質問要望

ブラウザーの「戻る」ボタンで戻る

国会議員へのメール例

基本パターン

在日外国人に日本国の参政権を与える法案が国会で審議されています。
これは日本国にとって非常に重大な意味があります。

賛否について投票して下さるようお願いします。
ご意見も述べて下さい。ご協力をお願いします。

受信拒否も含めて、下記を見て下さい。
http://www.geocities.jp/chattopscreen/chatgiin.html

国家とは政治的運命共同体であり、国家の運命に責任を
持たない外国人に国の舵取りを任せてしまって良いのか
ということが、外国人参政権の本質です。また外国人に参
政権を付与した場合、本国への忠誠義務と矛盾しないか、
日本と本国との間で国益上の対立が生じた場合どうするのか、
といったことなども当然問題となります。
 それに、参政権は他の人権と違って、単なる権利ではなく、
公務(義務)であるわけですから、いつでも放棄し、本国に
帰国することが可能な外国人に、参政権を付与する事など
できるはずがありません。

 そもそも「国民固有の権利」(第十五条一項)と定められている
参政権を、外国籍の外国人に付与するのは、違憲であると
考えられます。
(地方参政権とはいえ、地方分権が叫ばれる今日、 教育、環境、
治安問題など、地方自治は今や国の根幹をなす重要な構成
要素です。軍事関係基地や原発、周辺事態法など国防に
かかわることも扱うのです。 そのような国を左右しかねない
重要なものに、外国人意思を反映させる理由がわかりません)


皆様からお寄せ頂いた文例

http://www.geocities.jp/chattopscreen/touhyo_kekka.html
コメント集
も参考になります。


Date: Sat, 11 Dec 2004 18:39:51 -0800 (PST)
Subject: 通知 国会議員へメール送付
内容

メールで失礼します。

XXXXと申します。

民主党には外国人に参政権を付与することに賛成の方がいらっしゃるということですが、
私は反対意見です。私は自民党支持から民主党に変わったのですが、我が民主党に
このような法案に賛成される議員がいらっしゃることは大変残念です。

