アテスウェイ
全体の印象
比較的見た目は幾分シンプルに仕上げられているケーキが多いのかな?という印象で、味わいも比較的ストレートに攻めているという感じでした。恐らくはそれが狙いなのかな?と思いつつも、口の中でもう少し味の展開があるともっと面白いのではないかな?という気もしました。全体に美味しく、ケーキに対する貪欲なまでの探究心も感じられ、大変関心させられるのですが、かつて川村シェフが東京プリンスホテル在勤当時(多分)に東京プリンスで食べたケーキがとても美味しかったという思い出があり、その味を過大に期待したため、やや辛口の印象になっている嫌いがあるかもしれません。
ケーキ寸評
【モンブラン】

渋皮系のマロンクリームの中に生クリームが一杯詰まっており、何処か香ばしい栗風味の焼きメレンゲ等でタルト状に受けています。生クリームは甘さ控えめでアンジェリーナに近い風味で、マロンペーストと良いバランスを作っています。メレンゲも砂糖っぽい角がなく、まろやかな感じです。何となく、アンジェリーナとシェシーマを足して、更に栗風味を強くしたというような印象で、全体に栗、クリ、くりとした風味で、超濃厚なモンブランに仕上がっていて、栗好きにはたまらないお味になっていると思いました。
(20030209)
【キャラメルのシブストと72%のショコラタルト】

上半分がキャラメル風味のビターなシブストで、下が濃厚なショコラのタルトになっています。シブストのシロップの甘さとキャラメルのビターさ、チョコの甘さとビターさとが、全体的に濃厚な甘さとビターさを奏であって、美味しさを増幅させています。ただ、上が瑞々しく、下がチョコになっているため、水分がややアンバランスになって、食べる時にやや上滑りする感じがあり少々残念なものを感じました。
(20030209)
【コロンビエ】

全体をキャラメルっぽいクリームでコーティングしてある中は、ほぼ全体がチョコムースで、中心部分にコーヒームース、底部にチョコスポンジが敷かれています。全体の割合は圧倒的にチョコムースなのですが、中心のコーヒームースのビター感の風味が大変強く、全体のトーンを規定しています。甘さはやや控えめなのですが、その分コーヒームース感を充分に堪能させてくれ、食べ応えがあります。
【ガトー・フレーズ・ア・ラ・シャンティ】

四角のイチゴショートです。イチゴが中にも結構タップリ入っていて、生クリームのコクは適度でまずまずの味わいで、甘い香りとバターの風味とが、瑞々しく優しい甘い香りを醸し出し、独特な個性を作り上げています。スポンジはキメが大変細やかながら食感は少し硬めです。ケーキ自体やや大ぶりで、かつ、スポンジの比率が気持ち大きい感じもあるためか、少しスポンジの食感が気に懸かるところはありました。
【パヴェブルトン・オー・キャラメル】

川村シェフ一押しの一品です。黄色のキャラメルムースとチョコスポンジが各々3層重なり合って、恰も蜂の模様のようです。板状の飴がトッピングされています。ブルターニュの有塩バターが使用されたキャラメルの塩分と苦味で大人感覚のケーキに仕上げられていますが、全体的にチョコがキャラメルに負けてしまっているのかな?という印象もあります。少し水分調整がうまく行ってなかったのか、最上層が遊離してしまっていたのがやや残念でした。

★★

浮舟絵巻のトップページへ戻るSWEET CAKESのトップページへ戻る美味しいケーキ店リストに戻る
Copyright(c)2000-2006,UKIFUNE. All right reserved.

☆☆☆本館の浮舟絵巻&別館の各サイト↓にも是非お越し下さい☆☆☆
浮 舟 絵 巻
ハーブの香り
ハーブフォーラム
ビールの香り
ビールフォーラム
ケーキの香り
Sweet Cake
日本酒の香り
淡麗泡醇
チーズの香り
Say Cheese!
お茶の香り
Tea Lounge
水の香り
水鏡
香水の香り
フレグランスルーム
ことばの香り
古今詩歌集
都市の香り
南北東西遊記
みやびの香り
源氏物語の匂ひ
 日々の香り
浮舟日記