筑後市ボランティア連絡協議会



Copyright (C) 2006 chikugo volunteer liasion council. All Rights Reserved

本文へジャンプ

筑後市ボランティア連絡協議会
 …だれもが住みよい
   まちづくりのために…


イメージ




















 * お知らせ

ボランティア連絡協議会では、筑後市総合福祉センターに寄贈されたアップライトピアノを活かし、様々なアーティストに協力いただき、ロビーコンサートを行っています。

7回目となる今回は、筑後地区で活動する4名の女性によるゴスペルコンサートです

親子連れでお気軽にご参加ください。

※とき:927()11:00~40分程度

※ところ:筑後市総合福祉センター ロビー

※出演者:GOOD SELL

※演奏曲目:1.Dont Stop Believin、2.にじ、3.涙そうそう、4.君は愛されるために生まれた

※会場はカーペット敷き(土足禁止)になっていますので、お子様連れの方もお気軽にお越しください。

※入場無料

筑後市ボランティア連絡協議会

833-0032 筑後市野町680-1

(筑後市総合福祉センター内)

TEL 0942-52-4016  FAX 0942-52-4027





筑後市ボランティア連絡協議会からお知らせです。

筑後市社会福祉協議会が九州北部豪雨被災地復興支援のためのボランティアバスを運行することになり、一緒に活動していただける方を募集しています。

ぜひ、力を貸してください。

※活動場所…朝倉市災害ボランティアセンター(具体的な活動場所は当日決定)

※活動日時…921()925() 8:3016:30
  筑後市総合福祉センター集合解散

※活動内容…被災家屋の泥出し、家財運び、水路の泥かきなど

※参加対象…筑後市内に居住の方

※募集人員…先着25

※持参物品…クーラーバック(水分(2ℓ程度)・昼食)、マスク、タオル、長靴、帽子、着替え、手袋
(
詳細チラシ参照)

◆問い合わせ先…筑後市社会福祉協議会

TEL0942-52-3969  FAX0942-53-6677  Mail:info@chikugo-shakyo.or.jp




 筑後市ボランティア連絡協議会では、昨年、NPO法人自立生活センターちくご、社会福祉法人わかたけ福祉会わかたけ作業所など一緒に、『ちくご・「相模原事件を考える」企画実行委員会』を組織しました。
 2016年7月26日、神奈川県相模原市の「津久井やまゆり園」で障害者19 人が殺害された相模原事件から1年を迎えます。この事件は、社会に様々な問いを投げかけました。
 逮捕された元職員が「障害者はいない方がいい」と供述した背景に何があるのでしょうか。事件後に警察が実名報道をしなかったことなど多くの課題が浮き彫りにされました。
 私たちは、昨年から今年初めにかけて、相模原事件を考える企画としてのメッセージ集の作成、講演会、リレートーク、上映会などを開催してきました。
 そして、事件から1年を迎えるにあたり、実行委員会を再開。事件を少しでも風化させない為に自分達にも出来る行動を起こすことにしました。
 私たちは「19のいのち」を忘れない。
 二度とあのような悲惨な事件を繰り返さない。
 その想いを基に、
チラシ私たちは忘れない‥19のいのち-相模原障害者殺傷事件から1年-」を作成し、7月26日(水)17時30分から、街頭配布行動を行います。
 そして、命の価値に優劣をつけることなく、多様性を認めあう共生社会の実現に向けて、これからも問い続けていきます。

■お問合せ■
○筑後市ボランティア連絡協議会 (担当:古賀)
TEL 0942-52-4016 FAX 0942-52-7529 Mail chikugoshi@gmail.com




 筑後市ボランティア連絡協議会では、筑後市社会福祉協議会との共催で、若者ボランティア入門講座
はじめの一歩‥そうだボランティアしよう!!」を8月3日(木)19時から5回シリーズで開催します。
 「自分を変えるきっかけがほしい」
 「暮らしている地域の力になりたい」
 「新たな出会いの場かほしい」
 「なにか新しいことを始めたい」…そんな「あなた」、一緒にボランティアしませんか?!

■お問合せ■
○筑後市ボランティア連絡協議会 (担当:古賀)
TEL 0942-52-4016 FAX 0942-52-7529 Mail chikugoshi@gmail.com




 筑後市ボランティア連絡協議会は、NPO法人筑後市障害者協議会が筑後市から受託して実施する平成28年度筑後市障害者福祉啓発事業の企画運営に参画しています。今回の啓発事業は、「相模原事件を考える」ということで、
2月26日講演会「障がいと歩む人生~相模原事件に思うこと~」3月18日映画「風は生きよという」上映会を開催します。
 「相模原事件を考える」ことから、「生きることの意味」「いのちの大切さ」「人権と報道」など様々なことを問い直す機会にしたいと考えています。障害当事者、その家族や親族、障害者施設などといった施設や団体、ボランティア(団体等)、地域等…この事件の受け止め方は、それぞれの立場で、また、事件の真相に迫る視点の違いから様々な受け止め方があるように思えます…。
…このことをあなたはどう考えますか? 一緒に考えてみませんか?!

■お問合せ■
○筑後市ボランティア連絡協議会 (担当:古賀)
TEL 0942-52-4016 FAX 0942-52-7529 Mail chikugoshi@gmail.com

 




 1023()午前9時半から、筑後市総合福祉センター(筑後市野町680番地1)で、33回ふれあいひろば「ふれあい・マルシェ‥ 熊本震災復興支援 ‥若者(わっかもん)から年寄(としょり)まで~みんなが集う福祉センター~」を開催します。

 「総合福祉センター30周年記念式典」と「ふれあいひろば(ふれあいマルシェ)」を雨天決行で行います。

会場では

●コンサートや落語、ダンスの披露等のステージイベント

●健康相談コーナー

●小物雑貨やパン、カレー焼きそばの販売

●マッサージや占いのコーナー

●子どもの遊び場プレーパーク、昔遊び体験コーナー

 など様々な催しが目白押しです。

 子どもから大人まで楽しめるイベントになっています。

【とき】1023日(日)8:3015:00

【ところ】筑後市総合福祉センター(筑後市野町6801

※当日は入館無料です!

多くの方のご来場をお待ちしています!!