反対理由

1.憲法に反する
  最高裁判決の傍論では外国人参政権は憲法に反しない趣旨が書かれていることを
  根拠に外国人参政権賛成という意見を小沢さんが述べられていますが、傍論は
  あくまで傍論であって、主文と相反しているのですから、判決全体は違憲判決です。
  先生は、これに関してどのようにお考えでしょうか?
  参照: http://www2.tky.3web.ne.jp/~moris/sanseiken/data/momochi.html
     (地方参政権付与は憲法違反)
2.国家の定義が不明確になる
  国家の定義は外国と自国の境界を定義するもので、日本は民主主義国ですから国民が
  国家を規制します。すなわち、国民イコール国家であって、そのイコールは参政権です。
  外国人に参政権を認めるなら、国家の定義が曖昧になります。
  憲法論争という「字づら」の議論をする前に、国家の定義を根本から突き崩す事態になる
  ことを考えるべきです。
  先生は、参政権の定義変更によって国家の定義が普遍で留まるとお考えでしょうか?
3.アジアに重大な不安定要因を引き起こす
  だだでさえ外国の政治に内政干渉して恥じない(近代国家としての)下等な国々
  (中国・朝鮮)がこのアジアにあります。同じアジアの国として恥ずかしい限りです。
  この上に、外国人が日本の政治に口を挟む参政権という錦の御旗を与えるようでは、
  アジアで民主主義を啓蒙するべき先進国家である日本の信頼感を失います。
  アジア発世界に向けて不安定要因を放射するような愚行だと思います。
  内政干渉とは歴史教科書とか靖国参拝などを指します。
  歴史教科書とか靖国参拝そのものはおいといて、内政干渉という手段そのものについて、
  先生は、いかがお考えでしょうか?
4.相互主義
  EUなどは地域を纏めて政治的経済的統合をはかるという運命共同意識があって相互に参政権を
  認め合っています。政治的経済的統合をはかるという運命共同意識がまず先決であって、その後で
  相互主義で、このアジアでも参政権を認め合うべきです。
  韓国はあからさまに相互主義に反対しています。従って外国人参政権は時期尚早です。
  先生は、外国人参政権は相互主義でなくても良い、政治的経済的統合に先行しても良いと
  お考えでしょうか?
5.地方と中央
  地方は中央の政治を代行(と言うか協同)している面が多々あります。
  核エネルギーその他の各種インフラ、教育、治安、国防・・・
  地方と中央は直結しています。地方参政権だから良いというのは詭弁です。
6.選挙権と被選挙権
  選挙権と被選挙権は表裏一体です。と言うより、日本は民主国家ですから、選挙権の方が
  被選挙権よりも重みがあります。与えるのは選挙権だから良いというのは詭弁です。
  先生は、選挙権は被選挙権より強いとお考えになっておられないのでしょうか?
7.触媒効果
  地方と中央、選挙権と被選挙権、がそれぞれ直結していますから、地方選挙権は中央被選挙権
  に直結します。そのような触媒効果に乗って、外国人参政権は即座に国家の定義を崩壊させます。
8.国民投票
  一般国民の95%は外国人参政権に反対しています。日本は民主主義国ですからこのことを
  重大に受け止めるべきです。
  参考: http://www.geocities.jp/chattopscreen/touhyo_kekka.html
      (投票結果 国民の声)
  なるほど日本は間接民主主義ですから、テコの原理をうまく利用すれば絶対多数の意見では
  なくても、絶対的な政治力を持つことも可能です。
  しかしながら、テコの原理が危険な方向に向かわないように制御する力を私達有権者は持って
  います。党利党略・私利私欲をいかに巧妙に取り繕おうとも私達はテコの原理を無効にします。
  民主党が絶対少数になってしまえばテコの原理は逆に働くということです。
  民主党がその事態を避けるために在日韓国人の力を借りようとすれば余計に絶対少数化に
  拍車がかかるのではないでしょうか?
  私は、二大政党・政権交代できる政党として、自民党支持から民主党に乗り換えました。
  民主党の政権基盤はそのような浮動票が大きいです。
  民主党支持から、外国人参政権を軸にして自民党支持に戻る有権者が多いと考えます。
  折角、ここまで来たのに残念至極です。
  先生は、民主党が外国人参政権に賛成しても党勢は衰えないとお考えでしょうか?
  民主党として、外国人参政権に対する世論を把握されているのでしょうか?


Subject: 通知 国会議員へメール
At 16:18 04/11/18 +0900

突然のメール失礼致します。
私は、大阪に居住するXXXXと申します。
今国会で、外国人に参政権を付与する法案が与党(自民党、公明党)主導のもとで、
審議されていますが、私は、この法案には断固反対です。

一体全体、参政権付与を進めようとする国会議員、創価学会員は何を考えているのでしょうか?
世界の何処の主だった国が、外国人に参政権を付与する制度を採っていますか?
そのような愚行を米国、英国、フランス、ロシア、中国、ドイツ、カナダ、韓国など、
その他の国もしていないでしょう。

主権在民とは、その国の国民に主権があり、参政権によって主権を行使し、自分の国の在りようを決める
という事であります。それは、国政であろうと地方政治であろうと違いはありません。
一国の主人は、その国の国民のみが、国及び自分の地方の在りよう、将来を決める権利を持つ。
これが当たり前の事と思います。
 また憲法で、「国民固有の権利」(第十五条一項)と定められている参政権を、外国籍の人に付与するのは、
違憲であると考えられます。

よく納税しているから、当然の権利があるという人がいますが、税金は道路、医療、消防、警察等の
公的サービスを受けるにあたって当然支払うべきもので、地方自治と絡めるべきではありません。
それに、外国人に参政権を付与するという事は、武力を行使する事無く日本侵略を許す手段になりかねません。
何処の人も自分の国の事を一番に考えます。当然投票行動は、その原理に基ずくようになるでしょう。
参政権を得た外国人は、日本や日本国民の為ではなく、自分達の国や国民が有利に成る為、
日本を弱体化したり、侵食、工作活動を行うなど、投票行動で示すでしょう。

