WEBページを作るときは見やすい配色にする

1998年に行ったアンケート結果をご覧ください

  1. Webの好きな色 苦手な色 読めない色/アンケート結果
  2. アンケートその2
  3. アンケートその3
1番のアンケート結果から得られた考察

■はじめに

 このアンケートの回答者のほとんどは、「色覚異常」ではない人です。
「読めない」回答、「苦手」回答も、「色覚異常」の人ばかりではありません。
 それでも、他で行うアンケートに比べると、「色覚異常」の人の割合はやや高めだと思います。
 つたないながらも、結果をじっくりと眺め、考察をしてみました。

▼「読めない」回答が一番多かったのはno.07

庄太郎は町内一の好男子で、至極善良な正直者である。ただ一つの道楽がある。パナマの帽子を被って、夕方になると水菓子屋の店先へ腰をかけて、往来の女の顔を眺めている。そうしてしきりに感心している。そのほかにはこれと云うほどの特色もない。

 
  • 背景:「オレンジ」 フォント:「赤」

橙色の背景に赤い文字で、同系色同士no.7は、明度差も、色差もほとんどない組み合わせ。
きわめてもっともな結果に思えましたが、きれいなオレンジを使用しているためか、「好ましい」回答も4票ありました。

▼「読めない」回答が二番目に多かったのはno.23

庄太郎は町内一の好男子で、至極善良な正直者である。ただ一つの道楽がある。パナマの帽子を被って、夕方になると水菓子屋の店先へ腰をかけて、往来の女の顔を眺めている。そうしてしきりに感心している。そのほかにはこれと云うほどの特色もない。

  • 背景:「紫」 フォント:「赤」

「好ましい」回答がまったくなかったのがこれ。しかも「読めない」も14票獲得と、総合評価でワースト1! と言えそうです。

▼意外と多くなかったno.03

ところが、上と似たような組み合わせのno.03は、「読めない」回答が7票と、がくんと半分に減っています。

庄太郎は町内一の好男子で、至極善良な正直者である。ただ一つの道楽がある。パナマの帽子を被って、夕方になると水菓子屋の店先へ腰をかけて、往来の女の顔を眺めている。そうしてしきりに感心している。そのほかにはこれと云うほどの特色もない。

  • 背景:「ネイビー」 フォント:「赤」

これはどうしてでしょうか? 並べ順の関係で、目が疲れてきた最後の方と、そうでもない最初の方、ということも考えられますが、23は同系色同志の組み合わせだからかも? と思いました。

▼かなりの高率で読めないno.19

庄太郎は町内一の好男子で、至極善良な正直者である。ただ一つの道楽がある。パナマの帽子を被って、夕方になると水菓子屋の店先へ腰をかけて、往来の女の顔を眺めている。そうしてしきりに感心している。そのほかにはこれと云うほどの特色もない。

  • 赤背景(red:r:255,g:0,b:0)、黒文字(r:0,g:0,b:0)

見出しとして使われやすい、上の「赤い背景に黒い文字」ですが、「読めない」回答が多く、ハイリスクなのが分ります。

▼もっとも複雑な結果=no.04

「読めない」回答が11とかなり多く、「好ましい」回答も22と比較的多い

庄太郎は町内一の好男子で、至極善良な正直者である。ただ一つの道楽がある。パナマの帽子を被って、夕方になると水菓子屋の店先へ腰をかけて、往来の女の顔を眺めている。そうしてしきりに感心している。そのほかにはこれと云うほどの特色もない。

  • 薄い緑(#68d0a8、r:104,g:208,b:168,色名:mediumaquamarineの近く)に白抜きフォント

他に白抜きフォントにしているのは、no.15、no.20、no.24ですが、それぞれコントラストの強い組み合わせのせいか、「読めない」回答は少なかったです。
こちらは、背景が薄い色のせいか、「読めない」が多くなりました。その分、ドギツサのない優しい印象にもなりました。

淡い色に白抜きは、好ましくもありリスクも高いといえそうです。

▼「にがて」+「読めない」で計算すると

「にがて」(70票)+「読めない」(3票)で計算すると、この組み合わせもワースト組です。アングラ系のページでよく使われているこの組み合わせ、苦手なのは情緒的になのか、目への負荷のせいなのか、微妙ではありますが。

庄太郎は町内一の好男子で、至極善良な正直者である。ただ一つの道楽がある。パナマの帽子を被って、夕方になると水菓子屋の店先へ腰をかけて、往来の女の顔を眺めている。そうしてしきりに感心している。そのほかにはこれと云うほどの特色もない。

  • 黒背景(r:0,g:0,b:0) 赤文字(r:255,g:0,b:0)の赤黒い組み合わせ

黒背景(r:0,g:0,b:0) 赤文字(r:255,g:0,b:0)の赤黒い組み合わせ

▼赤-緑の組み合わせ

「色覚異常」というと、「赤緑色弱」という言い方があるように、赤-緑の組み合わせが特に苦手なんだろう、と思いがちですが、no.17は、さほど「読めない」回答は多くありませんでした。

庄太郎は町内一の好男子で、至極善良な正直者である。ただ一つの道楽がある。パナマの帽子を被って、夕方になると水菓子屋の店先へ腰をかけて、往来の女の顔を眺めている。そうしてしきりに感心している。そのほかにはこれと云うほどの特色もない。

  • 背景:「ライム」(r:0,g:255,b:0) フォント:「赤」