サンカンペーン温泉

タイのチェンマイ旅行情報 > サンカンペーン温泉

温泉情報

サンカンペーン温泉入口間欠泉が有名です

チェンマイ観光で外せないのが「サンカンペーン温泉」
間欠泉から勢いよく温泉が湧き出しています。温泉は硫黄をたくさん含んでいるので、その周辺はかなり臭い。
更に、源泉の温度は「105度」。もう、ボコボコです。危険なのであまり近づかないようにしましょう。

チェンマイから東に約40kmほどの位置にあります。公共交通機関がないので行くのに苦労しますが、行って損は無い。団体旅行でチェンマイに訪れているなら、多分ツアーに組み込まれているので問題ないでしょう。

サンカンペーン温泉の敷地に入るのに、タイ人40バーツ、外人100バーツ、外人子供50バーツ。
お風呂に入るのに60バーツ。

敷地内には、お土産屋さん、マッサージ屋さん、ジュース屋さん、レストランなどがあります。総菜は売ってませんので、駐車場にある惣菜屋さんを利用。

行き方

サンカンペーンの街並み1サンカンペーンの街並み2

サンカンペーン温泉に行くには、レンタルバイクやレンタカーで行く。ソンテウでサンカンペーンまで行って、そこから温泉までは交渉して連れて行ってもらう。往復と待ち時間の交渉が必要です。

サンカンペーン温泉までの道のり1サンカンペーン温泉までの道のり2

チェンマイから「1006号線」をひたすら東へ進む。約20kmほど。東へ進んでいくと、「1317号線」と交わりますので、そこを左折。

サンカンペーン温泉までの道のり3サンカンペーン温泉までの道のり4

「1317号線」を走っていると、青い大きな看板と手間にガソリンスタンド、市場が見えてきますので、そこを左折。進んでいくと、黄色い看板が見えてくるので右折。ほどなくサンカンペーン温泉の駐車場に到着です。
ガソリンスタンドがあまりないのでココでガソリンを入れましょう。市場には総菜が売ってます。温泉の後にビールタイムに必要なら買いましょう。ココで買った「蒸し鶏」は、かなり旨かったです。

地図

サンカンペーン温泉

タイ人の楽しみ方

サンカンペーン温泉で温泉卵サンカンペーン温泉で足湯

サンカンペーン温泉は、観光客だけに限らず、タイ人にも人気のスポット。土日など休みの日になると、たくさんのタイ人が訪れます。
そして、ココでの定番の楽しみ方は、「温泉卵」と「足湯」です。ココへ来ると、まず卵を買います。そして、温泉卵を作ります。温泉卵は、約15分ほどで出来あがり。と但し書きにはありますが、15分では茹で卵にはなりません。ドロドロの生玉子に近い状態。温泉卵にするには約30分が必要です。その間に足湯を。温泉卵が出来たら、食べながら足湯をしたり、芝生やテーブルで持ち込んだご飯などを食べて過ごします。

日本人の楽しみ方

サンカンペーン温泉の浴場サンカンペーン温泉の成分

日本人なら足湯ではなくて浴場でしょ。でも、ココはタイ。裸のお付き合い、なんて事は到底できません。できるのは、個室でお風呂。水着を着て、温泉ならぬプールもありますが、それじゃ入った気にならない。やっぱり裸でないと温泉は満喫できません。
個室に入ると、二つの蛇口があります。ひとつは源泉、もう一つはぬるいお湯。二つをいい具合に出して、自分の温泉を作ります。源泉は「105度」あるので注意注意。
長湯は禁物。但し書きにも書いてますが、15~30分ほど。

個室風呂は、敷地に入って左手奥にあります。最初に券を買います。券は、個室風呂とプールと同じ場所で販売しています。買う時は、個室風呂の方を指さして人差し指を立てて「1」として60バーツを出すと券をもらえます。それを個室風呂の受付に渡します。後は、受付の指示に従ってください。たまに混雑している時がありますので、その場合は、少しだけ待ちます。

個室風呂ではなく温泉プールを利用する場合は水着が必要です。券売所で水着の貸し出しがあります。タオルはありませんので持参しましょう。
注意点としては、温泉で汗を流すし、それまでに汗を出しているので水分補給は忘れずに。温泉後にビールを飲みたいなら、温泉に入る前に水分補給をたっぷりとしておきましょう。