動画ファイルの使用コーデックを調べる方法

コーデック解析ソフト 真空波動研の使い方

動画変換ソフトを使ってファイル変換できない、エラーが出る、と言う様な場合、初歩的な原因を除いては大体が変換元ファイルのコーデック等に問題がある時です。  ファイルの内容が解れば対応策も見い出せますし、無駄な設定やカスタマイズをしなくて済みます。  また、インターネットのサイトからダウンロードした動画が再生ソフトで見れないと言う様な場合も、使用コーデックが解れば、そのコーデックをインストールする事によって見れる様になるのです。  ここでは「 真空波動研 」というフリーソフトを使って動画ファイルの中身を解析する方法を紹介します。  「 真空波動研 」は動画や音声の使用CODECなどを簡単に調査、判別してくれる便利な無料ツールです。

対応OS = 最新バージョンはXP/Vista/Windows7/Windows8/Windows8.1/Windows10など

真空波動研で動画の使用コーデックを確認する手順

① まず、最新版の 「 真空波動研 」を ダウンロード してインストールして下さい。

② インストールが完了したら「 真空波動研 」を起動します。

③ 解析したい動画( 音声 )ファイルを画面の中にドラッグ&ドロップします。

※ ファイルによっては映像だけ再生されたり、音声だけ再生されたり、エラーが出たりしますが、心配はいりません。

コーデック解析の手順3

④ 画面内の任意の場所にカーソルを置くと下図の様に動画の内容が表示されます。

コーデック解析の手順4

表示される内容はファイルによって若干異なりますが、ほとんどが以下の通りです。

● 映像部 = 縦横サイズ、色深度、使用コーデック、フレームレート、総フレーム数、ビットレート

● 音声部 = 使用コーデック、サンプリングレート、ビット深度、チャンネル数、ビットレート

● 全 体 = 動画の長さ、動画のサイズ、DRMの有無、などなど。。。

※ DRM(視聴期限)が有りの動画の場合は DRMを解除 してからでないとファイル変換ができません。

なお、動画の再生ソフトはコーデック不要の Gom Player( 無料 ) を使えば安心なのでオススメです。

以上、コーデックの調べ方は簡単でした!!

SITE MAP

ページのトップへ戻る