キャプテンまっちゃん釣り日記

茨城の海でカヤックフィッシングやってます


今年初のお持ち帰り

更新情報:9月17日茨城の海

2016年9月17日(土)
茨城の海

今年初のお持ち帰り

ずーっと悪天候で船を出せずに8月が終わり、
9月になって、やっと船を出せた。
5時に出航、空は完全に秋の雲だ。

あちこち探ったけど、魚探の反応も無い。

海の上で待っていると潮目が近付いてきた。
全力で漕いで、潮目にジグを投げるとイナダが釣れた。

イナダだと思うけど、その後は潮目も消えて反応無し。

8時に戻ってイナダ1匹でした。

これが今年初のお持ち帰りとは。

 

2016年7月30日(土)
茨城の海

小サバのナブラ

前回以来、週末悪天候で船を出したのは
数回有るけどボウズ続き。

水温は上がったと思うけど、どうだろう。
4時半に出航、

ナブラが出てる。

イワシだろうか、小魚が跳ねている。

ジグにかかるのは小サバばかり。

下に別なのも居るよ、小サバだらけか。

ここの水深は20m以上あるけど、
小サバの群れに反射して、
半分以下になっている。

サバも小さいとパサパサして食えないもんな。
8時までやって、お持ち帰り無しでした。

ここで注意喚起
砂浜に置いたドリーを持っていかれた人がいました。

まっちゃんも経験有るけど、
そのと時はビーチクリーンで
ゴミとして集められていました。

『持っていくな』とかの札を付けるようですかね。

 

2016年5月8日(日)
茨城の海

7ヶ月ぶりの海

半年越えたっちゃよ。
別に病気でも車が壊れたでも無い。
ずーっと悪天候続きで船を出せなかった。

4時過ぎに出航

ベタ凪の海を進む。

魚探に反応無し、仕掛けにも反応無し。

動力船が集まってるけど
釣れないようですぐに移動。

こっちはココで粘るしか無い。
一度、ググッと魚信が着た。
巻き上げると重いけど、暴れない。
こりゃヒラメだなと期待したら逃げられた。

その後は急に風が強くなった。
陸を見ると砂埃がかかってる。
『これは本当に危ない』
陸に戻ろうとしても歩くより遅い。
戻るだけで一時間以上かかって上陸。
当然、ボウズです。

磯崎灯台の観測値を見ると

急に強風になったのが判る。

予報は日立も

大洗も強風じゃないけど

天気図も前線とかは無いけど

無事に帰れただけでもですかねえ。


2015年10月10日(土)
茨城の海

漁船は居たけど

6時前に出航したら出口を漁船が塞いでいた。

『コラー、網入れるんだ!』と怒鳴ってる。

向こうは生活がかかっているから
大人になって待ちましょう。
網を遠回りして沖へ。

漁船が集まるってのは魚が居る証拠、期待して沖へ。

途中で、何かでかいのが飛び上がったけど
あれ、サメじゃね。

いつものドチザメとかじゃなくて、
普通のサメだよ。

今年は大洗でサメの目撃情報が有ったから
居てもおかしくないよね。

サメに会わない事を祈って
あちこち探って、
時々魚探に反応が出るけど、

9時まで粘って魚信無しでした。

 

2015年10月4日(日)
茨城の海

クラゲだらけ

昨日は散々だったけど、今日も出航。

鳥山かと思って近づいたけど

単に羽を休めていたようです。

魚信が無い中で海を見るとクラゲだらけで、
傘の直径30cmぐらいのが何匹も居る。

近づくと逃げてしまうので、
カメラを沈めて撮ったのがこれ。

この海には何年も通っているけど
こんなにクラゲを見たのは初めて、

海が変わっているのだろうか。

で、お約束のボウズでした。


2015年10月3日(土)
茨城の海

水温は高いけど

製造業なんで、シルバーウイークは無かった。
ずーっと海の状態は悪かったから関係無いけど。

やっと海が静かになって6時前に出航。

波は低いが、風が強くて海面は有れている。

ジグにサバが食いついたけど

先月より小さくなってね。

沖堤も強風

魚信は有ったけど
タモを探している間に逃げられた。
その後は反応無し。

魚探には反応が出るけど

コレってクラゲじゃね。

あちこちにクラゲが浮いてるし。

9時まで漕いで
お持ち帰り無しでした。


2015年9月5日(土)
茨城の海

夏は終わっていない

大企業なんで夏休みは9日間。
家の用事も無かったのに
連日の強風と高波で船を出せなかった。
その間に鮎釣りにも出かけたけど
渇水でボウズ連発。

最近は急に肌寒くなってきた。
このまま、夏は終わってしまうのか?

