←Back

[Home][旅日記INDEX][レクチャー準備編][レクチャー準備編][オスピタレイロの手紙][準備・持ち物リスト][ガイドブック][疲れない歩き方][スタート地点までのアクセス]

[Map][意味と象徴][役立つLINK集][先達からのMail-Essay][なんちゃってカタカナ・スパニッシュ][アルベルゲ]

エル・カミーノ巡礼紀行
−スタート地点までのアクセス−
時期や航空会社・交通機関の都合によって、正確なものを記載するのは不可能です。よって、先輩方の使ったルート及び交通機関を、そのままメモします。ご参考になさってください。
サンジャン・ピエ・ド・ポー

■ひまわりさん■

エール・フランスで
関空→パリ
(シャルル・ド・ゴール空港)→トゥールーズ(国内線乗り換え)
トゥールーズのホテルで1泊
翌朝の始発電車でトゥールーズ→ルルド(途中下車)→バイヨンヌ(乗り換え)
→サン・ジャン・ピエ・ド・ポー
という風に行きました。


☆日本→パリ→トゥールーズ(1泊)
 エールフランス 12:35 関空発
         18:00 パリ(シャルルドゴール空港)着
         21:25 パリ(   〃      )発
         22:55 トゥールーズ空港着
☆トゥールーズ空港→駅前バスターミナル
 現地到着が夜遅いのと、翌日早朝の列車に乗りたかったので
駅前のホテルを日本から予約していきました。
 シャトルバス(3.7ユーロ) 23:30空港発(最終)
※乗客は私一人でした。
0:00頃ホテルにチェックイン
ちなみに空港のインフォメーションに聞いたところタクシーだと30ユーロ程度だそ
うです。
☆トゥールーズ→ルルドに途中下車→バイヨンヌ(乗換え)
 列車(31ユーロ) 6:05 トゥールーズ発
           8:04 ルルド着 (ルルド散策)
          12:05 ルルド発
          13:45 バイヨンヌ着
☆バイヨンヌ→サンジャン
 列車(7.2ユーロ) 15:04 バイヨンヌ発
            16:03 サンジャン着

  
 

■さとえさん■


日本(成田)−パリ(シャルルドゴール空港)
エールフランス275便

成田/12時25分発ーシャルルドゴール/同日17時40分着
パリで2泊する予定でしたので日中にパリに着ける便を選びました。
(実際は1時間ほど遅れて到着しましたが)。
ちなみにオープンジョー(パリin、バルセロナout)で11万8千円でした。
パリールルド(73.90ユーロ)
TGV8516便(電車)
パリ/10時10分発ールルド/同日15時42分着
パリには4つ駅があって何処の駅だったか今は分らないです
(調べれば分りますが)。
ルルド行の電車はあまり本数もないようなので
午前か午後かで選びました。これも明
るいうちにルルドにつきたかったので選びました。
ルルドで2泊しました。
ルルドーバイヨンヌーサンジュアン(21.50ユーロ)

電車とバス
ルルド/6時41分発ーバイヨンヌ/同日8時28分着(電車)
バイヨンヌ/同日9時5分発ーサンジュアン/同日10時15分着(バス)
ルルドの駅でルルドからサンジュアンまでのチケットを取りました。
朝やたらと早かったのですがこれしかないと言われたので・・。
フランス語が出来ればもっと他の便があったかも。
出発前に皆からバイヨンヌからサンジュアンまでは
電車で行ったという話ししか聞い
ていなかったのでチケットに
AUTOCARと書いてあったときは意味が
よく分らなかったんです。
まさかバスだと思わなかったので・・・。
しかも電車の会社と同じ会社のバスなので
駅の電車の時刻表示のところにも書いてあるんですよ
(さすがに番線は書いてませんでしたが)。
バス停は駅のまん前です。


 

  
 

■日男さん■


私が昨年秋に行ったときは
(皆様と違って)出発をギリギリまで躊躇っていたため、
格安航空券を探している余裕がありませんでした。
(というか、その頃はもう恐らく入手不可だったことかと。)
さらに、帰国せねばならぬ日が決まっており、
H.I.S.で訊いたところ、
該当する日にスペイン国内から日本に向けて発つ便はない
とのことでしたので、結局
ボルドー発着のAir France便(15万円
を購入しました。
・・・というわけで、あまり参考にはならないかも知れませんが、
とりあえず、私の巡礼前後の行程は、次のようなものになりました:

