トップページへトップページへ!    こ・と・ば(6)トップページへ!  


諸師の言葉(あ・か行)      諸師の言葉(さ・た行)
諸師の言葉(な・は行)     諸師の言葉(ま行以降)
真宗の法言T          真宗の法言U
『経典』から          祖師先哲方の御文
仏教・宗教関係の言葉T     仏教・宗教関係の言葉U
ことば(1)          ことば(2) 
ことば(3)          ことば(4)
ことば(5)          ことば(6)
ことば(7)          ことば(8)


 じえぃたいさんへ。
 げん気ですか。
 つなみのせいで、大川小
 学校のわたしの、おとも
 だちがみんな、しんでしまい
 ました。でも、じえいたいさんが
 がんばってくれているので、
 わたしもがんばります。
 日本をたすけてください。
 いつもおうえんしています。
 じえいたいさんありがとう。
               うみより
    (※東日本大震災の折、復興作業をする自衛隊員に送られた手紙。多くの隊員がこの手紙を励みにしたという)





 悩む事は無駄ではないが無駄が多い





 努力は無駄になる事があるが、努力することは無駄にならない





 寝て、食って、遊ぶのが普通にできる環境にいる事が実は幸せなんだと気付かない人は相当に多い





 四葉のクローバーはクローバーが若葉の時に出来た傷から四葉になる





 運命よ、そこをどけ
 私が通る                  マイケル・ジョーダン





 一度きりの人生で、挑戦しない手はない。





「このように皆さんが自由に発言できる社会になるように頑張っています」
            (※テレビの番組で存在に文句を言われた自衛隊員が言った言葉)





 現在は、過去の集大成





 誤解を解く努力をしないというのは嘘をついているのと同じなんだよ





 ささえるから人なんだ
 ささえられるから人なんだ





 クローバーの四つ葉ってのは先天的形質だけじゃなくて
 踏まれたりして傷つけられた部分を修復する過程でも生まれる





 どうせしてしまうなら、気持ち良いほどの責任転換を





 自分より絶対バカだと思うやつに、
 「あいつバカだよ」って
 笑われたい。
      上島竜平(お笑い芸人)





 非常識なことをするためには、
 まず常識を知らなきゃいけないんだよ。
      志村けん(お笑い芸人)





 どんな小さな世界でも、中心人物でないと注目してもらえない。
 そうなるためには、自分の世界を持ち、自分の型を持たないとダメだ。
      鶴瓶(お笑い芸人)





 バラエティに感動の涙はいらんねん。
 芸人は笑わせて涙流させな。
      明石屋さんま(お笑い芸人)





 「体にいい食品」は存在しない。 あるのは「体にいい食事」。
 何事もバランス。





 心の結びつきは、言葉から





 人生で成功する秘訣は二つある。
  一つは大事なことを人に話さないことだ。





(「頼む」というのは)自分も相手も自立していて、多くの場合いろんな選択肢がある中で、相手にとっても自分にとっても良いと思える選択です。
 頼るというのは、あなたがいないと生きていけないとかしがみつくような感じが あります。
 パートナーや親、その他の人に対して頼っている状態から自立に向かう時、もしくは自立してからも、人に頼む、人の力をうまく使っていく事は、自分の人生を 豊かに広げていく時の1つのポイントになると思います。
 自立というのを狭く捉えて全て自分でやろうとして人に頼めないでいると、それ は「自立」ではなくて「孤立」になってしまうかもしれません。
 頼む、頼まれるというのがうまくいってる時は基本的には対等で、頼る頼られる 関係では上下の関係になってるでしょうね。
 逆に言うと頼む頼まれるの関係が、うまくいってる時の自分は自立しているとい えるかもしれません。
 注意点としては、頼まれた方には常に断るという選択肢があることと頼む方もいつでも頼むことをやめる自由があるということです。
 頼まれて断れなくて引き受けるというのはちょっと違います。
 お互いにとってさわやかでないと、どこかおかしいです。
 信頼できる人で、その人の能力、知識、経験、センス等に魅力を感じる時はどんどん「頼む」でいくと良いと思います。
                                    大(dai)さんという方のブログから。





