城跡の地図
上ノ郷城
別名 神ノ郷城、宇土城、鵜殿城
所在地 蒲郡市神ノ郷町城山
遺構等 本丸、土塁、碑
現状 みかん畑
築城年 平安時代
築城者 上ノ郷鵜殿氏
歴代城主 上ノ郷鵜殿、久松俊勝、松平、池田
形式 丘城
最終訪城日 2002/12/14
【道案内】


【感想・メモ】
かみのごうじょう
【歴史】
TOPページへ
上ノ郷城縄張図  原図:石川浩治氏
愛知県中世城館跡調査報告書V(東三河地区)より
蒲郡駅北西にある国道479号「元町」信号から800m程北上すると、「宮成」信号で国道は右折になりますが、ここを左折します。300m程西進した3本目の路地を右折し、1.2km程北上すると右手に「西部公民館」があるので、車はここに停めると良いでしょう。この先、みかん畑の間を通るため、道が極端に狭いです。ここに「西部保育園」の看板があるので(公民館のすぐ北側の道)、そちらへと100m程東へ歩き、右手に若宮神社を見ながら、左手の道へ入ります。道なりに北へ進むと「上ノ郷城」の案内があるのでそこを右手に入ると、左手正面の高台に「上ノ郷城」の石碑が見えます。この石碑の一段上が主郭です。
主郭は、東側と西側とで雰囲気が違い、西側には井戸がありました。城跡の北から東、南側へと、小さな兼京川が流れ、これが天然の濠の役目をしていたと思われます。また、石碑の下のみかん畑の間の道を西へ向かうと、みかん畑の間に、突然、1mちょっと位の高さの土塁が、50m程も続いており、堀もありました。これは、かなり見応えがありました!満足で〜す。そこから、更にみかん畑の間の道を南下していくと、熊ゲ池という、ちょっとした大きさの池があり、これも、城の堀の役目をしていたのかなぁと思いました。
鵜殿氏は、熊野三山の別当の子孫と言われ、三重県鵜殿村から熊野三山の荘園地だった蒲郡・竹谷の荘官として鎌倉時代に渡来した。その鵜殿氏の本城が上ノ郷城である。