CBR1000RR スーパースポーツバイク

CBR1000RR


CBR1000RR 2007年モデル
 CBR1000RRは、スーパースポーツというバイクカテゴリに分類されています。
ライディングをスポーツの一つという考えで、スーパースポーツバイクと言われているのだと思うのですが、バイクを積極的にコントロールしてバイクの動きを体感できるようになってくると、 ライディングのスポーツ感覚がより増してくると思います。
スーパースポーツバイクの中では乗りやすいとされているCBR1000RRですが、リッターバイクなので、ある程度乗れるようになるには、 それなりのライディングテクニックが要求されてしまうと思います。 2速でひっぱれば、あっという間に100Kmを超えてしまいます。通常の車と比較になりません。
 バイクのコントロールで最も大事なテクニックは、止まる事あるいは減速、ブレーキングだと思います。
直進を制限速度で走っていても、急に横から車が出てきたら急激に減速するか停止しなければ接触事故をおこしますし、 直進からコーナー手前では減速しなければなりません。 このくらいのスピードなら、確実にここまでは減速できるという自信がなければ、いつまでたっても恐れながらバイクに乗ることになります。 バイクの減速能力(制動距離)を感覚として身に着けることが、ライディングを楽しめるようになるための第一歩です。
 免許取得の試験でも、定められたスピードまで加速して停止するコースは、必ず含まれています。 雨で路面が濡れている場合は、特に停止線で止まれるのかと、思ったよりヒヤリとした経験があると思います。
バイクでの減速は、ほとんどフロントブレーキに頼ることになりますが、リヤブレーキをうまく利用することで一段とバイクコントロールが向上します。 リヤブレーキのポイントは、バイクの車体を安定させる目的で使用します。
リヤタイヤには過重がかかりづらくリヤブレーキをかけるとロックしやすいので、慣れるまでリヤブレーキを使いこなせませんがコツをつかむと楽勝です。 雨天時にコーナーでタイヤが滑りだしたり、滑りだしそうになったら、ジワーとリヤブレーキをひきずります。 フロントブレーキをかけたらフロントから滑って転倒しそうな場合に特に重宝します。
アクセルを開けすぎてリヤが滑り始めるのを感じたらアクセルを戻すのではなく、アクセル開度はそのままでリヤブレーキをひきずるのも有効です。 ギグシャグしない滑らかな走行ができます。リヤブレーキの制動能力はフロントブレーキよりも劣りますが、すべり易い路面や車体の姿勢をあまり変化させたく無いときにも便利です。
逆に、低速での切り返しやパイロンの切り返しで、リヤブレーキのブレーキングをきっかけに素早く車体の重心を変えるテクニックもあります。
リヤブレーキは止まるため減速のためだけに使用するものではないということです。
 CBR1000RRは、ビギナーからエキスパートまで、バイクを操るライディングの楽しさをプレゼントしてくれます。
CBR1000RRは、曲がる止まる加速のバイクの走りを純粋に楽しめるスパースポーツバイクです。
ライディングフォース
ツーリングとワイディング バイク走行
バイクの免許


<CBR1000RRインプレッション>
 400ccのレーサーレプリカに長い間乗ってきましたが、一番の違いはCBR1000RRは低回転でもトルクがあることです。
下のトルクがあるので400ccに比べて1速からのギヤ比が高くセッティングされています。
団地などの住宅地の切り替えしなど400ccなら2速で走る所などもCBR1000RRなら1速でクラッチを切りながら回っていく感じになります。 400ccよりも倍以上の排気量でバイクの車体自体もふた周りほど大柄ですが、クイックなので思ったよりも取り回しは重たくありません。
 バイクにまたがってすぐに思うことは、タンクの幅広さです。400ccよりもかなり股を広げている感じになります。あまり意識しなくても ニーグリップが出来ているのだと思います。
私はレーサーレプリカ(スーパースポーツ)に乗り慣れているので、あまりポジションは窮屈に感じません。クラッチを握ったかんじも400ccに似ています。
シート高は400ccよりも少し高くなった感じで目線もCBR1000RRの方が高いです。ハンドルを握ったとき、少し腰高に感じますがいい感じのポジションです。
 下のトルクがあるので、1速2速3速と進みだしてすぐにギヤをあげていく走り方になると思います。各ギヤでギヤ比のギャップを感じることなくスムーズに加速できます。 フロントブレーキもリヤブレーキもコントロールしやすいポジションで、安心してアクセルを開けることが出来ます。
 コーナリングも無理な操作をせず、アウト側のニーグリップを意識して曲がりたい方向へ目線を向けるだけでバイクがついてきてくれる感じです。 思ったより深いコーナだった場合でもバイクを再びねかすとインについたままコーナーリングできます。
低速でコーナーを回るとハンドルがどんどんインに切れ込んでいくのがよく分かります。このためリアステアはあまり感じにくい気がします。 400ccのレーザーレプリカは、CBR1000RRほどハンドルがインに切れこまなかったので400ccのほうがリアステアを感じていたと思います。
CBR1000RRではリアステアを感じたかと思うとフロント側もインに切れ込んでコマのようにコーナーを曲がる感じになります。これはまたこれで快感です。 知らない道でも思ったよりも早いスピードでコーナーリング出来ると思います。
 タイヤのグリップ感はスピードがあがると路面に吸い付いている感じがよく分かります。
ライディングフォース
ツーリングとワイディング バイク走行
バイクの免許


