赤ちゃん上手な写真の撮り方(子供)やカメラ撮影方法を紹介します。デジタル一眼レフ入門からコンパクトカメラまで、シーンごとの赤ちゃん写真撮影テクニック
カメラ撮影方法、上手な写真の撮り方 赤ちゃんの写真撮影テクニック(子供)
(初心者、カメラ入門の為の撮影レッスン)

赤ちゃんの写真撮影テクニック

一歩上を行く赤ちゃんや子供の撮影技術の向上、写真撮影方法。

 赤ちゃんをうまく撮影出来るのは、やはり母親や父親だと私は思います。これは毎日子供と接していることから一番安心した表情をとらえることが出来ます。
 このために少し撮影のポイントを押さえてカメラ撮影すれば、だれにも負けない子供の写真が撮れます。


赤ちゃんの撮影テクニック撮影機材リスト
コンパクトカメラ

これだけで十分です。

赤ちゃん(子供)が寝ている間にちょっとアクセサリーと付けてみました。

 この指輪は大人用の指輪を付けています。こうすることによって赤ちゃんの小さな可愛い指を表現しています。
 赤ちゃんは特に成長が早いため、出来るだめ短い間隔で撮影してあげましょう。大きくなって、小さい時の写真がなかった。と、ならないよう気を付けましょう。

 その瞬間は二度と戻りません。写真を撮ることによって思い出を形に変えて残しておきましょう。


 

この写真も赤ちゃんの小ささが分かるよう撮影しています。背景には可愛らしいデザインの物を置くのも良いと思います。


撮影のポイント−撮影するタイミング
赤ちゃんは色々な表情を見せてくれます。それを逃さないようにしましょう。
デジカメなので沢山撮っての中から一番を選ぼう!!









撮影のポイント−カメラの露出設定(明るさ設定)を明るくして撮影してみる
標準の露出設定で撮影しておき、その後で1EV〜1.5EVなどで写真撮影してみてください。
違った雰囲気の写真が撮影できます。


  

撮影のポイント−赤ちゃんと同じ目線でカメラを向ける。
赤ちゃんの目線と同じ高さで撮影するとより自然で可愛らしく撮影が出来ます。
 目線が大切です。



撮影のポイント−赤ちゃん向いている方向の空間を作る。
赤ちゃんの向いている方向に空間を空けることによって写真にゆとりが出てきます。
 少し気を付けて写真撮影してみましょう。


 


 上記に記載した点に気を付けて写真撮影すると今までよりも1ステップ、2ステップも上手に写真が撮れると思います。
 カメラ撮影は簡単ですが、奥が深いです。
 我が子の最高のペストショット写真が撮れることを祈っています。


初心者カメラ(カメラ入門)
赤ちゃんの写真撮影テクニック(子供) TOP



写真撮影方法-サイトマップ