Welcome to my HomePage
Totally Yiddish!へようこそ
diary
タルムード(英語版)
「BABYLONIAN TALMUD」
links
イディッシュ語の小話
ユダヤ教関連リンク集
キリスト教関連リンク集
イディッシュ語の表記方法(YIVO INSTITUTE式)
イディッシュ語の文章モデル(右から左へ読み進めます)
イディッシュ語の歌(Chava Albersteinの曲試聴コーナー)
「イディッシュ語とはどの様な言語か」
イディッシュ語は主に戦前のヨーロッパ諸国で暮らすユダヤ人達の間で話されていた民族的言語です。基本的にイディッシュ語と言うのは、中世ドイツ語をヘブライ文字で書いた言語ですが、それには多くのロシア語やヘブライ語の単語も加えられており、文章を右から左方向へ読み進めます。イディッシュ語についての詳しい情報は左のサイトをご覧下さい。



<イディッシュ語の小話2>からのご紹介



イディッシュ語の方言は大まかに分類すると、主に4種類の方言に分けられます。

(1)イディッシュ語の「リトアニア方言」は、主にリトアニア、白ロシアと戦前の北部ポーランド領で話されています。

(2)イディッシュ語の「ウクライナ方言」は、主にウクライナ、東ガリシア、ルーマニアと戦前の南部ポーランド領で話されています。

(3)イディッシュ語の「ポーランド方言」は、主に1939年以前のドイツとポーランドの間の国境地方とヴィツラ川とサン川の流域地方で話されています。

(4)西部イディッシュ語は、主に1939年以前のドイツとポーランドの国境地方で話されています。

**(5)アメリカ大陸に移住したユダヤ人達の間でも各々のイディッシュ語方言が話されています。



・・・この続きをお知りになりたい方は「イディッシュ語の小話」からお入り下さい。

 



↑・・・「イディッシュ語って、どんな言葉なの?」と言う皆様からのご質問に
お答えする為にこの「Totally Yiddish!」製作担当をする梅沢CHAVELE朋子が
自らさっと手短にイディッシュ語例文を用いてご説明致します。
このビデオをクリックしてみて下さい!
http://www.youtube.com/watch?v=UGEwjUKCCRU

面白いイスラエルのCMを見つけました。イディッシュ語を話すユダヤ人がまだ1880年にユダヤ系パン職人がポーランドで暮らしていた頃の日常生活を再現し冗談を交えたエピックになっています。ある日、若い青年が嬉しそうな顔をして帰宅し言います、「ママ、パパ、いいものをもってきたよ!こんなに薄いベーグルだよ!(英語の字幕で「I have an idea!」になっていますが「Ich hob a gut!」と言っていますね)」。そして「Bagel dkim dkim!(タ゛ーケン、タ゛ーケン!こんなに薄っぺらなベーグルだよ)の「dkim」はヘブライ語で「薄い」の意味ですがイディッシュ語で薄いはドイツ語の「duenn」同様に「din」です。恐らくアシュケナジ系(ハシディック派等)以外のユダヤ人にも分かるように意図的にヘブライ語にしたものと思います。「Yingle(インク゛レ)」は「若者」の意味、英語訳では「sweetie(息子よ)」になっています。「goylem(コ゛イレム)」は「愚か者」の意味です。ちょっと気付いたのはヘブライ語の訛のないイディッシュ語を話しているので恐らく役者さん方全員がドイツ人なのだと思います。結構、どのユダヤ人にも分かるように上手くアレンジされたCMですね。





そして、また面白いビデオを見つけました。イスラエル在住の正統派ユダヤ人男性が36回「shiksa」と叫んでいます。これもイディッシュ語でサイトで調べたところユダヤ人男性を誘惑する非ユダヤ人女性を侮辱する言葉だそうです。ちょっとこれだけでは何があったのか分かりませんがシオニストの女性が正統派ユダヤ人の子供を連れ去りシオニズムについて教える寺子屋へ無理やり行かせる事件が起こりケンカをしている最中のシーンではないかと思われます。(YouTubeのコメントにありました、英語で言えば「ビッチ」)アメリカ在住の正統派ユダヤ人ならば他人に対してつばを吐くなんてことはないですがイスラエルは何かと大変そうです。



・・・・・・・<今月のJEW-POPS(ユダヤ教ゴスペル)>・・・・・・・・

今月ご紹介するのは私のお友達であるユダヤ系アメリカ人のロバート・オッパーマン氏が所属するユダヤ系ボーカルグループ SXI13が歌う「SHEMA(イスラエルよ、聞け!)」です。この曲のタイトルになっている「SHEMA (イスラエルよ、聞け)」のフレーズは旧約聖書の申命記6章4節と民数記15章37節-41節、新約聖書のマタイの福音書22章36節-40節とマルコの福音書12章28節-31節に出てくる「イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。」の御言でイエス・キリストが最も大切にしていたユダヤ人としての心構えだそうです。英語では「Hear, (O) Israel」となりヘブライ語の「shema」は聞くという意味なのかなと今迄勘違いしていましたが、どうやらこの聖句はキリスト教でいう「主の祈り」や「使徒信条」のように一セットになっている祈りのことであり「shema」と呼ぶようです。ユダヤ教徒に限らず同じ神の民であるキリスト教徒の方々にも是非聞いて頂きたい一曲です。 <「SHEMA」の歌詞についてはこちらをご覧下さい!>









Tomoko Chavele Umezawa's Facebook Profile

http://www.jccjapan.or.jp/
http://www.chabadjapan.org/
http://www.jcckobe.org/

This website "Totally Yiddish!" is created by this person Tomoko Chavele Umezawa. I am always convenient to answer your question but only on facebook. このサイトの製作を担当しております。ご質問がおありの方はFACEBOOKを通してご一報下さい。