正ちゃんのホームページ


第三回 ファミリー凧あげ祭り 開催


開催日時:平成27年5月5日(火)10;00~14:30

開催場所:三木総合防災公園 中央・エントランス前芝生広場

       
 開会式場 各地より凧名人参加  6畳の大凧  凧作り教室風景 



今朝は快晴で、風も適当に吹く絶好の凧揚げ日和となった。
朝早くから、大阪の凧の会他、各地の凧名人が来て下さり
早朝から七色の100連凧他、珍しい凧が揚がっている

式場のテント張り等、式場の設営、3畳・6畳の大凧の組み立て
凧作り教室の準備等々 我々は大忙し、やっと準備ができ
予定通りの時間に開会式を開催出来た

 
 6畳の大凧の前で記念撮影





”揚がれ!希望の凧2015in三木”開催 お知らせ

開催日時:平成27年3月8日(日)10:00~14:30

開催場所:三木総合防災公園 中央・エントランス前芝生広場



東日本大震災の復興支援を、凧を通じて行う全国ネットのイベントです
それに三木も参加します

皆様のご参加をお待ちいたしております




平成27年新春凧あげ祭り


開催日時:平成27年3月8日(日)10:00~14:30
開催場所:三木総合防災公園 中央・エントランス前芝生広場

 




三木凧の会 「6畳の大凧」作成
平成27年新春凧あげ祭りの向け、6畳の大凧作成を決定!
10月5日(日)より作成にかかり、12月7日(日)完成!


*編集がまだできず、後日配信します



第150回「谷五郎のはりまーるラジオ」収録

平成27年1月23日(木)16時
場所:FMみっきい


広田副会長と2人で出向き
谷 五郎さんに収録を受ける


放送日:平成27年2月13日(金)21:00~21:30
再放送:平成27年2月14日(土)12:30~13:00



口吉川 ふれあいサロンへ凧作りの指導に行く

平成27年1月15日(木)
場所;口吉川公民館

口吉川地区の高齢者ふれあいサロンより依頼があり
スレットカイトの指導に行く




吉川児童館の焼き芋大会に凧作りの指導に参加

開催日:平成26年12月27日(土)
開催場所:三木市吉川児童館


年の瀬の忙しい時ではあったが、児童館の方からの要請があり
子供たちが外で遊ぶ喜びを知ってくれるならと思い、凧作り教室を開催し
100名ほどの子供に、スレットカイトの指導をし喜んでもらえた。



親子たこ作り教室開催

開催日:平成26年12月6日(土)
開催場所:三木総合防災公園


三木新春凧あげ祭りに向け、凧作り教室を開催
参加19組



みきボランタリーフエスタ2014に凧作りブース出店

開催日:平成26年11月16日(日)

開催場所:ボランタリー活動プラザ三木

今年も、会場に「3畳の大凧」他珍しい凧を飾りつけ、
インベーダーと名付けた、ビニール凧の作成指導を行い
子供たちに喜んでもらいました。





関西国際大学アジアン祭での凧作りブース出店

開催日:平成26年10月26日(日)

関西国際大学 三木キャンバスにて


今年も、アジアン際に、学生と一緒に凧作りブースを出店し、
親子で作った凧を子供たちがグランドいっぱいに走り回り
祭りを盛り上げてくれ好評を頂きました。


平成27年2月23日(月)




三木ものづくりスタジアム2014 盛会裏に終わる!!

平成26年7月27日(日)かじやの里メッセみき で開催された
”三木ものづくりスタジアム2014”
夏休みの親子連れが沢山参加され、盛会裏に終了しました!

三木凧の会 和凧ブース会場風景













 絵柄に合わせた型紙を作り、その場で絵付け


今回、金物の町 三木に相応しい”ものづくり教室”が開催されたことは、
次世代を担う子どもたちにとって素晴らしい事であったと思います。

 子ども達がワークショップや各教室で、遊び方やものづくりの体験を通じて
 創造性や表現力を養う良い機会になったのではないでしょうか。

当日は、一日曇り空で夏日の中でも比較的過ごし易く、親子連れが沢山来場されて
あちこちのブースから、工作をする金槌の音が聞こえ、うるさいくらいでした。

夏休みの宿題が出来たと子どもたちが喜びあっている姿に、それぞれが何かを会得し、
成長に繋げてくれる事を感じ、参加して良かったと思いました。

特に、凧の形が出来上がり、仕上げに原画の絵柄を吹き付けて出来上がった時
子ども達が飛び上がらんばかりに喜んでくれた姿は忘れられない。

次回は、6畳の大凧作りを計画中です

平成27年 新春凧あげ祭り に向け、

三木凧の会では6畳の凧を作る予定で準備を進めております。

三木凧の会会員は、大凧作りの体験を楽しみにしておいてください




平成26年8月11日(月)











三木ものづくりスタジアム2014開催

開催日時 : 平成26年7月27日(日) 10:00~16:00

開催場所 : かじやの里メッセみき  ( 道の駅 みき )

