ラクダの旅

誰でも参加できるツアーでのラクダの旅です。各自一頭のラクダを操り旅をするのは快感ですよ。
こんな景色の中をラクダで旅を出来るツアーもいいですね。砂漠ではないのですが、いかにもオーストラリアらしいブッシュを満喫できます。
オーストラリアでの旅の方法は、連れて歩くか、乗るというスタイルでしょう。乗って旅する場合、一人に付き2〜3頭のラクダが必要と思われます。連れて歩く時は時速4〜6キロ程度。

歩く(動画 356kb) 乗る(動画 724kb)
ラクダの積み込み風景です。これは、民家の庭先で行ってる様子です。慣れれば二頭それぞれに鞍を載せて荷物を積んでも、20分程度です。ラクダが言う事を聞かなかったりすると、大幅に時間がかかります。慌てて積み込む事は決してないです。
キャメルワゴンによる旅もあります。2頭から4頭の
ラクダに馬車ならぬラクダ車を引かせるわけです。免許や、許可証がなくても一般道を行けますし、荷物もたくさん積めます。重いワゴンになると2トンにもなるようです。ラクダの体にハーネスを装着し、丈夫なチェーンで牽引します。


ワゴン(動画 580kb)
日帰りのザリガニ捕りツアーへ行った時です。鞍の上には罠を積んでいます。

あれこれに戻る