AFJCトップ > ニュース > 2017年


 
 2018年  2017年  2016年  2015年


< <
■2017年のニュース
2017.11.11
木村副代表による備前市長への表敬訪問を行いました。(帰国のご報告)
 
11月11日午前に、このたびのフランス・スペイン・アルジェリア遠征事業に於いてご後援いただきました備前市教育委員会杉浦教育長を、午後には同じくご後援と冊子のご挨拶文をいただきました田原備前市長を表敬訪問し、御礼とヨーロッパ巡業の報告とそして今後の備前焼について色々とお話しさせていただきました。
 ▲トップへ

2017.10.26
在バルセロナ総領事への表敬訪問と作品寄贈を行いました。 
日仏茶道交流会では10月23日と26日、在バルセロナ日本国総領事館を訪問し、渡邉尚人総領事への表敬訪問を行い、当会副代表で備前作家・の木村英昭の作品贈呈式が行われました。

今回バルセロナで開催した世界遺産、カサ・バトリョでの茶会は総領事館の後援により開催させていただき、さらに図録の巻頭言をご寄稿いただきました。

目下のカタルーニャ自治政府の情勢などで緊迫する中での開催とご支援でありましたが、文化面において様々なお話を伺い、また来年が日西修好150周年という事で、当会としてなにかご協力をするべく、いくつかの宿題を持ち帰る事になりました。

渡邉総領事様、および文化担当官の松嶋様にご高配をいただき、感謝申し上げます。

追記:本日カタルーニャ自治政府が独立宣言を行い、大規模なゼネストが起こっておりますが、社中関係者全員昨日のうちに出国し、日本およびフランスに滞在しております。

 ▲トップへ

2017.10.25
アルジェリア文化宮殿にて茶道のデモンストレーションを行いました。
 
日仏茶道交流会では10月25日、アルジェリア民主人民共和国の首都アルジェに於いて、アルジェリア文化省附属文化宮殿において、茶道のデモンストレーションと紹介、および展示ホールに於いては木村英昭の作品展示を行いました。
詳細は以下のリンクより報告をご覧いただけます。
【活動報告】アルジェリア文化宮殿にて茶道のデモンストレーションを行いました。
 ▲トップへ

2017.10.24
バルセロナ世界遺産・カサバトリョにて茶会を開催しました。
日仏茶道交流会では10月23日、スペイン王国バルセロナ市にある世界遺産・カサバトリョに於いて、茶道のデモンストレーションと茶会を開催しました。
詳細は以下のリンクより報告をご覧いただけます。
【活動報告】バルセロナ世界遺産・カサバトリョにて茶会を開催しました。
 ▲トップへ

2017.10.23
駐フランス日本大使ならびに公使への表敬訪問と作品寄贈を行いました。 

日仏茶道交流会では、今回のパリにおける展示会と茶会に先立ち、当会代表の森宗勇、副代表の木村桃山、および理事で対フランス窓口担当の高岡宗裕による駐仏日本大使・木寺昌人閣下および樋口義広公使(総括・広報文化部長)への表敬訪問を実施いたしました。

今回のパリにおける催事は在フランス日本国大使館の後援事業として認可をいただき開催いたしますが、今年は特に図録への巻頭言のご寄稿を賜わりました。

来年、日仏修好160周年を迎え、日仏政府によるジャポニズム2018の展開が見込まれる今、日本文化の周知と普及について、お話を賜りました。

 ▲トップへ

2017.10.21
パリにおいて「備前焼と茶道の世界」を開催しました。
日仏茶道交流会では11月19日から21日、フランス共和国パリ市の兵庫県パリ事務所に於いて、備前焼の作品展示と茶会を開催しました。
詳細は以下のリンクより報告をご覧いただけます。
【活動報告】パリにおいて「備前焼と茶道の世界」を開催しました。
 ▲トップへ

2017.10.18
グルノーブル大学にて第3回「茶道と伝統工芸の世界」講義を開催しました。


日仏茶道交流会では11月17日と18日、フランス・グルノーブル市にあるグルノーブル・アルプ大学に於いて、第三回となる茶道と伝統工芸(備前焼)の紹介事業を実施いたしました。
詳細は以下のリンクより報告をご覧いただけます。
【活動報告】パリにおいて「備前焼と茶道の世界」を開催しました。
 ▲トップへ

