ちばっく帝國の近況
成田空港 空と大地の歴史館(と航空博物館)

何と横堀鉄塔を所有する反対派のサイトから無断で拝借した画像。

これは人ではなく、沖縄の彫刻家、金城実さんが作った「抗議する農民」という像である模様。

ネット上で拾った横堀鉄塔の写真。

乗客は通信用のアンテナか何かだとでも思ってる人が大半と思われる。

誘導路に面した部分は高いネットで覆われている。

何やら鉄塔の下層部に人がいるような・・・
宇宙から来た横堀鉄塔 (衛星写真)

より大きな地図で 横掘鉄塔 を表示
◆横堀鉄塔

横堀鉄塔は空港反対派が一坪共有地の中に航空妨害を目的として建てた高さ30mの鉄塔である。しかし回りは誘導路で横風用のC滑走路がこの先本当に作られるのか未定な現在、大して妨害になってないような・・・

今回は横堀鉄塔は行かなかった。外界とは長いトンネルを介してつながっているだけの完全な飛び地で、トンネルの入り口には監視カメラ、人感センサのほか、塔の隣やトンネルの周囲には24時間警備員が常駐してる見張りやぐらが腐るほどあり、スキモノとはいえ完全に引いたからだ。
横堀鉄塔
ペンション木の根プール
東峰神社


 本当にココだけの話、私の知り合いにも元・成田空港反対派がいる(警察には言わないで下さい)。学生時代に大学でスカウトされ、火炎瓶の投げ方などを研修で指導され、成田市に派遣されて日給1万円で警察の機動隊と闘っていたのである。

 この博物館によれば、反対派の指導者たちは「自分の糞尿を頭から被って機動隊に立ち向かっていく農民たちの姿を見て感動し成田にやってきた」ので、事の経緯はどうあれ「思想」を持っていた。

それなのに下っ端ゲリラだからって日給1万円の職業ゲリラというのはいかがなものだろうか?もっとも大卒初任給が4万円だった1970年代の日給1万円なので空港反対ゲリラは相当稼げる職業だったことは間違いない。

 しかもこのゲリラ博物館、お国でやってる航空博物館の脇にあり航空博物館は入場料¥500なのにゲリラ博物館は\0で建物も新しくて綺麗だというカオスっぷり。成田空港の黒歴史は奥が深いのである。

↑この動画に出てくる

↑この木キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

空港粉砕キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

過激派ゲリラ博物館
                ..,,,,,,.............................................,,..,
‐             /'"                  "'ヽ.
  _|_  /―┐ /"     |       /         "ヽ,('';:⌒⌒ヽ丶,..
  _|_  / _/ i   ○   | ̄ ̄ ̄/  ○        へ        ;;:: 〕 .   (⌒::;      ┃┃┃┃
    |     /  |        i   ..::/     。   ;:::/  :: :: : ::⌒ ̄""⌒ヾ ━━━━━━┃┃┃┃
    |    ノ    !.       | ::::::/| _ _。  ::::::: /::: ; ": ̄  :::  :::::::::::)            。 。 。 。
  -     -.   ヽ.       lヽ__ノ丿   ,,..:;::::::::::/:'(: : : ;;:;:      ⌒:;;⌒)
              \     し_/ .......::::::;;:;::::::/;:/:::: : :ノ;;::  :; :  ....:::::   .....  ::::ノ
-                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄"" ̄" "  ̄ ̄ ̄"'""  ̄ ̄ ̄" '''' ̄'' ̄

航空博物館の入り口前に何やら怪しげな看板が・・・・                              成田空港 空と大地の歴史館

                l三`ー 、_;:;:;:;:;:;:j;:;:;:;:;:;:_;:;:;_;:-三三三三三l
               l三  r=ミ''‐--‐';二,_ ̄    ,三三三彡彡l_   この感じ・・・・
              lミ′   ̄    ー-'"    '=ミニ彡彡/‐、ヽ
                  l;l  ,_-‐ 、    __,,.. - 、       彡彡彳、.//  まさか「アレ」か・・・・
_______∧,、_‖ `之ヽ、, i l´ _,ィ辷ァ-、、   彡彡'r ノ/_ ______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄ 1     ̄フ/l l::. ヽこ~ ̄     彡彳~´/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ヽ   ´ :l .l:::.         彡ィ-‐'′
                ゝ、  / :.  :r-、        彡′
              / ィ:ヘ  `ヽ:__,ィ='´        彡;ヽ、
          _,,..-‐'7 /:::::::ヽ   _: :_    ヽ      ィ´.}::ヽ ヽ、
      _,-‐'´    {  ヽ:::::::::ヘ `'ー===ー-- '   /ノ /::::::ヘ, ヽー、

ここはYS-11が置いてあったり
    展望台からジャンボ機見れたりする

続いて航空博物館へ移動。右側の卵型の輪っかみたいなのは実物のB747の輪切りです。

宇宙から見たペンション木の根プール (衛星写真)

より大きな地図で ペンション木の根 を表示

より大きな地図で 東峰神社 を表示

でも撮影禁止でも衛星写真があるのでこの通りなんですけど。
(((((((( ;゚Д゚)))))))ヒイイイイイイイイィィィィィィィィィ 
こんなところでペンション経営すなぁぁぁあああああああああ

◆ペンション木の根プール
これがペンション木の根プール。写真では分かりにくいが、何とここ周囲が全て成田空港の誘導路に囲まれているのだ!!出入りは成田空港の地下を走るトンネルで行う。ところがバイクで坂を登っていったら空港警備員に速攻」で見つかった!!
どーしましたぁあああああああああああああ?