 ああ いつの間に流れ行く毎日が
 雲のように 風のように 飛んでいく
 あなたに乾杯しよう 乾杯しよう 乾杯しよう

 戸惑いを飲み干して またひとつ酔えばいい
 別れの悲しみを寂しさを切なさを
 背負うたび人は皆 人生に慣れていく

 ああ広い海 目の前に潮風に立ち尽くす
 目を伏せず 蜃気楼焼き付けて
 最後に乾杯しよう 乾杯しよう 乾杯しよう

 胸の奥 秘めた事 今夜なら言えるかな
 時には叫びあいハシャギ合い競いあい
 裏切りも少しだけ人生はチャンポンさ
 必ず乾杯しよう 乾杯しよう 乾杯しよう

 この次に会う時は指を差しからかおう
 いつの日か夕焼けの帰り道 眩しげに
 振り返る我が道に人生に乾杯を!
              「人生に乾杯を!」コーヒーカラ―





 「大丈夫。これは決して悲しい歌じゃない。」
     コーヒーカラーの『人生に乾杯を!』に対する、ある方の反応。





 「どんな人間も自分の顔を誤解している」
            文芸写真家 ジゼル・フロイント





 大きいことは 小さいことに
 小さいことは なかったことに





 小さいことに忠実な人は
 大きいことにも忠実な人





 抱きしめなさい 子を
 育児書を閉じ 子育てセミナーを欠席し
 
 抱きしめなさい 子を
 誰にも遠慮せず あなたの子を しっかりと
 抱きしめなさい

 抱きしめなさい 子を
 母の膝が 子どもの愁いの
 すべてを除く その時代に

 いつか母の膝は
 子の悲しみに近づけない日がやって来る
 やがて母の手が
 子の涙を拭いてやれない日が訪れる

 きっと来る その日
 子が涙を拭う手に
 柔らかな記憶の手が重なるように
 痛む子の心が
 温かな思い出の膝に包まれるように

 母よ 抱きしめなさい 子を
 もう何もしてやれない日のために
 抱きしめる手が 子の未来に届くよう
 幾度も 幾度も 抱きしめなさい

 母たちよ
 やがて別れる者として
 あなたの子を しっかり胸に 抱きなさい
               (抱きなさい 子を     浜文子)





※↓ちょっと下品なのですが、ネットで見つけてなるほどなと思った「ことば?」です。

70年代 『カレー食ってるときにウンコの話するなよ!』
     王道。ウンコという下品なことばが公衆の場で笑いとして認められ始めた。
     お笑いが俗な文化として大衆に認識されてきた草創期。

80年代 『ウンコ食ってるときにカレーの話するなよ!』
     あまねく広まったギャグをあえて誤用することにより、
     聴衆に「違うだろ!」と"つっこませる"。
     一人一人がボケであったりツッコミであったりする、お笑い文化の一般への浸透。

90年代 『ウンコ食ってるときにウンコの話するなよ!』
     シュール・不条理による笑いの波及。ツッコミどころも見つからない、
     「意味が分からない」ことが笑いにつながってくる黎明期。

そして00年代 『カレー食ってるときにカレーの話するなよ!』
        行き過ぎたシュール。
        もはや意味不明を通りすぎ、「だから何?」が受ける時代。





 次に活かしきれる限り、後悔は無駄ではない。その「後悔」は「反省」という。 
 「後悔」を活かして、次への「航海」を。
 Bon Voyage"(良い航海(後悔)を!)





 後悔、先に立たず。
 前悔、先に立つ。





 いじり上手は信頼される
 いじられ上手は出世する。





 恋に焦がれて鳴く蝉よりも
 鳴かぬ蛍が身を焦がす





 親思ふ こころにまさる親ごころ 今日の音づれ何と聞くらん   吉田松陰(辞世の句 ※家族宛て)





 身はたとひ 武蔵野野辺に 朽ちるとも 留め置かまし 大和魂   吉田松陰(辞世の句 ※思想家として)





 四十九年一睡の夢 一期の栄華一杯の盃      上杉謙信(辞世の句)





「どうして立ち止まってるの? 未来は明るいに決まってる!新しいところに行こう! 」
           (JR九州のCMより)





 お前の望みが
 全て即座に
 叶いますように
   (ペルシアの呪いの言葉 ※京都のS寺様のHPより)





 「医者の不養生、坊主の不信心、教師の不勉強」





 私たちは世界を「目」でみているというより、むしろ「心」で見ているのです。





 「無いもの」を想像する力もないし考える努力もしていないんだろうなと思うと判るな。
 軽口をたたくならそれなりに自己解釈が出来上がっていても良さそうなもんだが…
            某ネットの掲示板より





 本当に頭の良い人間(スマートな人間)とは、意識・無意識のうちに他人に不快感を与えない行動ができる。
 人間的にスマートであれ。
            某ネットの掲示板より