[行き]
9/23 大阪発
飛行機(Air France)
9/23 Bordeaux, France (1泊)
電車(TER)
9/24 Bayonne, France
電車
9/24 St Jean Pied de Port, France (1泊)
(SJPPを9/25に発ち、サンティアゴには10/20に到着)

[帰り]
10/28 Santiago de Compostela 発
電車
10/28 Hendaya, France (1泊)
電車(TER)
10/29 Bordeaux, France (1泊)
飛行機(Air France)
10/31 大阪着

それから準備についてですが、
旅行ガイド本、靴、パック、寝袋などを買い始めたのは
9月に入ってからだったと思います。
パスポートは7月に取っていたのですが。
また、スペイン語&フランス語の勉強は
出発の1週間前になってようやく手をつけるというありさまで、
現地語力皆無の状態で旅立つことになってしまいました。
・・・以上、少しでもお役に立てば幸いです。

 

  
 

■いさじぃさん■


サンジャン入りのルートを色々検証しましたが、
今のところ、最安値チケット(アエロやアジア系)に拘らない場合として
ヨーロッパ系の2フライト付きで、行きやすい方法を探しました。
ルルドに寄りたい場合は、トゥールーズ着。
サンジャンにダイレクトに行く場合は、ボルドー着。
トゥールーズ〜ルルド間。
ボルドー〜バイヨンヌ間。
ともに、電車で2時間程です。
午前着の便にすれば、
両方とも早いうちに(午後いち)、目的地に到着できることでしょう。
帰りはオープンジョーにして、マドリッドからの帰国。
このルートで確認が取れている航空会社は、
エールフランス、スイスエアー、英国航空、アリタリアです。
その他、ヨーロッパ系もたぶんあると思います。

追記

その他、SASとKLMとルフトハンザが就航してます。
ルフトハンザに至っては、なんとサンチャゴ・デ・コンポステラにも
飛んでおります。
   えらい!!!!
※コードシェアとあったので、このフライトは
ヨーロッパの小さな現地航空会社と思われます。呼び寄せ便と言うのがあります。
JAL、ANA、KLMの3社から選べます。カード購入も可。

  
 

■tatoさん■

MADRID-IRUN/HENDAYA-BAYONNE-St.J.PIED de PORTと移動するのも可能です。
ただ、CONTINENTAL-AUTOにMADRIDを
夜0時半発車IRUNに朝7時頃到着予定のバスがあるのでIRUN迄は良いけど、
St.J.PIED de PORTに午前着はその先の乗継が厳しいかも。
夕方着でも良ければ国境を歩いて越えても間にあうと思います。

スペインからの情報
アクセス:Travel: Madrid-San Sebastian(Donostia)-Hendaia(Hendaye)-Bayonne-St. Jean
時刻表:Madrid-San Sebastian/Donostia by tren
http://horarios.renfe.es/hir/index.html
アクセス:San Sebastian/Donostia
時刻表URL:
http://www.sansebastianturismo.com/index.htm
アクセス:San Sebastian/Donostia(Spain)- Hendaye-Bayonne(France)
時刻表URL:
http://www.euskotren.es/castellano/horarios/gipuzkoa.html
LASARTE-HENDAIA
アクセス:Hendaye-St Jean Pied de Port
時刻表URL:
http://www.sncf.fr/
アクセス:Madrid-Panplona-St. Jean Pied de Port
Madrid-Pamplona
時刻表URL:
http://horarios.renfe.es/hir/index.html
Pamplona-St Jean
パンプローナ近辺のタクシーと思われる電話番号
by taxi
Pedro Tellechea 948 760007; 629 878181

サンジャンのアクセスですが、バイヨンヌ近くの
Biarritzへエール・フランス(パリから1時間ちょい)で
行く方法もあります。Biarritzからはバス等で
バイヨンヌへ出てSNCFでサンジャンへ。
エール・フランスの成田を夜出発する便だと
翌日の午前中にはバイヨンヌに着けると思いますが、
サンジャン到着は夕方かな?

