オバマ米大統領演説 「新しい始まり」 日本語訳

2009年6月4日(木) 13:10-14:00

カイロ大学にて

 

私は不朽の都カイロに来れたこと、そして二つの卓越した機関に迎えられたことを光栄に思います。千年以上の間、アズハルはイスラム学の先導役であり、1世紀以上の間、カイロ大学はエジプトの発展の源であり続けてきました。これら二つの機関は、伝統と進歩との調和を表しています。両機関の方々のホスピタリティ、そしてエジプトの人々のホスピタリティに感謝します。また私は、アメリカの人々の善意とともに、私の国のムスリム・コミュニティから一緒にもってきたこの平和の挨拶を誇りに思います。アッサラーム・アライコム(あなたに平安あれ/時刻に関係なく使えるムスリム同士の挨拶の言葉)。

 

私たちは、米国と世界中のムスリムとの緊張のときに直面しています。今あるいかなる政治論争を超えた、歴史的な力に根ざす緊張です。イスラムと西側の間には、何世紀にも渡る共存と協力の関係がありますが、闘争と宗教戦争の関係もあります。最近では、多くのムスリムの権利と機会を否定した植民地主義によって、そしてムスリム主流派の国々は、あまりにも頻繁に、それぞれの大志に関係なく代理として扱われてきた冷戦によって導かれた緊張です。さらに、近代化とグローバリゼーションがもたらした大変革は、多くのムスリムに、西側はイスラムの伝統と敵対するものとしての見方をもたらしました。

 

暴力的な過激派は、ムスリムの、小さいが、しかし強力な少数でこの緊張を利用しました。2001年9月11日の攻撃、そして民間人に対する暴力にコミットするというこれらの過激派による継続的な努力が、私の国の一部の人々に、イスラムはアメリカと西洋諸国だけに敵対するばかりでなく、必然的に人権にも敵対するものであるという見方を持つに至らせたのです。このことが恐怖と不信をより大きくしました。

 

私たちの関係がお互いの違いによって定義される関係である限り、私たちは平和ではなく憎しみを増長する人、すべての人々が正義と繁栄を勝ち取るための協力より、闘争を促進する人に力を与えてしまいます。この疑いと不和のサイクルは、終わらなければなりません。

 

私は、合衆国と、世界中のムスリムとの間の新しい始まりを求めてここに来ました。相互利益と相互尊重に基づくもの、そして、アメリカとイスラムは排他的でなく、競争する必要はないのだという真実に基づくものです。その代わりに、これらは重なり合うもので、正義と進歩の原則、人類の寛容と威厳という共通の信条を共有しているのです。

 

変化は一晩では起こり得ないと認めながらも、私はこうします。ただ一回のスピーチが、何年もの不信を根絶することはできないし、その中で私たちをこのポイントにまで至らしめたすべての厄介な問題に答えることもできません。しかし、私は、私たちが前へ進むために、私たちが心に抱いていること、そしてあまりにも頻繁に閉ざされた部屋の中でのみ話されてきたことをオープンに話さなければならないと確信しています。そこでは、お互いの言うことをきちんと聞くために、ずっと努力をしていかなければならないでしょう。お互いから学ぶため、お互いを尊重するため、そして、共通の基盤を見つけるために。コーランは言っています、「神を意識しなさい、そしていつも真実を語りなさい」と。このこと、私たちの前に置かれたタスクに対して謙虚に、そして人類として私たちがシェアする利益は、私たちを別々にさせる力よりもずっと強力なものであるという私の信条にしっかりと立ち、全力を尽くして真実を語るということこそ、今私がしようとしていることなのです。

 

この信念の一部は、私個人の経験に基づいています。私はクリスチャンですが、私の父はケニアの、何世代も続くムスリム家系の出身です。少年時代、私は数年間をインドネシアで過ごし、夜明け前と夕暮れ時にはアザーンの呼びかけを聞いていました。青年時代には、多くの人が、彼らのイスラムの信念における威厳と平和とを見出したシカゴのコミュニティで働いていました。

 

また、歴史を学んだ者として、私は文明がイスラム(の貢献)によるものだということを知っています。まさにアズハル大学のようなところで、何世紀もの間、学びの光をともし続け、ヨーロッパのルネッサンスと啓蒙への道を開いたのはイスラムでした。代数、方位磁針とナビゲーションの手段、ペンと印刷技術への習熟、病気の蔓延とその治療における理解を発展させたのはイスラム・コミュニティでした。イスラム文化は厳然としたアーチと天にも届く尖塔、永遠の詩に愛すべき調べ、優雅なカリグラフィと平和な思索の場所を私たちに与えました。そして歴史を通して、イスラムは、その言動により、宗教における寛容性と人種平等の可能性を示してきました。

