Chiquilin Site■06.03.06_Excel オートシェイプで複雑な図形を描く

その1:フリーフォームを使う前に
その2:フリーフォームで線を描く・頂点の編集
その3:図形のコピー・回転
その4:図形の順序・グループ化

その1:フリーフォームを使う前に

オートシェイプ:サンプル
上のような図形を作ってみましょう。基本的な図形は「基本図形」に大体あります。これらを組み合わせるだけでも色んなものが作れますが 用意されていないものも当然あります。上の花びらのような水滴形は [基本図形] にありませんので(※Excel2007にはありますが) 作るしかありません。そんな時に利用するのがフリーフォームです。
オートシェイプのフリーフォーム
[図形描画]ツールバーの[オートシェイプ]→[線]→[フリーフォーム]
ちなみにドラッグすると この[線]のメニューだけ切り離せます(サンプル画像参照)。いちいち選択するより切り離しておいた方が便利です。
便利ついでに。複雑な図形を作る際は いくつかの図形を組み合わせることになります。その際 後ろの図形が見えなくなると困るので 最初に線を引く際は 塗りつぶし色を透明にしておくといいです。四角形などで適当な図形を作成して 塗りつぶし色を透明化し それを [オートシェイプの規定値に設定] しておくと 次から作成する図形は全て 塗りつぶし色が透明のものになります。図形描画ツールバー
あと[オートシェイプ]の左横にある [オブジェクトの選択] ボタンは編集の際には オンにしておいた方がいいと思います。まとめて選択するのに便利です。
ページの一番上へ

その2:フリーフォームで線を描く・頂点の編集

ではフリーフォームで線を描きます。
フリーフォームで形を取る
 
作りたいのは水滴の形ですが 最初はこんな感じで大まかな形を取るだけでいいです。線は閉じて下さい。細かい修正は [頂点の編集] で行います。
フリーフォームの頂点の編集
図形の線上で 右クリック→[頂点の編集]
これで 頂点を編集できるようになります。
頂点を ドラッグすると 頂点を移動させられます。また線をドラッグすると 頂点を追加できます。
この段階で 位置を調整します。
頂点の移動・追加
 
ただこのままでは水滴とも花びらとも呼べないので 曲線に変換します。線を右クリックして [頂点を中心にスムージングする] を選択します。頂点を中心にスムージングする
 
スムージングを選択してから 頂点をドラッグするとハンドルを調整できます。最初は 慣れが必要だと思いますが これで水滴形を作ってしまいます。
ページの一番上へ

その3:図形のコピー・回転

出来上がった花びらをコピーし 回転します。Ctrl + ドラッグで 図形をコピーできます。
Ctrlキーを押しながら ドラッグで 図形のコピー
 
次に コピーした図形を回転します。頭についている緑色のバーを動かすか [オートシェイプの書式設定]で「サイズ」タブの [回転] に直接数値を入力すると 図形を回転できますが この時 回転したい軸は 花びらの下部なので Ctrl を押しながら バーを回転させます。更に Shift を押しながら回転すると 角度を 15度ずつで調節できます。
Ctrl + Shift + 緑ハンドルをドラッグ で 15度ずつ 最下部を中心にして回転できます
ページの一番上へ

その4:図形の順序・グループ化

位置を合わせながらコピーするには [図形の調整] を利用する必要があります。最初に 180度回転した図形を ひとつコピーして作成し Ctrl を押しながら 二つの図形を選択します。そのまま[左右中央揃え] を実行します。揃えた図形は右クリック [グループ]→[グループ化] でひとつの図形にしてしまいましょう。
位置揃えとグループ化
 
ひとつになった図形をコピーして 90度回転させます。それらを選択して [配置/整列] で [左右中央揃え] を行います。これで 花びらが4枚になります。これを繰り返して 8枚の花びらを作成します。そしてそれぞれを 4枚ずつでグループ化します。
コピー・回転・グループ化
作成した図形に色を付けます。今回は線はいらないので [なし] にして下さい。塗りつぶした際 図形の重なりの順序がずれている時は 図形を右クリック [順序] の [前面] や [背面] を使って 順番を調節して下さい。最後に 図形全てを選択して グループ化すれば完成です。
→参考ファイル(018.xls)
ページの一番上へ
ChiquilinSite トップページへ  Copyright(C)2005 Chiquilin_site. All Rights Reserved.