2017.10.16
アンリ・ドルレアン殿下のご会釈を賜りました
 
10日16日、パリ市内サンジェルマンロクセロワ教会で行われたマリーアントワネット追悼式に於いて、オルレアン家のアンリ・ドルレアン殿下(フランス国王ルイフィリップ1世のひ孫アンリ7世)並びに令夫人のご会釈を賜りました。
 

2017.10.16
ブルトウイユ城においてお茶の披露を行いました。
日仏茶道交流会では10月16日、フランス・イヴリーヌ県にあるブルトウイユ城にブルトウイユ侯爵・アンリ⁼フランソワ・ド・ブルトウイユ閣下を訪問し、呈茶と歓談を行いました。
 ▲トップへ

2017.10.13
パリの Champ de Mars 公園で野点を披露しました。
 

日仏茶道交流会では10月13日、フランス・パリ市にあるシャンドマルス広場に於いて、野点と呈茶を行いました。シャンドマルス広場(仏:Parc du Champ-de-Mars)はパリ市内の観光名所であるエッフェル塔前の広場で、19日から兵庫県パリ事務所にて開催する備前焼と茶の湯展の宣伝を兼ねて、また船橋市様より託されている船橋市の公式キャラクター「目利き番頭・船えもん」のマスコットキャラクターの撮影を兼ねての実施で、わずか1時間程度の時間ではありましたが、関心を持つフランス人への無料の呈茶を行い、およそ20名の参加者にお楽しみをいただきました。
 ▲トップへ

2017.10.06
図録が完成しました。
通算5冊目。日仏茶道交流会としては3冊目の冊子となりました。12ページで始まった冊子も、今回はオールカラーで86ページになりました。

京焼、朝日焼、鎌倉彫、備前焼。そして計画は来年再来年と続きます。

それはさておき、今年のテーマは備前焼。その創始は16,000年も遡るそうです。
世界で最も古い焼き物の一つと言えましょう。
木村英昭さんの作品を中心に、備前六姓の名家・木村家の作品を紹介しています。
と同時に、茶道に関するフランス語とスペイン語の解説を掲載しています。

また、今年は次の方々より巻頭言を御寄稿賜りました。
在フランス日本国大使館より木寺大使閣下、
在バルセロナ総領事館より渡邊総領事様

また、岡山県備前市より田原市長様と、千葉県船橋市より松戸市長様による御寄稿を賜りました。それぞれ関係する国の言語に翻訳をされて、掲載させていただいております。
 ▲トップへ

2017.10.01
グルノーブル大学で茶道と備前焼作品の紹介と講義を行います。
 

日仏茶道交流会では10月17日と18日、フランス・グルノーブル市にあるグルノーブル・アルプ大学に於いて、第三回となる茶道と伝統工芸(備前焼)の紹介事業を実施いたします。
 ▲トップへ

2017.09.30
【茶の湯 × 備前焼 × 洋菓子】〜高木康裕シェフの同行が決定!〜
リヨン郊外にある辻調理師専門学校のフランス校を卒業され、TVチャンピオンでの優勝経験など、テレビ番組でも露出の多い高木康裕シェフが、この度のグルノーブル大学講義並びにパリでのレセプションにおいて登壇頂くこととなりました。

高木シェフがフランス産のチーズkiriを用いて、「日本のお茶に合う洋菓子」をコンセプトに作られたチーズケーキ「高木チーズ」は今では人気商品としてブランド化され、船橋市が制定する「ふなばしブランド」にもなっています。

この、「お茶に洋菓子」と言うのは長い間試みたいテーマでもありました。

フランスでは高級なお菓子である和菓子は、茶道には欠かせないものと思われているフランスの人々。講義の終わりに受ける質疑に必ずと言って良いほどこの質問が登場して来ました。

形から入るのがフランス人の考え方でもあり、和菓子がないと茶道はできない、と言う固定概念は払拭したいところでもありましたが、短期決戦で1度限りの講義ではやはり和菓子が有りき。