いや、望みは有るハズだ。
9月になって波と風が治まったので、
6時前に出航。

ベタ凪の海に魚探の反応も無い、
サビキを入れても何も無い。

それでも沖を目指すと潮目にボイル発生。
ジグを投げるとガツンと着た。
引きは強いが軽い。
って、ことは。

サバでした。

まあまあのサイズなのでキープ。
その後もあちこちにボイルが出るけど、
サバばかり


これ、全部サバ?

それでも、40オーバーのアジも居た。

8時過ぎまで粘って
アジ2匹と

サバ7匹でした。


2015年8月1日(土)
茨城の海

水潮続き

先週から大雨も無いから
水潮は無いだろう。
4時半に出航

ベタ凪だけど水を舐めると
塩気が少ない。
まだ水潮かよ

沖堤まで行っても水潮で
当然魚の反応も無い

ベタ凪なんで海面に太陽が写る。

水も用意してあるから何時間でも粘れるけど
心が折れて8時に戻った。


2015年7月27日(月)
茨城の海

水潮3連敗

5時に出航

ベタ凪無風だけど
舐めると水潮だった

沖堤まで行っても水潮

当然、魚信も無い。

今日は霧が無くて
阿字ヶ浦が見える。


と、思ったいたら霧が迫ってきた。


陸が見えねーよ。

戻る頃には陸も霧でした。

3連休は水潮で3連敗でした。

2015年7月26日(日)
茨城の海

まだまだ水潮

4時半に出航

水を舐めると
昨日より塩気が有るけど
まだまだ水潮

2000m沖の沖堤まで来ると
塩気が少し多くなった。

魚探に反応が出た

ジグサビキを下すと
小さな魚信。
軽いけど結構走る
サバかな?

