く、蓮は沈む、椿は落ちる





 「世界中の2割の人はあなたがどんな行動をとってもあなたの事を嫌いになる。
 6割の人は行動によって好き嫌いが分かれる。でも残りの2割の人はあなたがどんなヘマをしてもあなたの事を好いてくれる。
 世界はそういう比率でできてるらしい。」その事を母に聞いて私は結構心が楽になった。





 今日パリ大学の教授から聞いたレクチャーが面白かった。
 芸術学部学生の創作プロセスの「認知と感情」を調べたところ、
 優秀な者は「創作中は幸せ。でも作業が終わると自分の作品に納得できない」気持ちを表明するのに対して、
 優秀でない者は「創作中は苦しい。でも作業が終わると満足」だという。





 「してあげたのに」は呪いの言葉です。
 その後に続く言葉は「なのに、何もしてくれない」です。
 「してあげたのに」を発した途端、全ての行為が取引に変わります。
 愛情でしていた行為も、お返しを期待する取引行為に変わってしまうのです。
 心で思っていても、声を出してはいけない言葉なのです。





 やる気を出してから作業をするのが間違っています。
 やる気はなくていいので作業を始めてください。
 やる気はエンジンでもエンジンキーでもありません。速度表示です。
 速度0でもエンジンはかかりますし、エンジンかけないと速度もあがりません。やる気と作業を混ぜないのが第一です。





 社内の男性に
『ネイルとか金と時間の無駄やろ。何の為にそんなことすんの』的にきかれたから
「精神安定剤」
て答えたら
『雷落ちた。超納得。』
 て言って去って言った。
 それが先月。
 今では会うたび褒めてくれる。
 誰にでもある精神安定剤。
 たぶん、彼にもあるのだと思う
       (ネットのある投稿)

 これで納得してくれる人は男性女性に限らず素敵だな、とふと思った
 私もやりがちだけど、
 大切でそれがあるからやってけてるものってあって、
 それは人によって全然違うものなんだよね〜って
       (それに対するある反応)





「明日から」を7回言うと1週間になる。「来週から」を4回言うと1ヵ月になる。
「来月から」を12回言うと1年になる。
 そして「来年から」を何十回か言うと、僕たちは灰になる。
 一番大切なことをする日は、今日しかない。





 強くなりたいと思ってる人は 自分より強い人を探す
 強く見られたいと思ってる人は 自分より弱い人を探す





 この前医師から
 「休むというのはただゴロゴロしたり寝るだけではなくて、
 やりたいことをやり、やりたくないことをやらないことですよ」
 と言われました。いろいろ疲れてる方の参考になれば…





 近所の神社のお祭りで、長女を迷子にしてしまった。
 なんとか再会できた時、怒ろうとしたら、保護してくれたおじいちゃんに
「怒んないであげてね。誰かに怒りたくなった時はだいたい自分が悪いんだよ」
 と諭されました。
 恥じ入るとともに、最近、忙しくて少しイライラしていたから刺さりました。感謝。





 「例えばこのクラスのみんなが『晴』という漢字を書いても線のとめかた払いかたは絶対に同じにはならない。
  それが個性です。みんなが『晴』と書く中で『雨』と書いて、僕はみんなと違うんだ!すごいだろう!!
  と言ってもそれは個性とは認められません」
  という小学校の担任の先生の話はよく覚えている





「いちいち通知表なんか見なくても、毎日の君を見てるから何も問題ないよ」と伝えると、
 娘は超喜んでた。この台詞は父の受け売りだ。
 今こっそり彼女の通知表を確認してる。この行動も父の受け売りだ。





 デビューから負けなしの29連勝だった藤井聡太四段が、佐々木勇気五段との対局に敗れ、初めて公式戦で黒星。

 藤井四段、敗れる。 
 30連勝ならず。
 初めて投了する姿を目にしました。
 着衣を整え
 喉を潤し
 しっかりと頭を下げて
 「負けました」
 と言ったその姿にもっと強くなると確信しました。
       白鳥士郎解説者のコメント






 棋士人生はまだまだこれから!
 いま始まったばかり。
 そして、勝負事には、
 勝ちか負けの二択しかない。
 だからこそ、
 つねにその先にあるものを見据えて
 観る人びとの魂を揺さぶる、
 後世に残る棋譜を紡いでいただけたらと願う。
 偉大なる後輩棋士たちの、
 長い長い棋士人生の前途を祝して。
         加藤一二三棋士のコメント





 女性の言う食事の「なんでもいい」 は 「選択肢を示せ」って意味だとすれば何も困らない。



 冒頭へ戻る


検索エンジンでこのページに来られた方は、こちらを→ 
浄土真宗本願寺派 長明寺ホームページのトップにジャンプします。