Gumlab. [所有一覧][BBS][Link] 札幌でボードゲームで遊んでいます 未使用写真27

Counter

 

20170422

 

エブロを買いました

 

プエブロとはスペイン語で「町」や「集落」という意味で

プレイヤーは建築士となり酋長の命を受けて建物を建てていきます

 

箱を開けてみました

大量のブロックが入っています、ブロックは1×2をL字に組み合わせた形です

ベージュ色は共有のブロックでその他の色は1色ごと各プレイヤーが担当します

 

酋長は常に建物を周囲から監視をしていて

酋長コマがあるマスから一直線上に見えるベージュ色以外のブロックを建築した

プレイヤーに対してペナルティを与えます

 

こんな感じで建築していくのですが

ブロックを配置した後に酋長コマ(2枚目の写真の白いコマ)を1〜4マス移動させます

通常、酋長はオレンジ色のマスを移動しながら建物を側面から見た状態で

監視しているのですが酋長コマが角のマスに止まった場合に限り、なんと空を飛んで

上空から監視を行います!

 

結局逃げ場はないので、いかにひっそりプレイできるかが重要かもしれません

ブロックを置いてから酋長コマを移動させるので、他人にペナルティを与えるのは難しく

ありませんが、やりすぎると後半集中攻撃を食らいます(後半の方が失点が大きい)

 

ちなみに全てのブロックの配置が終わると最後に酋長が1周分1マスごとに移動を行ない

ペナルティを与えていきます、自分からプエブロを作れと言っておいて性格悪すぎ!

 

人数が多い方が最後のプエブロが大きくなって見栄えが良いのでMAXの4人で遊んで

みたいです

 

プエブロ Pueblo (2002)

https://www.boardgamegeek.com/boardgame/3228

 

Counter

 

20170419

 

かつく友達、行きたくないパーティを買いました

 

仮想の人生を体験し、様々な経験をすることによって数種類あるパラメータを操作して

人生の目的を達成していくゲームです、人生ゲームみたいな感じでしょうか?

 

これが個人用ボードです、なんか怪しいですね

パラメータは「喫煙」「飲酒」「麻薬」「現金」「病気」「肥満」「哀悲」「宗教」「勤勉」の

9種類あり、カードを競ってパラメータを操作します

 

それでどんな経験をしていくかというと

 

思春期には親友を見つけます

 

 

ん?

 

 

最終的にこんなんなっちゃいました!

そもそも思春期に酒飲んでる時点でダメでしたね

 

えー、人生ゲームは人生ゲームでも「裏」の方なので家族団らんには一役買えません

悪ノリだらけのゲームなので気の合う悪友同士で遊ぶのが良いんでしょうね

 

ちなみにカードの枚数が結構多くて全てイラストが違うの眺めるだけでも楽しいです

※個人差があります

 

むかつく友達、行きたくないパーティ Fiese Freunde Fette Feten (2005)

https://boardgamegeek.com/boardgame/16366

 

Counter

 

20170416

 

スバンディット

2人用ダイスゲーム

 

袋から2個ダイスを引いて振り、4か所ある得点タイルに置いて役を作ります

お互い、3個ずつ置いたら役を比べて強い方がタイルを獲得できます

空いた所にタイルを補充しゲームを続け先に10点を獲得したら勝ちです

 

ダイスゲームなうえに袋から引くのでかなりの運ゲーな感じがしますが

列の放棄(そのタイルが相手の得点になる)というルールがあり

良い役が作れそうだけど場に欲しい色のダイスがたくさん出ている場合

欲しい色のダイスがある列を放棄してそこにあるダイスを袋に

戻すことができるので袋からダイスを引く部分の運は調整することができます

 

 

終盤

3枚しかない3点タイルがすべて出ていますが

このタイルをすべて取ることができ11対5で勝ちました

 

3点タイルで強い役を完成させても相手が役を完成させない限りタイルを獲得できない

ので、1か所にこだわり過ぎても駄目ですね

 

欲しい色を袋から引けた時と狙い通りの目が出た時の

2度テンションがあがる楽しいゲームでした

 

ロスバンディット Los Banditos (2008)

https://www.boardgamegeek.com/boardgame/38387

 

Counter

 

20170415

 

ラッシュアイスゲームを買いました

 

まず準備をして

 

こうして

 

こうなって

 

こうしていくうちに

 

こうなりました

ちょっと前にツイッター上で流行して一時品切れ状態になっていましたが

普通に買えるようになりましたね

近場だと本屋とヴィレッジヴァンガードに売ってました

 

キューブが四角のバージョンは小学生の頃に児童会館で遊んだことがありましたが

六角形の方がどこを落としたら崩れるか予想しづらいので楽しいです

ルール説明も簡単で老若男女問わないゲームはいいですねー

 

ただ、足をつけた状態だと箱に入りません

かといって外そうとすると割れそうになるのでしまうのは諦めました

あと、ペンギンコマの途中で色付けを諦めた感じ

 

Counter

 

20170413

 

ームを棚やケースに適当にしまっていますが

今はできなくても将来的にやりたいと思って買ったゲームもタイミングを逃すと

いつまでたっても遊ぶことが出来ず、結局最近買ったゲームから崩しています

写真に写っているゲームも2つしか遊べていない・・・

 

Counter

 

20170409

 

ャトルズ

2人用アブストラクト

 

