....................................................................










.........
                --- 多発性内分泌腫瘍症 MEN (Multiple Endocrine Neoplasia) ---



多発性内分泌腫瘍症(MEN)2Aの記録


.........           「 甲状腺癌の掲示板 」 ................. 「 掲示板の過去ログ 」


私は多発性内分泌腫瘍症(MEN)2Aという病気です。  記憶を辿って

手術歴         ( 詳しくは こちらをご覧ください )

1978年 甲状腺右葉摘出手術 (甲状腺癌は髄様癌だと後に判明)
1990年 副腎両側摘出手術  (褐色細胞腫)
1998年 甲状腺左葉摘出手術 (髄様癌)

髄様癌は遺伝性のもので、病名は多発性内分泌腺腫症と診断された。

1990年に副腎両側摘出手術(褐色細胞腫)のため入院していた
大学病院で、多発性内分泌腺腫症について詳しく説明されました。
多発性内分泌腫瘍症ではなく、多発性内分泌腺腫症と聞きました。
多発性内分泌腺腫症(MEA)multiple endocrine adenomatosis

その当時はまだ、多発性内分泌腫瘍症(MEN)に1型(MEN1)と
2型(MEN2A、MEN2B、FMTC)があることは分かりませんでした。
私の場合、甲状腺髄様癌、副腎褐色細胞腫を発症していることから
MEN2型だと思います。通院している病院では何も聞いていません。

MEN2Aの患者が甲状腺髄様癌を発症するのは若年成人期で、
MEN2Bの患者が甲状腺髄様癌を発症するのは小児期だそうです。
私は28才と47才の時に手術しているのでMEN2Aだと思います。

MEN2Aは副甲状腺の過形成または腺腫を生じるリスクも有する。

【MEN2AはRET遺伝子の変異が原因の病気】

甲状腺髄様癌  ほぼ発生(20~30才代) 肺などに遠隔転移することもある。
副腎褐色細胞腫  60~70%  両側性のことが多く、副腎以外にも発生する。
副甲状腺機能亢進症  約20%  高カルシウム血症により様々な症状が出る。

カルシトニン 基準値 (女性) 6.40pg/ml 以下
甲状腺髄様癌では、血中のカルシトニンの値が高くなる。

CEA 基準値   5.0ng/ml 以下
腫瘍マーカー:甲状腺髄様癌、食道、胃、大腸など
消化器官の癌、胆嚢、肺などの癌に幅広く出現する。

甲状腺癌のうち、乳頭癌 90%、濾胞癌(ろほうがん) 5%、
髄様癌1~2%で稀、未分化癌2~3%、その他の癌0~2%、
髄様癌の3分の2は散発性のもので、3分の1が遺伝性のもの、
遺伝性のものはそのほとんどがMEN2Aだそうです。

2009年 CT検査で肝臓に12mmほどの腫瘍が見つかる。 髄様癌の転移?


* 2012年4月24日 遺伝カウンセリング・RET遺伝子検査(採血)

*   〃  6月26日 検査結果(MENと証明されず)

*   〃  7月24日 再検査結果(MEN2Aと証明される)


       背景素材は、「素材の小路」 MEMEさまよりお借りしました。

................................................