猫 の 乳 腺 腫 瘍
たすけあい ひろば

愛猫のために みんなで意見や情報を交換して助け合う コミュニティみたいな掲示板です

【使い方】

・閲覧、投稿するには このページの「広場へGO」をクリックしてください。

・掲示板の上部または下部のメニューで、一覧表示、ツリー表示 または トピック表示が切り替えられます。

・新たな書き込みは掲示板上部または下部の「新規投稿」をクリックしてください。書き込み画面が出てきます。  

・書き込みに対してレスを書き込む場合は、

   一覧表示、ツリー表示の場合は、それぞれの書き込みにある「返信」をクリックすると レス用の書き込み画面が

 出てきます。

   トピック表示の場合は、それぞれの書き込みのタイトルをクリックすると その書き込みだけの画面になりますで、

  そこにある「返信」をクリックしてください。

・ケータイでご覧になる場合は、掲示板上部または下部の「携帯用URL」をクリックして、携帯用URLを取得してください。

 (ケータイではPR(広告)が表示されますので ご注意ください。)

※掲示板に書き込まれた情報を利用される際には その情報について他のホームページや書籍等でもご確認の上ご利用くださいね。

『 たすけあい ひろば 』 ログから情報(抜粋・重複有り)2006年3月17日更新

治療 食事 ルミン アガリクス インターフェロン
病院 熊笹 漢方薬 メディカルA 肺転移・呼吸不全
自壊 治療費 化学療法 D-フラクション  
手術 免疫力 酵素製剤 泌尿器疾患 その他

過去ログ 2005.9月〜12月 (たすけあいひろばの一覧表示でも これまでの一覧がご覧になれます)

 

※この掲示板は 裏管理人がシステムの管理をしております。書き込めないなどの不具合の時は 裏管理人まで メールでご連絡を

※この掲示板はリンクフリーです。リンクしていただく場合は この扉ページをリンクしていただきますよう お願いいたします。

 

▼掲示板に書いていただいたプロフィールは レスの際に皆さまが参考にしやすいよう、

                             こちらに登録させていただきたいと思います♪

*猫ちゃんたちのプロフィール(敬称略)2006年1月3日更新(間違いなど訂正事項がありましたら掲示板からお知らせください)

飼主さんの

お名前

(敬称略)

猫ちゃんの現在の様子または経過

ひで

お名前

チビ

先日、愛猫チビの胸にあるしこりが気になり、近くの病院で診てもらいました。そこで乳腺腫瘍と告げられました。チビのしこりを発見したのは今年の夏ごろだったと思います。そして現在の大きさは約1cmほどなのですが、確実に夏より大きくなっているように感じます。皆さんのコメントや闘病日記を読ませてもらい、様々な対処法があると知ったので自分もチビに合った対処法を見つけたいと考えています。
先日見てもらった獣医さんの診察は触ってみただけで、詳しい検査はしてもらえませんでした。また口内炎も起こしているのですが、どちらもその獣医さんは即切除とうい治療法しか伝えてもらえませんでした。
自分は外科手術のリスクを考えると外科手術はできるだけ避けたく、漢方治療を望んでいます。もう一度別の獣医さんに診てもらい、外科手術か漢方治療か決めたいのですが、その先のことがまったく分からず悩んでいます。

【薬・サプリメント・治療】

種類

11歳

2005

12/28

【ホームページ】

お名前

 

2ヶ月ほど前からお腹にしこりがある事は気が付いていましたが
先日、病院に連れて行ったところ「乳腺腫瘍」との診断を受けました。
そして、今日も違う病院に診察に連れて行きました。
前回の病院では「腫瘍は2個」との診断でしたが
今日の病院では「米粒大の腫瘍がかなりの数あります」との事でした。
この病院では「早い段階での摘出」を進められました。
今まで殆んど病院にかかったことが無かったので
良い病院、医師の知識が全くありません。
この2つの病院が信用出来ないと言うわけではありませんが
札幌でベストな病院で手術を受けさせてあげたいのです。