【ふれあいマルシェ出店者紹介】

◆就労継続支援A型事業所ディアスポラ‥MADE IN CHIKUGOメイドインチクゴ~筑後の底力~デニム廃材バッグ、井寺豚レトルトカレー

◆就労支援B型事業所ふくふく‥日本人参茶、寄せ植え、タオル、手作りバッグ

◆まつばらベリーファーム(ちっごに恋)‥季節のジャム(試食あり)

Healing room Livere(ちっごに恋)‥アロマクラフトワークショップ

◆タロット占い癒香yuka‥タロット占い

◆ミチルぱん‥自家製酵母パン、お菓子

◆心音~kokorone(ちっごに恋)           疲れた体をリフレッシュ‥お洋服を着たまま受けれるリンパマッサージ

Apricotty(アプリコッティ)(ちっごに恋)‥布小物、クラフト雑貨

Petit Salon H(プチサロンエイチ)(ちっごに恋)‥ハンドリフレクソロジー

cache cache‥手作り布雑貨、アクセサリー

quatre feuille(ちっごに恋)‥焼き菓子

mika?nico(ちっごに恋) ‥焼き菓子

◆菓子工房ほっぺ‥焼き菓子

◆パソコンスクールPCワークス‥わくわくパソコン入力検定

ashioto(ちっごに恋)‥フットマッサージ

◆陽だまり工房‥パン・クッキー・手作り小物

BRASSIERE(ブラジャー)‥ハンドメイド雑貨

◆はねっこの会‥美味しいケーキ

◆羽犬塚元気たい(子どもひろば)   綿菓子・ポップコーン・風車・スライム等の工作

◆母子寡婦福祉会‥カレーライス

JOY工房オークス‥焼きそば                   

◆筑後手をつなごう絆の会‥防災体験コーナー、災害被災地写真展示、防災グッズ展示、非常持出用リュック模擬体験

◆子育てサポートろっきー‥楽しくあそぼう!!プレイバーク              

◆ママ&キッズマーケット‥手作り雑貨

◆なまえのチカラ‥あなたの名前からの詩と絵のメッセージ

pao pao‥手づくりパン

◆ボランティア連絡協議会‥熊本物産展(熊本産やきにくのたれ、九州ぽん酢、馬ホルモン味噌煮込、幻の五島うどん等)、ふらっとスペース手作り小物、その他会員手作り品など




筑後市ボランティア連絡協議会では、筑後市社会福祉協議会との共催で、来る平成28年10月23日(日)に「第33回ふれあいひろば」を開催します。今回は「若者(わっかもん)から年寄(としょり)まで!~みんなが集う福祉センター~」をテーマに、開館30周年を迎えた筑後市総合福祉センターを高齢者だけでなく、もっと幅広い年代の方々に利用していただきたい。
そんな願いを込めて、子どもひろば・プレイパークや「
ふれあいマルシェ」など、3世代で楽しめる催しにしました。また、熊本震災復興支援のイベントとして開催します。
 とっても欲しくなる手作り小物や美味しいお菓子などがたくさん集まっています。楽しい時間を一緒に過ごしませんか。

■お問合せ■
○筑後市ボランティア連絡協議会 (担当:古賀)
TEL 0942-52-4016 FAX 0942-52-7529 Mail chikugoshi@gmail.com






 筑後市ボランティア連絡協議会では、誰もが住みよいまち''ちっご''をめざし、14のボランティアクループと個人ボランティアで様々な活動を行っています。

 
もっと多くの人と「くらし」「ふくし」「ボランティア」「まちづくり」などについて考える機会として、2016年度も、筑後の地域ふくしセミナー2016を2016年6月6日(月)から筑後市総合福祉センター・ボランティア室で行います。
 講師は、ボランティア連絡協議会の会員など身近な方々です。それぞれの得意分野をお話しいただきます。私たちと一緒に学んでみませんか?

 昨年度の「筑後の地域ふくしセミナー2015」のまとめを作成しました。ぜひ、お読みください。





筑後市ボランティア連絡協議会では、筑後市社会福祉協議会との共催で、来る平成28年2月20日(土)に「第32回ふれあいひろば」を開催します。今回は「みんなでいのちをまもる!!」をテーマに、災害発生時には福祉避難所となる筑後市総合福祉センターにおいて、私たち一人ひとりが災害を未然に防ぐための防災の意識を新たにする機会として開催します。
 知っていたら必ず役に立つことが体験できます。防災の知識を学んで、楽しい時間を一緒に過ごしませんか。

■お問合せ■
○筑後市ボランティア連絡協議会 (担当:古賀)
TEL 0942-52-4016 FAX 0942-52-7529 Mail chikugoshi@gmail.com










 筑後市ボランティア連絡協議会では、筑後市総合福祉センターをもっと幅広い世代の方々に知っていただき、利用していただくために、総合福祉センターで第2回のロビーコンサートチェロとピアノと歌のコンサートを開催します。
 日頃ゆっくりと音楽を楽しむ時間がないという方、育児中でコンサートに行けないという方大歓迎です。
 今回は、クリスマスコンサートと題して、県内て活躍する演奏者がおなじみのクリスマスソングを演奏します。子どもから大人まで楽しめる幅広いプログラムでお送りします。お気軽にお越しください。
 【日時】 2015年12月18日(金)13時~14時(演奏は、30分程度)
 【会場】 筑後市総合福祉センター1階エントランスホール(筑後市野町680番地1)
 【問合せ】 筑後市ボランティア連絡協議会 TEL0942-52-4016





 筑後市ボランティア連絡協議会では、筑後市総合福祉センターをもっと幅広い世代の方々に知っていただき、利用していただくために、福祉センターで初のロビーコンサート「ヴァイオリン&ピアノコンサート」を開催します。
 日頃ゆっくりと音楽を楽しむ時間がないという方、育児中でコンサートに行けないという方大歓迎です。
 プロの演奏者が子どもから大人まで楽しめる幅広いプログラムでお送りします。ホッと息抜きしてください。
 【日時】 2015年9月14日(月)13時~
 【会場】 筑後市総合福祉センター1階エントランスホール(筑後市野町680番地1)
 【問合せ】 筑後市ボランティア連絡協議会 TEL0942-52-4016


 
 筑後市ボランティア連絡協議会では、誰もが住みよいまち''ちっご''をめざし、14のボランティアクループと個人ボランティアで様々な活動を行っています。

 
もっと多くの人と「くらし」「ふくし」「ボランティア」「まちづくり」などについて考える機会として、2015年度も、
筑後の地域ふくしセミナー2015を2015年6月1日(月)から筑後市総合福祉センター・ボランティア室で行います。
 講師は、ボランティア連絡協議会の会員など身近な方々です。それぞれの得意分野をお話しいただきます。私たちと一緒に学んでみませんか?