真っ当な議員や政党なら、このような法案が成立すれば、日本の国家が将来どの様になるかは想像つく
でし ょう。
私は、誰が賛成しどの党が推進しているのか、最大の注意を払うつもりです。
当然、今後の選挙での重要な判断材料となるでしょう。
良識有るご判断を下される事を期待致すると共に、この様な憲法違反の法案に賛意を示す議員諸氏には
二度と私の票を投じる事は無い意思を表明させて頂き、メールを終了させて頂きます。

(現在の政治を憂える、無党派の一人より)


Subject: 外国人参政権付与に断固反対する  (国会議員へメール)
Date: Mon, 29 Nov 2004 20:57:27 +0900
連絡下さいまして、有難う御座います。
  また、ご苦労さまです。

私は、ご存知のとうりPCは初心者ですので、送信する文章を予め
大量に作成してある文章に、これまた事前にアドレス登録した国会議員に
一括送信するという方法を取っています。
今回法案賛成者である、江田五月、漆原啓一氏には早速送信しました。

それから、賛成、不賛成は定かでは無いのですが、自民党近畿ブロック、
民主党近畿ブロックでメールをWEB上に公開している全議員には、
もし賛成を表明されるのであれば、今後の選挙では一切支持しない旨の文言を入れ送信しました。
(私の居住地は大阪ですので)

その後、自民党、民主党の全議員(アドレスが判っている)に送信しました。
貴方の文面では、殆どの民主党議員が賛成している旨の記述がありますが
間違いないのでしょうか?
それが本当なら、私の認識が相当甘かった。
(因みに、二人の議員から返事が有りました。)


Subject: 通知 国会議員へメール
Date: Wed, 17 Nov 2004 16:49:01 +0000
日本国民として、乗っ取られるのは嫌です。


Subject: 通知 国会議員へメール
Date: Wed, 17 Nov 2004 17:56:19 +0900
参政権は日本国民に固有の権利です。それが国政であれ、地方議会であれ、日本国民以外の外国人に
この権利を付与することには、断固として反対します。


Subject: 外国人参政権反対  これは国防である
Date: Wed, 17 Nov 2004 16:36:59 +0900
無学ながら自民党衆議院全員メールしました。あと売国民主は途中です。
彼らのホームページを見ていると反吐が出る。とりあえずこんな文面です。

外国人参政権反対 これは支配権の要求である。何の説得力も見えない、いつもの"美言”を持ってすすめる
人達は、国という意識を見事なまで、剥離している。この法案は憲法改正より重大な問題である。国民との
論議がなされていない、また多くが深く詳細に知らない、知らされていない、知ると国民の意思とは相違する
事が判別できているからである。結論が判るゆえメディアを封じての展開作戦である。

この問題に関わらず報道機関は全てというほど、抑え込んでいる非常に危険だ。こういう勢力に今、日本は
完璧なまで牛耳られ日本や日本国民にとって重大な事件を、一斉に近いほど報道さえしない事がある。

彼らを操るその勢力がいまや日本を支配している。この現実を一つ見ても、先々にわれわれ孫、子や、
かけがえのない日本に行使する支配を想起すべし。美名やスローガンは常套道具である。この一連の
要求の動きを以ってしても、国の長たる韓国大統領の内政干渉要求も逸脱してる。内政干渉というその
非常識行為すら解せぬ国人である。
また民団の要求の声の出し方も外国という意識すらなく、個人の各種フォーラムでの発言は容認できぬ
神や仏でも憤怒する内容である。この日本社会で共有するというには遠すぎるし悪意すら投げかけている、
あらゆることを民族を意識して全てそこに集中している、

この法案は広く国民に知らしめてから国民投票を実施するほどの重要法案である。これは武力行為の
無い形を変えた日本侵略の戦争である。捏造反日教育し友好をうたい各人材に接近し日本のものは
全て欲しがり手段を選ばぬ。不均衡な相互は成り立たない。
日本国内の人材の多くを押さえ込み、これらの為すがまま思いのままである。竹島を武力占領し、日本人を
数百人拉致している国であり、また韓国も核疑惑あり、反日と友好を使い分ける国是の国民である。

SFの如きことを、国民が主権を有する国の国会に、このような法案を平然と提出するゆえ尚恐怖と危機を感じる。
この動きは深刻である。

これらは、偏向思考に凝り固まった人や自らの行動が『反政府』も『反国家』も区別できぬ連中と合力し、未来
永劫次々と題材を持ち出すでしょう。彼らは過去をあげるが、過去と「差別」を利用し目的の成果を挙げるため
未来に向かって徐々に本格的に挑んでいる。