CBR1000RR 2007年モデル
 イグニッションにキーを差し込んでCBR1000RRのエンジンをかけた瞬間に、スーパースポーツバイクの興奮を体全身で味わえます。
微妙な体重移動で車体を操り、狙ったラインを通過して流れる景色と風を感じることで、バイクは走りの楽しさと興奮をプレゼントしてくれます。 バイクを操る楽しさを味わって、私もどんどんバイクにはまってしまいました。
 次のバイクはネイキッドでのんびり走ろうかと思いながらも、まだレーサーレプリカ(スーパースポーツバイク)に乗っています。 雨が降るとびしょ濡れ、冬は体が冷え切り、転倒すると怪我の確立も高い短所だらけのバイクですが、そんな高いリスクを背負っていてもバイクの魅力に 取り付かれたが最後、真冬でもバイクに乗ってしまいます。
ゆったりしたい時は車。走りを楽しみたいときはバイクに乗っています。 バイクには、バイクでしか味わえないスポーツ感覚があると思います。ワイディングを走る時の爽快感は気持ちをクリアーにしてくれます。
ライディングフォース
ツーリングとワイディング バイク走行
バイクの免許


<CBR1000RRメカニズム>
 CBR1000RRは、キャブレターではなくフューエルインジェクション(PGM-F1)によって空気とガソリンを 混合させてエンジンに送ります。バイク自体の状態(アクセル開度、エンジン回転数)以外に外気温、 湿度、気圧などの環境条件も入力情報としてコンピュータで計算され最適のガソリン混合霧をつくりだして燃焼効率を上げる仕組みのようです。 PGM-F1には自己診断機能が搭載されていてメーターの警告灯で確認できるようになっています。 (フューエルインジェクションは自動車には早くから採用されていました。)
 路面のギャップなどでハンドルのブレを防止するために、ステアリングダンパーをカスタム装着するライダーが多いですが、CBR1000RRには 電子制御のステアリングダンパー(HESD)が標準装備されています。ハンドルのセンターとフレーム前方センターを連結して作動するように なっているので、とてもすっきりしたシステムになっています。
低速時ではダンパーを弱くしてハンドルが軽く動き、バイクのスピードが上がるとダンパーが強くかかりハンドルのブレを防止します。HESDにも自己診断機能が搭載されています。
 盗難防止のためイモビライザシステム(HISS)が装備されています。
キーにチップが内蔵されていて、バイクのコンピュータにキーのIDが登録されていなければエンジンがかかりません。 ソフトウェア的にロックをかける仕組みです。ですので合鍵を作るときは、ホンダにスペアキーを注文してマスターキーと同じギザギザに 合わせて溝をきり(ハードウェア)、そしてIDの登録(ソフトウェア)が必要です。
 フロントフォークは倒立でエンジンは直列4気筒です。エンジンをかけた時の印象はホンダにしては攻撃的な感じです。
ライディングフォース
ツーリングとワイディング バイク走行
バイクの免許


CBR1000RR 2007年モデル
 私が始めて乗ったバイクは、NS50という友達のバイクで、カウル付でこれもホンダのバイクでした。
ピストンが焼け付いて動かなくなったバイクを、友達が安値で買い取りピストンとシリンダーを交換して動くようにしました。 シリンダーを外すとスカートが割れたピストンがでてきて、こんなものが動くようになるのかと疑っていましたが、 部品を組んでエンジンがかかったときは、
やったぁ!
と、自分のバイクではありませんでしたが大喜びでした。
これが、私とバイクの出会いです。
ライディングフォース
ツーリングとワイディング バイク走行
バイクの免許


CBR1000RR 2007年モデル
 アクセルをあければCBRが夢の世界へライダーを導く。
ライディングフォース
ツーリングとワイディング バイク走行
バイクの免許

Copyright© 久田タカシ all rights reserved.

CBR1000RR スーパースポーツバイク
899パニガーレとスーパースポーツバイク
レッツゴーW800
シエンタとホイール選び(鍛造軽量TWSアルミホイール)