 

私はまた、イスラムがいつもアメリカ史の一部であったことも知っています。私の国を最初に承認したのはモロッコでした。1796年トリポリ条約調印の際、第2代大統領ジョン・アダムスはこう書きました。「合衆国には、本来、ムスリムの法、宗教または平安に対して敵意を持つ性格は全くない」と。そして建国以来、アメリカン・ムスリムは合衆国を豊かなものにしています。彼らは、私たちの戦争で戦い、政府に仕え、市民権のために立ち上がり、ビジネスを始め、大学で教鞭を取り、競技場では優れた成績を残し、ノーベル賞を受賞し、最も高い建物を建設し、オリンピックの聖火を灯しました。そして最近、最初のムスリム・アメリカンが議会に選出されたとき、彼は、合衆国建国の父の一人、トーマス・ジェファーソンが彼の個人蔵書に保管したコーランを使って、私たちの憲法を擁護する誓いを立てました。

 

つまり私は、初めてこの地にやって来る前に、3つの大陸でイスラムを知っていたことになります。その経験は、アメリカとイスラムのパートナーシップは、イスラムとは何でないか、ではなく、何であるのかということに基づいたものでなければならない、という私の信念を導きます。そして、そういった固定観念がどこにあろうとも、私は、イスラムに対する否定的な固定観念と戦うことが、合衆国大統領としての私の責任の一つであると考えています。

 

しかし、この同じ原則は、ムスリムがアメリカを認識する際にも適用されなければなりません。ムスリムが粗雑な固定観念にふさわしくないのと同じように、アメリカも利己的な帝国という粗雑なステレオタイプではありません。合衆国は、世界が今までに知り得た進歩における最も大きな源の1つです。私たちは帝国に対する革命から生まれました。私たちは、すべてが平等に作られたという理想の基に国を作り、血を流し、何世紀もの間これらの言葉に意味を与えるために、国内で、また世界中で、戦ってきました。私たちは、あらゆる文化によって形づくられ、地球の隅々から取り出されて、「たくさんのものの中から生まれた、一つ」、という一つのシンプルなコンセプトに専念します。

 

バラク・フセイン・オバマという名を持つアフリカン・アメリカンが大統領に選出されたという事実で、多くのことがなされました。しかし、私の個人的な話はそれほどユニークなものではありません。すべての人々に機会を、という夢は、アメリカのすべての人には叶っていませんが、この約束は我が国に来るすべての人のためにあるのです。それにはわが国で今日、平均より高い収入と教育を享受するおよそ700万人のアメリカン・ムスリムも含まれているのです。

 

さらに、アメリカの自由は、個人の宗教を実践する自由から離れることはありえません。これが、私たちの国の全ての州、および領土内に1,200以上のモスクがある理由です。これが、米国政府が、女性と少女がヒジャーブをつける権利を守るため、そしてそれを否定する人を罰するために裁判に訴えた理由です。

 

ここで、疑いの無いようにしておきましょう。イスラムはアメリカの一部です。そして、私は、アメリカがその中に、人種、宗教、身分に関わらず、私たち全てが共通の志をシェアしているという真実を抱くものと信じています。平和で安全に暮らすために。教育を受け、威厳を持って働くために。私たちの家族、私たちの共同体、そして私たちの神を愛するために。私たちが共有するこれらのもの、これは全人類の望みです。

 

もちろん、私たちの共通の人間性を認識することこそが、私たちのタスクの始まりです。言葉だけでは、すべての人々のニーズを満たすことはできません。これらのニーズは、私たちが数年先に果敢に行動するときにのみ、そして、私たちが直面している課題はシェアするものであると理解したときにのみ、満たされるでしょう。そうして満たすことができなければ、私たちすべてを傷つけることになるのです。

 

私たちは最近の経験から、金融システムが1つの国で弱ると、いたる所でその繁栄が被害にあうということを学びました。新しいインフルエンザに1人が感染すると、すべてが危険に晒されます。一国が核兵器を追求すると、核攻撃の危険は万国に及びます。乱暴な過激派がある山脈で活動していると、海を隔てた向こうにいる人々が危険にさらされます。そして、ボスニアとダルフールで罪のない人々が虐殺されると、それは私たち全体の良心における汚点となります。これが、21世紀に世界を共有するという意味です。それは、私たちが人間として、お互いに持つ責任です。

 