 「自分に都合の悪いことを全部相手が悪いと正当化してしまう」…人間ってやっぱそんな所があるんでしょうね。
 




 自分の弱みを人に正直に見せられるようになれば人生そんなに苦しまなくてすむ 





 マル・マル・モリ・モリ みんな食べるよ
 ツル・ツル・テカ・テカ 明日も晴れるかな〜?
 ダバデュア ダバジャバ
 ダバデュア ダバジャバ デュア
 大きくなったらお空に 声が届くかな〜?
 いつまででも いいっしょだよ〜
 マル・マル・モリ・モリ みんな食べるよ
 ツル・ツル・テカ・テカ 明日も晴れるかな〜? 
 悲しくて泣いていた 一人歩く帰り道
 こんなとき ほんわかな?
 みんなに会いたいな〜
 マル・マル・モリ・モリ おまじないだよ
 ツル・ツル・テカ・テカ にっこり笑顔
 12の34で ごま塩さん
 たくさんだとおいしいね〜
 マル・マル・モリ・モリ ぷかぷかお風呂
 ツル・ツル・ピカ・ピカ ゴシゴシブラシ
 みなさんグッナイ また明日
 朝ごはんはなんでしょね〜?
          マルモリ体操より





 トイレで用を済ませた後、その便に向かって「ごめんなさい」「すみませんでした」と誤ってみた。
 これが出来たら誰にだって頭を下げれる…あぁ気分が楽だ。
 




 鵜はしずみ 鵜は浮き 人は船の上        森繁久弥





 節有りて竹強し





 形は心をつくり、心は形を司る





 俺はお前らの将来のことで手一杯なんだから面倒起こさないでくれ
          インターネット上の「学校の先生の名言」より




 
 小五ん時の話。
 ホームルームで先生が(大柄な男の先生で熊って呼ばれてた)いじめっ子の大将に「なぁ、お前はさぁ、いじめてる自分の姿を想像してそれがカッコ良く見えるか?」と聞いた。
その男の子は俯きながら「……カッコ悪いと思う」って言ってた。
 私はその時ほど先生と言うものに感謝した事はない。
 小一からずっと続いていたイジメを無くしてくれた、本当の恩師だ。
          インターネット上の「学校の先生の名言」より





 自分と他人を比べるな。昨日の自分と比べろ
          インターネット上の「学校の先生の名言」より





 自分勝手にやってる自覚している人間は報いを受けないための努力をするんだよ
 馬鹿とよっぽど安全な位置にいる人間は違うかもしれないけど
 自分勝手に行動して報いを他人に押し付けて逃げ切る人間がいるから、
 自分さえよければいいと考える社会になっちゃったんだろうねぇ
          インターネット上の発言より





 悪いこと良いことの境界線の前で「止」まると、「正」しい
        




 不思議なもんでな、1つ上手い人間は他のも上手い





 継続は力なり
 全力は美なり





 人は知らず知らずのうちに
 最良の人生を選択している。
 




 「本当に面白いこと」は「何をやるか」ではなく「どれだけ一所懸命にやるか」の問題





 面白くないから一所懸命になれないのではない。一所懸命にならないから面白くないのである。





 「無理に生きなくてもいいけど、無理に死ななくてもいい」
                  ある自殺願望者にお医者さんが言った一言。





 陳腐な結論にも真理はある





 おもしろきこともなき世をおもしろく すみなすものは心なりけり
                 高杉晋作(下句は野村望東尼(のむらもとに)の作とも)





 死は断じて、安全     ラム・ダス(思想家・心理学者)





 死は人生経験のひとつだって、医学的な問題ではない。   無名の人




 
 死ぬ時、人は死ぬのに忙しい。





 「ありがとう」を口にしていると、限りなく自分が易しくなっていることに気付きます。
 猛々しい気持ちの時に、「ありがとう」とはいえません。優しい己を発見することは、素晴らしいことではないでしょうか。
 なぜなら、「優しい」ということばの起こりは、「恥ずかしい」、すなわち、相手があまりにも素晴らしいから、自分が恥ずかしくなる。
 身の痩せるような思いがする、ということからきています。
 人の美点を見つけることは、自らを優しくしていきます。
 「ありがとう」の持つ優しさは、人生を生きる最大のパスポートです。
 優しい自分をパスポートとして、人生を生きることになります。
 そのためにこそ、われわれは「ありがとう」というべきではないでしょうか。
                        中西進『ありがとう ―感謝という覚悟―』