内外に抱える問題は突き詰めて整理し、単純に考えると、ほとんどが内にある。全てが歪な日本独特の病魔を
通り越した人材である。

愛国者 故衆議院議員石井紘基氏は、外国人参政権に反対であった。ロシア留学での実体験や見識から
だろう。ロシアにおけるハザール人ユダヤ教徒だ
他国内で自分達の政府や国会や教会をつくり「国家内国家」の状態を生んだ。
「国家内国家」に対して、一切手をつけることができない状態を生み国家の屋台を揺さぶった。

ユダヤ教徒ハザール人たちは、古い過去の歴史をすぐに引き合いに出す。現在の歴史と古い歴史を
同じように並べたて、常に攻撃する=<この一例もよく似ている。>
きわめて危険な毒を飲み込むことになってしまった。近代日本国似非民主主義においてはそれ以上に
巧妙さと危険が同居している。


最高裁の判決主文は「憲法上、国籍のない外国人の参政権は保障していない」との判決。主文と無関係な
傍論の中で示された解釈談話を揚げ足取りに使っている、強制連行という定着した捏造を信じた間違いから
きている。無教養にも程がある。一般人よりお粗末
この法案は日本国に影響を注ぐ磐石の基礎固めである。日本国の行方は日本国民が決めるものである。
友好・親善。平和・人権・これほど効率的美しい道具はない。


※ 下記に揚げるのは市井の声のほんの一部です。


内政干渉を国が合法化するものである。 彼らが外国人参政権を求めているのは、 特権階級としての既得権を
失わないまま日本に内政干渉することである。
外国人参政権なんてまさに領土割譲なみの問題だ。


今回の外国人地方参政権の審議入りは、日本に対する敵性勢力が 地上波テレビ放送などの大衆メディアを
牛耳って、徐々に気がつかないよう に工作活動を行った結果だと思います。
 
私は、この問題を地上波テレビ放送などのマスコミが避けていることが 気になります。
最後の最後に、参政権賛成に持っていくような世論誘導を狙った番組を、 総仕上げでやるような気がして
なりません。

< どうやら、昨日、自民党が公明党に押し切られて、外国人地方参政権の 審議入りするみたいです。
 
この問題は、公明党、創価学会、在日韓国人団体などが長い時間をかけて 行った工作のシナリオどおりの
結果だと思います。
自民党は今や、支持基盤を大きく削られ、創価学会の得票が無いと政権維持 できない状態です。
こういう状態は突然やってきたわけではなく、長い計画の下に達成された ものだと思います。


Subject: 通知 国会議員へメール
Date: Wed, 17 Nov 2004 16:10:21 +0900
 賛成議員や、公明党、社民党、共産党の議員に
以下のメールを送信しました。

1 参政権付与に反対は、もちろんです。
  在日韓国朝鮮人の求めるべき選挙権は、
日本の選挙権ではなく、韓国北朝鮮の選挙権であって、
韓国北朝鮮の国内問題である。

2 北朝鮮の拉致に在日の人間が多数協力しており、
スパイや工作員が野放しの状態ですから、
在日韓国 朝鮮人の永住権を剥奪すべきであり、
また直ちに指紋押捺を復活すべきだと思います。

  強制連行されてきたなどというウソを言い続ける
在日韓国朝鮮人は、日本に友好的な人とは到底
言えません。
  権利を増やすのではなく、減らす方向へ
制度を変え、日本から在日韓国朝鮮人が
なくなるように施策するべきだと思います。

北朝鮮に直ちに、経済制裁、軍事制裁をしてください。


Subject: 通知 国会議員へメール
Date: Tue, 16 Nov 2004 02:52:42 +0900
議員メールアドレスに載っている議員全員に参政権反対のメールを送りました。


Date: Mon, 15 Nov 2004 00:27:45 +0900
Subject: 参政権反対、国会議員にメール、国会議員の返事
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会委員
の内当方にてweb上でメールアドレスを公開している議員に対
し一人一人個人宛に11/9日付けで以下の文章をに送付致
しました。