これは、胸に抱くには難しい責任です。人間にとって、しばしば歴史は、国家や部族がそれぞれ自分の利益のために相手を征服してきた記録です。しかし、この新たな時代では、このような態度は自滅的です。相互依存を考えれば、1つの国または人々の集まりを別の国またはグループの上に置くような世界秩序は、どんなものであれ、必然的に失敗するでしょう。そこで、過去のことをどのように考えようとも、私たちはそれに囚われていてはなりません。問題にはパートナーシップ(協調)で対処し、進歩を共有しなければなりません。

 

これは、緊張の源を無視すべきだという意味ではありません。正に、逆のことを示します。私たちはこれらの緊張に、まっすぐ向き合わなければなりません。そしてこの精神で、私たちが最終的に一緒になって取り組まなければならないと私が信じるいくつかの特別な問題について、できる限り明白に話をさせてください。

 

私たちが取り組まなければならない最初の問題は、あらゆる形の過激主義のことです。

 

(トルコの)アンカラで私は、アメリカは今も、そしてこれからも、決してムスリムと戦争状態にはないことを明らかにしました。しかし、私たちの安全保障に深刻な脅威を引き起こす乱暴な過激派には容赦なく立ち向かうつもりです。それは、私たちは、あらゆる信仰の人々が、無実な男女、子どもの殺害を拒絶するように、私たちもそれを拒絶するからです。アメリカ国民を保護することは、大統領としての私の最初の義務です。

 

アフガニスタンの状況は、アメリカの目標、そして私たちが共に働くことの必要性を示します。7年以上前に、合衆国は、広い国際的な協力とともにアルカーイダとタリバンを追跡しました。私たちは選択に因らず、必要に迫られて行きました。私は、911の出来事を疑ったり、正当化したりする人がいることを知っています。しかし、明確にしましょう。アルカーイダはあの日、およそ3,000人を殺しました。犠牲者は、誰かに危害を加えるようなことは何もしてこなかったアメリカと他の多くの国の無実な男女と子どもでした。それでもアルカーイダは、無慈悲にこれらの人々を殺害することを選び、攻撃を自分の手柄にして、今でも大規模な殺害計画の決定を発表しています。アルカーイダは多くの国に支部を持ち、その範囲を広げようとしています。これらは、議論されるべき意見ではありません。そうではなく、対処されるべき事実なのです。

 

誤解しないでください。私たちはアフガニスタンに軍をずっと駐留させたいのではありません。私たちはそこに軍事基地を求めてはいません。アメリカにとって、私たちの青年男女を失うことは、苦しいことなのです。この闘争の継続は、高いコストがかかり、政治的に難しいことです。できるだけ多くのアメリカ人を殺すと決めている乱暴な過激派が、アフガニスタンとパキスタンにいないと確信できたならば、私たちは、私たちの軍隊の一人残らずを喜んで故郷に連れ帰るでしょう。しかし、そうではないのです。

 

それが、私たちが46カ国と連合してパートナーを組んでいる理由です。そして、出費した金額に関わらず、アメリカのコミットメントは弱まらないでしょう。本当に、何人たりとも、これらの過激派を許容してはなりません。彼らは多くの国で殺害をしました。彼らは異なった信仰を持つ人々を殺害しました。そして何よりも多くのムスリムを殺害しました。彼らの行いは人権とも、国の進歩とも、イスラムとも相容れません。コーランは、無実な人を殺したものは誰でも、全人類を殺したに等しい、そして一人の人間を救ったものは、全人類を救ったに等しいと教えています。10億人以上にとっての永遠の信条は、数少ない偏狭な憎しみよりはるかに大きいのです。イスラムは、暴力的過激主義との戦いにおける問題の一部ではありません。それは平和を促進する重要な一部なのです。

 

また、私たちは、軍事力だけではアフガニスタンとパキスタンの問題が解決しないと分かっています。だから、これからの5年間に、パキスタンと協力して学校や病院、道路、ビジネスを作るために毎年15億ドルを、そして住むところが無くなった人を助けるために数百万ドルを費やす計画しているのです。そして、それが、アフガニスタンが経済を発展させ、国民が頼るサービスを提供できるように支援するために28億ドル以上を提供している理由です。

 

また、イラクの問題について言わせてください。アフガニスタンと異なり、イラクは選択された戦争で、私の国と世界の国々との間で強力な違いを引き起こしました。私は、イラクの人々がサダム・フセインの圧制から解放され、圧倒的に暮らし向きが良くなったと信じていますが、また、イラクでの出来事が、アメリカに、可能であるときはいつも、問題を解決するためには外交を用いて、国際合意を築き上げる必要性があるのだと想起させたとも信じています。真に、私たちはトーマス・ジェファーソンの次の言葉を思い出すことができます。「私は、私たちの知恵が私たちの力に応じて成長し、私たちが力を行使しなければしないほど、よりすばらしくなることを教えてくれるように希望します。」