サバでした。
小さいのでリリース。

その後は何も無く8時に戻った。

海辺ではビーチクリーンが始まってた。

魚が釣れたら
『俺は早く帰って魚を捌くんだ』
なんだけどね。

まっちゃんも参加しました。

2015年7月25日(土)
茨城の海

水潮

4時に出航
無風ベタ凪、水温も上がった。
夏の海でしょ、期待できるでしょ。

でも、さっぱり。
魚探に反応も無い。

潮を舐めてみると塩気が無い、
雨水が入って水潮になっているんだ。

水潮は何度も経験したけど
今日のはすごい
全く塩気を感じない
このままゴクゴク飲めそうだ。

周りを見ると、
あちこちに流木が浮かんでる
雨で流されたんだろうけど
どんだけ入ったんだよ。

でも、沖に行けば大丈夫、
魚も居ると思ったけど。

2000m沖も水潮でした。

所々に背びれが見えるけど
ジグを投げても反応無し。
表層狙いで巻いても反応無し。

その内に霧がかかってきた。

近場に戻って
あちこち探ったけど反応無し。


魚信も無いボウズでした。


2015年7月12日(日)
茨城の海

霧が迫る

昨日はショボかったけど
海は一日で変わる事も有る。

期待なのか懲りないのか
4時に出航

ベイトの反応は有るけど、大物は居ない。

沖堤には遊漁船や2馬力が集まってきたけど
釣れないのか、すぐに移動して行った。

こっちは遠くに行けないので、粘っていたけど。

遠くのクレーンが霞んで見える。

南から霧が迫ってくる。

戻らないと危ないでしょ。

本当は画面左側に沖堤が映るハズだけど

全然見えない。

8時まで粘って

まあまあのアジ1匹でした。

2015年7月11日(土)
茨城の海

雨は無いけど

波浪注意報が出てるけど海はベタ凪。
4時に出航、

ベイトの反応は有って、
イワシや豆アジは掛かるけど大物が来ない。

沖堤もさっぱりだけど、南からのうねりが大きい。

8時まで粘ってボウズでした。 


2015年7月3日(金)
茨城の海

雨でも行けるけど

休みが取れたけど梅雨前線が居座っている。
普通は雨が降ると風も波も荒れるけど
今日は行けそうだ。

4時半に出航だけど

雨で沖が霞む

ベイトの反応は強く
水深が2mとかを表示する。

恐らくイワシ玉ができているのだろう
サビキにカタクチイワシがかかるけど
ジグには小サバがかかるだけ。

沖堤の外に出ると南からのうねりが大きい

南の梅雨前線からのだろうか

いつまでやってもカタクチイワシばかり
その内に雨も強くなった。
濡れるのは平気だけど
視界が悪くなるので危ない。

7時に戻ってボウズでした。


2015年6月13日(土)
茨城の海

霧が晴れたら

海の天気は一日で大きく変わる
木曜は良い天気だったけど
金曜は雨
土曜は濃霧となった

太陽が昇れば霧が晴れると確信して4時に出航
陸が見える範囲しか行けない

太陽は高い位置に有るはずなのに
霧が晴れない
魚の動きが判らないのか
海鳥も浮かんでいるだけ

7時頃になって視界が開けたので沖に出た
魚探に反応が有るけど、カタクチイワシがかかるばかり。

魚探の反応も大型魚の姿が見えない
イナダとかの青物はどこに行ったのだろう

それでもジグを曳いていたらズシンと着た
暴れないけど重い
やっと上げたのは64cmのヒラメ

9時まで粘って、この1匹だけでした。

腹を開くと大きな卵巣と肝臓が見える。

卵巣でかい

肝臓もでかい

子持ちカレイとかは旨いけど
ヒラメはどうだろう

塩ゆでしてポン酢で食べたらうまかった
次は煮つけにしてみよう

次も釣れたらだけど。

2015年6月14日(日)
茨城の海

陸が見えない

海の天気は本当に一日で変わる

今日も濃霧なので5時に出航
視界が開けたので沖へ

イワシの反応が凄い
ここは水深20m近くなのに
イワシの群れに反応して3mになっている
イワシ玉ができているのだろうか
これって捕食魚に襲われた時にできると言うから
周りにジグを投げても反応無し
コチやヒラメではと思って
ワームを投げても反応無し

沖堤に行ってもイワシの反応
ジグサビキを入れると
サビキだけにカタクチイワシが食いついてくる。

でも、待っていたら鳥山ができた。
ジグを投げて誘いをかける。

この鳥山を狙ってる間に霧がかかってきた。

後ろを見ると霧で陸が見えない。

やばい、戻ろう。

全速力で戻ったら視界が開けた、
もう一度行っても良いけど
今日は曇り空なので、
また霧がかかるかも知れない。

今日は無理だな、
8時に戻ってボウズでした。

昨日のヒラメを捌くのに
40cmのまな板じゃ苦労した。

ジョイ本行って
70cmまな板を買ってきました。

で、いつ使うんだよ。


2015年6月11日(木)
茨城の海

もっと粘れば

休みが取れたので4時に出航

海で朝日を迎える

カタクチイワシの反応は有るから期待できるだろう
潮回りの良い沖堤で待っていたら
イナダがかかった。

でも、群れが小さくで2匹で終わり。

そのうちに乗合の釣り船が来て
マイクで怒鳴ってる。
邪魔だ出て行けって事だろうけど
イナダを2匹上げた時に
客はボウズだったようだ。

乗合の釣り船は危ないのが多い
客が釣れないと船頭のせいにされる
近くのカヤックが釣れるのに
何で釣れないんだと責められるんだろう。

ここは大人になって
ポイントを譲ったけど
釣れないと判ると遠くに行った。

それだけの機動力が有れば他を探せよ。

そのうちに潮止まりになると小魚の反応も無い。
このまま潮が動くのを待ちたいけど
南から雲が広がる。

 ラジオからは九州の大雨を伝えている
1000キロ以上離れているけど、
前線の端が近づいているのだろうか?