 天気青朗なれど波高し





※以下、「ユダヤ人のことわざ―ユダヤ3千年の知恵 A. ランツベルガー」より
 不幸を悲しむのは、不幸が起こってからでも遅くはない





 知者が間違うときは、恐ろしいほど根本





 善と悪を区別できるだけでは、まだ賢者とは言えない。
 二つの悪の中から小さい方の悪を選ぶことができる者が賢者である





 すべての人に対して一様に親切な者は、たいていはまた、すべての人に対して一様に不親切である





 年をとっての破壊は建設であり、若いときの建設は破壊である





 人は仕事がないと政治に関わり始める





 医者に尋ねるより病人に尋ねよ
※以上、「ユダヤ人のことわざ―ユダヤ3千年の知恵 A. ランツベルガー」より。





 原因を歎くのではなく、意味を受け止める





 目の見えない人が
 足の悪い人を 背負う時
 二人は一緒に前進する    





 暗いことを呪うよりも、たった一本の蝋燭でも灯す方がよい





 スタート地点に立つ、スタート地点に立てるというのも、一つの才能。





 葬式は、単なる社会的儀礼でもなければ、故人顕彰の行事でもない。ましてや会葬者を観客に見立てての感動を演出する場でもない。
 その死に裸で向き合わざるを得ないし、よわよわしい人間に死に向き合う事を促して営まれるのが葬式である。
 遺族は途方に暮れていてあたりまえであるし、感情が制御できなかったり、衝撃で虚脱感に陥ったり、ある時は怒りの感情に囚われたり、やる気を殺がれて沈黙したり、ひたすら
 歎きの中にあったり、それはそれぞれである。
 乳幼児の死、妊婦の死、若くしての事故死、成長期の子を抱えた一家の主のがんによる死、さまざまな事情で自死に至った人の死、災害や犯罪による死もある。高齢者の死であるから大往生の死とは限らない。
 長い悲惨な介護の末の死、孤独死もある
 一柳さんがこだわる「厳粛であること」は、そうした一つひとつの死の現実に向き合うことの覚悟である。一つとして同じ死はなく、同じ葬式はない。マニュアルなど通用しない世界なのだ。
            『だから、葬式は必要だ』一柳?著  のあとがき(ジャーナリスト 碑文谷創)





 セトモノ(瀬戸物)と
 セトモノと
 ぶつかりっこすると
 すぐこわれちゃう
 どっちか
 やわらかければ
 だいじょうぶ
 やわらかいこころを
 もちましょう
 そういうわたしは
 いつもセトモノ
            あいだみつを





 わたしたちは親を選ぶことも、親との過去の関係を変えることもできないが、しかし親が逝ったあと、親のどの部分を受け継ぐかを自分で決めることはできる。
 それはわたしが「死のスペース」と呼ぶ場でのみ可能だし、それによって親を見送ったあとに新しい見方が開ける。
 さらに新しい愛や仕事、理解に向かって、生まれて初めて心おきなく進むこともできる。
                  『親を亡くしたあなたへ』 ジーン・セイファー





 自分で変えられないことを悩んでも仕方ない。





 いい宗教か悪い宗教かを見極めるのは簡単。お金を取るか取らないか       一休宗純





 上を見てもキリがない
 下を見るとアトがない
 今を見る、今を見る





 眼の前の遮りを、壁と思うか、扉と思うかで心は変わる。





 人生はギャンブルだが、ギャンブルは人生ではない





 大事な時期にする事は勉強だけか?等とわかった風な事を言う人がたまにいるが テスト勉強するだけで人生の大半決められる時期なんて今しかないのもまた事実。





 子供は闇を恐れるもの
 大人が光を恐れ始めた時
 本当の悲劇が始まる
             プラトン





 よりも高く飛びたいなら、誰よりも低く身構えろ     ジョー・ストラマー(英国のミュージシャン)





 黒い猫でも、白い猫でも、鼠を捕るのが良い猫だ。    ケ小平(中国の政治家)





 家康公は日本のために幕府を開いた。私は日本のために幕府を葬ると決めた     徳川慶喜





 道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である。    二宮尊徳(農政家・思想家)





 智に働けば角が立つ。情に棹せば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角にこの世は住みにくい。     夏目漱石





 人生は一冊の書物に似ている。
 馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、賢い人間はそれを念入りに読む。
 なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから。
                                    ジョン・パウル(作家)