 

今日、アメリカには、二つの責任があります。それとは、より良い未来を構築するイラクに協力すること、そして、イラクをイラク人に受け渡すことです。私はイラクの人々に、私たちが基地を求めているのではないこと、それから彼らの領土や資源を主張しているのではないことを断言しました。イラクの主権はイラク自身のものです。だから私は米軍の戦闘部隊に今年8月までに撤退するよう命じたのです。だから私たちはイラクの民主的に選ばれた政府との合意、イラクの街から7月までに戦闘部隊を撤退させ、全ての軍隊を2012年までに撤退させるという合意を誇りに思うことになるのです。私たちは、治安部隊の訓練と、その経済を発展させることでイラクに協力します。しかし私たちは、安全で統一されたイラクをパートナーとして支援するのであり、パトロンとして支援するつもりなのではありません。

 

そして最後に、ちょうどアメリカが過激派による暴力を決して許すことができないように、私たちは原則を決して変えてはいけません。911は我が国にとって、大きなトラウマでした。それが引き起こした恐怖と怒りは理解できましたが、私たちを私たちの理想とは反対の行動をするように導きいたケースもありました。私たちは、方向を変えるために具体的な行動を取っています。私は合衆国による拷問の使用を明確に禁止し、来年初めまでにグアンタナモ湾の刑務所を閉鎖するよう命じました。

 

そしてアメリカは、主権の尊重と法の規律により自らを防衛するでしょう。そして私たちはまた、脅かされているイスラム共同体とのパートナーシップ(協調)においても、そうするつもりです。過激派が、イスラム共同体の中でより早く孤立し、歓迎されないようになればなるほど、私たち皆が、より早く、より安全になるでしょう。

 

私たちが話し合わなければならない二つ目の大きな緊張は、イスラエルと、パレスチナ、アラブ世界の間の情勢です。

 

イスラエルとのアメリカの強い絆はよく知られています。この絆は壊れることはありません。それは文化的、歴史的な結びつき、そしてユダヤ人の故国への切望が、否定することができない悲惨な歴史に根ざしているという認識に基づいています。

 

世界中で、ユダヤ人の人々は何世紀にも渡って迫害されてきました。そして、ヨーロッパの反ユダヤ主義は空前のホロコーストで終わりました。明日、私は、ブーヘンワルドを訪問する予定です。ブーヘンワルドは、ユダヤ人がナチス政権下のドイツによって奴隷化され、拷問され、撃たれ、ガス殺されたキャンプ網の一つでした。600万人のユダヤ人が殺されました。今日のイスラエルの全体のユダヤ人の人口より多い数です。この事実を否定することは根拠がなく、無知で、憎悪に満ちたことです。イスラエルを破壊すると脅したり、ユダヤ人に関する下劣な固定観念を繰り返したりするのは深く間違ったことで、この地域の人々が受けるに足る平和を妨げる一方、イスラエル人の心にこの最も苦痛な思い出を思い起こさせるだけです。

 

他方、パレスチナ人の人々−ムスリムとキリスト教徒−が故国を求めて苦しんでいることも、否定できません。60年間以上、彼らは断絶の痛みに耐えています。ヨルダン川西岸地区、ガザ、そして近隣諸国の難民キャンプで、多くの人が、今までに導かれたことのない平和で安全な生活を待っています。彼らは占領による毎日の−大なり小なりの−屈辱に耐えています。そこで、疑いのないようにしましょう。パレスチナの人々状況は堪え難いものです。アメリカは、威厳、機会、そして自分たちの国家に対する正当なパレスチナの人々の切望に背を向けません。

 

何十年間も、こう着状態が続きました。正当な願いを持つ二つの民族が、どちらも妥協し難しい苦痛の歴史を持っています。パレスチナ人がイスラエルの建国でもたらされた強制退去を、そしてイスラエル人が歴史を通じて常に国境の内外から受けてきた敵意と攻撃とを指摘することは簡単です。しかし、私たちがこの闘争を片側だけからしか見ないでいると、真実が見えません。唯一の解決は、両者の切望を、イスラエルとパレスチナがそれぞれ平和で安全に暮らせる2つの国家を通してかなえることです。

 

それは、イスラエルの利益、パレスチナの利益、アメリカの利益、そして世界の利益の中にあります。だから私は、このタスクが要求する全ての忍耐を持ってこの結果を個人的に追求するつもりでいるのです。各サイドがロードマップの下で合意した義務は明確です。来るべき平和のために、彼らのために、そして私たち皆のために、私たちの責任を果たすべきときなのです。

