new (2006年8月7日)

B 夏に咲く ? C.lueddemanniana ? について


二期咲きと云われるC. lueddemanniana ですが、通常は冬に(関東地方
では、2〜3月頃)開花します。
勿論夏に開花が見られますが、希のようです。
 しかし、夏にしか咲かない株もあるようです。
それらの株の個体としては、semialba aquinii `Cerro Verde' semialba
`Angel Falls'. semialba `Caracas' 等です。

 特に `Cerro Verde' については、過去「ニューオーキッド」に、いろ
いろと掲載されてきましたので、皆さんもご存知かと思われます。

     
semialba aquinii `Cerro Verde'         semialba `Caracas'

  しかし、ベネズエラで、1996年に発行された蘭雑誌「Orquideophilo」
 に、かの著名な 故 Cario Aulisi 氏が、この`Cerro Verde'について
?「原種 それとも 交配種」?として、記載されていますので、一
部を紹介したいと思います。

    
1996年3月発行の Orquideophilo
      Cario Aulisi の記事(拡大画像

結論を先に言うと `Cerro Verde' の血に C.warscewiczii  semialba の
`Bedford' か `Beyrodt' の血が入っているのでは、と、図解付きで
記載されてます。 


 
平易に言えば C.lueddemanniana s/a `Stanleyi'  X C.warscewiczii  s/a
`Bedford' or `Beyrodt ? = C.lueddemanniana s/a `Stanleyi' (交配種の
スタンレイ)。
 この(交配種のスタンレイ) X セルフ して、その中から選別された個体
のひとつが、つまり `Cerro Verde' と言う訳です。
 
 またこの記述の中には、C.lueddmanniana との違いを、蕊柱の形状を比
較する写真が載っています。 またもうひとつの違いを、リップを広げた
時の形状で見分ける方法もあるようです。
  「VENEZUELAN CATTLEYAS」にも、各種のリップの形状と、蕊柱の形状が掲載
されています。

  
リップを広げたときの形状図(「VENEZUELAN CATTLEYAS」のP.21から)


蕊柱の形状図(「VENEZUELAN CATTLEYAS」のP.23から)

 
Carlo Aulisi著 「VENEZUELAN CATTLEYAS」

semialba `Angel Falls' & `Caracas' についても、リップ及び蕊柱が
C. lueddemannianaとは違いますし、且つ開花時期、株姿、花容等
からして、おそらく `Cerro Verde' と同様なことではなかろうかと
推測されますが・・・。


 `Caracas' の花について、上記を踏まえて検証してみました。
   花を解体して観察すると、リップを広げた状態は、上部が広く下部が
狭くなっている。(C. lueddemannianaは、上下がほぼ均一)
また、蕊柱の頭部が異なる。(C. lueddemannianaは、独特の
返り?が見られる)

    
semialba `Caracas' のリップを広げたときの形状          蕊柱をアップにしたところ


1996年9月発行の Orquideophilo
に掲載されている、C. lueddemannianaの蕊柱の頭部の図

検証した `Caracas' のリップ及び蕊柱の形状は、上記のように、
C. lueddemanniana とは異なる結果になりました。


   C. lueddemanniana の花は、来年の2〜3月頃まで見られませんが、皆さん
    機会があったら是非検証してみて下さい。特に蕊柱は小さいので、「虫メガネ」
か「ルーペ」の用意をされたほうがよろしいかと・・・

   今までにも、このような?「同名異種」?は、見受けられましたし、このルデマ
    ニアナ?に限ったことではありません。特に人気の高いトリアネーは、疑問視
される個体が、数多く見受けられます。

   「異名同種」ならともかく、「同名異種」には、全く困ったもんですが・・・・・。
   皆さん、如何なものでしょうか?


以上、全て「エビの独り言」でした・・・。