5個の駒をすべて反対側に移動させたら勝ちのゲームです

手番ではひとつの駒を前後左右に真っすぐ進めることが出来るので

壁や相手の駒がなければ一気に進めることができます

また、駒を動かすかわりに自分の色のバーを一段階ずらすことができるので

次第に迷路が変化していきます(白いバーはお互いずらせます)

あとはすべての駒をスタートさせてからでないとゴールさせる事が出来ないという

ルールがあります

 

 

結果

3手差で負けました

 

なんとなく真ん中のゴールから埋めていった方が良いのかなーと思いました

 

かなり昔のゲームですが今でも楽しく遊べるゲームでした

(アブストラクトゲームはあまり発表年は関係ない気がしますが)

上手い事バーをずらして道を作りつつ相手のちょっとしたミスを見逃さない事が大事です

2回ぐらい「あ"っ!」って言いました

 

シャトルズ Shuttles (1973)

https://www.boardgamegeek.com/boardgame/1916

 

Counter

 

20170407

 

ギス妖精奇譚を買いました

 

ハギスは2,3人用の大富豪みたいなゲームです

手札を早くなくした人が相手の残り手札の数によって点数を獲得できます

配られたカードに加えてジャック、クイーン、キングのオールマイティが手札になりますが

オールマイティは両面印刷なので使用状況が相手に丸わかりになります

また、ボムという特殊な役があり、それで勝つとリード権を得ることが出来るかわりに

相手に点数が入ってしまいます

数ゲーム遊んで規定点数に到達した人が勝ちです

 

妖精奇譚は配られた5枚のカードから1枚とって隣に渡すことを繰り返し5枚の手札を

作り、その中から3枚プレイして得点を獲得するゲームです

4ラウンド行い、プレイした12枚のカードで得点を計算します

カードには同じ種類を集めることによって点数が増えるものや1枚だけで高得点になる

かわりに他のカードを裏返さなくてはいけない(無効になる)もの等があり

数回遊んで面白さがわかるゲームだと思います

 

各所のレビューを見るとカードの絵柄が合わないという人が結構いましたが

自分は特に気になりませんでした

 

ちなみに両方ともアプリ版が発売されていて諸々の処理が楽です

果たして実物で遊べる機会が来るのか・・・

 

 

ハギス Haggis (2010)

https://boardgamegeek.com/boardgame/37628

 

妖精奇譚 Fairy Tale (2004)

https://www.boardgamegeek.com/boardgame/13823

 

Counter

 

20170404

 

リュックス

2人プレイ

 

お互いスタート位置の近場のエリアを目指して置いていきます

 

中盤

だいぶ埋まってきました

 

それぞれ色が明るいエリアに置いてあるタイルの合計値を競うのですが

大きい数を置きすぎると後半思ったように移動できなくなります

 

終盤

結局すべてのタイルを置き切ることができました

 

結果は4対4で1か所引き分けだったので

ルールにより真ん中の3×3エリアを取った赤い方が勝ちました、僕が負けました

 

2人だと多少考えたりはしますが、明るいエリアが近いので結構置きやすいです

ただ、3・4人用ボードは結構広いので考えて置いていかないと

終盤移動できる場所がなくなり、どこのエリアでも得点できなくなりそうですね

 

ゲーム内容としてはタイルを置いて引くだけで相手の番にある程度置く場所を

考えておけるので待ち時間も少なく30分かからず終わるので

どのタイミングでも遊べる楽しいゲームでした

 

あと自分が知ってるQueenGamesのゲームの中では

見た目&プレイ感の軽さが断トツだと思いました

 

グリュックス Glux (2016)

https://www.boardgamegeek.com/boardgame/207207

 

Counter



20170401

 


リュックスキルトキャッスルを買いました

 

グリュックスはサイコロの目(1・6、2・5、3・4)が書かれたタイルを布袋から引いて

既に置いてあるタイルの目からちょうど離れたマスに新たに配置していき

各エリアに置いてあるタイルの目の合計を競うゲームです

移動途中に他のタイルがある場合置けない、移動先に重なっていないタイルが

あれば重ねて置くことが出来るというルールがあります

 

キルトキャッスルは手番では城を建築していき、決算が起きると真上から

見て隣接する自分の城コマの分だけお金がもらえます

誰かのコマが無くなったらゲーム終了です

建築する時のルールは空き地であればコストなしで、既に建築済みの場合は階層分

だけお金を払い増築します

盤上の見た目が良く時間もそこまでかからないようなので早くプレイしたいです

 

コンポーネントの感想としては

グリュックスのタイルは思っていたより1回り大きくて

キルトキャッスルの城コマは1回り小さかったです

あとはグリュックスのタイルを引く用の布袋が最大4人用で5枚入っていて

キルトキャッスルの城コマが1色だけ1個多く入っていました

 

今まで買ったゲームで表記より多く入っていたことがあまり無かったので

その分、他の方が買った物に欠品が無いか不安ですね(^^;




グリュックス Glux (2016)

https://www.boardgamegeek.com/boardgame/207207


キルトキャッスル
Kilt Castle (2016)

https://www.boardgamegeek.com/boardgame/205826







20170313

 

Tumblr使いづらいのでボードゲームの写真を載せるページになる予定です

(毎月ヤフーに使用料として数百円引き落とされているので





 


概要

 

管理人:雅無
かつて
参加型サイトでした

現在はボードゲームの購入・プレイ記録のページです

※更新日と購入日・プレイ日は違うことが多いです

 

(20041010日〜)