 愛する者と暮らすのに大きな秘訣がひとつある。それは相手の欠点を直そうとしてはいけないという事だ。
                    ジャルドンヌ(作家)





 インタビュアー「世界平和のためにわたしたちはどんなことをしたらいいですか」
 マザー・テレサ「家に帰って家族を大切にしてあげてください」





 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。   「草枕」夏目漱石





 人がひとり亡くなるということは、
 図書館が一つ消えてなくなるのと同じ。
              あるお坊さんのブログより。





 一生懸命だと知恵が出る。
 中途半端だと愚痴が出る。
 いい加減だと言い訳が出る。





 桃の夭夭たる
 灼灼たる其の華
 之の子 于に帰ぐ
 其の室家に宜しからん
                 詩経





 いつでも誰かにしてもらうことを期待し、する喜びを持たなくなったものは、年齢の如何を問わず老人である。
 たとい病床に在ろうと、身動きならぬ老人であろうと、笑顔やあたたかいことばを与えることのできる人は、たしかに生きている人である。
                             曽根綾子(作家)





 自分が個性と思っているものを全て捨ててみろ、それでも残ったものが個性である





 「誰かがやってくれる…」
 その誰かが自分である覚悟を持てるか





 世の中は、うまくいっていないのが「普通」。
 「普通」のことでへこたれるな。





 父親は最後まで許してくれない存在
 母親は最初に許してくれる存在
                  辻仁成






 仕事や用事が多くて時間がないから学問ができないと言う者ほど、暇になれば遊ぶ。
 時間は作るもの。





 われわれは、負けるときは、
 自分がさほど重視していないもので負けたと思い込みたいのです。





 議論というものを嫌っている人はたくさんいます。
 何が嫌いなのかといえば、
 自分が理屈で言い負かされ論破されるのが嫌いなのです。不快なのです。
 しかし逆に、自分が他人を理屈でやりこめることはじつに気持ちがいい。
 それは理論的な生き物である人間にとって、最も本質的な喜びを与えてくれます。…





 自分を変えなさい。まわりは変わらないから。





 毎日は、後ろ向きで漕いで進むボートに似てる。
 先のことは見えないけど、過ぎた分は 景色になる。





 「生きることの意味ってなんだろう・・・・・・・」
 「それを探すことじゃねぇの?」





 宗教『こう生きなさい』 
 哲学『なぜ生きるのか』 
 科学『生きるとは何か』 
 文学『もしこう生きられたら』 
 芸術『これが生きる形だ』 
 歴史『それが生きた証だ』 
 美学『そうやって生きたい』 
 世論『生きてさえいればいい』 
 医療『生かしてみせる』 
 役所『生きている事にする』





 寝てる人の寝言より起きてる人の寝言の方がおもしろい。





 伝統にしがみつく者に、伝統は守れない。





 「外見は中身の一番外側」





 どんなつらいことでもプレイをつけると楽しくなる。





 わけもなく悲しいのは本当はちゃんとわけがある





 空の表情はいつも雲が決めている。





 今日のこの怠け心が10年後の私を決める。





 明日死ぬかのように生きろ。永遠に生きるがごとく学べ。     マハトマ・ガンジー





 おかしな形はおかしな形なりに均衡があって、それがみんなにとってしあわせな形ということも、あるんじゃないかなぁ。       向田邦子





 一生懸命やって勝ことの次にいいことは、一生懸命やって負けることなんだわ。               モンゴメリ





 この世でもっとも深い愛を、感謝するにも及ばないほど当然だと、子供に思わせるのみ、母というものは子に必要である。         
                川端康成





 …ああ、一切の問題がみな火の種だ。自分も火だ。             石川啄木





 才能は静けさのなかでつくられ、性格は世の荒波のなかでつくられる。    ゲーテ





 他の善と、自の悪とは、顕微鏡にて之を見よ。
 そのいかに大なるかを感ずべし。
 他の悪と、自の善とは、望遠鏡にて之を見よ。
 そのいかに小なるかを感ずべし。
                     清沢満之