【薬・サプリメント・治療】

種類 ヒマラヤンMix

14歳

2005

12/16

【ホームページ】

ちほ

お名前

みい

8月に乳腺腫瘍と診断されて、現在闘病中です。
腫瘍の大きさは2cm弱といったところでしょうか。

少し自壊を始めているのか生傷のようになっています。

大きさは8月の頃からあまり変わっていないのですが、

体重が減ってきているのが気がかりです。食欲がない訳ではないのですが、食が細くて・・・。
 

【薬・サプリメント・治療】漢方薬局で処方された、おたね人参とアクチノン

種類 シャムMix

20歳

2005

12/8

【ホームページ】

なるき

お名前

 

乳腺腫瘍で二回の手術をしました。
細胞検査の結果、転移も広まっている為これ以上の手術は猫を苦しめるだけなので、状況を見ていこうとの事。これからどういった事をしていけばいいのか皆目見当が付きません。
1度目の手術は2年前、お腹のしこりが水泡でありそれを取っただけ。
その後は1・2ヶ月置き位に溜まった液体を抜いていました。
先々月、ブドウ状の小さい腫瘍が目だってきたので検査をしたら悪性であったため急遽手術
脇下から足の付け根まで?のリンパ及び乳右一体と左の下を取りました。
現在は抜糸後2週間といった状態。ただいまの術後経過は順調、です。
お腹の傷を舐めたがるのでやっぱりサポーター胴衣?というのかな、あれを着せたままです。
この間は舐めて擦り剥けちゃって血塗れになってたので塗り薬の抗生剤を出して貰いました。来週辺り、レントゲンだそうです。

高齢猫ということもあり、また初めて最後まで、の猫でもあり不安です。
拾いの為正確な年齢がわかりません。生まれて間もない頃で家に来て12年です。
完全に室内飼いの為、避妊手術はしていません。

【薬・サプリメント・治療】

種類  

12歳?

2005

11/29

【ホームページ】http://cat.pelogoo.com/gure/

aiko

お名前

 

先日、うちの猫の乳の周りにしこりがあるのを見つけました。病院に連れていくと乳腺腫瘍と言われました。14歳というのもあり手術するのがすごく不安です。

23日に手術しました。
術後も元気にしてるのですが、顕微鏡で見るとリンパに転移してると今日言われました。
一瞬目の前が真っ暗になり弱気になりましたが、抗がん剤とアガリクスでこれ以上広がらないように治療を続けていきたいと思います。

 

【薬・サプリメント・治療】抗ガン剤、アガリクス

種類  

14歳

2005

11/13

【ホームページ】

リリ

お名前

 

ついさっき、うちのネコの乳の周りが腫れている事に気づき、ネットで検索していた所こちらを見つけ書き込みさせていただきました。。

1年程前にその腫れてた部分に小さいしこりができてたのは気づいてました。。けれど、なんだろう。。って位で放置してしまい、今大きくなってる事発見して動転してしまいました。。涙が出るばかりで。。うちは9歳半で不妊の手術もしてません。腫れは3cm大で初めの頃は固めのしこりだったのが、ぷよぷよしてます。腫れている部分は赤紫色に皮膚の色が変わってます。。

自分で見た所、大きな腫れの他にもう一つ、小さなしこり見つけたんですが、病院で見てもらった所、今の所、手で確認できるだけで他4個のしこりがあるそうです。血液検査、レントゲンの結果、肺への転移はまだ無いとの事で早急の手術を勧められ、30日に予約を入れてきました。一度では取りきれないので2度の分けての手術になるようです。乳房すべて取り、卵巣、子宮も取るようです。30日の手術後は早くて1ヶ月後に2度目の手術です。
【薬・サプリメント・治療】

種類  

9歳半

2005

11/26

【ホームページ】

まちゃ

お名前

ちぇりー

我が家の猫も先日乳腺腫瘍との診断を受けました。
猫を飼うのが初めてで数ヶ月前からなにやらしこりのようなものがあるのには気が付いていたのですが、病気に関して無知で、こんな大変な病気だとは知らず別に変わった様子もないため放置していたら乳首が腫れてきたためあわてて受診した次第です。
まだ1度診察を受けただけなのですが、この病院が「猫の乳腺腫瘍は積極的な治療はしません」との方針のためできれば手術を受けさせたいので別の病院を受診することに 。