 昨年度の「筑後の地域ふくしセミナー2014」のまとめを作成しました。ぜひ、お読みください。






筑後市ボランティア連絡協議会では、筑後市社会福祉協議会との共催で、来る平成27年2月22日(日)に「第31回ふれあいひろば」を開催します。今回は「だれもが住みよいまちを願う想いをつなぐ」をテーマに、各ボランティアグループがそれぞれの想いをステージで伝え、想いをつないでいきます。フォークソングチーム「マウンテンゴリラ」や「わかたけ作業所」なかまたちの歌声とともに楽しい一時を共有したいと思います。
 楽しい時間を一緒に過ごしませんか。

■お問合せ■
○筑後市ボランティア連絡協議会 (担当:古賀)
TEL 0942-52-4016 FAX 0942-52-7529 Mail chikugoshi@gmail.com





2014年10月19日、14時30分から、九州芸文館において、「手話のちから2014~心をひとつにHAND SIGNライブ~」(主催:JCI一般社団法人 筑後青年会議所、後援:筑後市、筑後市教育委員会、筑後市ボランティア連絡協議会)が行なわれます。
 HAND SIGNは、ストリートダンスと手話を融合した男性5人組のパフォーマンス集団です。聴覚障害者も健常者も同じように楽しめるパフォーマンスで「笑顔になれる空間を創り出したい」と意欲を燃やし活動されています。
 入場料1,000円(小学生以下は無料)です。




 筑後市社会福祉協議会とボランティア連絡協議会では、「あそびを通して地域づくりを考える講座(コミュニケーション麻雀活用講座)」2014年10月18日(土)14時から、筑後市総合福祉センターで開催します。
 コミュニケーション麻雀は、「1つの牌が238グラムのタワシ大で、リハビリにちょうどよい」「飲まない・吸わない・賭けないがモットー」「ルールを簡単にしていい」「初めての人でも親みやすい」「2~3人のチームで話し合いながら対戦する」というもので、東日本大震災の被災地等で孤立防止の一つの方法としても活用されています。




 筑後市ボランティア連絡協議会では、誰もが住みよいまち''ちっご''をめざし、13のボランティアクループと個人ボランティアで様々な活動を行っています。

 もっと多くの人と「くらし」「ふくし」「ボランティア」「まちづくり」などについて考える機会として、2014年度も、
筑後の地域ふくしセミナー2014を2014年6月2日(月)から筑後市総合福祉センター・ボランティア室で行います。
 講師はみな、ボランティア連絡協議会のメンバーです。筑後市で活動するメンバーのそれぞれの得意分野をお話します。私たちと一緒に学んでみませんか?

 昨年度の「筑後の地域ふくしセミナー2013」のまとめを作成しました。ぜひ、お読みください。






 筑後市ボランティア連絡協議会では、筑後市とNPO法人筑後市障害者協議会と筑後市社会福祉協議会との共催で、来る平成26年3月29日(土)に「第30回ふれあいひろば」を開催します。今回はメイン企画として、「『自閉症』への理解を深めるために‥だれもが住みよいまちを願って…」をテーマに、自閉症を描いた映画「ぼくはうみがみたくなりました」の上映(①10:30- ②14:40-)と自閉症の若手作家 東田直樹さんの講演「風になる~自閉症の僕が生きていく風景~」(13:30~)と直樹さんの母親 東田美紀さんの講演「我が子の可能性を信じる子育て」(~14:30)を行いたいと計画しています。また、「わかたけアート展」や「ちいさな雑貨屋さん」「小さなご飯屋さん」「笑って元気!!楽しい笑いヨガ」「ボランティア体験スタンプラリー」なども行います。

■お問合せ■
○筑後市ボランティア連絡協議会 (担当:古賀)
TEL 0942-52-4016 FAX 0942-52-7529 Mail chikugoshi@gmail.com




 筑後市ボランティア連絡協議会では、誰もが住みよいまち''ちっご''をめざし、13のボランティアクループと個人ボランティアで様々な活動を行っています。
 もっと多くの人と「くらし」「ふくし」「ボランティア」「まちづくり」などについて考える機会として、2013年度も、
筑後の地域ふくしセミナー2013を2013年6月3日(月)から筑後市総合福祉センター・ボランティア室で行います。
 講師はみな、ボランティア連絡協議会のメンバーです。筑後市で活動するメンバーのそれぞれの得意分野をお話します。私たちと一緒に学んでみませんか?

 昨年度の「筑後の地域ふくしセミナー2012」のまとめを作成しました。ぜひ、お読みください。
 


【 お問合せ先 】 筑後市ボランティア連絡協議会 0942-52-4016 E-mail chikugoshi@yahoo.co.jp






 筑後市ボランティア連絡協議会と筑後市社会福祉協議会では、来る平成25年3月2日(土)に「第29回ふれあいひろば」を開催します。今年度は、「広げたい!ありがとうの輪(笑・和)」というテーマで、「1DayShop」(10時~14時)と「大野勝彦氏講演会」(14時半~16時半)を行いたいと計画しています。また、東日本大震災・九州北部豪雨の被災者支援、更に、ボランティア活動の広がり、人と人の出会い、つながりを広めるきっかけになることを目指したいと考えています。
 そして現在、「1DayShop」に出店頂く方を募集しています。つきましては、
別紙の「出店要項」をご参照の上、ぜひとも出店のご協力をお願いいたします。皆様からのお力添えを頂き、被災地への温かい支援を届けると共に、当日は皆様と一緒に楽しい一日にしたいと思っています。
 なお、不明な点等ありましたら、下記へご連絡をお願いいたします。

★申し込みの締め切りは、2月15日(金)です「出店申込書」をFAXまたは郵送いただくか、同じ内容を記したメールをお送りいただきますよう、お願いいたします。(受付けを確実にするため、電話や口頭での申し込みはご遠慮頂いています。)
★お知り合いに心当たりの方がおられたら、ぜひとも出店頂けるよう、お声掛け頂ければ幸いです。
★なお、今回は2部構成で行い、14時半からは「大野勝彦氏」講演会を行います。出店者の皆様には、引き続きご参加頂きますようお願いします。