 

パレスチナ人は暴力を放棄しなければなりません。暴力と殺害による抵抗は間違いで、成功しません。何世紀もの間、アメリカの黒人は奴隷としてむち打ちと隔離による屈辱を受けてきました。しかし、完全で平等の権利を勝ち取ったのは暴力ではありませんでした。それはアメリカを作っている中心となる理想にたった、平和で決定的な主張でした。これと同じ話が南アフリカから南アジアまで、東欧からインドネシアまで、人々によって語られます。それは、シンプルな真実、暴力は行き止まりという話です。眠っている子どもにロケット弾を撃ったり、バスでお婆さんを爆殺したりすることは、なんら勇気でも力でもないというサインです。それはいかに道徳的権威が主張されたかということではありません。それをどう諦めたかということです。

 

今は、パレスチナ人が築き上げることができることにフォーカスするときです。パレスチナ暫定自治政府は、人々のニーズに役立つ機関と共に、統治能力を開発しなければなりません。ハマスは一部のパレスチナ人から支持されていますが、彼らにも責任があります。パレスチナの切望を叶え、パレスチナ人を統一する役割を担うために、ハマスは暴力を放棄し、過去の協定を認識し、イスラエルの生存権を認知しなければなりません。

 

同時に、イスラエル人は、イスラエルの生存権が否定できないのと同じように、パレスチナの生存権もまた否定されないということを認めなければなりません。合衆国は、イスラエルが入植を続けることの合法性は認めません。この建設は事前の合意に違反し、和平達成の努力を蝕んでいます。もうこれらの入植は止めるべきときです。

 

イスラエルは、パレスチナ人が生活し、労働し、彼らの社会を発展させることができるように保障する義務を果たさなければなりません。そして、パレスチナの家族を壊滅させるような、ガザにおける人道的危機を継続させることは、イスラエルの安全保障に益しません。ヨルダン川西岸地区における機会の欠如の継続もりです。パレスチナの人々の日常生活の向上が、和平への道の一部であるに違いなく、イスラエルは、そのような進歩を可能にするために具体的な方法を取らなければなりません。

 

最後に、アラブ諸国は、アラブの和平イニシアティブを発したことが彼らの責任の終わりではなく、重要な始まりであることを認めなければなりません。他の問題からアラブ諸国の人々をそらすために、もうアラブ・イスラエル紛争を使用するべきではありません。その代わりに、パレスチナ国家を支える機関を発展させるため、イスラエルの合法性を認めるため、そして自滅的にも過去にフォーカスすることを乗り越えて進歩を選ぶために、パレスチナの人々に協力する行動をとるための動機とならなければなりません。

 

アメリカは、平和を追求する人と共に私たちの政策を調整して、私たちがイスラエル人、パレスチナ人、およびアラブ人と個別に話したことを公然にします。私たちは平和を課すことはできません。しかし、個人的には、多くのムスリムが、イスラエル人はいなくならないと認めます。同様に、多くのイスラエル人がパレスチナ国家の必要性を認めます。今こそ、私たちは、皆が真実であると知っていることにのっとって行動すべきときなのです。

 

あまりに多くの涙が流れました。あまりに多くの血が流れました。イスラエルとパレスチナの母親が、その子どもが恐怖に脅えることなく成長するのを見守ることができるようになる日のため、3つの素晴らしい宗教の聖地が、神がそうあるべく意図されたような平和な場所となる日のため、そしてエルサレムが安全で、ユダヤ、キリスト、イスラムの人々の永遠の家となり、モーセ、イエス、ムハンマド(彼らに平安あれ)が礼拝に参加したイスラの話のように、アブラハムの子どもたち全てが平和に一緒に共存する場所となる日のために働くという責任が、私たちすべてにあるのです。

 

緊張の3番目の源は、核兵器に関する国の権利と責任において、私たちが共に持つ関心です。

 

この問題は、合衆国とイラン・イスラム共和国の間の緊張の源です。何年間も、イランは一部、私の国に対するものとして自国を定義しており、実際に、私たちの間には動乱の歴史があります。冷戦の半ば、合衆国は民主的に選出されたイラン政府を打倒するという役割を果たしました。イスラム革命以来、イランは米軍と民間人の人質を取り、暴力行為をふるうという役割を果たしています。この歴史はよく知られています。私は過去に捕われたままでいるよりも、私の国は前に進む用意があると、イランの指導者たちと国民に、明確にしました。問いは、今、イランが何に反対しているのかではなく、未来に何を築きたいのかということなのです。

 