左一番下の胸に2cmほどのしこり。乳首が腫れている。
右一番上の胸に1cmほどのしこり。
食欲旺盛。今現在まだとても元気です。
ときどき腫れている乳首が気になるのか毛繕いの時になめることがあります。

レントゲンでは肺への転移は見られなかったものの血液検査で白血球の数値が異様に高く(正常値の約8倍)肺への転移は時間の問題。もしかするとすでに始まっているかもしれないと言うことで早急に摘出手術と言うことになりました。

11/21手術。本来なら手術は一度きりで腫瘍が小さいうちに乳腺を全摘してしまうのが一番ということなんですが、今回は腫瘍が大きいこと、血液検査の結果が思わしくなかったこともあり無理をせず2度に分けての手術となりました。
現在のところ経過は順調で何の問題もないので、今後は経過と病理検査の結果とあわせて年明け早々にも2度目の手術を受けることになります。
【薬・サプリメント・治療】

種類 雑種♀

9歳

2005

11/17

【ホームページ】

はるあき

お名前

ちび太 2004年春-おなかに小さなしこりを発見。
2005年2月12日〜2005年2月13日-手術後一泊入院。手術直前1cmのしこりのほかにもうひとつ小さなしこりがみつかり同時に切除。避妊手術も同時にしてもらう。切除した子宮が異常に腫れているため、しこりといっしょに検査に出してもらうことに。
2005年2月16日-検査の結果、しこり2つと子宮すべて悪性腫瘍。子宮は腫瘍の境界ぎりぎりでの切除だったため、転移の可能性がある。このような場合1年以内の生存率は54%であるとのこと。
2005年2月21日-定期検診。手術痕はとてもきれい。
2005年2月26日-抜糸。消炎鎮痛剤、犬猫用D-フラクションを処方される。
2005年4月2日-採血、血液検査。下腹部、乳腺の腫れなどはないので、いまのところ

          再発 はなさそう。血小板の値が少し低い。
2005年5月6日-定期健診。下腹部、乳腺の腫れはない。

2005年12月−新たな腫瘍を発見。手術無事終了。元気な様子。体重4.8kgに増加。

【薬・サプリメント・治療】 バキソ(解熱鎮痛消炎剤)、犬猫用D-フラクション(マイタケエキス)

種類 キジトラ

13〜14歳?

2005

11/15

【ホームページ】http://www.alche.jp/neko/

はるあき

お名前

くろ太

2003年秋-おなかに大きなしこり(5cm以上)を発見。
2003年11月-動物病院で診察。老齢なので手術はしないで様子をみたほうがとのこと。
2004年春-しこりがおなかの皮膚をやぶって露出(自壊)。

       露出している部分の大きさは10cmほど。熊笹エキス入りの軟膏を塗ってみる。
2004年7月-露出した腫瘍から血がにじんでいることをのぞけば様子におかしいところは

       なにもない。軟膏は続けている。飲み水にも熊笹エキスを溶かしてみている。
2004年8月-朝から餌も水も口にせず、息も荒くなり様子がおかしい。

       大きな腫瘍の隣に小さな腫瘍ができていたがかさぶたになっている。
2004年8月末-最近はほとんど餌も水も口にしている気配がない。どんどんやせて骨と皮

              だけになり、息をするのもやっとという様子。腫瘍は硬く干からびている。

      軟膏はしみるのか、逃げまわる。水を無理やり飲ませようとしても嫌がる。

2004年9月初旬-だめもとでカル○ンのデリカスタイルを開けたら、もう生きているのがやっと

      かと思ったのに、半分ほどを一気にたいらげた。排泄もあるが、ほとんど寝たきり

      の様子。熊笹軟膏をつけようとすると嫌がって、そのときだけは走って逃げる。
2004年9月中旬-とうとうカル○ンも口にしなくなった。子猫用の粉ミルクと哺乳瓶を買ってき

      て与えようとしたが、嫌がって逃げようとする。

      後ろ足が腫瘍からにじみ出た血で汚れているので、拭いてやった。
      昨日拭けなかった足とからだを拭いてあげた。どうも呼吸がおかしい。
2004年9月14日未明-永眠。

【薬・サプリメント・治療】熊笹エキス(顆粒、軟膏)

