よくある質問

●Q1: 自宅まで来てもらって、修理する自転車を一度持って帰るんですか?

  A1: いいえ。ほとんどの修理はその場でいたします。ただホイールの組み換え、稀に部品の欠品等の場合はお時間をいただく場合はございます。

●Q2: 来てもらう時間の指定や日にちの予約はできますか?

  A2:はい、できます。ただ事前に他のお客様の予約がはいっている場合はご希望に添えない場合もございますので、電話にてお問い合わせください。

●Q3: 出張料無料と書いていありますが、修理代金以外に請求されることはありませんか?

  A3:ございません。当社は消費税、部品代、工賃全て込みの料金です。ただ、例としてお客様がパンク修理(1400円)だけで済むと思っていたつもりが、タイヤを開けてみるとチューブが破裂していたり、タイヤが破けていたりと、お客様の想定外の料金でないと修理が完了しない場合もあります。ただその場合はスタッフが必ず「この修理はパンク修理ができませんので、○○円になりますが、どういたしましょうか?」とお客様の確認をとる事になっています。パンク修理1,400円のつもりが作業が終わってみると、お客様への何の確認もなく「チューブ交換になりましたので、はい、2,600円です。」というような事は絶対にありません。修理が複雑な場合でも事前にお客様と話し合って料金ご納得のうえ、作業に取り掛かる。という流れにしています。

しかも当店ではパンクの穴の数による追加料金がありませんので修理内容がパンク修理であれば一律1400円です。ですからお客様が作業のそばで穴の数を確認したり、それにより料金が上がる心配はございません。

●Q4: パンクしてるかどうかわからないんですが、来てもらって、もしパンクじゃなかったら料金はいらないんですか?

  A4:空気が抜けるのには必ず原因があります。「画鋲を踏んだ」「衝撃で切れた」「二人乗りして圧破した」「しばらく乗らないで自然に抜けた」など、タイヤ、チューブの傷で判断したり、お客様からの聞き取りなどから空気の抜けた原因を探り出します。パンク修理の料金にはその「原因を探し」「処置すること」すべてがふくまれていますので、たとえ結果的に「単に空気が抜けてた」ということでも、作業代として1,400円の料金はかかってしまいます。ご了承ください。ただ、こういったことを未然に防ぐには、お電話頂く前に一度お客様による空気充填をおすすめします。すぐに抜ける場合はもちろんのこと、2〜3日で抜けてしまう場合(穴が小さいためにゆっくり抜ける、スローパンクといいます)でもパンクしているとみて間違いないでしょう。もちろんそのまま抜けなければ「パンクしていなかった」ということになります。

●Q5: 到着してから作業時間はどれくらい時間がかかりますか?

  A5:お客様から自転車をうけとって掛る作業時間はおおよそ以下の通りです。

     パンク修理・・・10〜15分

     チューブ交換・・・15〜20分

     タイヤ・チューブセット交換・・・15〜25分

     カギの取り外し・・・1〜10分

     チェーン交換・・・10〜15分

●Q6: 営業時間内に電話すればその日に必ず修理に来てもらえるんですか?

 

  A6:残念ながら日によっては修理依頼が集中し、当日修理は不可能な場合は発生します。

又、営業終了時間19:30直前(日祝は18:00)にお電話いただいても、翌営業日の予約はできますが、当日修理はお受けできませんのでので、修理事項が発生した場合はなるべく早くお電話することをおすすめします。尚、PM7:30(日祝18:00)以降は電話応答いたしません。

 

●Q7: 予約を入れたが急な用事ができ、キャンセルしなくてはならなくなった又、修理にきてもらったが修理見積もりが予算に合わなかったらキャンセル料はかかりますか?

 

  A7:予約時間1時間前のキャンセルは基本的にできません。キャンセル時はお早めにご連絡ください。また、修理見積もりがお客様の予算と合わない場合ですが、出張料無料というのは基本的に「修理を完了する」ということを前提に設定されています。ですのでお電話いただく前に修理内容をなるべく詳しく確認して電話で伝えてください。ある程度おおまかな見積もりは電話でお伝えできるかと思います。

またこの事項において一番多いのがパンク修理のつもりが来てもらったらタイヤ・チューブセット交換になってしまった場合です。タイヤ交換はの目安は当HPの「タイヤ交換するときってどんなとき?」などをご参照になるか,メールやtwitter、facebook 等での画像送信であれば即座に詳しい見積もりをお伝えでます。チューブの損傷はタイヤを外さなければわかりませんが、タイヤはお客様でも目認できるので確認されてください。尚、携帯電話がソフトバンクであれば修理箇所を携帯で写メを撮り店主携帯080-3185-1521までメール送信していただいても即座にお見積もりできます。

以下は過去13年に実際にあったキャンセル料金(600円)発生事例4件です。

 ・予約時間にお伺いしたら「やっぱり買い換えることにしたのでもういいです。」とその場でキャンセルされた

 ・出張修理2社を同時に呼んで到着時間を競わせた

 ・予約時間にお伺いしたら近所の自転車屋さんですでに修理していてその場でキャンセルされた

 ・予約時間にお伺いしたらお留守だった

 

 (特例)パンク車輪にカギがかかっていて、その場にカギがなく修理ができなかった(ただ、このお客様は後日修理を完了したので修理完了時に600円を差し引いた700円を頂くこととなりました)

●Q8: サビ落としはしてもらえるんですか?そして、料金はいくらですか?

 

 A8: サビ落としは基本的に料金項目を設けておりません。なぜかというと、サビには落ちるサビと、もう絶対に落ちないサビがあるからです。料金項目化してしまうと落ちないサビのご依頼にはお応えできないためです。しかし、料金をいただくに値するサビ落としが可能と判断させていただいた場合にはこの限りではありません。お問い合わせください。又、「この古い自転車を復元してほしい!」という依頼に関しては「レストア」というかたちで請けたまわっております。しかし、この項目は自転車全体の分解、各部品のサビ落とし、ブラスト処理、メッキ処理、組み上げ、調整、整備等、かなり高額な料金になりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

サビ落とし例

HOMEに戻る