何十年分もの不信を克服するのは困難なことですが、私たちは勇気、正直さ、および決意を持って前進するつもりです。私たち両国間には、議論すべき多くの問題があるでしょうが、私たちは相互尊重に基づいて前提条件なしで前に進みます。しかし関係者一同にとって、核兵器に関しては、私たちが重大な局面に達していることが明確です。これは単にアメリカの関心に留まることではありません。この地域と世界を非常に危険な経路の下に導き得る、中東における核軍備競争を防ぐことに関するものです。

 

私は、他の国が持っていない兵器を持っていると主張する国があることを理解しています。いかなる国も、核兵器を持ってよい国々を選択するべきではありません。だから私は、アメリカはいかなる国も核兵器を持たない世界を追及するという約束を再び断言したのです。そして、イランを含むいかなる国も、核拡散防止条約の下、その責任に従うのなら、平和的核利用にアクセスする権利があるべきです。その誓約は条約のコアの部分で、それを完全に遵守する全ての人のために保たなければなりません。そして私は、この地域のすべての国がこの目標を共有できると期待しています。

 

お話したい4番目の問題は、民主主義についてです。

 

私は、最近、民主主義促進に関する論争があり、この論争の多くがイラク戦争に関連づけられていることを知っています。そこで、クリアにさせてください。どんな政体であれ、ある国が他のいかなる国家にそれを課すことはできないし、課すべきではありません。

 

しかしながらこれは、人々の意思を反映する政府に対する私の献身を少なくするものではありません。いかなる国も、その国の人々自身の伝統に根ざした、それぞれの方法でこの原則に命を与えるのです。アメリカは、おこがましくも平和な選挙の結果だけを摘み取るのではないように、おこがましくも全ての人にとってベストなものを知っていると言いはしません。しかし私には、すべての人々が、あるものにあこがれるという揺るぎがたい信念があります。そのあるものとは、心を打ち明け、統治される方法についての発言権を持つ能力、法による統治と正義による平等な司法、透明で国民から盗みを働かない政府、あなたが選んだ人生を生きる自由。これらは単にアメリカの考えであるばかりでなく、これこそが人権であるから、私たちはどこででもそれらを支持するのです。

 

この誓約を実現させるための、一本道はありません。しかし、これだけは明確です。これらの権利を保護する政府は、結局、より安定し、成功し、安全なのです。思想を弾圧しても、決してその思想をなくすことには成功しません。アメリカは、たとえ私たちがそれに同意しなくとも、すべての平和で法を遵守した声が世界中で聞かれる権利を尊重します。そして、国民のすべてを敬意をもって統治するのなら、私たちはすべての民意に選ばれた平和な政府を歓迎します。

 

この最後のポイントは重要です。というのは、権力の地位にないときのみ民主主義を提唱し、いったん権力の座につくと、無情に他人の権利を抑圧する者がいるからです。どこでおこったものであれ、人民の人民による政府は、権力を持つもの全てにとっての一つの基準を定めなければなりません。そして強制ではなく、合意によって権力を維持しなければなりません。少数派の権利を尊重し、寛容と妥協の精神で共有しなければなりません。国民の利益と政治プロセスの合法的な作業を、自分の関係者の利益の上に置かなければなりません。これらの要素がなければ、選挙だけでは真の民主主義は作れません。

 

私たちが共に主張しなければならない5番目の問題は、宗教の自由についてです。

 

イスラムには、寛容という誇り高き伝統があります。私たちはそれを、宗教裁判の時代のアンダルシアとコルドバの歴史に見ることができます。私は、はじめてこのことを、子ども時代にインドネシアで見ました。インドネシアでは、敬虔なキリスト教徒が、ほとんどがムスリムの国で自由に礼拝をしていました。これが、今日私たちが必要とする精神です。全ての国の人々は、精神、心、魂の信条に基づいた信仰を自由に選んで生きるべきです。この寛容は、宗教の繁栄に不可欠ですが、それは様々な方法で挑戦されているところです。

 

ムスリムの中には、自分の信仰を、他人の信仰を拒絶することで測るという気がかりな傾向があることがあります。レバノンのマロン派であれ、エジプトのコプト教徒であれ、宗教の多様性の豊かさを向上させなければいけません。そして、特にイラクで悲惨な暴力事態に至ったスンニ派とシーア派のように、ムスリム同士の断絶の溝も埋めなければなりません。

 

信教の自由は、共存する人々の能力の主となるものです。私たちはいつもそれを保護する方法を調べなければなりません。例えば、合衆国では、慈善事業への寄付の規則が、ムスリムにとっての宗教的義務を果たすことを困難にさせました。だから私は、アメリカン・ムスリムがザカート(喜捨)を実現できるように、彼らと共に働くことを約束したのです。

