Chiquilin Site■05.05.30_Excel:画像の検索ページを作る

その1:INDEX関数を使う方法
その2:ひとつずつ名前定義する方法
その3:グラフを使って画像を表示させる方法

その1:INDEX関数を使う方法

Excel はそもそもが表計算ソフトなので 印刷や画像の取り扱いは苦手です。画像も保存場所を指定してリンクさせることはできません。可能なのは 別シートに画像を貼り付けておいて それを[図のリンク貼り付け]機能で呼び出す方法です。しかしこの方法はとにかく面倒です。やる前に有る程度の覚悟を決めて下さい。
images シート:
images シート:方法その1
1セルに 1画像が入るようにセル範囲を調節しておいて下さい。画像は Shift を押しながらドラッグすれば縦横比固定でサイズ調整できます。また Alt を押さえている場合 セル枠にスナップ状態になります。セルの幅に合わせたい時は Shift と Alt を同時に押さえてサイズ調整して下さい。
 
searchシート:
search シート上で
◆Excel2003以下の場合
[挿入]→[名前]→[定義]
◆Excel2007以降の場合
[数式]→[定義された名前]の[名前の管理]→[新規作成]
 
[名  前]:画像A
[参照範囲]:
=IF(ISNA(MATCH($A$1,images!$A$1:$A$100,)),$A$1,INDEX(images!$B$1:$B$100,
MATCH($A$1,images!$A$1:$A$100,)))
適当な空白セルをコピーして
◆Excel2003以下の場合
Shift 押しながら[編集]→[図の貼り付け]
Shift 押しながら[編集]→[図の貼り付け]
◆Excel2007の場合
[ホーム]→[クリップボード]の[貼り付け]→[図]→[図のリンク貼り付け]
◆Excel2010以降の場合
[ホーム]→[クリップボード]の[貼り付け]→[リンクされた図]
 
貼り付けた図を選択した状態で 数式バーに「=画像A」と入力
貼り付けた図を選択した状態で 数式バーに式を入力
 
これで A1セルに画像名を入力すると 画像が表示されるようになります。数式は VLOOKUP関数でも問題ありません。表示したい画像ごとに 名前定義する必要があります。
→参考ファイル(015.xls)
ページの一番上へ

その2ひとつずつ名前定義する方法

images シート:配置は「その1」と同じ
images シート:方法その2
A1:B100 を選択
[挿入]→[名前]→[作成]→[左端列]にチェック入れて[OK]
 
searchシート:
search シート上で
[挿入]→[名前]→[定義]
[名  前]:画像A
[参照範囲]:=IF($A$1="","",INDIRECT($A$1))
後は さっきと同じ手順で 空白セルをコピー
Shift 押しながら[編集]→[図の貼り付け]
図を選択した状態で 数式バーに「画像A」と入力
 
以上 となります。同じく貼り付ける画像ごとに名前を定義する必要があります。
→参考ファイル(016.xls)
ページの一番上へ

その3●グラフを使って画像を表示させる方法 (06.06.13追加)

グラフを使う方法を思いつきました。これだと面倒ではありますが名前の定義は不要です。
長くなるので ページを分けて説明します。
→Excel 画像の検索ページを作る2 グラフ編
ページの一番上へ
ChiquilinSite トップページへ  Copyright(C)2005 Chiquilin_site. All Rights Reserved.