件名:外国人参政権付与に強く反対致します。

自民党 遠藤武彦様entake8@entake.com
自民党 石田真敏様isd-admn@lapis.plala.or.jp
自民党 後藤田正純様entake8@entake.com
自民党 中馬弘毅様chuma-koki@k8.dion.ne.jp
自民党 二階俊博様n200409@nikai.jp
民主党 井上かずお様info@inouekazuo.net
民主党 永田ひさやす様info@nagata-h.net
堀込いくお様ikuo@ihorigome.com
自民党 石崎 岳様webmaster@gakunet.com
自民党 奥野しんすけ様info@okunoshinsuke.jp
自民党 桜田よしたか様web@sakurada-yoshitaka.com
自民党 中川秀直様h03056@shugiin.go.jp
自民党 西野あきら様g03407@shugiin.go.jp
自民党 早川忠孝様info@hayakawa-chuko.com
自民党 三ツ矢 憲生様mitsuya1@siren.ocn.ne.jp
自民党 水野賢一様mizunokenichi@catv296.ne.jp
自民党 望月義夫様g04541@shugiin.go.jp
自民党 森山ひろし様g08204@shugiin.go.jp
民主党 阿久津幸彦様akutsu@me.point.ne.jp
民主党 岩國哲人様mail@1892.jp
民主党 高山さとし様voice@s-takayama.com
民主党 手塚 仁雄様y@t440.com
民主党 寺田学様info@manabu.jp
民主党 中村てつじ様mail@tetsu-chan.com
民主党 野田よしひこ様post@nodayoshi.gr.jp
民主党 松崎哲久様mzt@minshu.org
民主党 松野信夫様minshu2@vesta.ocn.ne.jp
民主党 村越ひろたみ様info@hirotami.jp

○○○○○様(議員名)

突然のメール失礼致します。
私は○○県○○市(私の居住地)にて自営業を営む○○○○(私の氏名)と申します

*********************
↑この間に議員のwebを見ての感想&意見を書いてあります。

尚、阿久津幸彦議員(民主)に対しては、以前彼の演説を聞いた事が
有るのでそのときの感想を

水野賢一議員に対しては私自身かつて使用者の立場から自動車NoxP
M法に反対してきた経緯が有るのですが、彼の日記にディーゼル規制
は成功したとの記述が見受けられたために以下の文章を追加

議員のディーゼル条例のコラムを拝見致しました。

>大気汚染の原因を作っておきながら、それを基に特需の
>恩恵を受けるというのは筋が通らない。

には大いに賛同致しますが、こういった形で自動車の買い換えを
余儀なくされる自動車所有者に対する言がないのを残念に思いま
す。
かく言う私は個人でディーゼル乗用車を所有。事業で多数のディ
ーゼル車を使用してきました。
しかし、自動車NoxPM法の為に買い換えを強いられるも、長引く
不況の影響でその資金を捻出することも出来ず。やむなく従業員
のリストラを行い何とか買い換えの費用を都合付けたところです。

一般論としてディーゼルの排気ガスの主成分である黒煙粒状部質
と窒素酸化物は日本で流通している軽油の成分中に多量の硫黄が
含まれているがために酸化触媒を取り付ける事が出来ない事が基
となっております。
欧州では日本と異なり二酸化炭素の排出が少なく熱効率の高いデ
ィーゼルエンジンはクリーンなエネルギーとしてこの数年の新車
販売量はガソリン車を駆逐する勢いが有りますが、低硫黄軽油と
酸化触媒の普及による物です。

故にディーゼルは悪と深く考える事も無く簡単に断じて頂きたく
ないのです。
規制は結構ですが、使用者だけに責任の転嫁を行った悪法に
泣いている人間が沢山いることをお忘れ無く。

と付け足してあります。

****************

さて現在衆議院にて公職選挙法改正に関する特別委員会のメンバーと
してお忙しいご様子かと思われますが、この委員会にて現在審議され
ていると思われる外国人に参政権を与える法案に対し強い反対の意を
表明致します。

