<ホーム> <会の概要> <当面の行事予定> <最近の活動成果> <大会> <国内巡検> <海外巡検> <出版> <論文一覧> <リンク> <携帯版>

 
千葉地理学会 
    2001年3月26日開設  2018年7月7日最終更新

おもしろ半島ちばの地理再発見

千葉日報に、2013年4月24日より毎週水曜日に連載中

千葉地理学会会員が交代で執筆します(執筆者募集中)

千葉日報社創立60周年記念出版 「おもしろ半島ちば」 2017年 11月新刊
おもしろ半島の表紙

当面 の行事予定

2018年度県外巡検(埼玉県飯能市・東京都青梅市、 8/22-23)

千葉 大学地理学野外実習のお知らせ

千葉大学教育学部より、正課授業(地域環境学野外実習I<学部>・地理学野外実習II<大学院>)の巡検のご案内をいただきました。
千葉地理学会員も、参加可能とのことです、参加を希望される方は早めにお申し出ください。
連絡先:千葉大学教育学部 梅田克樹 先生 e-mail umeda(アットマーク)faculty.chiba-u.jp (メール送信の際 は(アットマーク)を@に置き換えてください。)

1.テーマ:急成長下にあるベトナムと日越関係
2.目 標:
 1)著しい経済発展を遂げつつあり、日本企業も多数進出しているベトナムの現状を知る。
 2)インドシナ地域の歴史、特にベトナム戦争とその後の日越関係について理解を深める。
 3)地理学的な見方・考え方を身に付けるとともに、海外フィールドワークの魅力に触れる。
3.集 合:9月23日(日)午前7時 ホーチミン(タンソンニャット国際空港)
4.解 散:9月29日(土)午後10時 ハノイ(ノイバイ国際空港)
5.費 用:6万円程度
 ※この他、往復航空券代(6万円程度)や飲食費・市内交通費が別途必要。
 ※参加決定した人から順次手配を進めます。各自負担額は手配時の費用で計算するので、参加表明が遅れた場合は負担額が増えることがあります。
 ※参加人数の上限は25名程度とします。
6.日 程:
9月23日(日)
 07:00 ホーチミン・タンソンニャット国際空港発(05:15着JL79便より接続)
 08:30〜11:00 クチトンネル(ベトナム戦跡)見学
 https://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/report/VN/2014/07/cu-chi-tunnel.html
 13:00 宿舎着、午後フリータイム
 <ホーチミン泊>
9月24日(月) 9:00〜11:30 日系大手コーヒー会社の現地法人
 14:00〜16:00 ホーチミン市郊外の日系工業団地デベロッパー
 <ホーチミン泊>
9月25日(火) 9:00 宿舎発
 ホーチミン・タンソンニャット国際空港11:10(VN1384便)12:00ダラット国際空港
 午後 フリータイム http://kangiken.net/backnumber/5401_eturan_02.pdf
 「ベトナムの軽井沢」と称される高原都市・ダラット。人口20万人、フランス植民地時代に避暑地として開発された可愛らしい町。
 カフェ・教会・寺・市場・滝・蒸気機関車・アヒルボートなど、徒歩圏に見どころが多数ある。レンタサイクルも人気。
 <ダラット泊>
9月26日(水)〜9月27日(木) ダラット周辺にて下記スケジュールを予定 (順序未定)
 日系野菜生産農場
  優れた野菜栽培技術を有する日本の農業者や農業関連企業の農場訪問を現在交渉中。
  JETRO(日本貿易振興会)や在ホーチミンの日系コンサルタントが仲介する形で、日本の技術を移転する試みも行われてきた(http://open_jicareport.jica.go.jp/pdf/12247342.pdf)。
 コーヒー農園
  高付加価値商品として知られるジャコウネココーヒーを生産する農園を訪問すべく交渉中。
 日本人経営農場(交渉中)
  日本人みずからがビジネスチャンスを求めてベトナムに渡り、日本式の農業を展開している事例を現在模索中。
  ABC朝日放送(テレビ朝日)「世界の村で発見!こんなところに日本人」でも取り上げられた(https://www.youtube.com/watch?time_continue=1434&v=oyhAC5SzggE)。
 凄い水量のエレファントフォール、コースターで行くダタンラ滝、真下まで行けるプレン滝。
 カップルの聖地ダティエン湖。湖畔のカフェが素敵なトゥイェンラム湖。
 ベトナム最大の禅寺竹林禅院。ケーブルカーからの眺望がナイスらしい。
 <ダラット泊>
9月27日(木) ダラット18:25(VJ0412便)20:15ハノイ
 <ハノイ泊>
9月28日(金) 午前:ハノイ日本人学校
 午後:ハノイ師範大学(大筋合意)
 夕方:イオンモール・ロンビエン店
 <ハノイ泊>
9月29日(土) Duong Lam村(大筋合意)
 ベトナム戦争による破壊を免れ、古い町並みが保存されている。町並み保存や観光資源開発において、日本が支援。
 ハノイから西に45km、車で1時間半程度の距離にある。ローカルバスで移動。この日の別行動可。夕食を一緒に食べてから、空港に向かう。

行事の会場、日時は携帯電話からも確認できます
 http://www.geocities.jp/chibachirigakkai/mobile.htm 
 

最近 の活動成果

2017年度研究発表大会および総会(2018/2/4)

2017年度県内巡検(2017.10.28、浦安市)

2017年度県外巡検(横浜市日吉地区、 8/21-22)

2016年度研究発表大会および総会(2017/2/4)

2016年度県内巡検(君津市、12/3)

2016年度海外巡検(フィリピン ルソン島、8/5‐10)

2015年度県内巡検(流山市・柏市のつくばエクスプレス線沿線、2016/3/6)

2015年度研究発表大会および総会(2016/1/30)

2015年度夏の巡検(鎌倉市、横須賀市2015/8/24-25)

県内巡検(いすみ市2015/6/7)

高校地理教育シンポジウム(後援行事、東大駒場キャンパス2015/5/16)

地元の地理 教師が作ったガイドブック

おもしろ半島ちばの地理の宣伝用チラシ
2017年11月10日新刊


お問合せ、入会申し込み等は事務局までメールでお願いします。

千葉地理学会事務局あてメールアドレスです。シーエイチアイビーエイシーエイチアイアールアイジーエイケイケイエイアイアットマークワイエイエ
        イチオウオウドットシーオウドットジェイピー。です。

http://www.geocities.jp/chibachirigakkai/

© 2001‐2018 CHIBA CHIRI GAKKAI. All rights reserved.


入会申込書 (pdf) 入会申込書(一太郎) 入会申込書 (Word)