 

同様に、西側諸国が、ムスリムがふさわしいと認める宗教的実践の妨害、たとえばムスリム女性が着るべき衣服を決めることなどによる妨害を避けることは重要です。私たちは自由主義の見せかけの背後に、いかなる宗教に対する敵意を隠すことはできません。

 

真に、信仰は私たちを集めるものです。それが、私たちが、アメリカのキリスト教徒、ムスリム、およびユダヤ教徒を集めた奉仕計画を立案している理由です。それが、私たちが、サウジアラビアのアブダッラー国王による宗教間対話の努力と、トルコの文明間同盟におけるリーダーシップを歓迎する理由です。世界中で、私たちが対話を宗教間の奉仕に変えることができれば、人々の間の橋は、アフリカでマラリアと闘うことなり、自然災害後に救援を提供することなりというアクションにつながるのです。

 

主張したい6番目の問題は、女性の権利についてです。

 

私は、この問題について議論があるのを知っています。西側には、髪を覆うのを選んだ女性はどこか平等でないという見方がありますが、私はこれを拒絶します。しかし、教育を否定された女性は平等を否定されたのだと信じます。そして、女性がよく教育を受けられる国がはるかに繁栄している傾向にあることは、偶然の一致ではないのです。

 

ここで、明確ににさせてください。女性の平等の問題は、イスラムにとって決して単純な問題ではありません。私たちは、トルコ、パキスタン、バングラデシュ、およびインドネシアで、イスラム主流国が女性を指導者に選出するのを見ました。その一方、女性の平等権のための戦いは、アメリカ人の生活の様々な局面で、また世界中の国々で未だ続いています。

 

私たちの娘は、私たちの息子と同じくらい多くの貢献を社会に対してすることができます。そして、すべての人類(男女)が最大限の可能性を伸ばすことを認めることによって、私たちの共通の繁栄は促進されるでしょう。私は、平等になるために女性が男性と同じ選択をしなければならないとは思いませんし、伝統的な役割における女性の生活を送ることを選ぶ女性を尊敬します。しかし、それは彼女たち自身の選択であるべきです。だから合衆国は、少女の識字率を上げるため、そしてマイクロファイナンスを通して若い女性が就業し、自分たちの夢を生きることができるように支援するために、イスラム主流国とパートナーを組むのです。

 

最後に、経済発展と機会について論じたいと思います。

 

私は、多くにとって、グローバリゼーションの側面が相容れないのを知っています。インターネットとテレビは知識と情報を伝えることができますが、同時に攻撃的なセクシュアリティと無分別な暴力も伝えます。貿易は新しい富と機会をもたらしますが、コミュニティに大きな分裂と変化ももたらします。私の国も含めた全ての国に、この変化は恐怖をもたらし得ます。この恐怖とは、私たちが選択する経済、政治、そして最も重要なアイデンティティ −これらを私たちは私たちのコミュニティ、家族、伝統、信仰で一番大事に思うのです− をコントロールできなくなるという現代性を理由とするものです。

 

しかし、また、私は、人類の進歩が否定され得ないものであるともを知っています。開発と伝統の間に、矛盾がある必要はありません。日本や韓国のような国は、固有の文化を維持しつつ経済を発展させました。同じことが、クアラルンプールからドバイまでのイスラム主流国における驚異的な発展についても言えます。古代でも私たちの時代でも、イスラム・コミュニティはずっと革新と教育の最先端にいるのです。

 

開発戦略は、地中から出て来るものだけによることはできず、また若年層が失業していては持続し得ないから重要なのです。多くの湾岸諸国は石油によりすばらしい富を享受してきましたし、中には、より広い開発に焦点を合わせ始めている者もいます。しかし、私たちは皆、教育と革新とが21世紀の通貨になると認めなければならず、あまりに多くのイスラム・コミュニティで、この分野に対する投資は未だわずかなものに留まっています。私は私の国で、そのような投資を強調しています。そして、過去にアメリカは、この地域では石油とガスにフォーカスしていましたが、今は、より広範な関与を求めています。

 

教育では、交換プログラムを拡大し、私の父をアメリカに連れてきたような奨学金を増やし、一方でより多くのアメリカ人がイスラム主流国のことを学ぶよう促します。そして有望なムスリムの学生にはアメリカでのインターンを適用させます。世界中の先生と子どもたちのためのオンライン・ラーニングに投資し、カンサスのティーンエイジャーが瞬時にカイロのティーンエイジャーとコミュニケートできるような、新しいオンライン・ネットワークを構築します。

 

