構図の基本、三分割法で上手な写真の撮り方やカメラ撮影方法。デジタル一眼レフ入門からコンパクトカメラまで、構図の基本、三分割法で写真撮影テクニック
カメラ撮影方法、上手な写真の撮り方 構図の写真撮影テクニック
構図の基本、三分割法で写真撮影

構図の基本、三分割法で写真撮影テクニック
(上手な写真の撮影方法)

構図の基本、三分割法で撮影テクニックの撮影技術の向上、写真撮影方法。

カメラの使い方が慣れてくると次は構図の決め方によって写真ガラリと変わってきます。
構図の決め方の一例を示します。


構図の基本、横構図・縦構図 − 構図の三分割法

写真撮影-構図の基本

縦構図と横構図の使い分け
 横構図は風景写真では広がりや安定感等を表現するために使用します。
 例えば、草原を写真撮影する場合に広がり強調するために横構図を利用したりします。
 コンパクトカメラで撮影されている方はだいたい横構図のみで終わっていると思います。

 縦構図は風景写真では奥行きを出したり、高さ伸びゆき等を表現するために使用します。
 例えば、背の高い高層ビル等を写真撮影する場合にも高さを強調するために縦構図を利用したりします。
 被写体の形によって縦長の物で出来るだけ他の物を省いていくと必然的に縦構図に立ったりすることがあります。

 横の構図のみにならないように縦でも横でも写真撮影しておいてその違いを実感してみてください。


構図の三分割法
 構図の代表的な手法として三分割法があります。
 この3分割法を説明します。

 縦の3分割・横に3分割したところにラインを引きます。
 そのラインに被写体のラインを合わせるとその構図になります。




例えば日の出のシーンでAとBの絵を比べてください。
 Aの絵は日の出の太陽を構図の中心に持ってきています。
 Bの絵は日の出の太陽を構図の下から3分の1の位置に持ってきています


                 



 次はチュ−リップの花の場合でAとBの絵を比べてください。
 Aの絵はチュ−リップの花を構図の中心に持ってきています。
 Bの絵はチュ−リップの花を構図の右上のから3分の1の交点の位置に持ってきています。
 どちらの方が雰囲気が出ているでしょうか。人物の写真撮影もこの法則を使用すると今までと違った写真撮影が出来ると思います。

                 



横構図での風景写真の場合も同様です
 Aの絵は木を構図の中心に持ってきています。
 Bの絵は木を構図の右上のから3分の1の交点の位置に持ってきています。
 これだけでも雰囲気が変わってきます。

              


              

 このように構図を組み立てていきます。



写真のカメラ雑誌を見る時、写真撮影者がどの様な意図を持って写真撮影しているかを考えて見ると写真の奥深さが見えてくるのではないでしょうか。

 ここでは、三分割法のみの説明ですが日の丸構図でも良い写真は沢山ありますので、いろいろ写真撮影をして自分なりの写真を組み立ててください。
 日の丸構図とは、写真の中央に主題を持ってくる構図のことです。

初心者カメラ(カメラ入門)撮影技術の向上
構図の基本、三分割法の写真撮影テクニック TOP