芝草山
しばくさやま
1,342m

まだまだ続く中高年の山登りシリーズ
2015/1/2更新
登山日:2004/10/2(土)晴れ
14.栃木百名山
栃木県藤原町
▼栃木山一覧地図
▼栃木県の百名山
▼中高年の山登り
▼場所はここ
大岩▼
平日のため山の写真と登山口調査のみ
2004/5/25撮影
●6:00

塩原方面かな121号線を南下して、芝草山へ向かう分岐点

▼場所はここ
三依(みより)中学校入口看板が
目印
●6:02


道路前方に芝草山が見えました

道路は広く有りませんが登山口までは舗装道路です。
●6:06

快調に走っていると道路脇に
なにやら看板がありました
行方不明・滑落事故多発の注意を促す看板

びびってしまいます、芝草山はそんなに危険な山なのでしょうか? 心配になりました。

●6:07

見通し橋を通過
綺麗な川ですね

釣りをしている人がいました。
●6:09

次の橋
左側に駐車スペースが有るので車を止め、歩きます。
ここから約20m行ったところが登山口でした。
右側の道は中の沢林道
●6:10

やたら営林署の看板が
あります

これが目印になるかな
●6:12

10m位歩いた所に芝草山登山口の
道標が有りました。
●6:13

カーブミラーの所が
登山口

▼場所はここ
●6:10
ここの尾根沿いに登って行けば
行けるんですかね?

滑落や迷いやすい道が有るのでしょうか

本日は仕事が有るので、ここまで
地図に登山道が載っていないので
ちょっと心配です。

▼2004/10/2登山
●登山口
●6:22

駅の方に「男鹿の湯」という
温泉も有るみたいなので
登るのが楽しみ
●6:24

一度も乗ったことがないのですが
野岩鉄道会津鬼怒川線の
中三依(なかみより)駅
芝草山▼
駅前から見えた
芝草山

勇壮な形をしています。
●5:19登山開始
  暗くて写真が良く撮れません
 でも、月明かりもあり懐中電灯を
 使用しなくても、充分登れました。
●5:39
 鉄塔の看板が木に立てかけてありました。
●5:49

写真が撮れるくらいの
明るさになってきました。

登山道は鉄塔の巡視路のため
整備されていました。
●5:49

カシオの高度計・コンパス・気圧・温度計付きの腕時計を3万円で購入しました。

現在標高790mまで登ってきたのがわかります、上の方にグラフが表示されています。

ソーラ電池です。


カメラの時計と時間がずれています。
●5:59

33号鉄塔へ到着しました。
●6:02

34号鉄塔巡視路を進みます。
●6:11

分岐点

鉄塔巡視路をこの道標を
目印に右側へ芝草山へ向けて進みます。

この小さな道標が無かったらわからず
34号へ行ってしまったかも。
●6:30

尾根沿いに道が有るので、道なりに
登って行く。
マークも有るので迷うことなく行けました。
●6:55

大岩が見えてきました。
●6:57

大岩の左下から
回り込んで、大岩を登ります。

マーキングの通り進みます。
●7:02

え!こんな所登るの
 こわーい・・超危険、落ちたら死ぬわ

車のトランクに残してきたロープ持って来れば良かったと後悔・・・

写真ではピント来ませんが
 ほんと急斜面ですのです
  真剣に、根っこや岩にしがみっいて
   登って行きました。
●7:06

足場やつかむところが
 無くて危険


●7:09

7分間かかってやっと、危険な
岩場を登り切れました。

しかし、下山時が心配
●7:22

踏み跡を頼りに山頂を目指します。
木々で展望は有りません。

進行方向の空が見えるので
 山頂は近い
●7:35

山頂近くになると
登りもきつくなります。
7:41

芝草山・山頂に到着です。
2時間22分かかりました。

荒海山・田代山・帝釈山の写真が撮りたかったのですが、周りは木々が生い茂っていて、写真が撮れるような展望は有りません出た。

木登りすれば撮れるかもしれませんが
 気力体力無し。
三角点
山名板はこれしかありませんでした。

おにぎりを2個食べて下山しました。
座る物が無いので立って食べました、
座るとお尻がぬれそうなので

5分間の朝食タイム後

7:46 来た道順を下山します。
●8:14

大岩の松の木から高原山?が
見えたので撮影

●8:19〜8:23ストックをリックにしまい大岩を無事に下りる

●8:41鉄塔巡視路の分岐点に到着


●8:44 33号鉄塔到着
●9:00

登山口の車へ到着

下山時間1時間14分

3時間41分の登山でした。
登山口
●9:10

少し赤みがかってきた
芝草山

もうすぐ紅葉ですね
大岩▼
芝草山▼
地図はカシミール3D使用
Counter
アクセスカウンター