CAMP de GO!

青川峡キャンピングパーク キャンプ日記 2008.4


キャンプ日記 詳細データ 観光・遊び場 温泉・お風呂 区画・写真

2008年4月 晴れ
 青川峡キャンピングパークは、三重県北部に位置し、鈴鹿山脈と清流青川に囲まれたキャンプ場です。キャンプサイトは、場内の小川に隣接する「水辺サイト」、垣根で囲まれた「プラベートサイト」、車を縦列駐車できる「オープンサイト」など5種類、お風呂も管理棟にあります。フル装備のコテージや本格的なログハウスなど、さまざまなスタイルに合わせたキャンプが楽しめる高規格キャンプ場です。

画像をクリックすると拡大します
 青川峡は、江戸時代から鉱山で栄えた場所のようで、キャンプ場もその跡地に出来たのか、岩山が望めます。また、周辺は、鈴鹿山脈の藤原岳や竜ヶ岳など登山客が訪れる場所としても有名です。
 2008年キャンプスタートは、青川峡キャンピングパークからです。

交 通
 ETC通勤割引適用で朝7:00出発。第二京阪道路「枚方東IC」~京滋バイパス~名神高速道路「八日市IC」~R421の永源寺ダムを抜けていこうと思いましたが、大失敗!
 ナビは最初何も言わずに案内してたのに、R421に入って、「この先通行止めです!」とアナウンス。途中、道路工事中だったので、たぶんこの事だろうと思い、そのまま細い山道をどんどん進みました。
 あと数kmの表示が出た所で、なんと!大きなブロックにガードレールで封鎖。完全に通行止めでした(爆)家族からむっちゃブーイング、あえなく来た道をUターン。結局、永源寺ダム付近まで戻って、犬上ダムからR306に抜けて行きました。
青川峡キャンピングパーク 管理棟 通常7:00出発で「彦根IC」ルートでも、9:00過ぎには到着する予定が、着いたのは10:00過ぎでした。
後から判ったのですが、通行止めだった場所は、竜ヶ岳、静ヶ岳への登山口となる石榑峠といわれる場所でした。
 帰りは、今年開通した新名神ルートで。東名阪自動車道「四日市東IC」~「亀山JCT」~新名神高速道路へ。ETC割引がない時間帯だったので、「信楽IC」で降りて、のんびりR307ルートで帰りました。
<コメント>
 今回、色々と忙しくて事前に何も調べてませんでした。距離が少しでも近いルートを選んだため大失敗。事前確認はやっぱり必要ですね。
 名神高速道路「彦根IC」~R306ルートは、R306が上り下りの山道で、途中、登山客の方も多かったです。大阪方面からだと「関が原IC」~R365ルート、もしくは、新名神高速道路~亀山JCT~東名阪国道「四日市IC」~R306ルートのほうが、楽だと思います。

チェックイン
青川峡キャンピングパーク 管理棟 青川峡キャンピングパークの入口には、ゲートが設けられており、21:00~8:00まで入退場ができないので要注意です。チェックインは、14:00ですが、追加でDAYキャンプ料を出せば、10:00からチェックイン出来ます。
 到着が10:00過ぎだった為、既に何組か設営されていました。我が家も、管理棟で受付と挨拶をして、アーリーチェックインしました。
 管理棟内は、キャンプ用品の販売、レンタル商品も充実しています。スノーピークとユニフレームの販売コーナーがあり、コールマンの歴代ランタンも飾られていました。前日の確認不足で、しっかり電源コードを忘れてしまい、レンタルさせて頂きました。

サイト全体
 オートサイトは、プライベートサイト、オープンサイト、水辺サイト、トレーラーサイト、ライダーズサイトの5種類で、ライダーズサイトを除いて合計47区画。
 (画像をクリックすると拡大します)

 場内は、舗装道路で綺麗に区画され、サイトは芝。人工的な小川も流れており、水遊びが出来そうです。適度に草木も植えられていますが、木陰になるほどの木は少なく、夏場はタープが必要だと思います。
 鉱山で栄えた場所とあって、岩肌の山の景色が印象的でした。山の谷間を風が通りやすいのか、当日昼間風が強く、少し設営に手間取りました。

プライベートサイト
 プライベートサイトは、オープンサイトの前、C、Dの12区画15A電源付きです。120㎡と広く、周囲は垣根が設けられており、その名の通りプライベート感はあります。一部、左ハンドル対応サイトがありますが、サイト~車~車~サイトに区画されています。今回のサイトは、D-4。サイト後側に人工的な小川が流れ、サイトからもキャンプ場下を流れる清流・青川を眺める事が出来ました。

C プライベートサイト D プライベートサイト


オープンサイト
 オープンサイトは、プライベートサイトとコテージの間、Eの17区画、電源なしです。130㎡と広く、余裕でテントとリビングシェルの連結が出来そうです。車はサイトの前に縦列駐車できます。

E オープンサイト


水辺サイト
 水辺サイトは、Aの13区画、15A電源付きです。100㎡の広さで、隣との仕切りとして垣根が設けられています。サイト内に直火ができるファイヤープレイスや、人工的な小川が流れています。また、サイト前の緩やかな土手を降りると、清流・青川が流れており、水遊びが楽しめそうです。

