澄清湖

澄清湖の観光大門
澄清湖風景特定区管理所
住所:高雄県鳥松郷大埤路32号
TEL:07-370-0821
OPEN:6:00~21:00(チケット販売は17:30まで)
定休日:なし
入場料(風景区):100NT$(約300円)
入場料(海洋奇珍園):200NT$(約600円)
*高雄市バス(60番)澄清湖バス停より徒歩1分。

澄清湖は、高雄に工業用水や飲料水を供給するために整備された、人造湖。
景観が美しいことから「台湾の西湖」と呼ばれ、特定風景区に指定されています。

最初は大埤湖、その後は大貝湖と呼ばれていましたが、1963年、 水質が永遠に透き通っていますようにとの願いを込めて、澄清湖という名前に変わりました。
市民の憩いの場として人気があり、週末は観光客で賑わうそうです。

敷地は375haに及び、そのうち103haを湖が占めています。
湖の周辺には、一周約7kmの遊歩道が整備されていて、散策に最適。
建物を効率よく廻りたい方は、タクシーをチャーターしてください。

観光大門右側のチケット売り場で、入場券を購入します。おとなひとり100NT$(約300円)。
ここで購入するチケットには、海洋奇珍園の入場料は含まれていません。

澄清湖の券売所 入場券

観光大門をくぐると、蒋介石の銅像と、中国建築の建物が目に入ります。
この建物は、少し古くなっていますが、水族園として活用されています。

観光大門のすぐ右側に服務中心、インフォメーションセンターがあります。
風景区の地図が置いてありますので、必要な方はこちらで手に入れてください。

澄清湖入り口 服務中心

海洋奇珍園や澂清樓へ行かれる方は、観光大門の右手側へ進んでください。
鶴橋・自由亭と書かれた看板の横から、遊歩道に入ります。

赤く縁取られた、小さな橋が鶴橋。その右手に、東屋風の自由亭があります。
涼しい木陰にあるためか、年配のおばさま方がおしゃべりを楽しんでいました。

鶴橋 自由亭

自由亭を通り過ぎ、遊歩道を下ると、ロータリー状の広い道に出ます。
ロータリーを左側へ下ると、海洋奇珍園や、澂清樓へ向かいます。
ロータリーを下らずに、すぐ左側の遊歩道へ入ると、九曲橋方向へ行くことができます。

ロータリーの内部は、美しく整備された芝生が広がっています。
時間帯によっては、涼しげに水しぶきをあげる噴水を見ることができます。

澄清湖 噴水

海洋奇珍園は、蒋介石が作らせた地下核シェルター跡を利用した、水族館。
内部は全長200m、かつての通信室や会議室などが、そのまま展示室として利用されています。

展示されているものは、クマノミやシーアップルなど、やや地味な印象。
珊瑚や貝殻など、標本も大量に展示されています。

澂清樓は、蒋介石の別荘であった建物で、蒋介石のお気に入りの場所でもありました。
昔日の面影をとどめる内部は、日曜日のみ一般公開されています。

海洋奇珍園を後にして、九曲橋へ向かうと、途中から美しい湖面が目の前に広がります。
涼しい風が吹きぬけ、さわやかな空気を感じることができます。
対岸にはベッドタウンらしき、高層マンションが立ち並んでいます。

海洋奇珍園 澄清湖

九曲橋は長さ203m、コンクリートでできた白い橋。
中華圏では、魔物はまっすぐにしか進めないとされているため、ジグザグにかけられています。

九曲橋 九曲橋

九曲橋を対岸まで渡り、少し歩くと陶然閣が見えてきます。
他の楼閣が中国建築なのに、これは普通の公園の休憩所のよう。
豐原閣は、色鮮やかな中国建築の東屋。屋根の端に、魔除けの人形があります。

陶然閣 豐原閣

慈暉樓は白いコンクリート製の建物ですが、人の気配はなく、とても静か。
さらに西へ向かうと、中華民国48年12月に建てられた、記念碑があります。

慈暉樓 大貝湖完成紀念碑

下の写真は左から、富國島、雙蓮亭。
富國島にかかる吊り橋は、鶴橋や九曲橋とあわせて三橋と称されています。
富國島や雙蓮亭の東屋は、散歩の合い間の休憩スポットとなっています。

富國島 雙蓮亭

下左の写真は、澄清湖の南西の角にある、划船場。
船着き場という割には、ボートの類は見当たりませんでしたが、季節によるのかもしれません。

下右の写真は、划船場近くにある、辰子飛翔之像。
1986年、日本の田沢湖と澄清湖は、姉妹湖の提携を結びました。

これにより、1989年に提携3周年を記念して、日本から辰子飛翔之像が贈られたそうです。
噴水のおかげで、辰子飛翔之像に虹がかかっている光景を、見ることができました。

划船場 辰子飛翔之像と虹

澄清湖の南西エリアは、野餐区、泡茶区、烤肉区が整備されています。
それぞれ、ピクニックコーナー、お茶コーナー、バーベキューコーナーのことで、泡茶区では、朝からお茶の時間を楽しむグループがいました。

泡茶区 烤肉区

中興塔は高さ43m、七層の建物で、南京玄武湖の浩那塔と霊谷寺の霊谷塔を模して建てられました。 最上階から眺める湖はまた格別だそうですが、修復中で上ることはできませんでした。

中興塔から入り口へ戻る途中に、児童楽園の入り口があります。
遊具が並ぶ公園のような雰囲気で、小さい子ども向けのエリア。

中興塔 児童楽園

観光大門の外側には、レストランがあり、飲み物や軽い食事をいただくことができます。
下右の写真は、澄清湖のバス停。高雄市バス(60番)は、ここから乗ってください。
台湾鉄路高雄駅から澄清湖まで、バスで12NT$(約35円)、タクシーで200NT$前後(約600円)。

レストラン 澄清湖バス停

(2008.11.19)