写真撮りに来ましたぁぁぁああああ!!

あーーー ココ、ダメなんッスよねぇぇぇぇえええええええ 

どうもすみませんでした---- (素直に退散)



なるほどここは成田空港の最深部であり空港のど真ん中に人家があることを知る人はちばっく帝国でも少ない。空港側がこの風景を撮られたくない気持ちもイタいほど分かるし、この警備員に後で迷惑を掛けるといけないので残念だが退却することにした。

反対派が粉砕したがっている第3誘導路というのがコレ。

誘導路以外の部分は未だ土地が収用できていないため、飛行機は文字通り頭上を通過する。

その上、建前上は成田空港の敷地内なのに成田市のコミュニティバスが走っていて、バス停まで存在しているカオスっぷり。

このカオスさかげんは大阪民国の伊丹空港を凌駕しているといって良い。

東峰神社がある天神峰地区は成田空港反対運動の中心地であり、未だにこうした看板が立っている。

実際来れば分かるがこうして写真を撮ってるだけでも公安と思われる車に見張られている。

本当は東峰神社で警察に職質をされ、その事を記事にしたかったのだが、2回来ても公安の人が見てるだけで、ブログ記事としては読者への訴求力がもう一つだ。そこで今回は更に成田空港の奥地へ分け入り飽くなき黒歴史への挑戦は続く。

塀の所々は網目になっていて空港警備員が目視で参拝者を監視できるようになっている。
神社周囲の塀や監視カメラに比較して小さく大人しいお社。中はご神体などはなく、空っぽらしい。

この東峰神社は写真撮影の関係上2回訪れたが、結局2回とも警察の職質はなし。

2011年に近くにあった団結小屋が強制撤去されたので警備体制を見直したのだろうか。
参道や鳥居には反対派の健在ぶりをアピールするかのようにいちいち日付が入っている。

おそらくはB滑走路の2500m伸延騒ぎの時の反対運動の痕跡と思われる。
神社の周りは全て金属製の塀で囲われている。かなり異様な光景だ。塀の向こう側には更に塀がある。

今は無くなってしまったが、神社の入り口脇には機動隊の駐屯所まであった。
成田空港の周囲は高い柵がある一方、こうした金属板の塀になっている所も多く、警備員の見張り小屋がいたるところにあり、常時2000人もの警備員、機動隊員が固めている。

まさに要塞空港なのだ。

何せB滑走路の端から67mなので、飛行機が轟音を立てて飛んでくる。しかも35mm判換算35mmの広角レンズでこんなでっかく写ってしまう状態。空港反対派の高齢化が進む今、10年、20年経てば空港の敷地内になってしまう可能性が高く、今後人類に東峰神社の存在を語り継ぐ貴重な資料となるだろう。

◆東峰神社

天神峰に存在する神社。天神峰とは成田空港反対運動の中心地のひとつで、成田空港のB滑走路の脇にぽつんと取り残されたように存在するちばっく帝国北部最後の秘境だ。かつて、あの団結小屋もここ天神峰にあった。

その天神峰の中でも東峰神社はB滑走路の末端からたった67mの空港用地の中にぽつんと取り残されたように存在し、成田空港反対運動の象徴となっている。東峰神社の周囲は二重の金属パネルの塀で覆われ、塀は所々網目になっていて空港側から神社を訪れる人を監視できるようになっている。塀の上には監視カメラが何十台とあり塀の内側には24時間警備ができるよう警備員が詰める監視小屋まである超豪華仕様だ。

そして、『ここは過激派がよくいる』から『いつも空港警備員が見張っていて』『人が来ると通報することになって』いて警察の機動隊員が『身分証見せてもらって照会することになってます』というのだ。職質の内容は氏名・職業・来訪目的・滞在時間など多岐にわたり、所持品検査や車内検査までされるというのだ(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク

上の地図を見てもらえば分かると思うが、まさに成田空港の敷地内、B滑走路の端から67mの所に神社の周囲だけ未収用の土地が存在し飛行機が離陸する真下なのであぶねーの何の。この東峰神社はちばっく帝国で最も警戒レベルが高い最厳戒区域である。
◆成田成田空港の黒歴史に挑戦  〜未だに空港反対運動やってるちばっく帝国最危険地帯に突入〜
  (2013年4月13日、4月16日)

 建前と本音が違う社会には常にタブーが付きまとう。例えば浦安にある某ネズミーランドである。ミッキーの中の人のことや、キャストがスタッフ専用送迎バスに乗って舞浜駅から通勤していることを述べるのは厳禁であり、この話題に触れたタレント等は瞬時に芸能界から抹殺されるであろう。

 ちばっく帝国の有名スポットには何らかのタブーが存在する場合が多い。成田空港もその一つである。何を隠そう開港から40年を経た現在でもなお、空港反対派が空港敷地内の土地の空け渡しを拒否して居座っている。空港敷地内にはまだ収用ができていない土地が蜂の巣のように存在しており、空港は未だに未完成、空港入り口では検問があったり、機動隊が固めていたり、空港周囲では機動隊の車両や公安の車両が常にパトロールしている異様さである。
今回はこの成田空港の最深部へ突入し黒歴史に触れる旅である。