■お問合せ■
○筑後市ボランティア連絡協議会 (担当:古賀)
TEL 0942-52-4016 FAX 0942-52-4027 Mail chikugoshi@yahoo.co.jp

○筑後市社会福祉協議会 〒833-0032 筑後市野町680-1 (担当:宮原)
TEL 0942-52-3969  FAX 0942-53-6677  Mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp





 SAMコンサート実行委員会が筑後市ボランティア連絡協議会との共催で、SAMコンサートを10月27日(土)午後5時30分から筑後市総合福祉センターで開催します。
 チケットは高校生以上1,000円、中学生以下は無料です。
 SAMは、ギターを中心としたアコースティック・サウンドをベースに、幅広いジャンルの演奏によって、日常生活の中で起こる何気ない出来事、ふと思った疑問、怒りや悲しみ、あふれる喜びを唄う、赤木一孝・松崎博彦の二人組です。
 結成20周年の九州ツアーで、コンサートの収益金は九州北部豪雨被災復興支援として寄付されます。ぜひ、お聴きください。
 問い合わせ先:筑後市ボランティア連絡協議会TEL0942-52-4016






















 第29回ふれあいひろばプレイベント「1Day Shop(1日限定のお店)」を2012年11月10日(土)、わかたけ作業所で開催します。この「1Day Shop」の出店者が確定し、チラシができましたので、掲載します。

 筑後市ボランティア連絡協議会では、筑後市社会福祉協議会と共催で、毎年「ふれあいひろば」を開催しています。これはボランティア活動の啓発・PR、また、ボランティア活動の広まり、人と人のつながりをつくっていくことを目指しているものです。
 今年度の第29回「ふれあいひろば」は、2013年3月2日に大野勝彦さんを招いて実施したいと企画しています。

●東日本大震災・九州北部豪雨災害の被災地支援の取り組みについて
 私たちは、昨年度から東日本大震災の被災者支援に取り組んできました。特に昨年度の「ふれあいひろば」では、現地からの要望を受け、冬季に必要な物資の寄付を募り、配送しました。また、発災1年後の追悼企画では募金やバザーを行い、全額を寄付するといった支援を行いました。今後、この支援はより多くの人・団体等とも連携しながら継続して取り組んでいく必要があると考えています。
 さらに、今年7月14日には、豪雨災害が九州北部を襲い、筑後市内でも家屋や農作物などに被害をもたらしました。しかし、八女市をはじめ近隣の市町には更に大きな被害が発生しました。この身近で起こった災害を受け、私たちにできる支援を行うとともに、また次いつ起こるか分からない災害への備えのため、取り組みを進めていく必要があると考えています。

●大野勝彦さんについて
 今年度の「ふれあいひろば」は、2013年3月2日に大野勝彦さんを招いて実施したいと企画しています。大野さんは、45歳の時に事故で両腕を切断し、義手での生活になりました。そして腕をなくしたことで、不自由さだけでなく、周りの支えの有難み、生きていることへの感謝の気持ちを強く感じるようになったそうです。
 その講演には、私たちが生きる上で見落としがちな、とても大切なメッセージが込められており、一度聞いた方からはとても定評があります。

●1Day Shopに込めた思い・願い・・・
 そこで、この「1Day Shop」は、①東日本大震災と九州北部豪雨災害の被災地支援のための支援金を募りたい、②多くの方と災害や障害、生きることを考えるため「ふれあいひろば」をPRしたい、③より多くの方と、私たちボランティア連絡協議会の出会い、つながりをつくるきっかけにしたい…という目的で開催します。

【主催:問合せ先】
筑後市ボランティア連絡協議会
TEL 0942-52-4016 FAX0942-52-4027 Mail chikugoshi@yahoo.co.jp
筑後市社会福祉協議会
TEL 0942-52-3969 FAX 0942-53-6677 Mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp



 
第29回ふれあいひろばプレイベント1Day Shop(1日限定のお店)」を2012年11月10日(土)、わかたけ作業所で開催します。この「1Day Shop」に出店される方を募集します。
 筑後市ボランティア連絡協議会では、筑後市社会福祉協議会と共催で、毎年「ふれあいひろば」を開催しています。これはボランティア活動の啓発・PR、また、ボランティア活動の広まり、人と人のつながりをつくっていくことを目指しているものです。
 今年度の第29回「ふれあいひろば」は、2013年3月2日に大野勝彦さんを招いて実施したいと企画しています。

●東日本大震災・九州北部豪雨災害の被災地支援の取り組みについて
 私たちは、昨年度から東日本大震災の被災者支援に取り組んできました。特に昨年度の「ふれあいひろば」では、現地からの要望を受け、冬季に必要な物資の寄付を募り、配送しました。また、発災1年後の追悼企画では募金やバザーを行い、全額を寄付するといった支援を行いました。今後、この支援はより多くの人・団体等とも連携しながら継続して取り組んでいく必要があると考えています。
 さらに、今年7月14日には、豪雨災害が九州北部を襲い、筑後市内でも家屋や農作物などに被害をもたらしました。しかし、八女市をはじめ近隣の市町には更に大きな被害が発生しました。この身近で起こった災害を受け、私たちにできる支援を行うとともに、また次いつ起こるか分からない災害への備えのため、取り組みを進めていく必要があると考えています。







●大野勝彦さんについて
 今年度の「ふれあいひろば」は、2013年3月2日に大野勝彦さんを招いて実施したいと企画しています。
 大野さんは、45歳の時に事故で両腕を切断し、義手での生活になりました。そして腕をなくしたことで、不自由さだけでなく、周りの支えの有難み、生きていることへの感謝の気持ちを強く感じるようになったそうです。
 その講演には、私たちが生きる上で見落としがちな、とても大切なメッセージが込められており、一度聞いた方からはとても定評があります。