種類

くろねこ

享年12歳

2005

11/15

【ホームページ】http://www.alche.jp/neko/

てるひこ

お名前

 


乳腺腫瘍にかかって今は食事も食べなくなりました。水のみ飲んでいます。

痩せてがりがりになって来ています。どうかして食事を食べて欲しくて堪りません。

もう自壊していますし、膿みも溜まっていて悪臭も出ています。トイレとかは行けています。初めてなので何をすればいいのか分かりません・・・。
 

【薬・サプリメント・治療】

種類  

 

2005

10/26

【ホームページ】

ニャンコ

ママ

お名前

  うちは10才の5キロのメス猫なんですが、乳腺腫瘍発見して1月ちょっと(現在1センチ大)の介護初心者です。
 

【薬・サプリメント・治療】アガリクス、フコイダン、Dフラクション

種類

10歳

2005

10/21

【ホームページ】

川崎

みく

お名前

  先日うちの猫ちゃんの乳の周りに何箇所か米粒程のしこりみたいのに気がつき健康診断を兼ねて病院に連れて行きました。その結果、脂肪の可能性もあるが乳腺腫瘍の可能性もあると言われました。血液検査の結果も興奮して鎮静剤の影響が結構あるがLDHと値が高かったのです。本当は鎮静を打たないでやらないと正確な結果がでなくて、数値も上がってしまうとの事でした。がしかし、暴れて手がつけれないほどでこれからも血液検査をするときは鎮静を打たないといけないかもと言われました。とにかく、ハッキリした事は、細胞を取って調べてみないとなんともいえないと言われ、取り合えずは1〜2ヶ月様子を見てしこりの大きさや数などに気をつけてチェックして又、来院して見せてくださいと言われました。念のために免疫を高める薬を病院に注文して万が一に備え免疫を高めようと思っています。

漢方やイフというペンダント等、色々調べましたが、何かいい方法があれば教えて下さい。

【薬・サプリメント・治療】

種類  

 

2005

10/11

【ホームページ】

小夏mama

お名前

小夏

一昨年、同じ母親から生まれた姉妹が乳腺腫瘍になり、2度の摘出手術後、爆発的に転移し、半年後に亡くなったことから、体質遺伝もあり、小夏も手術をしても同じ経過をたどる可能性が高く、獣医師と相談の結果、手術はしないことにした。

2005年  6月-腹部にしこり発見。動物病院で乳腺腫瘍の診断を受ける。

2005年  7月-(午前6時頻尿血尿。血液沈殿あり。膀胱に影) インターフェロン注射。

         (Baytril15mg1日1錠10日分。フード尿路疾患用に)

2005年  8月-体重4.18キロ。(膀胱炎結果良好 影無くなる。Baytril飲まなくてよい)

         腫瘍も大きくなっていない。ペットフードが気になり、安心なものに変更。
         (耳を痒がり、かきむしっている。耳垢がたまって炎症。)

                   尿検査の時期なので、尿を持っていく。尿のPh少し高めだが、採尿した時間

                   から考えて問題なし。体重4.32キロ。腫瘍大きくなっていない。

2005年  9月-腫瘍の部分の色がグレーになっているような気がする。
         体重4.23キロ。尿検査のため病院へ。尿のPh7。腫瘍2つになっている(一番

         下の乳首の上下に1つずつ)。もとあった上1個大きくなっている。

                   当日、翌日分インターフェロン点眼。アガリペット鮫軟骨開始

2005年10月-上の腫瘍が少し大きくなったように思う(小豆大)

         漢方薬局に問い合わせ。処方してもらう。漢方薬・ルミンA服用開始。

         チャーガ錠剤とアガリクス錠剤も止める。

2005年11月-午前2時から4時 頻尿。膀胱炎再発。目視では血液は見られなかったが、

         検査の結果、潜血あり。尿に結晶は見られない。今回も膀胱に影。体重4.4s

【薬・サプリメント・治療】漢方薬、ルミンA、アガリペット、アシスハートQ10、インターフェロン   

               点眼薬(2日点眼し2週間空ける)

種類

キジトラ

12歳

2005

10/4

【ホームページ】http://konatsubiyori.tea-nifty.com/

ゆきぴー

お名前

Peaちゃん

 