もう少し粘りたいけど7時に戻って
イナダ2匹でした。

磯崎灯台の観測値を見ると
風が強くなったのはお昼頃

もっと粘れば良かったな。


2015年6月2日(火)
茨城の海

鳥山へGO

休みが取れたので4時に出航。

所々に魚探の反応が有るけど
カタクチイワシがかかるばかり。

潮回りの良い沖堤で待っていると
鳥が集まりだして鳥山ができた。

あちこちにライズも見える。
ジグを投げるとズシンと着た。

今までは横着してジグサビキ(幹糸4号)で
投げていたけどライン切れ多発。
今回はサビキを外して6号リーダーに直結。
グングン引くけどライン切れ無しで楽しめた。

イナダは3匹

アジは1匹だけど良型

まな板は40cmです


2015年5月31日(日)
茨城の海

小アジばかり

4時に出航

水温は18℃近く

青物が居ても良いはず。

動力船の人からも
『昨日はここでヒラマサが釣れたって』
情報が入った。

期待してジグサビキを入れるが
サビキに小アジがかかるばかり

まあ、食べる分は釣れたから良いでしょう

アイナメと良型のアジ

他は小アジばかり


2015年5月23日(土)
茨城の海

ソイの皮は硬い

4時に出航
水平線に朝日が昇ってくる

水温は15℃
アジとソイが釣れたけど
小サバばかり釣れる。

もうちょっと大きければね

そのうちにスナメリが集まりだして
船の周りに2?3匹が泳いでいる。
こいつが居ると釣れないんだよね。

8時まで粘って
お持ち帰りはアジとソイでした。

思い付きでソイは皮のまま
炙りにしてみた。

そしたら、皮が硬くて噛めなかった。
失敗だった。


2015年5月10日(日)
茨城の海

鳥山ライン切れ

風が治まったので5時に出航。

魚探に反応が有るけど
サビキを下しても食いつかない。

沖に鳥山が出たので全速力で移動。

鳥山にルアーを入れたら、ガツンと着た。
イナダだろうか?、グングン引き込んで行く
タモを取り出そうとしたらライン切れ。

その後は鳥山は起きるけど反応無し。
唯一のチャンスを道具のメンテ不足で逃してしまった。


2015年5月6日(水)
茨城の海

ジグにカレイ

GWは用事続きで最終日にやっと船を出せた。
5時半に出航
水温は12℃を超える
魚探の反応にサビキを下すとカタクチイワシ
ベイトは来ているようです。

ジグをしゃくると魚信が着た
ん、ヒラメ?

何か違うぞ。
カレイだよ、ジグに食いついている。
ヒラメならリリースサイズだけど、
カレイなら良いでしょ。

その後もカレイがかかる。

他にはサッパ。

引きが強いと思ったらサバのダブル。

もうちょっと大きければね。

海はベタ凪。

10時に帰航、お持ち帰りはカレイ1匹でした。

ネットで聞いたらムシガレイでした。

腹を裂いたらイカが出てきた。

って、お前、プレデターだったんか。

 プレデターは塩焼きに。 

 

2015年3月27日(土)
茨城の海

正直者の船長

釣具屋の親父と並んで嘘つきなのが
釣り船の船長。

『じゃんじゃん釣れてます』の嘘とか
小魚を広角で撮って大物に見せるとか普通だ。

それなのに
『(水温低下で)釣行はしばらく見合せた方がいいでしょう』
『期待と希望は持たないで釣行して下さい』
なんて…。

おいおい、生活がかかってんだろうが
良いよ、あんたらの嘘なんかしょっちゅうだから。

何十フィートの本職船がこれだもんな。

6時過ぎに出航、

相変わらずの9℃前後の低水温で、
魚信どころか、餌も食わない。

海鳥も堤防の南側で日向ぼっこ。

沖堤も海鳥が日向ぼっこ。

海はベタ凪

この好天は明日も続くけど、
一日で海の中の回復は無理だろうな。 


2015年3月15日(日)
茨城の海

漕がなきゃ寒い
昨日は散々だった。
でも、今日は一日を通して安定する予報だから、
カレイ狙いで長期戦だ。

6時半に出航

曇り空で寒い
水温は7〜8℃
アオイソ付けて待てど暮せど魚信は来ない。
風に流されて誘いもかけたけど反応無し。

発電所の排水口辺りは水温が10℃に上がる

期待したけど反応無し。

沖堤に船が見える
行こうかと思ったけど、すぐに居なくなった。
向こうも釣れていないんだな。

風は弱いから何時間でも行けそうだけど
漕がなきゃ寒い。
魚信無しのボウスで9時前に戻った。

沖釣りも絶不調のようで
水産試験場の観測値を去年と比較すると
明らかに低い。

まだまだ時間がかかりそうだ。


2015年3月14日(土)
茨城の海

海を忘れて4カ月
オーバーヒートして車が壊れて以来
海に出ていない。

ガスケット抜けの重傷で
修理に時間がかかった後は
悪天候続き

311の津波の後だって2カ月足らずで海に出たのに
毎週毎週天気図見て
やってお船を出せる状況になった。

6時半に出航

水温は7〜8℃

絶望です、ルアーに反応無しです。


沖堤に行っても状況は変わらず。

根魚狙いでアオイソを下しても
根がかりばかり。

9時過ぎまで3時間粘ったけど
魚信無しのボウズでした。

その後は風が強くなったから
戻って正解でしたけど。




 

メールは captain.matchan@gmail.com まで

釣り日記

カヤック修理

船舶免許取得記

相互リンクのページ

掲示板・ゲストブックspamにやられて閉鎖中