●1Day Shopに込めた思い・願い・・・
そこで、この「1Day Shop」は、①東日本大震災と九州北部豪雨災害の被災地支援のための支援金を募りたい、②多くの方と災害や障害、生きることを考えるため「ふれあいひろば」をPRしたい、③より多くの方と、私たちボランティア連絡協議会の出会い、つながりをつくるきっかけにしたい…という目的で開催します。
そのため、出店頂く方からの出店料と、「支援ブース」の商品の売上金の全額は、上記災害の支援金に充てさせて頂きます。そこで、出店もしくは出品頂く皆様へ、下記のようなお願いをできれば、と考えています。(その1、2いずれかを選択ください。)
★その1/出店料を支払って出店。
出店される方は、出店料(1区画1,000円)を主催者へお支払いください。
※なお、当日会場には、上記のような目的で、募金箱を設置していますので、この企画の趣旨にご賛同の上、協力くださる方は、そちらの箱にお気持ちを寄付を頂けたら幸いです。
もちろん、寄付は、強制ではありません。
★その2/支援ブースに商品を提供、売上金は主催者へ寄付。当日は、「支援ブース」を設けます。売上金は、被災地支援のために役立てさせていただきます。
ご協力頂ける方は、作品等の提供をお願いします。「支援ブース」での販売については、出店料、当日の接客業務は不要です。

【主催:問合せ先】
筑後市ボランティア連絡協議会
TEL 0942-52-4016 FAX0942-52-4027 Mail chikugoshi@yahoo.co.jp
筑後市社会福祉協議会
TEL 0942-52-3969 FAX 0942-53-6677 Mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp





 
筑後市ボランティア連絡協議会では、誰もが住みよいまち''ちっご''をめざし、14のボランティアクループと個人ボランティアで様々な活動を行っています。
 もっと多くの人と「ふくし」「ボランティア」「まちづくり」などについて考える機会として、今年度も、「筑後の地域ふくしセミナー」を2012年6月4日(月)から筑後市総合福祉センター・ボランティア室で行います。
 講師はみな、ボランティア連絡協議会のメンバーです。筑後市で活動するメンバーのそれぞれの得意分野をお話します。私たちと一緒に学んでみませんか?







【 お問合せ先 】 筑後市ボランティア連絡協議会 0942-52-4016 E-mail chikugoshi@yahoo.co.jp
















 
大震災発生から1年。被災した方々は、今も不自由や不安を抱えながら生活している人も多く、これから先も息の長い支援が必要です。 しかし、災害の危機感、備えの意識は既に薄れ、同時に、被災地への支援も徐々に先細りつつあります。
 筑後市ボランティア連絡協議会では、東日本大震災を風化せず、いつ起こるか分からない災害への備えを今一度考えるため、また、被災者への継続した支援に取り組んでいくために、
2012年3月10日(土)17時30分から筑後市総合福祉センターにおいて
「被災者支援・追悼企画-東日本大震災を忘れない~筑後から東北へ支援を届けよう~」行いたいと思います。






 【 お問合せ先 】 
筑後市ボランティア連絡協議会
TEL0942-52-4016
E-mail chikugovol@gmail.com













 東日本大震災から約半年。筑後市ボランティア連絡協議会と社会福祉協議会と筑後市障害福祉なんでも相談室ちくたくネットでは、被災された方を支援し、私たちのまちの災害への備えについて考えるために第28回ふれあいひろば「明日へつなぐ命「始めよう!災害への備え」~私たちが住みやすいまちは、みんなも住みやすい~を行ないます。
 NHK教育テレビ「きらっといきる」でおなじみの自立生活センター・メインストリーム協会副代表 玉木幸則さんに「みんなで考える!安心安全のあるまちづくり~被災体験を通じて思うこと~」と題してお話しいただきます。
 災害に備え、誰もが、安心安全を実感できるまちとはどういうまちでしょう…。阪神淡路大震災の被災者でもある玉木さんから学びます。

 
 【 お問合せ先 】 
筑後市ボランティア連絡協議会
TEL0942-52-4016
E-mail chikugovol@gmail.com







 
 筑後市社会福祉協議会では、第62期くらしと福祉の学級「「私らしい」生き方、「居心地のいい」くらしのヒント‥これからの時代にあった「まちづくり」のコツを学ぶ!」を行ないます。
 皆さんには、「居心地がいいなぁ」と思える居場所や、人とのつながりがありますか? 私たちが生きていく「地域」では、一人ひとりが違った価値観やライフスタイルを持って暮らしています。そして中には、色々な課題を抱えて「生きにくさ」を感じている人もおられるのではないでしょうか? この講座では、移り変わる時代の中で、一人ひとりがもっと「私らしく」生きやすい地域にするために、これまでとは少し違った視点で、これからの私たちの「くらし」「まち」「支えあい」のあり方を学びます。
 【 お問合せ先 】 
筑後市社会福祉協議会
TEL0942-52-3969
E-mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp







 
筑後市ボランティア連絡協議会では、誰もが住みよいまち''ちっご''をめざし、14のボランティアクループと個人ボランティアで様々な活動を行っています。
 もっと多くの人と「ふくし」「ボランティア」「まちづくり」などについて考えたいと思い、今年度も、「筑後の地域ふくしセミナー」を2011年6月6日(月)から筑後市総合福祉センター・ボランティア室で行います。
 講師はみな、ボランティア連絡協議会のメンバーです。筑後市で活動するメンバーのそれぞれの得意分野をお話します。私たちと一緒に学んでみませんか?







【 お問合せ先 】 筑後市ボランティア連絡協議会 0942-52-4016 E-mail chikugoshi@yahoo.co.jp








 
点訳ボランティアグループ「むつみ会」では、「点字ボランティア入門講座」を行ないます。
 「点字」は、目の見えない人にとって情報を得る大切な文字です。現在、市内には、点字での情報を必要とする人が約20人ほどおられます。点訳グループ「むつみ会」では、この方たちの支援を中心として、点訳ボランティアを養成し、これから活動を広げていきたいと、点字ボランティア入門講座を企画しました。点字を習ってみたいという方や、新しい友だちをつくりたいという方、気軽にご参加ください。自宅にパソコンを持っているという方も大歓迎です。
 とき: 6月1,8,15,22,29日(水) 13:30~15:30(29日は10:00~14:00)
 ところ: 筑後市総合福祉センター
 【 お問合せ先 】 
筑後市社会福祉協議会
TEL0942-52-3969
E-mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp







東北地方太平洋沖地震被災地へのボランティアをしたいと思っている方へ 2011.3.15


今は控えてほしいこと


1.被災地へのボランティアに今すぐ駆けつけるのは控えましょう。

未だ余震や津波、家屋倒壊などの危険も多く、現段階では自衛隊や消防士、警察官等による人命救助活動が行なわれています。次に急がれるのは、水、電気、ガス、食糧等のライフラインの復旧です。その後に、多くの人員によるボランティア活動が求められます。まだ、ボランティアが現地で活動することは大変難しい状態です。

福岡県では、ボランティアの申し出受付が始まりました。ただし、被災現場が未だに余震や混乱が生じていることや、二次災害の恐れがあることから、ボランティア活動については、政府及び被災地の自治体からの要請を待つよう指示されています。

(問い合わせ・申し出) 福岡県新社会推進部社会活動推進部NPO・ボランティアセンター TEL092-631-4411 申出書ダウンロード http://www.nvc.pref.fukuoka.lg.jp/portal/l/3037

 

以下、現地に行かなくてもできる支援活動を紹介します。


2.被災地への物資の送付は控えましょう。

大量の物資が届くと、現地ではその分類に追われ、ただでさえ混乱している現場にかえって大きな負担となります。必要な物資は現地からのニーズがはっきり把握できるまで送らないでください。

福岡県では、救援物資の受付を開始しています。受付は被災地の状況を考慮し、お寄せいただいた物資を有効に活用するために、一度電話で支援物資の内容を確認し、後日、被災地の都道府県の要請に応じて、物資を受けるという方法で行われます。

受付先は下記のとおりです。

・福岡県庁 福祉労働部福祉総務課 TEL092-643-3244

・南筑後保健福祉事務所 八女分庁舎 TEL0943-22-6965

 

今、現地に行かなくてもできること





ちくご手話の会は、聴覚に障害をもつ方々とのコミュニケーションと手話の学習を中心に活動しています。2011年度も初心者でも参加しやすいように、年間計画を立て、学習会を行うことにしました。「手話を覚えたい!」「ろうあ者と会話したい!」「以前手話を習ったけど、忘れてしまった!」そんなあなた!!私たちと一緒に手話を学びませんか??
【 お問合せ先 】 
筑後市社会福祉協議会
TEL0942-52-3969
E-mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp
筑後市ボランティア連絡協議会

TEL0942-52-4016






次の時代を共に創る実行委員会では、2011年2月12日(土) 9:00~16:30に久留米市民会館で映画「降りてゆく生き方」上映+「生き方を探るシンポジウム」を開催します。
主催の「次の時代を共に創る実行委員会」は、フォーラムinくるめ(障害者問題を取り扱うフォーラム)でつながった若者中心の有志でつくった実行委員会です。
 まだまだ多くの人のなかで漠然とした「今の日本やばいんじゃないのか…何かしなくていいの?」という思いから一歩踏み込み、今まで多くの国民が目指していた生き方を環境・教育・福祉など統合的に見つめなおし、今後の個人の生き方、そして、最終的にはいのちを育むまちづくりのあり方について、みんなで考える機会にしたいと思っています。
 今、地域を見渡せば、経済不況、高齢者問題、障害者問題、子育て問題などマイナスなことがたくさんあります。全国を見渡せば、それをつながるチャンスととらえプラスに変える活動がたくさんあります。シンポジウムでは、そのような活動を全国的に先駆的に実践されている方や久留米地区でまちづくりを実践されている方をお呼びし、気付きの多いシンポジウムにしたいと思っています。
 たくさんの方に見て・聴いて・感じて欲しい、また筑後地区のまちを元気にする種が見つかると思います。
詳細はチラシをご参照ください。
映画「降りてゆく生き方」については、オフィシャルサイト(http://www.nippon-p.org)をご覧ください。

【お問合わせ先】
次の時代を共につくる実行委員会
福岡県久留米市安武町武島468-2 出会いの場 ポレポレ内
TEL:0942-27-2039 / FAX:0942-27-2086



 筑後市社会福祉協議会では、2011年1月30日に、筑後市総合福祉センターにて、第28回障害者問題セミナー「きょうだい児支援を考える」を開催します。
 「親は障害のある兄弟に時間を取られ、私にはあまりかまってくれなかった」「兄弟のことで同級生にからかわれ、悔しい思いをした」「結婚したいが、相手の家族に反対される」「将来、親亡き後のことを考えると不安になる」これらは、障害のある本人の『きょうだい』たちの声です。こういった思いや悩みを周りになかなか打ち明けることができず、親にも気を使い話せない『きょうだい』の存在があります。『きょうだい』が抱える課題が取り残されている現状にあるのではないでしょうか。
 今回の障害者問題セミナーでは『きょうだい』に焦点をあて実施します。
 とき:2011年1月30日(日)13:30~16:30
 ところ:筑後市総合福祉センター(筑後市野町680番地1)
 主な内容講演「障害のある人の『きょうだい』の悩みと課題」
        講師/鳥井田剛一さん(神戸きょうだい会)
        インタビュー「誰にも言えなかった『きょうだい』の思い」
        話し手/堤善治さん ほか
【 お問合せ先 】 
筑後市社会福祉協議会
TEL 0942-52-3969
 
E-mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp



 筑後市ボランティア連絡協議会では、11月28日に、筑後市勤労者家庭支援施設(サンコア)を会場に、第27回ふれあいひろば「ボランティア、心つないで」を開催します。
 ボランティア…それは人と人、心と心がつながり、同じ目線を持って共に歩む活動です。相手のことを思いやり大切にする…そんなことを多くの人と考えたいと思い、
第27回ふれあいひろば「ボランティア、心つないで」を開催します。皆さまのご参加を心からお待ちしています。
 とき: 2010年11月28日(日)10:00 ~ 16:00
 ところ: サンコア(筑後市勤労者家庭支援施設)

 主な企画
: * ボランティア入門ミニ講座(手話・点字・音訳・車イス)
         * 障害者施設等製品バザーコーナー
         * ボランティアグループ活動紹介コーナー
         * レクリエーション用品紹介&体験コーナー
         * 軽食販売・喫茶コーナー
 メインステージ
  * ちっご☆絆隊
  * みずぐるま朗読劇
 * 寄せ鍋合唱
* わかたけミニコンサート
* パネルトーク{ボランティア、心つないで」
* もりいさむ「歌と心でつなぐ優しさの調べ~金子みすゞの詩コンサート」      

