ホームへ】【イワクラ巡りへ                                   Celesteのあちこち巡り歩き

真宮神社の環状列石(岡山県倉敷市)


真宮神社は、王墓山古墳群の中にある。近くには真宮6号墳とか番号を付けられた古墳が多数。
南には岩倉神社、北には楯築遺跡。
この真宮神社の周囲を環状列石が取り囲む。
いや、正しくは環状列石の中に神社の建物を造ったのだ。
直径約10mの正円に近い列石だが、南面の列石がなくなっている。
51個の大小の石で構成されている。
これは神社及び石段を造るために取り除いたものと考えられる。

真宮神社は石段を登り詰めたところにある。この石段の石はひょっとすると・・・・。



神社なのに鐘がある。神仏習合か?



もちろん鳥居もある。やはり石段の石が妙に丸みを帯びているような気がする。
環状列石の石を使ったのだろうか。



うしろから見た環状列石。
中央に神殿がある。


列石の写真1。



列石の写真2。



神社からまっすぐ奥へ進む。奥に見える岩は・・・・。


王墓山のページで紹介した大蛇の頭のような形の岩。今度は注連縄がある。


いつ見ても何とも不思議な形の岩だ。


ここからさらに北へ行くと家型石棺のある場所に行き、そして楯築遺跡に出る。
この丘は団地の造成のため大きく崩されているが、「神々の発見」によると、
かつてここには貴重なとぐろ型サーペント(神蛇)遺跡が合った形跡があるという。
女男岩遺跡というものがあり、地面を掘り下げて蛇の形が表されていたらしい。
しかし、その遺跡は倉敷市教育委員会の報告書に残るのみとなった。
何もこんなところを崩して団地にしなくても、平野部はたくさんあるのに。
失った遺産は二度と戻ってこない。

それにしても、同じ丘の北に楯築遺跡のストーンサークル、南に真宮神社の環状列石。
そして大蛇の頭型の石。
もっとじっくり調査をしていれば、日本に類を見ない貴重な発見だった可能性がある。
つくづく残念に思う。

ホームへ】【イワクラ巡りへ】【ページのトップへ


Celesteのあちこち巡り歩き
http://www.geocities.jp/celeste4851/