それは私たち日本から来ている茶人が見せるべき役割でも有り、和菓子を楽しみにしている学生諸君の期待でもありました。

今年は大学様のご意向で2日間に渡って講義を行います。そこで「2日目だからこそできる」この試みを実施することとなりました。

※写真の食器はイメージです (by #SIONE)
 ▲トップへ

2017.09.15
駐日フランス大使着任歓迎祝賀会に参加しました。
先日着任された駐日フランス大使、ローラン・ピック閣下(S.E.M.Laurent Pic Ambassadeur de France au Japon)の歓迎祝賀会が都内で行われ、当会からは勢顧問、森代表、木村副代表、松林理事がお招きを賜り出席いたしました。
 ▲トップへ

2017.09.15
平成29年度・国際交流基金助成プログラムに採用されました。
国際交流基金の助成金プログラムについて、この度の当会が行うフランス・スペイン事業について助成金交付内定を頂くこととなりました。

このために頂戴するに至ったご推薦状・招聘状・後援許可書は15枚近くに及びます。

この内定により、できなかった事も出来るようになってまいりました。

申請にあたり御尽力を賜わりました関係諸官、諸先生方の皆様に心より厚く御礼を申し上げます。

 ▲トップへ

2017.07.07
駐日アルジェリ大使への表敬訪問を行いました。
日仏茶道交流会では、8月27日、駐日アルジェリア大使公邸に昼餐に招かれ、ベンシェリフ大使閣下およびソウマニ公使参事官へ、去る7月に行われた日本アルジェリア外交関係開設55周年記念式典の報告と今後の計画についてご説明を行いました。
 ▲トップへ

2017.07.07
長澤駐リヨン領事・江頭副領事への表敬訪問を行いました。
7月6日、日仏茶道交流会では、今年度の秋の事業実施に伴う諸調整のためにリヨンを訪問し、在リヨン領事事務所に長澤所長領事および江頭副領事を表敬訪問致しました。
今年のテーマである備前焼のついての話題や今年度の事業におけるご協力をお願い申し上げました。
 ▲トップへ

2017.07.06
木寺駐仏日本大使への表敬訪問を行いました。
7月5日、日仏茶道交流会では、今年度の秋の事業実施に伴う諸調整のためにフランスを訪問し、駐仏日本大使・木寺昌人閣下を表敬訪問致しました。
今年のテーマである備前焼のついての話題や、昨日アルジェリアで行われた国交55周年式典の状況について報告させていただき、今年度の事業におけるご協力をお願い申し上げました。

訪問後は、連年お世話になっている樋口公使へのご挨拶を申し上げ、現在のフランスにおける茶道の状況について説示を賜わりました。

 ▲トップへ

2017.07.05
日本・アルジェリア外交関係開設55周年記念式典に参加しました。
 
アルジェリアの世界遺産・カスバの中心部にあるムスタファ・パシャ宮殿に於いて、藤原日本大使ご夫妻の主催による日本アルジェリア外交関係開設55周年式典が行われ、ユースフィー大統領顧問・副首相・国立美術館館長などをはじめとする政府高官、経団連・大学関係者・日本企業関係者ご列席の中、日仏茶道交流会による呈茶席と書道家・大隈優子さんによるデモンストレーションが行われました。
 ▲トップへ

2017.07.04
藤原駐アルジェリア日本大使への表敬訪問を行いました。
7月4日、アルジェリア民主人民共和国に到着し、明日開催される日本アルジェリア外交関係開設55周年記念式典についてお世話になる、駐アルジェリア日本国大使・藤原聖也閣下への表敬訪問を実施いたしました。
 日本とアルジェリアについての関係や経済環境、また文化面に関することなど、様々な説示を賜りました。
 ▲トップへ

2017.07.01
図録が完成しました。
 今月5日にアルジェにて開催される日本アルジェリア外交関係開設55周年記念式典に参加するにあたり、当会では備前焼と茶道を紹介する冊子を制作しました。
 ▲トップへ