 われわれは好んで他人が完全であることを求めはするが、自分自身の欠点を正そうとはしない。       トマス・ア・ケンピス





 地獄を天国となすも、天国を地獄となすも心持ち次第      ジョン・ミルトン





 成功するところまで続ければ、それは成功になる。     松下幸之助





 結婚とは、男の権利を半分にして、義務を二倍にすることである。   ショーペンハウエル





 男子は結婚によって女子の賢を知り、女子は結婚によって男子の愚を知る。   長谷川如是閑





 組織が人を動かす企業は活力を失い衰退していく。
 人が組織を動かす企業は発展成長する。         安岡正篤





 道具を大切にするものは将棋も上達する。         大山康晴





 報酬以上の仕事をしないものは仕事並みの報酬しか得られない。   エルバート・ハバート




 
 毎日、自己のきらいなことを二つずつ行うことは魂に良い。       モーム





 山は静かにして性をやしなひ、水はうごいて情を癒す。         松尾芭蕉





 時が経つのが早いとおもえるのは
 人生が
 わかってきたからだ





 人付き合いは面倒極まりないが、どんな娯楽よりも生きている事を実感させてくれる。





 客観的に自分を見た時に、どんな風に見えるのか?
 一生自分と付き合うのは他の誰でもない、自分自身だ。
 他人の評価など関係ない。
 最期の時まで自分にとって誇れる自分であれ。





 Twitterでも世間でも誰かが誰かに文句を言っている。
 言っているのは、いつも、敗者だ。
 勝者はいつも、優しい。
 …っていう当たり前のことに気付いちゃった。
                   千秋(タレント)





 便利が幸せを奪うことはないが
 苦労が幸せを倍増させることはある。





 たぶん生命力より生命欲のが大事だと思う





 死というものは無い、ただ生きる場所が変わるだけだ           インディアン格言





 いきなり変わろうとするのは難しい、
 まずは鏡の中の自分から





 この飯、おろそかには食わんぞ
     映画「七人の侍」





 ここはいい。               映画「ピンポン」より





 本当にいい刀は鞘に入っているもんだ
     映画「椿三十朗」





 「もしまた生きて再開することがあったらなら、再び会えた事を共に喜び合おう。
  だが、もし二度と会うことが無かったならば・・・今を良き別れの時としよう。」
     映画「地獄の七人」





 素晴らしい物語があって、それを話する相手がいる限り、人生は捨てたもんじゃない。
     映画「海の上のピアニスト」





 人生の最初の三分の一は宿題に苦しみ、次は生活苦。最後は旅行三昧。
 でも最初の三分の一が最良と思わせるもの、それが青春。
     映画「いちばん美しい年齢」





 有能な者は行動するが、無能な者は講釈ばかりする。





 すべての他者はただ自分の似姿としてだけ存在する





 (人生においては)どのような選択においても迷いや計算はついてまわる。
 しかし,中途半端な努力は避けたほうがよい。
 それらは,「可能性」という言葉の中で埋もれていってしまうからである。
 「あの時,本当はもう少し頑張ればできたのだ」
 という過去の「可能性」を蓄積することほど悲しいことはない。
 …「懸命に努力」した人に与えられる最大の報酬は,
 「自分は,これ以上できないところまで努力した」という
 その後の生き方を支える自信ではないかと思う。
 だから
 「余分なことは一切捨て,自分に対して言いわけができないくらい頑張れ」
 他人には,いくらでも言いわけが可能である。
 しかし,誰も自分のことをごまかすことはできない。





 自信を持つ方法は、他人を認める事。
 他人を見下して得られる自信は、すぐに壊れてしまうよ。





※以下、「パチンコは麻薬」のHPより

 パチンコによって失われた時間は、自分が思っているよりもずっと重いです…
 将来”あの時やめてよかった”と思えるように、充実した人生への一歩を踏みだします。がんばるぞー





 うむ、ストレスに負け、パチンコの無為の時間を求めるあなた。
 ただ時間を潰したいなら、ぼーっとテレビをみたり、本を読んだりでも良さそうなものなのに、何故かパチンコがいいあなた。
 これは多分「勝ちたい」のだろう。金ではなく、何かに勝ちたい。
 あなたが将棋が得意なら、将棋会館に行って一局指して「同じぐらいの強さの相手に」勝ちたい。
 そういう感覚ではないだろうか。
 テレビを見てても「勝てない」のだな。そこに不満が残る。
 パチンコの代わりに→「なにか目標を定めて、それに勝つために精進せよ」
 なんだ、あまりにもありきたりなスローガンになってしまったな。
 一種のアドレナリン中毒から抜け出す薬は、自覚しかない。





 なんにでも可能性があるのは20代のうちだけなんだよな。
 30代になると、20代に何をやってきたかで自分の行動範囲が制限される。
 40代以降は、過去の実績の積み重ねだけが評価の基準で、新しい事をする可能性などは、はなから期待されない。
 平均寿命が80年あるからって、何かができる時間はきわめて短いということを、早く気づいて欲しい。
 パチンコなぞしてる場合じゃないって。