【 お問合せ先 】 
筑後市ボランティア連絡協議会、筑後市社会福祉協議会
TEL0942-52-4016 , 0942-52-3969

E-mail: chikugoshi@yahoo.co.jp
, E-mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp



 筑後市在宅介護者の会『コスモス』と筑後市社会福祉協議会では、10月24日(日)に筑後市総合福祉センターで、若年性認知症介護劇「あなたが私を忘れても」を行ないます。
 介護している家族のための介護講座として、全国に約3万7千人の患者がいるとされる若年性認知症についての理解を広めるために、九州大谷短期大学の福祉専攻科学生の皆さんによる介護劇「劇で学ぶ若年性認知症」を行ないます。多くの方々のご参加をお待ちしています。
 とき: 2010年10月24日(日)10:00 ~ 11:30
 ところ: 筑後市総合福祉センター

【 お問合せ先 】 
筑後市社会福祉協議会
TEL0942-52-3969
E-mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp








 筑後市社会福祉協議会とボランティア連絡協議会では、10月17日にサザンクス筑後で行なわれる健康と福祉の祭典において、
「みんなの地域ふくしセミナー」を行ないます。
 私たちが住む筑後市には、自分たちのまちを良くしようとする人たちがたくさんいます。それぞれが様々な思いを持ち活動しています。
 今回、このような人たちを講師に、「福祉」「ボランティア」「障害者問題」などを考える場を設定しました。どなたでもご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。
 とき: 2010年10月17日(日) 9:00 ~ 15:30
 ところ: サザンクス筑後 2階 研修室
講師: 谷口翠さん、日高恵美さん、卜部善行さん、堤善治さん、ジョエル・アソグバさん
 【 お問合せ先 】 
筑後市社会福祉協議会
TEL0942-52-3969
E-mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp






 音訳ボランティアグループ「みずぐるま」では、「声のボランティア入門講座」を行ないます。
 音訳とは、書籍や雑誌、広報誌などを音読して、録音したものを提供することで、視覚障害者の方に情報を届ける活動が声のボランティアです。市内には、約200人の視覚障害者がおられ、そのほとんどが中途障害だと考えられます。点字も視覚障害の人の情報確保の手段ですが、中途障害の方にとっては点字を覚えるのは困難であるため、音声で情報を提供する音訳のニーズが高まっています。
 そこで、4回シリーズで「音訳ボランティア入門講座」を実施します。皆さまのご参加をお待ちしています。
 とき: 9月3,10,17,24日(金) 13:30~15:30
 ところ: 筑後市総合福祉センター
 【 お問合せ先 】 
筑後市社会福祉協議会
TEL0942-52-3969
E-mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp





 筑後市社会福祉協議会では、
第61期くらしと福祉の学級「地域をもっと良くするコミュニケーションを学ぶ講座」を行ないます。
 人間関係・地域のつながりが希薄化している現代社会と言われます。そのことが、無関心、孤立、寂しさ、閉じこもりといった地域の課題につながる一つの要因でもあります。しかし、一方でつながりを求める人が多いのも事実。今回の講座では、コミュニケーションをキーワードとし学習することで、地域活動のヒントになるような講座を行ないます。
 【 お問合せ先 】 
筑後市社会福祉協議会
TEL0942-52-3969
E-mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp











 
筑後市在宅介護者の会"コスモス"では、介護をしている家族のための「介護講座~介護の悩みを分かりあい、分かち合う~」を行ないます。
 在宅で介護をしている家族からは、「認知症の介護に頭を悩ます」「寝たきりの介護で腰を痛めた」「被介護者との人間関係に悩む」「介護の悩みを誰も分かってくれない」といった悩みが聞かれます。しかし、「介護を通じて、親とゆっくりとした時間を過ごすことができた」という介護者もおり、在宅での介護のあり方によって、介護の苦労も変わってくるようです。
 そこで、家族が介護の方法を学んだり、同じ介護者同士が悩みを話し合える場として、この介護講座を行ないます。

 
【 お問合せ先 】 
筑後市社会福祉協議会
TEL0942-52-3969
E-mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp










筑後市ボランティア連絡協議会では、誰もが住みよいまち''ちっご''をめざし、14のボランティアクループと個人ボランティアで様々な活動を行っています。
 もっと多くの人と「ふくし」「ボランティア」「まちづくり」などについて考えたいと思い、今年度も、「筑後の地域ふくしセミナー」を2010年6月7日(月)から筑後市総合福祉センター・ボランティア室で行います。
 講師はみな、ボランティア連絡協議会のメンバーです。筑後市で活動するメンバーのそれぞれの得意分野をお話します。私たちと一緒に学んでみませんか?







【 お問合せ先 】 筑後市ボランティア連絡協議会 0942-52-4016 E-mail chikugoshi@yahoo.co.jp




ちくご手話の会は、聴覚に障害をもつ方々とのコミュニケーションと手話の学習を中心に活動しています。2010年度は初心者も参加しやすいように、年間計画を立て、学習会を行うことにしました。「手話を覚えたい!」{
ろうあ者と会話したい!」「以前手話を習ったけど、忘れてしまった!」そんなあなた!!私たちと一緒に手話を学びませんか??

【 お問合せ先 】 
筑後市社会福祉協議会
TEL0942-52-3969
E-mail chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp
筑後市ボランティア連絡協議会

TEL0942-52-4016






2017.9.12…「総合福祉センターロビーコンサート⑦」チラシを掲載しました。

20017.9.11…「九州北部豪雨被災地復興支援ボランティア募集」を掲載しました。

2017.7.23…チラシ「私たちは忘れない‥19のいのち-相模原障害者殺傷事件から1年-を掲載しました。

2017.6.30…若者ボランティア入門講座はじめの一歩‥そうだボランティアしよう!!の案内を掲載しました。

2017.1.15…平成28年度筑後市障害者福祉啓発事業2月26日講演会「障がいと歩む人生~相模原事件に思うこと~」3月18日映画「風は生きよという」上映会の案内を掲載しました。