理由として


1.国民と住民は違う

・税金は行政サービスに対する対価。
・国家の一員で有ることの対価が国民としての権利。
民主主義国家に置いて国家の一員であると言うことは、主権を行使
できる反面、国家間の紛争が勃発すれば国を守る義務もあるし、極
端な話国家が消滅してしまえば難民となるリスクもならないと言う
こと。
どうしても住んでいる場所で政治に介入したければ帰化すれば良い
だけの話であると私は考えます。

2.強制連行されてきたのだから、参政権云々について
所謂在日朝鮮人の方々は昭和13年の国家総動員法で数十万人単位で
強制連行されてきたのだから・・・について私の考えを書きます。
昭和13年の国家総動員法の対象は日本本土国民で、朝鮮に対し国家
総動員法が発令されたのは昭和19年9月。
すでに日本は近海の制海権の確保さえままならない状況。潜水艦や
機雷によって多くの船舶が海の藻屑として消えています。翌年の昭
和20年6月には下関〜釜山航路は運行停止。
この様な状況にあってどうやって数十万人の人間を日本本土に運ん
だのか疑問が残るところです。
更に付け加えると昭和23年頃迄無料で乗ることが出来る帰国船があ
った筈なのに何故帰らなかったのか?

現在、特別永住者の資格で日本で住んでいる韓国、朝鮮の方達は
「戦争中に強制連行されてきた」と主張される方が多いように見受
けられますが、上に上げた歴史的事実で考察する限り
国家総動員法で日本に徴用されたことは事実であっても、個人的理
由で日本に留まった方

個人的理由で日本に渡ったにも関わらず、強制連行されてきた
と主張する方が殆どで有るように思えてなりません。
にもかかわらず国籍は取りたくないが参政権は欲しいと主張する意
見は身勝手という物と考えます。

3.平成11年の園部最高裁判事は地方参政権を認めている
これは裁判官が判決の本文で述べたのではなく、あくまでも個人的
見解として傍論で述べただけの事。最高裁の見解とは異なる物です。


長文失礼致しました。

良識有るご判断を下されることを期待致し、メールを終わらさせて
頂きます。
*****************************

参政権付与に賛成の立場を取っている事が明らかな議員には
上の二行を下の文章に置き換えてあります。

良識有るご判断を下されることを期待致する共に、この様な憲法違
反の法案に賛意を示す議員諸氏には二度と私の票を投じることは無
い意志を表明させて頂き、メールを終わらさせて頂きます。

*****************************
敬具

尚、自身のweb上でメールアドレスを公開しているにも関わらず、
宛先不明で返ってきたメールアドレスの持ち主が数名おりました
が、意見の送付先として公開して置きながら、その窓口さえ管理
出来ない様な事態は不届き千万。国民の意見を送ってあるにも関
わらず議員の都合で受け取ることが出来なかった物として、送付
済み扱いです。もし仮に議員氏からそんな物を受け取っていない
との釈明が来ても受け付けるつもりはありません。
故に、自分のメールアドレスさえ管理できない議員をここで公開
するつもりは有りません。


以下の問い合わせに対し
返事が来たのは櫻田義隆議員だけでした。

****************ここから
○○○さん

率直な意見を述べられたメールを送っていただきありがとうございます。

私の意見を述べさせていただきたいと思います。

永住外国人に対する地方参政権の付与は絶対反対の立場をとっております。
又、上記反対の議連に参加をし、発言をしております。
1北朝鮮の国会議員の資格を持っている在日朝鮮人が日本に在住している。
2彼らは母国に忠誠を誓い、兵役の義務が法令で定められており、
 国際関係が悪化したときの対応が難しいと感じております。
3日本での納税は、所得のある人が支払うということであり、
 参政権とは関係ありません。刑務所に服役している人も所得があれば納税している
のが現状であることからも、分かるとおりです。
4日本への帰化をして、参政権を取得していただくのが、よいことだと思っておりま
す。

このような考えをもっておりますので、
法案成立には断固反対していきますので応援してください。

************ここまで


Date: Sat, 9 Oct 2004 18:22:45 +0900 (JST)
Subject: メールを出してみました。
以下のような文面で公明党以外(信者の説得は不可能だと思いまして)に出してみました。

