地教研の会報は年間10回の発行です

 

地教研は、年に10回、会員宛に「地理教育研究会会報」発送しています。地教研会報では、

会員による地理教育に関する情報交換や交流を目的に、会員を中心に執筆されています。

編集は地教研理事 が担当しています。1957年に「地理教育ニュース」第1号を発刊してから

2016年5月までの発行号数は503号を数え、日本の地理教育研究と教育実践に重要な役割

を果たしてきました。地教研の「会報」は、会員のみ購読できますので、購読ご希望の方は、

この機会にぜひ!ご入会ください。

 

以下、500号以降の目次です。

●第503号 目次 2016.5.1発行 8頁

*大阪・金蘭会大会にむけて▲廛豐覯茲函崔里詬爾戞廖

*高校「地理総合(仮称)」について 地理教育研究会からの提案

*新科目「地理総合」はどのようになるのか?

*東京地教研・千葉地教研3月例会報告

*センター試験地理B問題分析  

*神奈川地教研例会報告

*2015年度評議員会の報告

 

●第502号 目次 2016.4.1発行 8頁

*大阪・金蘭会大会にむけて 

*「世界と日本における難民の状況と課題」

*『ある精肉店の話』上映会

*[ぼくの街・私の町]横浜で石川?

*「地理総合」学習内容を検討する  

*[図書紹介]おもしろ半島 ちばの地理

*1枚の写真から(16)虫はごちそう

 

●第501号 目次 2016.3.1発行 8頁

*「震災からの復興」をテーマとした総合学習の実践について 

*「3.11」から5年

*北海道の鉄道はだいじょうぶか!

*港南台から本郷台を歩く

*「イタイイタイ病」に神岡鉱業はどう対応したか  

*『ある精肉店のはなし』から考える社会

 

●第500号 目次 2016.1.1発行 20頁

会報500号特集

*理事長挨拶 *事務局長挨拶 *民教連世話人ご挨拶 *歴教協ご挨拶 *全民研ご挨拶  

*500号発刊によせて *北海道地教研 *山形地教研 *埼玉地教研 *千葉地教研 *東京地教研 *神奈川地教研  

*名古屋地教研 *大阪地教研 *岡山地教研 *広島地教研 *島根地教研 *鹿児島地教研 

*会報から見る地教研事務局の変遷  *「夢を持って活動していた!〜会報係から事務局長の時代の思い出〜」

*会報500号記念に寄せて *「地教研会報と私」 *「祝500号」 *会報500号と「1枚の写真から」

*資料・創刊号等 *目次  

 


ホームページに戻る