 「パチンコに行ったつもり貯金」





 男児 志を立てて郷関を出づれば
 若(も)し成る無くんば死すとも還らず
 骨を埋むる 豈(あに)惟(ただ)墳墓の地のみならんや
 人間到る処 青山有り
                      海防僧   月性





 足踏みしててもクツは減る





 不正な平和でも、正しい戦争よりはまし
                    ドイツの諺





 ゲームによって、現実とゲームを区別出来ない子が急増しているというが
 そう批判している人間こそ、現実とゲームを区別出来ていない危険人物である。





 人を感動させるのは人。





 あなたが転んでしまったことに関心はない。
 そこから立ち上がることに関心があるのだ
                      リンカーン





 自分の為だけに生きるのは難しい
 自分の為だけに死ぬのも難しい





 誰かにやさしくされた時、不思議と自分も他人を思いやれる気持ちになることってあるよね。
 ヒトは気持ちを共有したい生き物だから、どうせ共有するのなら、悲しい気持ちよりやさしい気持ちの方が貴重な人生を実感できるよね。
                             ある掲示板より





 安心って言うのは車の後部座席で眠ることさ。前の席には両親がいて、心配事はなにもない。
 でもね、ある時、その安心は消え去ってしまうんだ。君が前の席にいかなきゃならなくなるんだよ。
 そしてもういない両親の代わりに、君が誰かを安心させる側になるんだ。」
                           by スヌーピー(ピーナッツ)





 今居眠りすれば、あなたは夢をみる。 今学習すれば、あなたは夢が叶う。





 物事に取りかかるべき一番早い時は、あなたが「遅かった」と感じた瞬間であ る。





 Better do it today than tomorrow.
    今日やるほうが、明日やるよりも何倍も良い。





 The pain of study is temporary; the pain of not study is lifelong.
   勉強の苦しみは一瞬のものだが、勉強しなかった苦しみは一生続く。





 苦しみが避けられないのであれば、むしろそれを楽しめ。





 人より早く起き、人より努力して、
 初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる。





 虹を見たいなら雨を我慢しなくちゃね





 いつのことだか 思い出してごらん あんなこと こんなこと あったでしょう
 うれしかったこと おもしろかったこと いつになっても わすれない

 春のことです 思い出してごらん あんなこと こんなこと あったでしょう
 ぽかぽかお庭で仲よく遊んだ きれいな花も咲いていた

 夏のことです 思い出してごらん あんなこと こんなこと あったでしょう
 麦わら帽子で みんなはだかんぼ お船も見たよ 砂山も

 秋のことです 思い出してごらん あんなこと こんなこと あったでしょう
 どんぐりやまの ハイキング ラララ 赤い葉っぱもとんでいた

 冬のことです 思い出してごらん あんなこと こんなこと あったでしょう
 もみの木飾って メリークリスマス サンタのおじさん 笑ってた

 一年中を思い出してごらん あんなこと こんなこと あったでしょう
 もものお花も きれいに咲いて もうすぐみんなは一年生





 さわやかに生きる





 何も大きな事をもくろむ必要はない。
 一人ひとりが自分ののかれている場所で、小さな一歩を前進させていくことだ。
                     ロストロポービィチ(チェロ奏者)





 人生は一度きりということに早く気が付いた人は幸せかもしれない





 手のひらは返すためにある            インターネットのある掲示板より





 相手を責める気持ちが起こるとき、自分にはわからないけれど、あの人はそうしなくてはならない訳があるんだなあと思い直す





 人間は自分以外のことをあれこれずいぶんと問題にするが、自分自身を問題にすることはめったにない。
 人生の目的とは。





 明日は、何を為すべきか。これは今日のうちに考えておかなければならぬ唯一のものである。       石川啄木





 「命ある者は全てが関わりを持ち、つり合いを保っている。王はそのことをよく理解しなければならない。
 小さなものから大きなものまで、あらゆる動物に敬意をはらうのだ。」          ムファサ(ライオンキング)





「肉を使わない」という制限が精進料理を昇華させていったように、制限が工夫を生み出すのです。





 改善の努力をするよりも愚痴を言うほうが自分もすっきりするし、労力も少なくてすむ…これも一つの真理





 頑張らなくて良いから負けるな





 生きることに疑問を持つよりある意味図々しく生きる事が大事





 軽くなった身体をベッドからおこすと
 それでもベッドにできている窪みがうれしく懐しく
 手を当ててみると
 たしかに暖く
 懐しい暖かさの枕もとに
 短い抜け毛を見出して
 これも懐しくつまんだが
 重量感というもののまるで無いのは
 刺すようにわたしを悲しませた
                重量喪失    高見順