あとマドリードからバスで移動する場合、
目的地によって利用するバス・センターが変わるので
一寸注意がいりますね。
大抵はメトロの Avenida de America 近くと
Mendez Alvaro 近くの2つのバス・センターの
どちらかからの出発ですかね。

  
 
ロンセスバージェス

■大木良一さん■

私は、昨年の10月21日に自宅を出発し、11月19日SANTIAGO着、11月22日FISTERRA着、その後BARCELONA,SAN SEBASTIAN,MADRID,PARIS経由で11月29日に自宅に帰りました。
全てアルベルゲに宿泊したとしたら、概略下記の金額です。

ST. JEAN-SANTIAGO-FISTERRA 概算費用
NO.項目 詳細 ユーロ支出        円貨
1 航空券  成田ーパリ、マドリッドーパリー成田 148,000
2 パリ、ホテル モンパルナス     14,500
3 TGV モンパルナスーバイヨン 14,500
4 アルベルゲ 32NIGHTS X E 5 160 21,120
5 朝食 32NIGHTS X E 5 160 21,120
6 昼食 32NIGHTS X E 5 160 21,120
7 夕食、レストラン32NIGHTS X E 10 320 42,240
------------------------------------
合計 282,600

航空券は90日間有効の直行便としたので、高くなっています。帰りの日程を変更したので110ユーロを別途追加で支払いました。
30日間以内の有効期間、または、直行便でなければもっと大幅に安いものがあるようです。
私は自宅を出発してからFISTERRAまで33日間かかりましたが、お若い方なら、あるいはSANTIAGOまでとしたら、30日間有効の航空券で安く行けるかもしれません。

ATMを探すのは大変と思い、18万円をユーロに替えて現金を持って行きました。ホテルとパラドールはVISAカードで支払いました。これは、手数料は不要で、換算率も銀行間取引のレートで極めて良心的です。両替率は、りそな銀行131円、東京三菱135、フランスの空港140円+手数料7ユーロ(約1000円)でした。

食事は、昼か夜の少なくてもどちらかをレストランにしました。その他は、パン、ハム、ソーセージ、チーズ、くるみ、などを常時持っており、朝、更には、歩いているときに眺めの良いところで食べました。八百屋では、必ずトマトを買いました。

GUIDE BOOKはA PILGRIM'S GUIDE TO THE CAMINO FRANCES BY JOHN BRIERLEY をアマゾンから購入する。US22.95 これ1冊で十分。靴はハイ・カットの防水ゴアテックスでないとすごい泥道、牛のふんの道を歩けない。ストック2本、泥道、坂道で、ものすごく助かった、優れもの。雨具はゴアテックスのレイン・スーツ完璧だった。70%の人は英語を話す。挨拶、食事を頼む、道を聞くために、スペイン語が必要、上述のGUIDE BOOKに書いてあることをある程度言えれば最高。

靴は、30キロを20回は練習する。そうでないとマメで苦しむことになる。そういう私も、マメで病院にかかった。巡礼中の治療費は、ただだった。感謝している。マメは針で水を抜く日本式が一番。マメが少しでも出来たらその上に、ポンピードを貼ってはいけない。どんどん大きくなり、破れると大変。歩いている人の50%の人がマメや筋肉痛で困っていた。
アルベルゲの評価をインターネットで調べること。トイレ、シャワーの無い所もある。洗濯機のあるところは最高。粉石鹸を持参する事。

今年の夏の問題は、アルベルゲが満員になり何とか泊まるにはどうしたらよいか。
前述のGUIDE BOOKを見て対策を立ててください。
ホステル、ホテル宿泊になると費用が高くなります。GUIDE BOOKを参照下さい。
オランダの伝道教会が開設したMONJARDINのアルベルゲは私の推奨のうちの一つです。ディジタル・カメラに小さな三脚を付けて出発して下さい。一人で歩いていてもセルフ・タイマーで写せます。

飲料水は、ほとんどバルの水道か、歩いている途中の水道で補給しました。歩いている途中でトイレに行くことになるのは嫌だと思い、「明治乳業の便の達人」を持参しました。おかげで規則正しい生活が出来ました。

  
 
ロンセスバージェス

■石原 明 さん■

私は、次のようなルートでに向かいました。
(1)成田→バルセロナ空港
HISで購入したKLMの航空機。成田発10時25分・アムステルダム着15時10分。アムステルダム発16時30分・バルセロナ着18時35分(日本時間は翌日午前0時35分)。航空券は3ヶ月Fix。帰国便は現地で1回のみ手数料100ユーロで変更可能。