経済発展においては、私たちは、イスラム主流国のカウンターパートとパートナーを組むための、ビジネス・ボランティアの新しいグループを創設します。そして今年、合衆国と世界中のイスラム・コミュニティのビジネス・リーダー、創立者、社会企業家たちの結びつきをどのように深めることができるかを明確にするための、企業家サミットを招聘します。

 

科学技術に関しては、イスラム主流国における技術開発を支援し、雇用創出ができるようにアイデアを市場に移行させる協力をするための新しい基金を創設します。アフリカ、中東、および東南アジアで科学的卓越センターを開き、新しいエネルギー源の開発、環境に優しい雇用の創出、記録のデジタル化、浄水、そして新作物の育成というプログラムで協力して作業するための、新たな科学特使を任命します。そして今日、私は、イスラム会議機構と共に、ポリオ根絶のための新しい地球規模の努力を発表します。そして、また、子どもと母親の健康を促進させるため、イスラム・コミュニティとのパートナーシップ (協調)を広げます。

 

これらの全てのことは、パートナーシップ(協調)によってなされなければなりません。アメリカは、より良い生活を追求する人々を助けるため、市民と政府 −コミュニティ組織、宗教指導者たち、世界中のイスラム・コミュニティのビジネス− に参加する用意ができています。

 

私がお話しした問題への取り組みは、容易いものではないでしょう。しかし、私たちには、私たちが追求する世界があります。それとは、過激派がもう私たちの同胞を脅かすことがない世界、アメリカ軍が帰郷できる世界、イスラエルとパレスチナがそれぞれの国家で安全にいられる世界、そして核エネルギーが平和目的のみに使われる世界です。政府が市民に奉仕する世界、そして全ての神の子の権利が尊重される世界のために、私たちには協力する責任があります。これらは相互利益です。これが、私たちが求める世界です。それは、私たちが一緒にならなければ達成できないのです。

 

私は、この新しい始まりを築くことができるのかどうかと疑問に思う人が、ムスリムにも非ムスリムにも多くいるのを知っています。ある者は分断の炎に燃料を注ぎ、進歩を妨げることを切望しているでしょう。またある者は、私たちは意見を異にするもので、文明は衝突するよう運命付けられているのだから、努力の価値などないとみなしているでしょう。より多くの人が、真の変が起こり得るのか、と単に懐疑的でいるでしょう。とても多くの恐れ、とても多くの不信があります。しかし、もし私たちが過去に縛られることを選ぶなら、私たちは決して前に進むことはできません。そして私は特にこのことを全ての宗教の、全ての国の若い人たちに言いたい −あなたには、他の誰よりも、この世界を作り変える能力があるのです。

 

私たちは皆この世界を共有していますが、それはとても短い時間です。問うべきは、私たちはこの時間を、私たちを別々にさせるものにフォーカスして過ごすのか、それとも共通の基盤を見つけるため、私たちの子どものために追求する未来にフォーカスするため、そして全人類の威厳を尊重するための努力−継続した努力−にコミットして過ごすのか、ということです。

 

戦争を始めることは、終わらせることよりも簡単です。他人を非難することは、内部を見ることよりも簡単です。つまり、誰かについて、違うことを見つけるほうが、同じことを見つけるよりも簡単なのです。しかし私たちは、単に簡単な道ではなく、正しい道を選ばなければなりません。また、全ての宗教の心には、ある一つの決まり −他人が私たちにさせるように、私たちが他人にもするという決まりがあります。この真実は、国も民族も超えたもので、新しくはない信念です。黒でも白でも茶でもなく、キリスト教徒でもムスリムでもユダヤ教徒でもない。それは文明の始まりに脈打ち、いまだ10億人の心を打っている信条です。これは他の人に対する信頼で、そして、今日ここに私を連れて来たものでもあるのです。

 

私たちには、私たちが求める世界を作る力があります。しかしそれは、私たちが新しい始まりを作る勇気を持ち、書かれたことを心に留め続けている場合にのみあるのです。

 

コーランは言っています。「人類よ、私は男と女を作った。そしてお前たちを国家と部族に分割した。だからお前たちはお互いに知り合えるのだ」

 

タルムード(ユダヤの聖典)は言っています。「トーラー(ユダヤの律法、教え)は全て、平和を促進するためにある」

 

聖書は言っています。「祝福されるべきは平和を作る者たちだ。なぜなら彼らが神の子と呼ばれるのだから」

 

世界の人々は共に平和に生きることが可能です。私たちは、それが神のビジョンであると知っています。今こそ、地球上で、私たちは行動しなければならないのです。

ありがとう。神の平和があなた方にありますように。

 

New Beginning  Obamas speech at Cairo Univ. June 4, 2009. Translation by Yuko Nakazawa