  教育勅語の12の徳目
1. 親に孝養をつくしましょう(孝行)
2. 兄弟・姉妹は仲良くしましょう(友愛)
3. 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう(夫婦の和)
4. 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう(朋友の信)
5. 自分の言動をつつしみましょう(謙遜)
6. 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう(博愛)
7. 勉学に励み職業を身につけましょう(修業習学)
8. 知識を養い才能を伸ばしましょう(知能啓発)
9. 人格の向上につとめましょう(徳器成就)
10.広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう(公益世務)
11.法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう(遵法)
12.正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう(義勇)





  海軍の五省
一、至誠(しせい)に悖(もと)る勿(な)かりしか       真心に反する点はなかったか
一、言行に恥づる勿かりしか                  言行不一致な点はなかったか
一、気力に缺(か)くる勿かりしか                精神力は十分であったか
一、努力に憾(うら)み勿かりしか                十分に努力したか
一、不精に亘(わた)る勿かりしか                最後まで十分に取り組んだか





 自分の苦しみや憤まんをいつも他の責任にしているかぎり、人間として成熟していきません




 
 電気は節電だが、人間のエネルギーは使えば使うほどあふれてくる        綾戸智恵





 人間として最大の、そして最後の仕事とは、私は『有難う』と死ねる人になることだと思います





  「雀」 (曲/滝廉太郎・詞/佐々木信綱)
一、
 すずめ雀(すずめ) 今日もまた
 暗い道を ただひとり
 林の奥の 竹藪(たけやぶ)の
 さびしいおうちへ 帰るのか

二、
 いいえ皆さん あすこには
 父様(とうさま) 母様(かあさま) 待って居(い)て
 楽しいおうちが ありまする
 さよなら皆さん ちゅうちゅうちゅう





 「生(いきる)」         杉山平一
  ものをとりに部屋へ入って
  何をとりにきたか忘れて
  もどることがある
  もどる途中でハタと
  思い出すことがあるが
  そのときはすばらしい

  身体がさきにこの世へ出てきてしまったのである
  その用事は何であったか
  いつの日か思い当るときのある人は
  幸福である

  思い出せぬまゝ
  僕はすごすごあの世へもどる





 360度と0度は違う。
 360度は一周回って元の所に戻る姿。
 360度変化することを大切にしよう。





 失敗して後悔するのが嫌な男は  
 何もしない事を選んだ。
 そして最後になって心の底から後悔した。





 《ゲシュタルトの祈り》 
 『私は私の事をして、あなたはあなたの事をする。
 私はこの世であなたの期待に添(そ)うようには生きていない。
 そしてあなたもこの世で私の期待に添うようには生きていない。
 あなたはあなたで、私は私です。
 もし縁あって知りあいになれたら、それは美しいことだ。
 もし縁がなければ、それは仕方のないことだ』





 される身になってヨイショはていねいに             古今亭志ん駒





 説法に 何処目指すや 迷い蟻         昴雪





 朝顔や 取る釣瓶(つるべ)無く 宙惑い    昴雪






 何度も言ってるけど「嫌い」も「苦手」もあっていいし、それは悪ではないよ。
 でもそれは「失礼な態度をとっていい」とか「攻撃していい」理由にはならないんだよ。
 「嫌いだから攻撃していい」は成立しない。
 けど、そうしている人が多くてよく目について不愉快だから、自分は気をつけようと思う。





 "育児をする男を「イクメン」と言うのではなく「父親」と言うんです"
 心にすーっと入っていく言葉を目にした。
 その通りだ。子にとって自分はイクメンではなく父親だ。
 イクメンって言葉、ホントもうやめませんか。





 さかなクンの話で印象深いのは
「魚は広い海の中ならお互い助け合うのに狭い水槽に入れて育てるとイジメが発生するんです、
 イジメをする人は生きてる世界が狭いんですね」
 という凄まじい説得力を持った話でした





 小学生が、サンタさんのお願い事を机に書いていたらしい。

 「今月は御世話になります。」





 冒頭へ戻る


検索エンジンでこのページに来られた方は、こちらを→ 
浄土真宗本願寺派 長明寺ホームページのトップにジャンプします。