城跡の地図
東起城
別名
所在地 名古屋市中川区東起町4丁目
遺構等
現状 白山社
築城年 天正年間(1573-91)
築城者 前田三郎四郎
歴代城主 前田
形式 平城
最終訪城日 2003/6/7
【道案内】


【感想・メモ】
ひがしおこしじょう
【歴史】
TOPページへ
国道1号で、庄内川より300m程東の「高杉町」信号を南へ入ります。500m程南下した信号を左折して、150m程東進した右手に白山社があります。この南側一帯が城跡です。
東起村の起源は、庄内川の川底が現在より高かったためすぐ決壊していたので、川沿いに肥沃な土が流出した。これに目をつけた下之一色村の人が、年貢米を納めずこの土地を耕作した。これが始まりで、下之一色村から見て庄内川の「東に起こした」土地という意味で東起村が生まれた。
天正年間(1573-91)、前田三郎四郎が築城した。三郎四郎は天正12年(1584)、小牧長久手の戦いにて秀吉方につき、蟹江城の出張り砦であった「下市場砦」で家康軍に攻められ戦死した。