しもしづりくぐんひこうがっこうあと
下志津陸軍飛行学校跡
Site of Imperial Army Shimoshizu Aviation School

●所在地 千葉市若葉区若松(わかまつ)



陸上自衛隊下志津駐屯地(高射学校)遠景



下志津駐屯地



滑走路跡



格納庫



下志津陸軍飛行学校跡記念碑

 大正7年3月、フランス航空団フォール大佐一行60名を招聘し、飛行機に関する各種技術の伝習教育のため下志津飛行場に来隊。その時の練習科目は飛行機の操縦・偵察・射撃・爆弾投下・通信・写真等であった。候補地は各務原(かかみがはら)(岐阜)・所沢(ところざわ)(埼玉)・三方原(みかたがはら)(静岡)があったが、偵察教育は砲兵学校(現四街道(よつかいどう)市)の側でなければならぬというフォール大佐の主張で下志津に決定し、偵察を主とした教育が開始された。
 大正8年、新設された陸軍航空学校(所沢市)の偵察班となったが、大正10年、陸軍航空学校下志津分校となり、大正13年、下志津陸軍飛行学校となった。さらに昭和2年、銚子(ちょうし)に分教場を開設、同16年には八街(やちまた)にも分教場を開設して教育にあたった。以後、終戦まで主として航空偵察の教育を行っていたが、大東亜戦争末期の昭和19年6月には、下志津教導飛行師団を編成して戦力化され、戦局が急を告げるに従い特攻作戦の一部を分担することになった。
 このように下志津陸軍飛行学校は、特攻基地としても我が国防衛の第一線にも加わっていた。昭和20年下志津飛行場も幾度か空襲を受けたが被害は少なく、多くの施設が無傷のまま終戦を迎えた。

(陸上自衛隊下志津駐屯地 広報史料館説明板より抜粋)