   会場入り口  
     
     
     
     


此のたび、三木商工会議所主催による”三木ものづくりスタジアム2014”
三木凧の会も参加することになりました。

プロの講師による、道具の使い方と、ものづくり体験教室です。

参加者は、事前に商工会議所に申し込みをしていただくことになっております。

皆さまの参加を、お待ち致しております。
和凧の場合は、30名受付で、参加費用は¥800-となっております。

なお、凧の会の皆さんにはこのイベントを、お知り合いの方にPRしていただくと同時に
ご自分も、ご家族お誘い合わせの上ご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。



平成26年6月19日(土)



親子凧揚げ(中止)お知らせ


本、5月5日に予定しておりました。
親子凧揚げ大会は、雨天になったため
中止と致しました。

 参加を予定して下さっていた皆様には、
ご迷惑をお掛けいたしました事、
深くお詫び致します。

本会は、毎年 1月・3月・5月に凧揚げを
開催する予定にしております。

開催は、ホームページ等でお知らせ致します。
皆様のご参加をお待ち致しております。


平成26年5月5日(月)


最  新 情 報


下記により、5月5日(月)三木総合防災公園で、親子たこ揚げ大会を開催。

幼稚園児から大学生・一般の方まで、家族の皆さんで参加して下さい。

お友達と凧揚げを楽しみましょう。会場で凧作りの指導もしますよ。

自分で作った凧が揚がった時には、どんな凧でも感動するものですよ。

参加者のみんながお友達になって、一日大いに楽しみましょう。

県外 市外の凧の会の皆さんが珍しい凧を持って
参加してくれますよ。





 


平成26(2014)年4月20日






”揚がれ!希望の凧2014in三木”盛会裏に終わる

3月9日(日)快晴に恵まれ”揚がれ希望の凧2014in三木”開会、先ず、参加者全員で 黙祷をささげる

オープニングに先駆け
「三木北高校の野球部」の皆さんが、東日本大震災直後から続けて来られた、
東北の志津川高校野球部」との交流実績活動記録をキャプテンに発表してもらった

三木の高校が復興支援に頑張って来ている姿を知ってもらえた事は良かったと思っている

オープンセレモニーには、関西国際大学の学生、中嶋樹菜さん(プロ活動者)のギター演奏により
二曲目の「花は咲く」を参加者全員で合唱し、復興のエールとした


サンテレビの取材を受ける

早朝からサンテレビの記者のインタビューを受け、
当日18時のニュースで会場風景と共に放映された。

画像をクリックしてください、大きくなります。


会   場    風   景
今回は、関西国際大学・三木市の県立高校4校・三木市高齢者大学
各校の先生と学生の皆さんが会場設営から、最後の片付けまで
手伝って下さった事は感謝感謝です。参加して下さった
皆さんの笑顔が、あちこちで見られる、良い会になってきている事を
主催者として嬉しく思っております。

三樹小学校五年生の連凧作りと凧揚げ
三木市立三樹小学校5年生により、”揚がれ!希望の凧”に向けて連凧作りを実施してもらい、
2月28日(金)の放課後に三樹小学校に出向き、連凧揚げを学生達と行った。
2本に分けてあげたが、風が弱くなかなか上げられず、手こずっていたが少し風が出てきて
無事2本とも揚げる事が出来た、揚がった時には感動の声が、あちこちで揚がり、
入れ替わり、立ち替わりしてその感触と天空の凧を見る目が生き生きとして、楽しんでくれた。



三木市役所へ「竹中半兵衛凧」を贈呈
平成26年3月3日(月)
黒田官兵衛が大河ドラマで流れる中、三木には竹中半兵衛と言う、偉大な軍師が同時代に居た歴史を伝えたい

画像をクリックしてください、大きくなります。

次回 予告

親子凧揚げ大会開催

日時:5月5日(月)子供の日 10時~14時半     場所:三木総合防災公園

*ポスターが出来次第HPでもお知らせ致します

どなたでも参加できます、珍しい凧を見に、そして会場で自分の凧を作って
揚げて見てください、凧作りの指導も致しますよ、楽しみに!

グループ・商店会・会社等で、自分達のシンボルマークを入れた凧を作ってみませんか?
ご希望があれば、凧作りの指導に伺う事も考えております、ご希望があればいつでも
下記へご連絡ください。折り返し連絡を差し上げます

[お問い合わせ] 三木総合防災公園管理事務所
電話 0794-85-8408



平成26(2014)年3月24日







1月13日に、”26’新春三木凧あげ祭り”を、先日開催したばかりですが、

3月9日(日)に全国ネットで開催される東日本大震災復興支援の凧揚げ大会に、

三木も参加します。今はその準備に入っています。
当日は、一人でも多く参加していただくよう、お待ち致しております。






1万5千人もの犠牲者への追悼と、東北の皆さまの復興支援を祈念して、

全国の皆さんと一緒に、
凧を通じて復興支援エールを送りましょう!