2016.9.13…「第33回ふれあいひろば『若者(わっかもん)から年寄(としょり)まで!~みんなが集う福祉センター~』の案内を掲載しました。

2016.6.6…「筑後の地域ふくしセミナー2015」のまとめ「筑後の地域ふくしセミナー2016」案内を掲載しました。

2016.1.23…「第32回ふれあいひろば『みんなでいのちをまもる!!』」の案内を掲載しました。

2015.12.5…チェロとピアノと歌のコンサート」の案内を掲載しました。

2015.8.26…「ヴァイオリン&ピアノコンサート」の案内を掲載しました。

2015.05.30…「筑後の地域ふくしセミナー2014」のまとめ「筑後の地域ふくしセミナー2015」案内を掲載しました。

2015.01.04…第31回ふれあいひろば「だれもが住みよいまちを願う想いをつなぐ」の案内を掲載しました。

2014.09.21…「手話のちから2014~心をひとつにHAND SIGNライブ~」「あそびを通して地域づくりを考える講座(コミュニケーション麻雀活用講座)」の案内を掲載しました。

2014.05.16…「筑後の地域ふくしセミナー2013」のまとめ「筑後の地域ふくしセミナー2014」案内を掲載しました。

2014.01.21…第30回ふれあいひろば「『自閉症』への理解を深めるために‥だれもが住みよいまちを願って…」、自閉症を描いた映画「ぼくはうみがみたくなりました」の上映(①10:30- ②14:40-)と自閉症の若手作家 東田直樹さんの講演「風になる~自閉症の僕が生きていく風景~」(13:30~)と直樹さんの母親 東田美紀さんの講演「我が子の可能性を信じる子育て」の案内を掲載しました。

2013.05.17…「筑後の地域ふくしセミナー2012」のまとめ「筑後の地域ふくしセミナー2013」案内を掲載しました。

2013.01.01…第29回ふれあいひろば「広げたいありがとうの輪・笑・和‥1DayShop(1日限定のお店)・大野勝彦氏講演会」の案内を掲載しました。

2012.10.20…「SAMコンサート」の案内を掲載しました。

2012.10.01…第29回ふれあいひろばプレイベント「1Day Shop(1日限定のお店)」の案内を掲載しました。

2012.05.20…「筑後の地域ふくしセミナー2012」の案内を掲載しました。

2012.03.01…「被災者支援・追悼企画-東日本大震災を忘れない~筑後から東北へ支援を届けよう~」の案内を掲載しました。

2010.09.16…第28回ふれあいひろば「明日へつなぐ命「始めよう!災害への備え」~私たちが住みやすいまちは、みんなも住みやすい~」の案内を掲載しました。

2010.08.28…「「私らしい」生き方、「居心地のいい」くらしのヒント‥これからの時代にあった「まちづくり」のコツを学ぶ!の案内を掲載しました。

2011.06..01…「筑後の地域ふくしセミナー2011」の案内を掲載しました。

2010.06.01…点字ボランティア入門講座」の案内を掲載しました。

2011.3.15…「東北地方太平洋沖地震へのボランティアをしたいと思っている方へ」を掲載しました。

2011.3.6…ちくご手話の会の2011年度例会の案内を掲載しました。

2011.1.14…映画「降りてゆく生き方」上映+「生き方を探るシンポジウム」の案内を掲載しました。

2011.1.4…第28回障害者問題セミナー「きょうだい児支援を考える」の案内を掲載しました。

2010.10.16…「若年性認知症介護劇」「第27回ふれあいひろば」の案内を掲載しました。

2010.10.12…健康と福祉の祭典において行なう「みんなの地域ふくしセミナー」の案内を掲載しました。

2010.08.14…「声のボランティア入門講座」、「第61期くらしと福祉の学級『地域をもっと良くするコミュニケーションを学ぶ講座」、「介護をしている家族のための介護講座」の案内を掲載しました。

2010.06..07…「筑後の地域ふくしセミナー」の案内を掲載しました。

2010.04.10…「手話の会学習会」の案内を掲載しました。

2010.03.07…「第27回障害者問題セミナー‥見えない障害を考える」の案内を掲載しました。

2009.10.25…「第26回ふれあいひろば‥ボランティア、その原点へ」の案内を掲載しました。

2009.7.24…「第60期 くらしと福祉の学級‥格差社会を考える」の案内を掲載しました。

2009.6.20…「若い人たちのためのボランティア入門講座」「介護をしている家族のための介護講座」の案内を掲載しました。

2009.4.1…「筑後の地域ふくしセミナー」のお知らせを掲載しました。

2009.2.3…「こんな地域(まち)がいいなメッセージ」募集を掲載しました。

2009.1.10…「KOBEから学ぶまちづくりのヒント」「第25回ふれあいひろば」のお知らせを掲載しました。

2008.11.10…第26回障害者問題セミナーのお知らせを掲載しました。

2008.8.10…筑後チルドレンズ・キャンパスの体験レポートを掲載しました。

2008.4.27…第59期くらしと福祉の学級「人はストレスをどうこなしているのか?~病に陥らないために、病からの回復のために~」のお知らせを掲載しました。

2008.4.19…絵本「なんでバイバイするとやか?」の紹介を掲載しました。

2008.4.12…筑後市在宅介護者の会コスモス総会記念講演会「親が子どもになっていく」の案内を掲載しました。


2008.3.5…「中高生のためのふくし講座」の案内を掲載しました。

2007.12.11…第24回ふれあいひろば「人間っていいなメッセージ2007」にお寄せいただいた素敵なメッセージをまとめて掲載しました。

2007.11.01…「第24回ふれあいひろば」のお知らせを掲載しました。

2007.7.30…「くらしと福祉の学級」「ボランティア入門講座~手話編」を「お知らせ」に掲載しました。

2007.7.8…2007年度事業を掲載しました。

2007.1.8…「第23回ふれあいひろば」のまとめを掲載しました。

2006.11.03…「ふれあいひろば…吉田祥吾弾き語り案内チラシ」を掲載しました。

2006.10.09…赤川新聞号外を掲載しました。

2006.09.25…ボランティアグループ紹介を更新しました。(むつみ会)

2006.09.25…「ふれあいひろば…人間っていいなメッセージ募集チラシ」を掲載しました。

2006.10.02…カレンダーを更新しました。

2006.08.21…「地域福祉セミナー」「ふれあいコンサート」「ふれあいひろば」のお知らせを掲載しました。


筑後市ボランティア連絡協議会
〒833-0005 福岡県筑後市大字野町680番地1
筑後市総合福祉センター内 ボランティア室
TEL: 0942-52-4016
FAX: 0942-52-4027
E-mail: chikugoshi@yahoo.co.jp

Counter