A 水辺サイト


トレーラーサイト
B トレーラーサイト トレーラーサイトは、プライベートサイト、オープンサイトの一番奥、Bの5区画、15A、20A3口電源付きです。150㎡と広く、2家族で利用も出来そうです。駐車場も3m×16mなので、大型キャンピングカーや牽引トレーラーも駐車できそうです。

ライダーズサイト
 写真はありませんが、管理棟すぐプライベートサイトD-5の横にフリーの区画があります。当日も、登山客の方でしょうか、何名かの方がソロで利用されていました。

コテージ
コテージ コテージは、オープンサイトの後ろ側に10棟。ロフト、テラス付きで定員8~10名です。

設備は、キッチン、トイレ、お風呂、エアコン、BBQコンロ、シンク、電化製品(テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、ポット、トースター)、調理器具、食器、寝具付きとフル装備です。

 間取りもみんなで料理を楽しめるアイランドコテージなどもあり、バリエーションが豊富です。


ログキャビン
ログキャビン ログキャビンは、オープンサイトの後ろ側に2棟。ロフト、ウッドデッキ付きの定員5名です。

設備は、シャワールーム、トイレ、シンク、冷暖房(床暖房)、電化製品(冷蔵庫、炊飯器、ポット)、食器、寝具付きとこちらもほぼフル装備です。

 約10畳のウッドデッキでは、野外で気持ちよく食事が出来そうです。



ログハウス
ログハウス 丸太を使ったログハウスは、水辺サイト側に3棟。室内約10畳+ミニロフト、ウッドデッキ付きの定員5名です。

設備は、床暖房、エアコンです。

 約10畳のウッドデッキでは、こちらも野外で気持ちよく食事が出来そうです。




その他施設
炊事棟(サニタリー) 炊事棟は、オープンサイト&プライベートサイト側と水辺サイト側の2箇所。

 分別のごみ箱がずらりと並んでます。テーブル、イスもあるので、ここでご飯食べれそう~。

 ビックリしたのが、コイン給湯器!寒い季節、キャンパーにとって凄く重宝するんですが、こちら有料となっております。3分100円とは・・・トホホ。汗)
その他、マンテンバイクのレンタル、BBQハウス、炭焼窯もあります。

設 営
D-4 設営風景 ふぅ~。設営が昼前になってしまいました~。笑)
今回は、リビングシェル+ランブリ6のトンネル仕様。一泊なのにっ。汗)

 前室のキャノピーオープンは、サイト斜めに設営して、ギリギリいけそうですが、昼間風が強くてやめました。

 設営途中、何度もリビシェルがひっくり返りそうになり、トンネルの位置合わせも、風が強い日は大変だぁ~!仮ペグを打ちながらランブリとリビシェルを交互に引っ張り、しわをとりましたが、お腹空いたし、この辺にしといたろっと。諦めました。汗)

昼食ターイム
野菜とシメジたっぷりのチーズクリームパスタ ふぅ~。
設営完了が昼過ぎになってしまいました~。汗)
お腹が減ると、みんなお手伝いしてくれます。笑)大食い家族の我が家の昼食は、野菜とシメジたっぷりのチーズクリームパスタでした。

ニラ、ホウレン草、しめじ、えのき・・・
どれだけ具入れるの~!
でも、ペロリと間食でした。爆)



のんびりターイム
清流・青川 昼食後、近くの公園や川原へ探索に行きました。
(続きは観光・遊び場で)

久しぶりのプライベートキャンプ、遊びから帰ってきて、ちょっとのんびりタイム・・・

サイトから、清流・青川が望めます。
小川の流れる音、ホトトギスの声。
あ~、帰りたくないなぁ~。




サッカー うとうとする間もなく、次はサッカー練習だぁ!

シャボン玉でーす。
※シャボン玉をする時は、周囲に注意しましょう。

うわぁ~、お腹減ったな~・・・
その前にお風呂へ行こう!
青川峡キャンピングパークは、管理棟にお風呂があります。(続きは温泉・お風呂で)



夕食ターイムBBQ
 子供達のリクエストは、いつもBBQですぅ。
え~!またぁ?
リビシェルが焼肉臭くなるや~ん。汗)
っで、炭おこしで~す。
「昔はこうやって炭をおこしたんだよ・・・」
ちゃうちゃうっ!今はこんな便利なものがあるから、簡単になりました。そんな覗き込んだら危ないって!

※子供も大人と一緒で、火を見るとワクワクします。いじったり、なんか入れたくなったり?焚火など火を使う時は、十分注意しましょう。


焚火ターイム
星空 この時期、昼と夜の気温差が大きいです。

夜は、星空を見ながら家族で焚火をしました。

焚火をしながら、家族団らんのひととき。
昔行ったキャンプ場の思い出話をたくさんしました。

今年でうちのかっちゃんは小6になります。

いつまで、一緒にキャンプに行ってくれるのかなぁ~
独り、最後の炭が消えるまで、焚火を見て就寝・・・

寒っむっ!早よ、テント入って寝ヨようっと。

焚火



キャンプ場とお別れターイムキャンプ場を後に
 朝、僕だけ爆睡状態でした~

青川峡キャンピングパークのチェックアウトは12:00です。追加で同じようにDAYキャンプ料を出せば、16:00にチェックアウト出来ますが、帰りに近くの北勢中央公園に行くことにしました。

北勢中央公園の桜が満開でした~!
(続きは観光・遊び場で)

帰りの公園に行く道中も、満開の桜並木があってとても綺麗でした。

▲このページのTOPへ