特集:all about CAFE 東京カフェマニア  
  新宿DIG DUG物語〜あるジャズ喫茶の歴史  page 3 of 4




ジャズを聴くことが、生き方と結びついていた時代。

「中平さんという人には、ジャズに取り憑かれたような情熱があるんですよね。当時の僕らは、『ジャズ的なもの』を追い求めて、60年代から70年代にかけては『ジャズ的に生きる!』、『ジャズのような感覚で毎日を暮らす』ということに憧れていた。
だから、身近にいた中平さんみたいな本物のジャズ的な生き方に憧れていて、そうなりたかったし、そういう中平さんに近づきたかったから、お店に入り浸っていたんだろね」

『中平さんはジャズ的な生き方と聴き方の見本だった』
内藤忠行(写真家)

ジャズ喫茶という空間で、群集の中の孤独を楽しみ、より音楽に近づいていった経験を語る人もいます。

「ジャズはやはりジャズ喫茶で聴くのが、少なくともぼくには一番ぴったり来る。知らない人間の中にあって、自分の孤独感や感性に向かいながら座っていると、自宅で聞く以上に音楽が親しく感じられ、自然と音楽への共鳴感が高まってくる」

『植草さんと渋谷DIGの想い出』
佐藤秀樹

DIGのスタッフだった女性からは、もう少しセンチメンタルなお客さまのエピソードが語られています。

「いつも来るお客さんが、あるとき、ビリー・ホリディをリクエストするの。ふだんは、コルトレーンやフリージャズなんかリクエストする人なのにね。すると、わたしはピピーときて、アレだなとおもう。失恋ね。だいたい、失恋すると、いつもビリー・ホリディをリクエストする人が多かった。だから、ビリー・ホリディが鳴っていると、誰か失恋したんだなって思ったりした」

『東京ジャズ喫茶物語』(発行 アドリブ)



風格ある煉瓦の壁に囲まれたnew DUGには、かつてのDIGの面影があると言われています。しかし、現在のnew DUGの店内にはジャズが大音量で流れているわけではなくて、いたって気軽に会話が交わせるし、紀伊国屋で買った本をひろげるにも、仕事の打ち合わせをするにも快適な空間になっています。そのたたずまいは「ジャズが流れるカフェ」であって、頑固なジャズ喫茶のそれではありません。

街には、往年のままのジャズ喫茶の姿がほとんど見られなくなりました。バータイムのDUGのマネージャーをなさっている中平塁さん(穂積氏の息子さん)に、ジャズ喫茶はなぜ消えていったのかと訊ねてみました。

「ジャズという音楽そのものが聴かれなくなったからだ、とよく言われていますが、僕はむしろ逆だと思っています。ジャズは蕎麦屋でもラーメン屋でも、気楽なBGMとして流れているものになった。わざわざジャズ喫茶に来なくても、ジャズはどこにでも流れているものになったのです」

60年代〜70年代には、輸入版の新譜はまだ手に入りにくいものだったし、学生はレコードを買い集められるほどの経済力を持っていませんでした。自宅の音響設備も貧弱なもの。海外で活躍するミュージシャンたちのライブを生で聴く機会もほとんどありません。
当時、最新の音楽情報、優れた音響を求める人々にとって、ジャズ喫茶は最大の情報源であり、勉強部屋だったのです。DIGやDUGには中平穂積氏の豊富な情報とセンス、人柄、お店の環境の良さなど、人々が求めるものがすべて揃っていました。
 new DUG menu


 【COFFEE TIME 12:00〜18:30】
 【BAR TIME 18:30〜翌日2:00、日祝〜23:30】

 ※WEEKDAY SERVICE
 月〜金の14:00まで、ドリンクは全て\210引き
 月〜金の18:30まで、ソフトドリンクのおかわり半額


○SOFT DRINKS

ブレンドコーヒー \630
エスプレッソ \630
カプチーノ \680
アーモンドオレ \680
カルーアコーヒー \740
アッサムミルクティ \630
シナモンミルクティ \680
ミントアイスティー \680
クラマトジュース \680
(貝のエキス入り、スパイシーなトマトジュース)

○SWEETS

パウンドケーキ各種 \210
 ・オレンジ ・ニンジン ・バナナ
ホウレン草とベーコンのキッシュ \420
チョコレートブラウニー \270

○BEER & LIQUOR

エビス生ビール \740
エビス黒生ビール \740
ヒューガルテン各種 \890〜
 ・白生ビール ・禁断の果実 ・グランクリュ
ピルスナーウルケル \890
(チェコの入れ味の良いビール)
グラスワイン \740
グラスシャンパン(モエ・エ・シャンドン) \1260
ウィスキー、スピリッツ各種 \740〜

○FOODS

ベーグルサンド各種 \630
 ・スモークサーモンとクリームチーズ
 ・生ハムとカマンベールチーズ
ダグットサンド \420
あらびきソーセージ \740
グリーンアスパラのサラダ \740
ルッコラとチコリのサラダ \630
マンチェゴ \740
(コクのある羊のチーズ、スペイン産)

all about CAFE 東京カフェマニア