城跡の地図
上菱野城
別名 山口城、屋形の城
所在地 瀬戸市矢形町
遺構等
現状 本泉寺
築城年 弘安4(1281)
築城者 山田三郎康親
歴代城主 山田
形式 平城
最終訪城日 2004/6/19
【道案内】


【感想・メモ】
かみひしのじょう
【歴史】
TOPページへ
愛知環状鉄道「山口駅」から西北へ約300m。国道248号(国道155号と一緒になっている)「山口町」信号を西へ入り、150m程西進して「八幡川」を渡り、100m程西進した2つ目の路地(山口病院を通り過ぎた所)を右折します。100m程北上すると正面に本泉寺があります。ここが城跡です。
お寺には城主のお墓があります。また、お寺の創立縁起にも山田康親について記されています。
菱野城主・山田三郎康親(山田重忠の孫)が館を築いて居住した。康親は菱野・山口の地頭であったが、生来、閑静を好んだため、早くに地頭職を子の重元に譲り、この地に住んだ。弘安4年(1281)、剃髪して仏門に入り、館の300m程南に本泉寺を建立した。慶長18年(1613)、康親の館跡へ本泉寺を移したため、現在の本泉寺が館跡である。