37通が届きませんでした。メルアドを使えなくする議員のなんたる多さでしょうか。
ともあれ声を出してみました。これからも頑張って下さい。

<以下、文面>

初めましてOOと申します。現在、大学院に通って法律学を専攻しております。

このたび、外国人参政権の法案が提出されるとのことで驚いております。もとより、日本国憲法は前文と
一条で国民主権を宣言し、全文と43条で日本国民の代表たる国会議員の地位について述べております。

外国人参政権は明らかに憲法の理念に背理しており、実行するのであればEU統合の際のベルギーのように
憲法改正が不可欠かと考えております。更に、外国人参政権については以下のような議論が堂々となされて
おり、恐怖すら感じております。

<以下、引用です。>

国籍問題を考える・資料集  日時:2001年12月14日18時30分〜 
場所:京都YWCA
在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回
演題:在日韓国・朝鮮人と国籍 講師:李敬宰さん

講師
ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題を
どうするのかという人がいますが、 外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、
早く天皇制は潰れると思います。
というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。
ある統計では、一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。
そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
だから、私はあと一〇〇年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。
これが夢です(笑)。そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは
小数民族の酋長さんみたいなものになります。
http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm

[李敬宰
在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会
会長  → 李敬宰 ← (大阪・高槻むくげの会)
http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/
設立記念集会の報告 「在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会」
設立記念集会
http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/houkokusyuukai.htm


<引用を終わります>

大和民族とは我々のことでしょうか。一部の在日コリアンの方だと信じたいのですが、私たち日本民族に強い
嫌悪感を感じている方々に参政権を付与する法案が可決した場合、日本国民の福利に繋がるとは到底思え
ません。例えば、拉致事件に関与した朝鮮総連の幹部などにすら参政権が付与されるわけですが、そういった
危険性についてどの程度認識がおありでしょうか。ちなみに、この発言者は北朝鮮の拉致事件を強く非難して
おり、朝鮮総連の幹部の方々よりは反日感情が緩やかだと思われます。そう言った方でも<なんとしても
日本人を差別して死にたいです。これが夢です(笑)。そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは
小数民族の酋長さんみたいなものになります。>などという発言を行っているのです。

在日コリアンは日本社会で差別されてきた歴史があるにしても、私たち日本人はコリアン系金融機関に
南北併せて三兆円も公的資金を投入しております。在日コリアン60万人、一人あたり500万円です。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/8746/

韓国が在日コリアンに参政権を付与せず、韓国の最高裁にあたる裁判所が合憲と判決したからと言って
何故日本が尻ぬぐいをしなければならないのか不可解に感じており、法案に反対しております。
どうか、法案に反対下さるようお願い致します。

                         OO  拝


Date: Wed, 27 Oct 2004 20:07:37 +0900
Subject: 通知 国会議員へメール送付
既にメジャーなマスコミ等が他民族に牛耳られているというのに、
犯罪者を呼び込むばかりか、国自体を売りとばすつもりなのでしょうか?
誤った歴史認識の流布で日本人の自尊心を奪ってきたのが全ての始まりでしょうね
日本を憎むことがアイデンティティの人たちに
日本人に順ずる権利を与える意味が理解できません

この件は、TVという最大にして愚かなメディアでも日々流すべきですね
何故パチンコ屋は駅前の一等地に陣取っているか、
「従軍慰安婦」といわれる朝鮮人女性たちの正体が何者であるか、
今もって在日外国人の祖国ではどのような対日教育をしているか、
これらの真実を知れば捏造されたブームに踊っている高齢のおめでたい女性たちも
さすがに目を覚ますことになりましょうし。
ただ、これまで同様、マスメディアが真実を報道しようとすると極めて暴力的な手段で
妨害するという手口はなんとか封じ込めなくてはなりませんが。

我々日本人の「慎ましさ」という美徳が、まさに踏みにじられようとしているのを感じます
皆様には、是非、映画「血と骨」をごらん頂きたく思います
監督が当の在日外国人であることでピカレスクに仕立てられてはいますが、
あの主人公は、まさに我々が憂うところの在日外国人であります

この法案を可決しようとしている議員の方々にお尋ねしたいのですが、
票欲しさというには、あまりに浅ましすぎはしませんか
それとも「恥」ということばより「恨」という言葉のほうにシンパシーを感じるのですか?