現在ソコソコの状態。

1999年  1月-米粒程度のオデキ発見。

1999年  2月-組織診、悪性腫瘍と診断。

        手術はしない方針。腫瘍は成長しない。

2004年  1月-腫瘍が成長を始める。

2005年  6月-腫瘍の一部自壊。

 

【薬・サプリメント・治療】カバノアナタケ茶、高麗人参、冬虫夏草

種類

ペルシャ入りミックス

白黒八割れ

18歳9ヶ月

2005

10/3

【ホームページ】http://www8.ocn.ne.jp/~gourmyan/

maribell

お名前

ベル

1955年  4月-出産。(もう1回くらい出産させたかったため避妊手術見送り)

2000年  1月-(肥大性心筋症と診断。血管拡張剤開始)

2002年  9月-引っ越しのため転院。(転院先の獣医の意向により血管拡張剤を中止した)

2004年12月-1cmほどのしこりを発見。乳腺腫瘍と診断。

2005年  1月-摘出手術。腫瘍が増えていて3つ摘出。

         手術後よりアガリクス(液体)フコイダンカプセル開始。

2005年  2月-手術した場所に再度しこり発見。

2005年  3月-摘出を勧められ再摘出手術。

2005年  4月-またしこりを見つけたが、このペースで手術を受けることを疑問に思う。

          違う病院を探 し始めた。

2005年  5月-転院。病院で出されたアガリクス(液体)に変更。

         (心臓も見てもらい、血管拡張剤を勧められ投与再開)

2005年  9月-乳首と皮膚の表面が赤紫色に変色してきた。

         自壊はしていない。舐めると傷つきやすい からということでベビー用の腹巻で

         保護している。最近 体重が減ってきた。

2005年 12月-肺転移が確認された。22日永眠。

【薬・サプリメント・治療】アガリクス(液体)

種類

10歳

2005

9/29

【ホームページ】

ユキ

お名前

愛(アイ)

無避妊(子どもが欲しいので していなかった)

2002年-乳腺腫瘍になるも、縮小する。

2005年  4月-乳腺腫瘍の再発(前回と違う場所だから転移?) リンパ腫の発病。

2005年  6月-乳腺腫瘍とリンパ腫の縮小。

                   飲ませていたもの:アガリクス (尿路結石を発症。食事を療法食へ)

2005年  7月-乳腺腫瘍再発(今回も別の場所)見る見るうちに大豆大までになる。

         (今回の再発は免疫低下によるものと私的に確信 。尿石用療法食を止める。)

2005年  9月-現在、腫瘍はいくつかあるものの、少しずつ縮小してきている。

                   肺への転移は無し。

2005年12月-健康診断の結果・・乳腺腫瘍は指に触れない位に小さくなりました。
         ルミンを一時ストップしてアガリクスのみです。。。
         以前リンパ腫が出来た側(左右4番目のお乳の間)に またウズラの卵大が。

         リンパ腫でも、乳腺種でもない良性の脂肪腫との診断。
         採血、採尿・・・正常
         12月からアガリクスのみにしました。

【薬・サプリメント・治療】アガリクス

種類

日本猫

三毛 ♀

6歳

2005

9/13

【ホームページ】

おざさお

お名前

ニャンちゃん

 

2003年  1月-米粒程度の腫瘍発見。

2003年12月-自壊。

2004年  3月-一回目手術。

2004年  6月-二回目手術後肺転移。

2004年12月-永眠。

 

【薬・サプリメント・治療】ベターシャーク、アガリクス(液体)、カバノアナタケ茶、漢方薬 、

                                 インターフェロン

種類

日本猫 雑種

キジトラ ♀

享年

16歳7ヶ月

2005

9/6

【ホームページ】http://www.h6.dion.ne.jp/~ozasao03/top.htm

花猫

お名前

らら

 

2003年12月-乳腺腫瘍と診断される。

               手術をしない治療法を選択。

2005年  3月-永眠。

 

【薬・サプリメント・治療】・漢方薬・猫インターフェロン

種類

日本猫 雑種三毛 ♀

享年

14歳2ヶ月

2005

9/5

【ホームページ】http://www.k2.dion.ne.jp/~claire/index.html

 

 

1 1