地域おこし関係書籍等
企業誘致 新地域おこしのススメ
地域おこしを考える視点 地域おこしと文化財
ワインとミルクで地域おこし 博物館づくりと地域おこし
山の幸利用百科 日本の祭はここを見る
アサノ知事の改革白書 観光カリスマ100選
国境を越えた村おこし 未来につながるまちづくり
三太郎のゆうゆう炭焼塾 県境の秘密
田舎暮らし虎の巻 田舎力
ネバタゴガエルは、信州・根羽村の「地域おこし」に貢献しています。
 「ネバタゴガエル」って?
[答] 2001年にカエル館が出来た時には、普通のタゴガエルとして紹介されていたんだ。それが2003年に、鳥羽水族館から、タゴガエルは、「ワン」とは鳴かないと言われたころから、あやしい存在になり、同年の10月に北里大学の龍崎正士先生の「根羽・売木のタゴガエル新タイプ」という中間報告で、テレビや新聞等で大きく取り上げられるようになったんだ。そのころ、カエル館のHPにアクセスして来る人が1週間に1万人もいたんだ。2005年には、龍崎先生らが発表した論文「茶臼山で発見された2n=28のタゴガエルの核型」が、欧米のCytogenetic and Genome Researchに認められ、茶臼山のワンと鳴くカエルは「新種」と判定されたんだ。龍崎先生により、和名は「ネバタゴガエル」と命名され、2006年には根羽村の天然記念物に指定されたんだ。続いて、ネバタゴガエルを題材にした絵本や紙芝居等が全国公募され、入賞作品が、カレンダー・道標・本・紙芝居等になったり、カエルグッズも製作販売されるようになったんだ。そして2008年からは、森林組合製作の大きなカエルのチェーンソーアートが、村内の商店や学校や役場などに並び始めたんだ。その数は、なんと40体以上にもなり、カメラマンや観光客に注目されているんだ。
 ネバタゴガエルは他のタゴガエルと何が違うの?
[答]見た目は両者はよく似ているけど、鳴き声と染色体数が違うんだ。ネバタゴガエルが「グウ・キャン」とか「グウ・ワン」と鳴くのに対して、他地域のタゴガエルは「グウ・グウ」と鳴くんだ。染色体の数は、全国のは26本に対して、ネバタゴガエルは28本なんだ。染色体分析から、遠い時代に26本のタゴガエルから28本のネバタゴガエルが、突然変異で誕生したらしいけれど、動物の世界で染色体数の変化は、減少するのが一般的で、ネバタゴガエルのように増加例は世界的に珍しいんだ。
 ネバタゴガエルは茶臼山にしかいないの?
[答]2009年12月現在でわかっているのは、茶臼山から半径40qの範囲に生息しているんだ。愛知県の設楽や足助方面、静岡県の引佐方面にまで分布しているんだ。長野県の地蔵峠付近では、普通のタゴガエルと混生しているし、中央アルプスでは、染色体数が26本で「ワン」と鳴くのも見つかっているんだ。
 ワンと鳴くカエルが本になったって、本当ですか?
[答]本当です。2010年5月に発刊されて、現在長野・東京・愛知の書店で販売されているほか、カエル館でも販売しています。もうすぐ、初版が完売とのことで、第2刷があるかどうかはわかりませんので、ご希望の方はお早めにお買い求め下さい。
地域おこし情報
もどる
信州根羽村若者定住対策事業補助金