   凧” の販売 

(当日、会場にて凧の販売と、カイト作成の指導をいたします)


和     凧       ¥1,000-

ビニール製 カイト     ¥300-


*販売価格の一部(除く、材料費)を、義捐金とさせていただきます



皆さんの参加を待っています!

平成26(2014)年2月20日







26'新春三木凧あげ祭り

ー第五回三木総合防災公園新春凧揚げ大会ー
震災・風水害被災地の一日も早い復興を祈念して開催しました




平成26年1月13日(祝)心配していた天候も、快晴で風も有り、
絶好の 凧揚げ日和になる!
早朝より、沢山の親子連れ、大学から児童館までの学生・幼児・関係者
が参加の中開会

   

会 長 挨 拶
            

皆様,オメデトウございます。 ご紹介頂きました。私は、三木凧の会の会長を仰せつかっている、菅野でございます。  心配しておりました、お天気も皆様のパワーでこんなに素晴らしい、凧揚げ日和となりました。

この広大な芝生広場で、皆様と共に“三木新春凧あげ祭り”を、開催出来る事を嬉しく思っております。
今日は、どれだけの皆さんにお集まり頂けるのかと、心配しておりましたが。こんなに沢山お集まり頂き ビックリ致しております。主催者と致しまして深く御礼を申し上げます。

 一昨年の事になりますが、私が初めてここの“新春凧揚げ大会”に、参加した時には、2~30名の参加者で御座いました。それがこんなに沢山お集まり頂き、「三木総合防災公園」に“凧揚げ祭り”が定着した事を証明して頂きました。

 また、この“凧揚げ祭り“を成功させる為に、他府県・市外の凧の会の皆様方が、私たちの凧作りの指導をして下さっております、「日本の凧の会」の会員、武田先生を通じて、早朝より、遠くから応援に駆けつけて下さっております。 そして日本の珍しい凧をご披露して下さる事になっております。皆様と共に、拍手でもって感謝の意を表したいと思います!

           有り難うございます。  

 今回で、三木凧の会が発足してから、実質 2回目の凧揚げ大会になります。昨年は3畳の大凧を作り、皆様にご披露致しましたが。 今年は、本会立ち上げから今日まで、ご協力くださいました皆様と、会員の皆様、併せて100人の方方に、(表を上げる)このように、ひと文字づつ書いて頂き、1本の糸で繋いだ“絆を現す100連凧”を記念として作成する事が出来ました。これを基に皆様の交流の輪が広がり、親交を深めて頂ければと、希望致しております。

  また、今回、この凧に、三木市役所の皆様に名前を付けて頂きました。 ご披露致しますので。テントにご注目下さい。

        
命名 本凧を“希望を呼ぶ連凧”と命名する!

 素晴らしい名前を頂き有り難うございました。

本来、ここの凧揚げは、震災復興を祈念し、支援のエールを送る事を目的に始められたもので御座いますが。 活動しているうちに、私が感じました事は、凧を通じて皆が集まる事は、わが町に交流の輪が広がり、自分達で作った凧を揚げた時には、皆が一緒に感動を覚える。そこに”絆”が出来、”元気”が湧いてくる。その元気を、被災地に送るべきだと、強く感じました。

この、三木に元気を着ける為に、皆様と共に頑張りましょう! そして、この素晴らしい“希望を呼ぶ連凧”を、皆様と共に揚げ、大いに希望を呼び、そして送りましょう!

今日は、関西国際大学。三木市高齢者大学の皆様、市役所の凧の会の皆様、が大勢応援に参加して下さっております。また、オープンセレモニーに「別所ともえ太鼓」の素晴らしい演奏をして頂く事のなっております。

 児童館から大学までの生徒さん達、今日は先輩に大いに甘え、また先輩は後輩のめんどうを見てあげてください。 そして世代間交流の出来る素晴らしい場所にいたしましょう。

くれぐれも、怪我のない様に注意しながら、一日大いに楽しんで下さい。   
 ありがたうございました。

          平成26年1月13日(月)  三木凧の会 会長 菅野 正


”希望を呼ぶ連凧” 天高く舞い揚がる
ここをクリックしてください
26tako.wmv へのリンク

(本DVDは、三木市高齢者大学OBの馬場龍二氏の作品を使わせて頂いております)

*100人の皆様の文字を一本の糸で繋いだ”絆”を現す連凧、この後糸が切れて舞いあがり、
何処かへ飛んで行ってしまいました。

しかし、今回は関電が押部谷駅の東で回収し届けてくれました。

あ り が と う !

平成26(2014)年1月13日
 





”揚がれ!希望の凧2013in三木”


震災・風水害被災地への復興支援に三木市民が一丸となってエールを送ろう!



下のボタンをクリックしてください
高大の皆様へ 会長引受の経緯 NHK取材


2014.01.29

index.html2015へのリンク