2017.05.01
当会副代表に大隈優子氏が就任しました
日仏茶道交流会では、来たる7月5日にアルジェリアの首都アルジェにて行われる日本アルジェリア外交関係開設55周年式典に参加するにあたり、5月1日付で書家の大隈優子さんに当会副代表に就任いただきました。大隈副代表には国立書道美術館に於いて書道のデモンストレーションをお願いします。

【2018年度 現体制】

代  表  森 宗勇
副代表  木村 英昭
  同    大隈 優子(新任)
理  事  松林 豊斎
  同    高岡 宗裕
監  事  今井見江子
  同    森 美枝

顧  問  勢 宗正
  同    木村 桃山



大隈副代表経歴は当会役員紹介のページからご覧いただけます(こちら
 ▲トップへ

2017.05.01
日本アルジェリア外交関係開設55周年記念式典に参加します。
日仏茶道交流会では、在アルジェリア日本国大使館の招請を受けて、来たる7月5日にアルジェリアの首都アルジェにて行われる日本アルジェリア外交関係開設55周年式典に参加をさせてだくこととなりました。
式典に於いて茶席の担当をさせていただくほか当会副代表の木村による備前焼の展示を計画しています。
 ▲トップへ

2017.04.20
役員改選と2018年度新体制について(お知らせ)
日仏茶道交流会では去る3月31日に任期満了に伴う役員改選を行いました。

【2018年度の新体制】

代  表  森 宗勇(新任)
副代表  木村 英昭(新任)
理  事  松林 豊斎(新任)
  同    高岡 宗裕(新任)
監  事  斉藤見江子(留任)
  同    森 美枝(留任)

顧  問  勢 宗正(留任)
  同    木村 桃山(新任)

【退任】
森  宗勇(共同代表)
松林 豊斎(評議員)
高岡 裕子(評議員)


【解任】
木内 史子(共同代表)
木内 小夜子(顧問)
                         以上

 ▲トップへ 

2017.03.13
駐日アルジェリア大使館へ、ベンシェリフ大使の表敬を行いました。
 
日仏茶道交流会では、駐日アルジェリア大使館を訪問し、昨日12日に鎌倉で行われた一条恵観山荘の忠臣蔵茶会にご臨席を賜った御礼を申し上げ、特命全権大使・ベンシェリフ閣下への表敬訪問を実施いたしました。
アルジェリアと日本は今年、外交関係を結んで55周年にあたり、当会でも様々な企画に於いてお手伝いをさせていただくことになっています。
 ▲トップへ

2017.03.12
国重要文化財・一条恵観山荘にて忠臣蔵茶会を開催しました。
 
 
3月12日、鎌倉市にある旧一条恵観山荘に於いて、日仏茶道交流会の国内初企画、「忠臣蔵茶会」が催され、関係者約120名がご来訪されました。本席では赤穂大石神社、一条恵観山荘保存会、藩老森家正雅堂文庫、小川長樂家の協力を得て床に大石内蔵助の消息、茶杓は義士大高源吾手作の銘「人きり」、内蔵助が過ごした一力茶屋での供養で用いられた初代長樂作の赤茶碗を席中に用い、展観席では浅野内匠頭や、柳沢吉保をはじめ元禄赤穂事件ゆかりの人物の史料を並べ、併せて鎌倉彫の展示を行いました。また、お菓子は内匠頭切腹の地で知られる新橋新正堂様にご提供を賜りました。
第1席には駐日大使、旧藩主家のご当主などが来席され、午後には茶釜や茶陶、鎌倉彫作家をはじめ、書家や日本画家と言った作家の方々にもお越しをいただきました。
また、裏千家淡交会青年部の皆様にも多数御来席を賜りました。
 ▲トップへ

2017.02.18
当会図録が国立国会図書館に収蔵されました。
 

当会の図録いついて法令に基づき、国立国会図書館へ納めさせていただだきました。

関西館でも閲覧ができるとのことですので、ご来訪のおりは是非ご検索ください。

国立国会図書館サーチ...
http://iss.ndl.go.jp/sp

 ▲トップへ 

 
 
トップページに戻る

プライバシーポリシー   サイトマップ