カードローンにとは

カードローンもキャッシングも、消費者金融も、お金を借りる事に変わりはありません。 お金を借りるというと高い利息、怖い取り立てというイメージがまず浮かびます。 そんなイメージだけが残っていては、せっかく便利なカードローンも使われないままになってしまいます。 もしカードローンに怖いイメージしかないのなら、ちゃんと調べてそんなイメージを払拭させましょう。 カードローンについて少し調べてみましょう。

カードローンとは金融機関などで発行される、小口融資専用のクレジットカードで、「当座貸越」などともいわれます。 使途は自由で、一定の限度額の範囲で、自由に繰り返し借りることが可能です。 多くの場合はそれを分割払いで返済していくものです。 カードローン はキャッシュディスペンサーやATMなどで借入でき、リボルビング払いのシステムによって、毎月ほぼ一定の支払いです。

消費者金融のカードローンもこれと同様のシステムだが、そのカードローンシステムもかなり進んでおり、カード会社などのカードローンも同様の形です。 支払方法はリボルビングといっても、元金定額払い、元利定額払い、あるいは残高に合わせた残高スライドなど様々な方法があります。

クレジットカードのキャッシング機能もこのシステムと同様だが、このカードローンなどは、カードのキャッシング部分を専用カードにしたもの。

カードローンは銀行、信販会社、消費者金融などで取扱っています。 資金使途を問われないため、気軽に利用しやすい、他の目的別ローンに比べると審査基準も緩やかでカードの発行が早いという特徴があります。

ただし、自動車ローンや教育ローンなど使途がはっきり決まっている場合は、 専用のローンの方が金利が低くなるものもあるので、よく検討した上で利用するようにしましょう。

Last modified: Thu Aug 2 19:07:59 2007