上手な写真の撮り方やカメラ撮影方法を紹介します。デジタル一眼レフ入門からコンパクトカメラまで、シーンごとの日光 小田代ヶ原の撮影ポイント、スポット
日光 小田代ヶ原の撮影ポイント、スポット 日光 小田代ヶ原の写真撮影テクニック
撮影ポイント、スポット

写真撮影テクニック

日光、小田代ヶ原、龍頭ノ滝の撮影ポイント、スポット

日光 小田代ヶ原の撮影に行きました。AM4:00に赤沼駐車場に到着、駐車場の8割は車で埋まっていました。この日は臨時バスが出るということで4:30に始発が出るとのことで乗車、小田代ヶ原まで乗って到着したころには三脚の立てる場所が無いぐらいの人でした。前もって徒歩か自転車で行ったのでしょう。通常は草原が広がっているのですが先月の台風で水が増え湖が広がっていました。朝が明けるまで星の撮影をしていました。


写真撮影テクニック撮影機材リスト
 デジタル一眼レフカメラ
 レンズ(望遠ズーム、標準ズーム、超広角ズーム)
 三脚など

 1.夜明け前に立木と水面をバランス良く配置し撮影。





 2.広がりを表現するため、横構図も撮影しておkました。


 3.望遠ズームをセットし200mmで霧の中の木を切り撮り水面が鏡のようでした。


 4.太陽が出たが、雲が遮ってよい写真になりませんでした。帰り際に色付がよい木を撮影しました。


 5.上記の写真の良い所を切り取りました。はじめに横構図を撮影、次に縦構図で撮影。


 6.青空と紅葉木を撮影しまいた。少し霧が出ていて抜けるような写真にななりませんでした。


 7.小田代ヶ原が水が多いことによって湖みたいになっていたので草原の紅葉は見えませんでしたが、普通では見えない湖の小田代が原が撮影出来て楽しかったです。



 8.帰りに龍頭ノ滝に行き撮影、こちらも沢山の観光客がいました。

日光、小田代ヶ原、龍頭ノ滝
写真撮影テクニック TOP