(2)バルセロナ空港→ホテル
タクシーでホテルへ。(25ユーロ)
ホテルはHISで予約したサンツ駅近くのホテルエキスポ。(13,500円)

(3)バルセロナ→パンプローナ
スペイン国鉄の特急列車。バルセロナに着いた日の夜サンツ駅で予約したが、13時発の列車は満員のため7時30分バルセロナ発・13時7分パンプローナ着の列車を利用した。(消費税込みで29ユーロ)。当日はホテルの朝食が間に合わず、駅の食堂を利用した。

(4)パンプローナ駅→ホテル
タクシーでホテルへ。(5ユーロ)
ホテルはインターネットで予約した市内のホテルヨーロッパ。(69.55ユーロ=9,793円)

(5)パンプローナ→ロンセスバージェス
ホテル前から、呼んでもらったタクシー約1時間でロンセスバージェスへ。(45ユーロ)
ロンセスバージェスのアルベルゲは4時から利用できる。
※ 私は上記の方法を利用しましたが、パンプローナを夕方6時に出てロンセスバージェスに8時のミサに間に合うように着くバスもあります。ただし、遅くなると食堂やアルベルゲが利用できなくなる恐れがあります。

  
 
ブルゴス

■ソランジさん■

福岡→成田→(日本航空)→パリ→(エールフランス航空)→マドリー(泊)
翌日バスで、マドリード→ブルゴス(2時間45分、片道約13ユーロ)
バスは始発が7時半で、一日約10本ありました。
ちなみに、マドリーからレオンへは片道直行で3時間半、
約18ユーロです。乗り継ぎも含め、一日10本強、あるようです。
バス会社のHPで、時間と運賃を調べました。
AUTO RES 社  http://www.auto-res.net/
ALSA 社  http://www.alsa.es/Alsaindex.asp

  
 
サンティアゴ→パリ

■ひまわりさん■

私はサンティアゴの巡礼事務所の1階のデスクで
パリ行きのバスのチケットを購入しました。
最初は時刻表だけもらおうと思ったのですが、
バスステーションまで買いに行く手間がはぶけるのでその場で購入しました。
ただし事務所でチケットを購入すると手数料が1ユーロかかります。
巡礼証明書があれば、巡礼割引でおそらく約半額になるのではと思います。
サンティアゴ→パリ 
片道 98ユーロ(手数料含む、巡礼割引なし)

 
バス会社:ALSA社
便数: 年間を通して週3便(月曜・木曜・土曜)1日1本
サンティアゴ(Estacion de autobuses)発:11:30am
パリ(metro Gallieni)着:翌日の12:00pm

HPからの予約:ALSA社のHPでの予約なんですが、
これはスペイン国内の銀行口座引き落としの
クレジットカードで支払手続きしなければ予約できないようです。

このバスはラ・コルーニャ発 パリ行きで、途中ポンフェラーダ、レオン、ブルゴスなども通ります。でも残念ながらバスステーションに停まるだけで街中には入らず、これらの町で休憩もありません。
その後ビルバオ、サン・セバスチャンなどバスクを通り、パリに入ります。直通で途中で乗り換えはありません。
スペインで長距離バスに乗ると、普通は食事のために1時間程度の休憩のほかに20分程度の休憩が何度かあるのですが、このバスはトイレ付きのせいか短い休憩はなく、食事用の休憩が3回あっただけでした。
午後2時頃に昼食のための1時間休憩、夜8時頃に夕食用の1時間休憩、翌朝フランスに入ってから朝食用に20分の休憩という感じ。
でも昼食のときはおもしろいことにバスの運転手さん達と一緒に昼食を食べたのですが、プルポをおすそわけしてくれたりしてとても親切でしたし、昼間は他の乗客と雑談したり、夜は席も割りと余裕があったので2列シートに横になることができたので、24時間もそれほど長くは感じませんでした。
パリには予定より45分ほど早く到着しました。
パリの東部にあるEurolinesのバスステーションに着きますが、メトロの3番線ガリエニ駅につながっています。


[Home][旅日記INDEX][レクチャー準備編][レクチャー準備編][オスピタレイロの手紙][準備・持ち物リスト][ガイドブック][疲れない歩き方][スタート地点までのアクセス]

[Map][意味と象徴][役立つLINK集][先達からのMail-Essay][なんちゃってカタカナ・スパニッシュ][アルベルゲ]