「団臨 SLクラブツーリズム号」 2014-11- 9  



現役蒸機の活躍
C62ニセコ号
SLニセコ号
SLクリスマスin小樽
SL富良野、美瑛ノロッコ号
SL函館・大沼号
北海道復活蒸機館
山線の響き
別 館
北海道写真紀行
特 別 室


更新履歴
リンク集
Profile

    Since Dec 2003 この度は“THE NORTH WIND”に御来館頂き有難うございます。本ページ
は北海道の蒸気機関車をはじめ、C62ニセコ号、SLニセコ号の活躍する函館
本線小樽〜長万部間、通称
“山線”の画像を中心に展示しております。又特別
室として
“北海道の高山植物と野草”のコーナーを作成しましたのでどうぞゆっ
くり御覧下さい。そして少しでも北海道の“風”を感じて頂けたら幸いです。
  2015−02−13  左余白にお願いを記載しました。  
  2015−01−31  北海道復活蒸気館に“団臨 SLクラブツーリズム号2014”
             をUPしました。
 
  2015−01−31  SLニセコ号に“2014〜最終章”をUPしました。  
  2015−01−27  SLニセコ号に“2014〜その2”をUPしました。
  2014−10−18  SLニセコ号に“2014〜その1”をUPしました。  
  2014−10− 8  別館に“小樽港のお客様達〜2014秋”をUPしました。  
  2014− 4−30  “想い出の現役蒸気シリーズ雑記帳V”に最終編をUP。  
  お願い  Contents
光配線に頼って「SLニセコ号」の残りと次週
運転された「SLクラブツーリズム号」をUPし
ましたが、原因不明の画像の未掲載が多く、
又、時折バック画像の変化も見受けられる現
象が起きております。 現在その原因を突き
止めるべく勉強しながら回復に努めておりま
すので、もうしばらくの間お時間を下さい。
現役蒸機の活躍 1971年から1976年のSL終焉まで函館本線を始め、夕張線や名寄本線等北海道各地で
活躍した現役蒸機の姿を展示しました。 
“想い出の現役蒸気シリーズ雑記帳”UP!!
C62ニセコ号 1988年奇跡の復活を果たしたC623号機のダイナミックな走行シーンを再現しております。
 2010.3.5 完全リニューアルUP!!    サウンドGalleryはこちら

SLニセコ号
2000年春、C11171号機の試運転によって再び山線に煙が戻ってきた。色ずく秋の山線を
颯爽と駆け抜けるSLニセコ号を色々な角度から捉えて行きます。
SLクリスマスin小樽 例年12月札幌、小樽間に運転されていた“SL牽引のクリスマス列車を特集しました
(2010年からは函館、大沼公園間に運転されている)
 
SL富良野、美瑛ノロッコ号 十勝岳連峰の麓に連なる美瑛の丘やラベンダー畑広がる中富良野の景勝地を巡る
ノロッコ号を牽くSLの雄姿を再現しました。
    SL函館・大沼号 道南の美しい名所、駒ヶ岳をバックに疾走するSLの雄姿を展示しています。
同時に撮影した寝台特急カシオペアや北斗星の画像もあります。
 

北海道復活蒸機館
上記以外の道内を走る復活蒸機、釧路湿原を走るSL冬の湿原号、等を展示して行きます
SLにっぽん丸号、丸瀬布森林鉄道・雨宮21号もこちらです
山線の響き SLの煙が消えた山線、特に塩谷を行く特急北海やDD51が牽く急行ニセコを展示。
銀山、小沢の冬景色や早春模様も!!
 列車ダイヤのページはこちら

別 館
小樽運河の今昔や小樽に来航した豪華客船等をUPしました。又SL以外の鉄道画像も
ここで展示
する予定です。
北海道写真紀行 道内各地を訪れた思い出を写真と簡単な説明で振り返ってみました。SL冬の湿原号
撮影紀行や美瑛、富良野の丘風景、大雪山初冬の風景もあります。
特 別 室 私のもう一つのテーマでもある“高山植物と野草”の世界をレンズを通して再現しました。
     
撮影地についてのお問い合わせには、お答えしかねる場合もありますのでご了承ください。
当ホームページ上の画像、文章の個人的使用以外の無断転載、配布を禁止いたします。
当ホームページはInternet Explorer6.0、解像度1024×768で動作確認しております。