老人ホームにもいろいろありますね

老人ホームにもいろいろありますね

大方の日本人は老人ホームと聞くと、明るくてハツラツとしたイメージではなく、どことなく寂しさの漂う枯葉色の印象があるのではないでしょうか。この高齢者の方々が居住している施設を老人ホームと一口で言っていますが、実はその内容も多様です。
老人ホームは寝たきりの方が居住していてそこで介護を受けながら生活をしている、そう思っている方が多いと思います。ですから、前述したような寂寞としたイメージを持たれてしまうようです。わたしの友人で介護士として経費老人ホーム働いている女性がいます。彼女から「軽費老人ホーム」という言葉を聞いた時にはどういった施設なのかと思い、いろいろと質問をしてみました。そしてその施設のイメージはとても明るくハツラツとした雰囲気のようです。ですから、そこで働いている彼女も施設に入居されている高齢者から元気をもらっているようで、元からの元気に更にパワーがプラスされています。
入居の条件は元気で自分の身の回りのことができることが第一条件です。ただし食事は施設から提供されます。ですから、一人暮らしになってしまい、3度の食事を作るのが億劫になってしまったという理由で入居する方も多いとか。確かに、一人分の食事を毎日3回も作るのは年齢が加算されればかなり面倒になるかと思います。その時間を趣味などに活かしている方が多いということです。わたしも将来のことを考えると軽費老人ホームを利用したくなりました。もちろん、軽費と銘打ってありますので利用料は低額ですが、介護が必要になった場合は退去しなくてはいけないということでした。高齢化社会にむけて元気で長生きな高齢者のためのこういった施設が増えてくれるといいですね。575

こちら


  >>次のページへ