HOME > このページ
テーブルの作成・削除(DAO)


作業用のテーブルはその都度作成し作業終了後に削除しておけばデータベースはすっきりします。
テーブルの削除
 次のプロシジャはカレントデータベース内のテーブル「T_FIELD」を削除します。
 Sub テーブル削除()
   On Error Resume Next
    DoCmd.DeleteObject acTable, "T_FIELD"
    On Error GoTo 0
 End Sub

■テーブルの作成
 次のプロシジャは「FIELD名」「タイプ」「サイズ」(いずれもテキスト型:サイズは順に50、3、3)の3個のフィールドからなるテーブル「T_FIELD」をカレントデータベースに作成します。
Sub テーブル作成()
   
    Dim DB As DAO.Database
    Dim TableNew As TableDef
    
    Set DB = CurrentDb
    Set TableNew = DB.CreateTableDef("T_FIELD")

    ' 新しい TableDef オブジェクトに対して 新しい Field オブジェクトを作成し、追加します。
    With TableNew
       .Fields.Append .CreateField("FIELD名", dbText, 50)
       .Fields.Append .CreateField("タイプ", dbText, 3)
       .Fields.Append .CreateField("サイズ", dbText, 3)
    End With
    DB.TableDefs.Append TableNew
    
End Sub

フィールドのデータ型は次の定数で設定します。
定数 説明
dbBoolean ブール型 (Boolean)
dbByte バイト型 (Byte)
dbChar CHAR 型 (Char)
dbCurrency 通貨型 (Currency)
dbDate 日付/時刻型 (Date/Time)
dbDouble 倍精度浮動小数点数型 (Double)
dbFloat 浮動小数点数型 (Float)
dbInteger 整数型 (Integer)
dbLong 長整数型 (Long)
dbMemo メモ型 (Memo)
dbSingle 単精度浮動小数点数型 (Single)
dbText テキスト型 (Text)



ホームページに|前のページに|次のページに

CopyRight(C) 2004 cbcnet. All Rights Reserved